このサイトに関して




  • 2018/06/19
    ブログを更新しました。
    2018/04/16
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。




    ■特設コーナー















    台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会



    okinawanokoe




    ■ご利用上の注意
    記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。(加計学園問題関連の画像はご自由にお使い下さい。)

    コメントにURLを貼る場合は、「http://」、「https://」を除いて貼り付けて下さい。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。





各種ノウハウ集



管理人ポータル

大師小同窓会関連








  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【沖縄】辺野古の活動家を隠さなくなったNHKのバランス感覚 | トップページ | 【北海道】「アイヌ」という利権に群がる人々とは? »

2018/07/20

【中国】オーストラリア・タスマニアが中国に狙われている【チャンネル桜】

公開: 2018/07/20 10:40  最終更新: 2018/07/20 13:46 (加筆修正中)  

ブログ主が最近見た動画の覚え書きです。

 

チャンネル桜 

【世界は今… #114】仏革命記念日パレードとW杯優勝 / 豪州で安倍首相が支持される理由 / 中国に乗っ取られるタスマニア / 櫻會、カナダ建国記念パレードに神輿で参加[桜H30/7/19]

■ オーストラリア・メルボルン - 山村恵美子さん
・世論調査で安倍首相が世界のリーダー2番目となったその理由
・タスマニアが中国の楽園“リンゴ島”になるか(1h9m22s~

 

 

 

 

『世界は今』シリーズは海外在住の方からの現地レポートの番組ですが、オーストラリアのメルボルン在住の方が大変興味深い報告をなされていました。

それは、タスマニア(Tasmania/オーストラリア大陸の南=右下=にある島で州都ホバート〔Hobart〕。人口48万5千(2005)。)のスワンシー〔Swansea〕という市の3200ヘクタールの土地が中国資本に買われたということです。

少し説明では分かりにくい部分があるのですが、取り敢えず、動画での説明を書くと、スワンシーは人口866人で平均年齢が65歳(※)、ここに、ホテルやゴルフ場、医療施設、農場といった街(complexという表現をしていたので、複合施設という意味かと思います。)を建設。滑走路まで建設するとのことで、都市の活性化を目指してのもの、という話でした。

 

※2016年の国勢調査によると、人口は866人で一致していますが、平均年齢は62歳とのこと。→http://quickstats.censusdata.abs.gov.au/census_services/getproduct/census/2016/quickstat/SSC60653

 

元記事は不明ですが、その内の一つはこれではないかと思われるものは下記のABCの記事です。

 

http://www.abc.net.au/news/2018-04-24/huge-development-considered-for-tasmanias-east-coast/9690496

Tasmanian east coast council approves rezoning land for $100m resort development

Updated 30 Apr 2018, 1:18pm

A multi-million-dollar tourism development is on the cards for Tasmania's east coast, boasting everything from luxury accommodation to a palliative care facility and an airstrip.

 

Cambria Green Agriculture and Tourism Management, a group of international and Australian investors, bought the Cambria and Belmont properties in March 2015.

On Tuesday night the Glamorgan Spring Bay Council voted 4-3 — with one councillor absent from the vote — in favour of a rezoning request for parts of the 3,185-hectare property located at Dolphin Sands (between Swansea and Coles Bay).

(以下略)

【意訳】

タスマニア東海岸評議会、1億ドルのリゾート開発のために土地を再区画を承認

豪華な宿泊施設から緩和ケア施設や滑走路まで、何百万ドルもの観光開発がタスマニア東海岸で行われつつある。

 

カンブリア・グリーン・アグリカルチャー・アンド・ツーリズム・マネジメント(Cambria Green Agriculture and Tourism Management)は、2015年3月にカンブリアとベルモントの資産を買収した。

火曜日の夜、Glamorgan Spring Bay議会は、(SwanseaとColes Bayの間にある)Dolphin Sandsの3,185ヘクタールの敷地の一部の区画整理要請を受けて、4-3で可決した。1人は欠席。

 

購入したカンブリア・グリーン・アグリカルチャー・アンド・ツーリズム・マネジメント(Cambria Green Agriculture and Tourism Management)は、別の記事(後述)では中国の企業と書かれています。

記事は長いので省略しましたが、この後は複数のインタビューが続き、Glamorgan Spring Bay市長はこれを素晴らしい開発と絶賛しています。

新しく作られるリゾート施設は、ヴィラ、ホテル、大小2つのゴルフコースを始め、コンビニエンスストア、薬局、歯科医療サービス、カフェ、レストラン、ジム、子供用の遊び場、アートギャラリーがあります。

また、滑走路はthe Royal Flying Doctor Service(ロイヤル・フライング・ドクター・サービス)のためのものだそうです。

既に400メガリットルの水利権も確保したという恐ろしい記述も出てきます。(The company has also bought a 400-megalitre water entitlement from Tasmanian Irrigation to secure a reliable water supply for the property.)

