最新情報

  • 2019/12/02
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【書籍】『徐勝-「英雄」にされた北朝鮮のスパイ 金日成親子の犯罪を隠した日本の妖怪たち-』 No.1 | トップページ | 【朝日】『森友問題、官邸関与は「イメージ」 騒ぐ国会、政策論は』←どうした朝日!? »

2018/04/05

【森友文書問題】リーク元は大阪地検の女性特捜部長!?本当ならリークの理由はズバリこれ

公開: 2018/04/05 20:18  最終更新: 2018/04/08 10:58

ソースは週刊ポストとアレなのですが...

後ほど記事をご紹介しますが、記事の中で事実と言えるのは以下の部分だけです。あとは全て妄想の与太記事...

 

検察の森友事件捜査は、今後、財務省から政界を視野に入れた展開になる。その指揮を取るのは“酒豪”で知られる山本真千子・大阪地検特捜部長だ。大阪市立大学出身で京都、大阪、東京の各地検を経て法務省人権擁護局総務課長から2年半前、女性初の特捜部長に抜擢された。

 

ただ、地検がリーク元というのは以前から言っていた人は多くいます。その根拠は、朝日新聞が「(書き換え前の文書を)入手した」とは書かず、「確認した」としていたからです。

 

 

 

 

可能性だけを考えると、財務局・近畿財務局、会計検査院、大阪地検が書き換え前と後の2種類の決裁文書があることを知っていたわけですが、大阪地検なら見せることはしてもコピーを渡すようなことはないだろうと言うのです。

 

この件については、こちらのよもぎねこ様のブログ『大阪地検特捜部長の犯罪? 森友捜査情報リーク』に詳しく書いてあるので、これを読んで戴ければ、ほとんどブログ主の言いたいことを書いて下さっています。

簡単に言うと、リークの理由は「8億円の値引き」も「決裁文書改ざん」も立件が難しいから、ということですが、少しだけ付け加えると、実は“地検リーク説”を唱えていた一人、和田政宗参議院議員が出演された『報道特注』という動画で既に語られていました。(リンク先記事に動画へのリンクあり)

実はブログ主はこの動画を観たときには、ミスター・エックスなる人物の言っていることはよく分からなかったのですが、その後、高井弁護士など、元検事の方が番組で立件は難しいという意見を言うのを聞いて理解できました。

 

立件ができないとなると、普通はその理由は公表されないのです。(だから、高井弁護士は、何らかの発表はした方がいいと仰っていました。)

しかし、これだけ世間を騒がした、と言っても、騒がせたのはマスコミと一部特定野党のしわざですが、森友問題が理由も説明されずに終わったら国民は納得しないでしょう。

8億円の値引きに関する背任問題だけ(当初はそう思われていました)にしては時間が掛かりすぎているという批判もありました。

 

しかし、これも、最近になって分かったことですが、大阪地検は昨年中に文書改ざんにも気づいていて、関係者を任意で聴取していました。また、たかだか9億程度のゴミのような土地の取引一つの事件に、市民団体や豊中市議が次々と提訴していたこともあります。

3月2日に朝日新聞のスクープがなければ、手間ばかりかけさせられたのに、世間からは“時間ばかり掛けて立件もできなかった”と批判されることは目に見えていたのです。

 

“担当者の上からのプレッシャー”、“面倒なことをやらされて切れた”(いずれも『報道特注』の中での会話)が理由というのは、到底、リークを正当化できるものではありませんが、説得力は多少あります。

多分、リーク元は闇の中でしょう。でも、立件できない理由は地検が言わなくても、テレビや新聞が代わりに言ったり書いたりしてくれました。リークしたことにメリットがあるとすれば、それがあるのは大阪地検です。

 

この女性特捜部長がリークしたかはともかく、本来なら、書き換え前の文書が明るみに出たことで、昭恵夫人はもちろん、総理や政治家の関与の疑いは晴れるはずでした。また、籠池氏(+代理人弁護士)の悪徳ぶりも分かり、それに屈した財務省という構図も分かりました。また、不起訴となったら闇に葬られた文書改竄も明るみに出ました

むしろ、1年以上もグダグダやっている森友問題に終止符を打つリークだったはずです。

 

誤算と言えば、マスメディアがまともにそれを伝えないこと。産経は高橋洋一氏の寄稿文などを掲載していますが、比較的政権寄りと言われている読売はダンマリ。特に読売は、昨年からとみに首相を攻撃する記事を書いています。

