このサイトに関して




  • 2018/10/22
    ブログを更新しました。
    2018/04/20
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。




    ■特設コーナー















    台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会



    okinawanokoe




    ■ご利用上の注意
    記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。(加計学園問題関連の画像はご自由にお使い下さい。)

    コメントにURLを貼る場合は、「http://」、「https://」を除いて貼り付けて下さい。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。





各種ノウハウ集



管理人ポータル

大師小同窓会関連








  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【学園浸透スパイ事件とその時代】 もう一つの日本・朝鮮半島史【北朝鮮による拉致問題】 | トップページ | 【愛媛県文書】共同通信が不正取材を試み失敗、謝罪 »

2018/06/12

【書籍】「わが朝鮮総連の罪と罰」(韓光煕・野村旗守著)読了

掲題の「わが朝鮮総連の罪と罰」(韓光煕・野村旗守著)を読了したので、覚え書きとして記事にしておきます。

下はAmazonの商品説明からの引用ですが、若くして朝鮮総連の支部に参加して工作員となった著者(韓光煕/ハン・グァンヒ)が赤裸々に組織や工作活動について語った本で、表紙の野村旗守氏の名前の下には「取材構成」と書かれているので、基本的はインタビューを元にしてもののようです。文章は韓氏を一人称にして書かれています。構成が良いこともあってか、単純に読み物としても面白い。

 

 

 

 

秘密結社「学習組」の実態、総連式「オルグ」術、対韓国「スパイ」工作…。10代の頃から40年間にわたって総連にすべてを捧げ中央財務局副局長にまで登りつめた著者が、朝鮮総連の知られざる錬金術を語る。

 

 

 

著者は朝鮮総連の体質の変化に徐々に幻滅し、当時の財政局の幹部、許宗萬(ホ・ジュンマン)氏と衝突して失脚、総連を離れていきます。その許宗萬氏は現在の総連の議長であり、総連を大使館と見なせば大使のような存在です。

ブログ主がこの本を知ったのは過去のエントリー『【動画】朝鮮総連の破産申し立てを求めるメールを官邸に!【チャンネル桜】』でご紹介した動画で、上記記事にリンクを貼っている箇所から試聴することをおすすめしますが、この本についても41m34s~に言及しています。

 

上にご紹介した動画の中で韓国人を日本に呼び寄せ、教育して金を持たせて帰国させ、国会議員にするという件(くだり)が紹介されますが、手口についてもう少し補足すると、在日韓国人をオルグして韓国に行かせ、総連が用意したチラシやマルクス・レーニン主義などについて書かれた小冊子をばらまくという方法。

チラシは文字通りビルの屋上などから風で自然に巻かれるようにばらまきますが、小冊子は本屋の棚にさりげなく置いていくという方法で、そこに、日本に来た際に連絡をするようにと総連の連絡先を書いておく手口です。韓国では反共教育が徹底されていたので、そうした本を手に取る人物は対南工作をするのには有望だというわけです。

驚くことに、韓国で国会議員になったという人物は『学園浸透スパイ事件』にも関わっていました。議員という立場を利用して、容疑者をひそかに釈放させているのです。

 

韓氏が工作員として行った活動の一つが60年代の後半から行った「着岸ポイント」作りです。(下に雰囲気が分かる程度に縮小した画像を提示します。)

 

Waga01

 

日本中を調査し、工作船が着岸するのに良さそうな場所を調査するのですが、その情報は密かに北に送られていたそうです。

韓氏は後に“公式に”北朝鮮を訪れますが、本の中では、それ以前は工作船で何度も往復していたとさらりと書いているのに驚かされます。

 

著者は拉致については全く語っていないのですが、隠しているのか、それとも、拉致は別系統のラインで行われていたことで知らなかったのかは分かりません。

しかし、70年代に頻発する拉致活動に氏の作った着岸ポイントが利用され事は想像に難くありません。


 

 

 

 


 

« 【学園浸透スパイ事件とその時代】 もう一つの日本・朝鮮半島史【北朝鮮による拉致問題】 | トップページ | 【愛媛県文書】共同通信が不正取材を試み失敗、謝罪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【学園浸透スパイ事件とその時代】 もう一つの日本・朝鮮半島史【北朝鮮による拉致問題】 | トップページ | 【愛媛県文書】共同通信が不正取材を試み失敗、謝罪 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