 

20180720_aust01

画像は、遺産登録されている1830年代の古い農家。既に買収され、結婚式場に使われるとのこと。

 

地元の方の反発の声もありますが、環境の面からの懸念だけで、中国がなにをやろうとしてるのかは気づいていない様子です。

 

 

以下、別の記事ですが、恐らく、山村さんの報告はこちらの記事がソースなのではないかと思われます。

このリゾート開発計画が議論を呼んで(controversial)おり、地元の反発(backlash)を招いているという内容です。

以下、記事中にインラインで説明を追々付加しますが、2014年11月に習近平が州都ホーバートを訪れ、中国人の観光ブームが起こったそうです。

これは北海道と同様に国策の観光ブームではないかと思われます。

 

https://www.news.com.au/travel/australian-holidays/tasmania/china-sets-its-sights-on-tasmania-with-controversial-100m-development-plan/news-story/c68d91d56b7b0d326f94589acc6af5b7

China sets its sights on Tasmania with controversial $100m development plan

中国のタスマニアに照準を定めた1億ドルのリゾート開発が論議を呼ぶ

2018年6月25日3:45 pm

CHINESE tourists are flocking to this surprising Aussie state in record numbers. But an ambitious $100 million plan has sparked a local backlash.

CHINA has its sights set on Tasmania. 

A proposed $100 million resort on the southern state’s east coast backed by Chinese investors is proving controversial, with residents concerned about the impact on their surroundings.

Tourism currently contributes around $2.3 billion — around nine per cent — to the Tasmanian economy.

The state government wants to capitalise on this, with over a billion dollars designated for hotel developments.

But locals are seriously concerned that the island’s natural beauty may be at risk.

中国投資家により提案された南部の東海岸にある1億ドルのリゾート案は、地元住民の間で論議を呼んでいる。自然環境への影響に懸念を抱いてのものだ。

CHINA’S GROWING FASCINATION WITH TASMANIA

In November 2014, Chinese president Xi Jinping made a historic visit to Hobart. He was the highest-profile head of state to visit the state, and his much-publicised visit inspired a massive boom of Chinese visitors.

That same year, Tasmanian Premier Will Hodgman declared the state “open for business” — which he reiterated in parliament just last week.

Tasmania received 35,000 Chinese visitors last year, making up 13 per cent of the state’s international visitors and spending a total of $83 million — a whopping increase of 63 per cent on the year before.

2014年11月に習近平が州都ホーバートを訪れ、中国人の観光ブームが起こった。 同年、州首相も(外資)ビジネスにオープンであるという姿勢を見せ、昨年は35,000人の中国人訪問者を受け入れた。それは州の外国人訪問者の13%を占め、8300万ドルの経済効果をもたらし、前年比63%増加となった。

In 2016, Australia’s biggest dairy firm Van Diemen’s Land Company was sold to a Chinese businessman for $A280 million.

Earlier this year, its five Tasmanian directors all quit. In 2017, Chinese millionaire William Wei purchased the award-winning Villa Howden wedding venue, which looks out onto North West Bay.

オーストラリア最大の酪農会社、Van Diemen's Land Companyは、2016年に中国人ビジネスマンに2億8千万豪ドルで売却され、5人のタスマニア人取締役は辞任。2017年には中国人富豪が結婚式場を買収。

But over the past two months, a huge China-backed eco-resort has seen locals holding different concerns.

CONTROVERSIAL CHINA-BACKED $100M DEVELOPMENT

In April this year, a proposal was announced for a $100 million eco-resort called Cambria Green, which would be developed at Dolphin Sands, a picturesque coastal region north of Swansea in Tasmania.

今年の4月、スワンシーの北部にある美しい海岸沿いの地域であるドルフィン・サンドでの1億ドル規模のエコ・リゾート「Cambria Green」の提案が発表された。

The project has been labelled one of the state’s biggest tourism developments, and would include a 300 villa and unit precinct, a health retreat, a 120-room “Cambria Sky hotel’ and 240 accommodation units. The resort would stretch over 3000 hectares, including a golf course.

A palliative care unit was also included in the development’s master plan.

The property would overlook the breathtaking Freycinet National Park, which is one of the state’s biggest tourism attractions.

計画は、300ものヴィラを含む、健康施設、120室のカンブリア・スカイホテルや240室の宿泊施設が含まれており、3000ヘクタールもの広さを持つ。

中にはゴルフコースや緩和ケア施設も含まれている。

It was proposed by the Cambria Green Agricultural Tourism Management, helmed by Hong Kong-born Melbourne developer Ronald Hu, and Liu Kejing, a Chinese businessman from Shandong.