これは、昨年から続く放送事業の見直しの動きで、テレビをグループ内に持つ新聞の反発があったからでしょう。

 

もう一つの誤算は、どこぞのアホ議員。というか江田憲司(無所属となっているけれども、民進党から歳費を貰っている)。

週刊ポストは前述のように、記事自体は大阪地検の女性特捜部長が担当しているということしか事実ではありません。しかし、江田が、この記事を読んだのか、記者から情報を得たのか知りませんが、記事がネットに出る時期とほぼ時期を同じくして、この女性特捜部長とリークを結びつけるツィートをしたこと。

 

江田憲司(衆議院議員)‏認証済みアカウント@edaoffice

#森友 大阪地検の女性特捜部長のリークがどんどん出てくる。NHK「何千台分のトラックでゴミを撤去したと言ってほしい」と本省理財局の職員が森友学園に要請と。ネタ元はメールらしい。今のところ、特捜部は「やる気」みたいだが、法務省と財務省の関係からすると、どこまで貫けるか!?頑張れ!
3:26 - 2018年4月4日 (←タイムスタンプはUSA時間なので、日本時間は4日昼間くらいでしょう

 

多分、たいして考えもなしに情報通を気取ったのでしょう。普段から、討論番組に出ても、中身のないことをえらそうに語っているだけで、突っこまれると話を逸らして詭弁で逃げるだけの男です。

 

なお、この件については山田宏衆議院議員(自民党)がさっそくこの発言を問題視しました。

 

@yamazogaikuzo
山田宏 自民党参議院議員さんが江田憲司(衆議院議員)をリツイートしました

[大阪地検の特捜部長がメールで、捜査内容をメディアにリーク]と、ベテランの国会議員が断定し公表した。国民の検察への信頼を裏切るこの行為が事実なのか、それとも嘘なのか。江田議員はいつものように堂々と根拠を明らかすべき。また検察も国会議員のこの重大な指摘を調査すべきではないか。

17:15 - 2018年4月5日

 

 

 

以下、与太記事のコピペです。

 

http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/14524489/

「安倍一強」を揺るがした大阪地検の女性特捜部長 異常なまでの執念と覚悟 
2018年4月3日 11時0分 

元記事は下記のNEWSポストセブン

野党の追及よりずっと厳しい大阪地検の女性特捜部長は何者か

 政権支持率の大幅低下をもたらした森友学園問題をめぐり、安倍一強を揺るがしたのは野党でもメディアでもない。大阪地検特捜部である。異例の女性特捜部長を中心とした捜査チームは、異常なまでの執念と覚悟で、官邸を追い詰めている。

「訴追を受ける恐れがあるので答弁を差し控えたい」

 証人喚問に立った佐川宣寿・前国税庁長官はそう繰り返し、約50回にわたって証言を拒否した。

 自民党内では、佐川氏が安倍晋三首相夫妻をかばい続けたことから、「これで佐川は逮捕を免れる」という見方もあるが、政権が検察捜査を意のままに操れると考えているとすれば思い上がりだろう。

 佐川氏にすれば、ダンマリで逃れられる証人喚問での野党の追及は怖くない。だが、刑事訴追され、証言拒否できない検察の捜査を受けることは本気で恐れていたのだ。

 公文書改竄事件で財務官僚が検察の取り調べに“全面自供”すれば捜査が政界に波及する事態もありうる。森友事件を取材してきたジャーナリスト・伊藤博敏氏が指摘する。

「財務省の公文書偽造の事実がはっきりした以上、大阪地検特捜部は籠池前理事長夫妻だけを逮捕・起訴し、財務官僚は不起訴にするという“予定調和”の捜査はできなくなった。佐川氏が逮捕、起訴される可能性は十分あります。その場合、検察は、財務官僚たちが、国有地を安く払い下げたという背任を隠すために公文書の改竄を行なったという容疑を組み立てるはずです。そして『官邸の指示があった』という証言を得られれば、政治家や官邸中枢も事情聴取の対象になる」

 検察の森友事件捜査は、今後、財務省から政界を視野に入れた展開になる。その指揮を取るのは“酒豪”で知られる山本真千子・大阪地検特捜部長だ。大阪市立大学出身で京都、大阪、東京の各地検を経て法務省人権擁護局総務課長から2年半前、女性初の特捜部長に抜擢された

