このサイトに関して




  • 2018/10/17
    ブログを更新しました。
    2018/04/20
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。




    ■特設コーナー















    台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会



    okinawanokoe




    ■ご利用上の注意
    記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。(加計学園問題関連の画像はご自由にお使い下さい。)

    コメントにURLを貼る場合は、「http://」、「https://」を除いて貼り付けて下さい。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。





各種ノウハウ集



管理人ポータル

大師小同窓会関連








  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【国会・加計学園問題】柳瀬元総理秘書官らの参考人招致質疑を視聴して | トップページ | 【共同通信記事】愛媛県加計文書なぜ「備忘録」 »

2018/05/11

【国会・加計学園問題】参考人質疑を通じてNHKを始めとするメディアや野党が露呈したもの

昨日(2018/05/10)、衆参両院・予算委員会において、柳瀬唯夫・元内閣総理大臣秘書官や八田達夫・国家戦略特区諮問会議WG座長、加戸守行・前愛媛県知事を参考人として招致し、質疑が行われました。

その内容や、国会中継後のNHKの解説に関しては忘れないうちに前回のエントリーにまとめておきましたが、今回、柳瀬氏の答弁を聞いて確信したことがあります。

なぜ、政府や参考人の方々が真摯に答弁しても、NHKを始めとする多くのメディアや野党が「疑惑が深まった」という結論になるのか?

もちろん、この件や森友問題を長引かせて、憲法改正や安全保障、山積している法案審議に入らせないというテクニカルな面もありますが、基本的に、

 

 

人としての品性・レベルが違う

 

のです。

更に、本人達は“鋭い”と思っている追求をすればするほど、その下劣な品性を露呈していることに気づいていません。

 

今まで、八田氏や原英司氏といったワーキンググループの民間議員の方々や加戸前愛媛県知事の口から出てきたのは、「獣医学部の申請を『告示』という法律以下のもので一省庁が禁止するのはおかしい」、「今治に、世界に通用する獣医学部を作りたい」といった言葉です。

これは職務に対する責任であったり、県民や国全体の利益を考えた発言です。

そして、今回の柳瀬氏の答弁で分かったことは、もっぱら関心があったのは、『日本再興戦略』という安倍政権の掲げた数多ある目標の一つとして、「獣医学部の申請(新設)解禁」を実現するための「制度設計」を遂行しようとしていたことです。

従って、柳瀬氏にとっては、今治市や愛媛県の職員に会ったのか、加計学園関係者に会ったのかは些細な違いで、たまたま発言もせずに控えていただけの職員のことなど記憶になかったからそう答えていただけでしょう。

 

一方、野党6党は、“安倍総理の首”を捕ることが目的なので、“受託収賄罪”に当たるような証拠を探しましたが明確な証拠が出てこず、それで、「腹心の友」だの、「会食やゴルフの際にどちが費用を払ったか」、「加計学園関係者と“3回も”面会」などと、状況証拠にもならないようなみみっちい“証拠”を印象操作に利用します。

 

要するに、「友人だから便宜を図ったはず」というストーリーを立てているわけですが、この発想が下品なのです。

 

これに固執して責めれば責めるほど、彼等の「品性の下劣さ、下司さ」が際立つだけで、多分、安倍総理や八田氏、加戸氏、柳瀬氏、だけでなく、常識を持ち合わせている人間から見ると、野党6党は“何か別の生き物”のようなものです。

柳瀬氏にとっての「加計学園関係者と3回会った」という事実や、安倍総理の「加計氏とは古くからの友人」ははそれだけの意味でしかないのですが、野党6党には「3回も面会した。加計ありきだ!」、「友人だから便宜を図ったはず」となるのですから、どんな説明を尽くしても分かり合えるはずがないほどの隔たりがあります。

 

恐らく、彼らの一部は“確信犯的”にやっているのでしょうが、一般国民が彼らの言動を軽蔑した目で見ていることに気づかないのですから、知力(not=学力)にも問題があるのでしょう。

 

今日の新聞各紙は、例えば朝日は『(社説)柳瀬氏招致 「加計優遇」は明らかだ』、毎日は『社説  柳瀬元秘書官の国会招致 「首相案件」の心証強めた』、読売の社説はやや視点異なり『柳瀬氏答弁 国会軽視の姿勢が混乱招いた』ですが、3面の特集記事などは朝日や毎日と似たり寄ったりで、野党と同レベルの視点です。

ちなみに、産経は社説では触れず、1面で「そもそも獣医学部新設がなぜ困難だったかという事柄の本質」に触れない野党を批判する論調の記事を書いており、他紙とは一線を画していました。

 

日常生活なら、こうした異常な人達とは距離を置くことができますが、彼等は行政の府や言論界で権力を握っています。これを考えると絶望的な気持ちにもなりますが、庶民だって力を合わせれば、けして対抗できない敵ではありません。一人一人は微力ですが、できることをやっていきましょう。

 

 

 

 


 

« 【国会・加計学園問題】柳瀬元総理秘書官らの参考人招致質疑を視聴して | トップページ | 【共同通信記事】愛媛県加計文書なぜ「備忘録」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【国会・加計学園問題】柳瀬元総理秘書官らの参考人招致質疑を視聴して | トップページ | 【共同通信記事】愛媛県加計文書なぜ「備忘録」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