香港出身のメルボルン在住デベロッパー、ロナルド・フーと山東省の中国人ビジネスマン・Liu Kejingの指揮によるカンブリア・グリーン・アグリカルチャー・アンド・ツーリズム・マネジメントによって提案されたもの。

On its Facebook page, the pair said they want to “bring the surrounding community along our long-term journey, with an aim to attract more Tasmanian and international tourists, to both enjoy the beautiful East Coast of Tasmania and bring added economic value and jobs to the region”.

The majority of the landowner consent forms have been signed by Mr Kejing.

The development is hoping to attract wealthy Chinese tourists to the region. Last year, Chinese tourism in Tasmania saw a 60 per cent increase on 2016. There were a total of 279,000 international tourists in Tasmania last year, spending almost $500 million.

Tasmania currently has the highest level of foreign ownership of any Australian jurisdiction, with China its largest investor, according to the Guardian.

土地所有者の同意書の大部分は、Kejing氏によって署名されている。

ガーディアン紙によると、タスマニアはオーストラリアの中で現在最も外国人が所有権を持つ割合が多く、中国はその中で最大の投資家である。 

WHY LOCALS ARE WORRIED

地元住民の懸念とは

The proposed development has sparked a number of concerns among Swansea locals.

Anne Held, president of the East Coast Alliance, told news.com.au people feel they’ve been left in the dark over the development.

“The main concerns are really the scale and intensification of what they say they’re going to do,” she said. “It just begs the question — does an area that’s as pristine, as stunning serene and majestic as this need something that’s as big as a new town with its own commercial centre, at the expense of people who live there?

“You’d imagine this could fit around a major city, but not around a small rural village on the east coast.”

The developers said it will be good for the economy, in that it will encourage tourism and create full-time jobs, but Anne said locals are “not convinced” it will raise employment figures significantly.

It didn’t help that China broke the news of the development three days before Tasmanians heard about it, holding a signing ceremony in Beijing that celebrated a partnership between Beijing Lidaohengtong Culture and Art Company and Cambria Green to create three art museums on the property.

“The signing ceremony created fear because it happened three days before where they initiated the application. It felt like Cambria Green had gone into this sign-in agreement with the Beijing Culture and Art Company and left us in the dark.

“There was no consultation before the area plan was submitted. They haven’t been clear in exactly what they want, and there’s this whole element of the unknown that creates a feeling of mistrust.”

She also said locals hold environmental concerns about how developments — if they go ahead — could affect Tasmania’s unique flora and fauna.

A CASE OF FOREIGN INVESTMENT GONE TOO FAR?

The Tasmanian Greens have slammed the proposal, saying the development is symbolic of growing concerns over foreign ownership and influence in Tasmania.

“There has been an unprecedented surge in money coming in from businesses that are closely linked to the Chinese communist government, there is no way around that,” said Tasmanian Greens Leader Cassy O’Connor.

Ms O’Connor stressed it was not about race or ethnicity, saying it’s rather about politics and the strategic objectives of the “oppressive and authoritarian” Chinese government.

“We will not be the useful idiots for the Chinese Communist Party. We will come into this place and defend Tasmania’s sovereignty, our food security, our way of life and our cultural identity every single day of the week.”

Mr Hu, the Melbourne developer, rejected the idea that influence operations were relevant.

“If my operation influence something, would I call it Chinese influence or not? Because I’m Australian, I’ve been here 30 years, alright? I definitely share Australian values. I am one of the Australians,” he told the ABC. “But I don’t know, people might think, ‘You are not that type of Australian’. I don’t know.”

Political tensions between Canberra and Beijing remain high. Over the past year, the Chinese government has been under ongoing scrutiny over its alleged interference in Australian politics. Likewise, Canberra has indicated it may be prepared to go to war with China if tensions were to escalate in the South China Sea.

Both these issues have sparked threats from the Chinese government. Just last month, the state-run Global Times issued a lengthy editorial threatening trade reductions to harm our economy, to “make Australia pay for its arrogant attitudes it has revealed toward China over the past two years”.

But for locals, this is not as significant. Anne says Tasmanians are mainly concerned with how much their pristine surroundings may potentially change.

“If this goes through, it sets a scary precedent for Tasmania,” she said. “Tasmania’s beauty is based on its national parks, its heritage, its gorgeous environment.

“For a development of this nature to take place in this prime spot on Tasmania’s east coast … that sets a precedent for the rest of the state for sure.”

 

もう少し整理して加筆修正する可能性がありますが、一旦公開します。

 

 

 

 


 

« 【沖縄】辺野古の活動家を隠さなくなったNHKのバランス感覚 | トップページ | 【北海道】「アイヌ」という利権に群がる人々とは? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【沖縄】辺野古の活動家を隠さなくなったNHKのバランス感覚 | トップページ | 【北海道】「アイヌ」という利権に群がる人々とは? »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