「独身で化粧気が全くなく、おしゃれにも無頓着で、記者とも気さくに赤提灯で飲む。これまで大型事件の捜査を手がけたことはなかったが、テキパキ事件を処理するタイプで上司に信頼されている。女性検事の中では出世頭です」(大阪の司法記者)

 趣味は酒とテレビドラマ。とくに木村拓哉主演の検事ドラマ『HERO』の大ファンで、DVDボックスまで買いそろえたといわれている。その山本氏が特捜部長に就任すると、国民の注目を集める森友学園事件に遭遇した。

「山本特捜部長は森友学園への国有地払い下げ疑惑の報道直後から重大な関心を持って内偵捜査を進めさせ、土地売却の資料を集めた。最初から立件に向けてやる気満々だったが、政界がからむだけに捜査は難航した」(同前)

 籠池夫妻の逮捕(2017年7月31日)は「国策捜査」と批判され、その後、籠池夫妻を異例の長期勾留していることも「政権の口封じに加担している」との批判を浴びている。そこに強力な助っ人が現われた。東京地検特捜部である。東京の司法記者が語る。

「大阪地検特捜部は文書改竄問題で財務官僚を大阪に呼び、任意の聴取を行なっている。いずれ佐川氏の聴取も行なわれるはずだが、最高検は大型事件の経験が乏しい山本特捜部長だけでは財務省の捜査は荷が重いとみている。そこでリニア事件捜査が一段落して手が空いた東京地検特捜部と大阪の特捜部が合同で財務省本省に強制捜査に入るという情報が流れています」

 東京地検の森本宏・特捜部長は特捜経験が長い文字通りエース。法務省刑事局刑事課長を経て昨年9月に特捜部長に就任すると、安倍政権肝煎りのリニアに関わる談合事件捜査と、やはり安倍人脈がからむスパコン疑惑を次々に立件し、特捜部の「最強の捜査機関」としての威信を回復させた人物だ。

 最高検は強力な助っ人投入で女性特捜部長に大手柄を立てさせようとしているのである。

◆最高検の“リーク”か

 その背後に検察の安倍政権との因縁がある。法務省・検察組織は検事総長を頂点とするピラミッドで、「検察官の独立」を守るために実質的な人事権も検事総長が握っている。他省では官僚トップの事務次官は検事総長への出世コースにあたる。

 だが、安倍政権は内閣人事局の人事権を盾に検察人事に介入した。

「法務・検察首脳部は2016年7月の人事でエースの林真琴・前刑事局長を事務次官に就任させる人事案を官邸に上げた。ところが、官邸は人事案を突き返し、同期の黒川弘務・官房長を次官に据えた。

 黒川氏は政界捜査の際には情報を逐一官邸にあげることで官邸の覚えがめでたく、甘利明・経済再生相の斡旋利得事件の際に特捜部が甘利事務所への家宅捜索さえ行なわずに不起訴処分にしたのも、そのパイプで政治的取引があったからだと見られています」(伊藤氏)

 その後も、法務・検察首脳部は昨年7月、同12月に林氏を次官にする人事案を上げたが、官邸は拒否して黒川次官を留任させ、ついに林氏は次官になれないまま名古屋高検検事長に異動した。法務・検察は煮え湯を飲まされ続けたのだ。

 安倍官邸の人事介入への反発は、黒川氏の存在で政界捜査に“待った”をかけられてきた特捜部など捜査の第一線に立つ検事ほど強い。

 それからほどなく、朝日新聞が財務省の文書改竄問題をスクープし、安倍政権は追い詰められた。伊藤氏が言う。

「朝日の情報源は改竄前と後の文書を持っていた大阪地検ではないかと見られていますが、流出を疑われるのを覚悟でやったとは考えにくい。むしろ、最高検の検察首脳部が安倍政権に痛打を与えるために出したのではないか」

 オール検察の安倍政権に対する“宣戦布告”だったという見方だ。折しも佐川喚問の後、改竄の全責任を負わされた形の財務省サイドから不穏な情報が流れ出した。

「文書改竄にあたって、官邸と財務省本省の間で書き換える文面の調整が行なわれていた。窓口となったのは双方の中堅キャリアだった」

 という内容で、その話には調整役となった2人の官僚の個人名や関係性などもあって妙に具体性を帯びていた。現時点では真偽不明だが、大阪地検特捜部が財務省への強制捜査と佐川氏ら財務官僚への取り調べで、官邸と財務省が改竄の協議を行なっていたという証拠をつかむことができれば、今度こそ、安倍官邸は決定的なダメージを被ることになる。

 そこまで踏み込めるか、それとも官邸の顔色を窺って籠池夫妻立件で終わるのか、山本特捜部長の真価が問われる。

※週刊ポスト2018年4月13日号

 

 

 

 


 

« 【書籍】『徐勝-「英雄」にされた北朝鮮のスパイ 金日成親子の犯罪を隠した日本の妖怪たち-』 No.1 | トップページ | 【朝日】『森友問題、官邸関与は「イメージ」 騒ぐ国会、政策論は』←どうした朝日!? »

コメント

【ブログ主】
奥穂3190様 

ああ、失礼しました。以下のコメントで、既に奥穂3190さんが指摘していた、目的の①-i)ですね!
daishi100.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/h-6d1d.html#comment-141422526
>i)立件困難な事案当事者への社会的制裁を求める腹癒せの類
 
ありがとうございました。
 
================================
大別すると、リークの目的は、

①世論操作→ほぼ各社一斉報道
i)立件困難な事案当事者への社会的制裁を求める腹癒せの類
ii)世論の注目喚起 例えば捜査着手日時のリーク=マスコミの現場取材を誘導、重要な捜査進展とか。 これは検察のやってますよ自己アピール

②各マスコミの検察担当に思わずぽろりか、そこまで熱心ならと少しだけとか。 これはマスコミとの良好な関係維持のため→少数社の報道
================================

検察リークの類型というのは、貴3・24記事に付けた最後のコメントにあります。(3・25、02:33) 詰まらぬ分類ですが、世論操作型であるにも拘わらずリークが広範囲でない点、リクルート事件とは様相が異なるように感じますが、そもそも事件の大きさが違うのでなんとも言えません。因みに私は、陰謀論めきますが、単なるリクルートからの借金であって贈収賄性のない50百万円がマスコミにリークされ、竹下首相退陣となった切っ掛けを作ったのは検察だと思っています。

目的犯と言ったのは、背任の場合は、損害を与える目的が構成要件になっている、という意味合いです。人間の内心は判りませんから、これは外形的に判断します。近財・大阪航空局の値引きでっち上げは許しがたい迎合ですが、一方で瑕疵担保責任の免除によって、例えば「あの学校の敷地にはとんでもないゴミが埋まっているとの風評で、入学希望者の辞退が相次いだ、さあどうしてくれる」の類の、大袈裟に言えば青天井の瑕疵担保責任を逃れ国に利益を齎した一面もあるもので。

偽計業務妨害の構成要件は、虚偽のうわさの流布、欺罔・誘惑、無知・錯誤の利用ですので、今回の文書改竄への適用は無理です。

野党諸君が財務省で鍵をこじ開けたり、体当たりドア突破でもしてくれていたら、威力業務妨害なのですが・・・。

今回様々の記事やコメントを読んでいて、検察を司法権の一部であると思っている人の多いことに驚きました。検察の幾つかの失態にも拘わらずこうした認識があるというのは、むしろ検察への信頼が未だに薄らいでいない証左で、喜ぶべきことかも知れません。然し、現在のヒステリー状態(勿論これはマスゴミと野党のパフォーマンスが醸成したものですが)は、不起訴→えっ、検察って行政機関だったの!→官邸の圧力だ!と暴発させる機会をマスゴミその他に与えるのではと懸念します。この愚を回避するため、不起訴となった場合は、慣例を破って、捜査結果と不起訴理由を検察が説明することを期待しますが、それでも勿論、検察は官邸のシナリオで説明した、と騒ぐので難しいところですね。


【ブログ主】
奥穂3190様
>条文を読み返してみて、これが目的犯であるのなら、立件は微妙との線にシフト
なるほど、そうなのですか。隣の野田公園は盛り土で済ましていますから、土中のゴミは分かりませんものね。

あとは、改ざん後の文書で国会や会計検査院の業務を妨害した偽計業務妨害、と思ったのですが、提訴なんて話は聞きませんね。
むしろ、財務省に押しかけた野党の輩の威力業務妨害の方が...

>以前の検察リークの類型に触れた社会的制裁の為に該当するケース
というのは、ちょっと意味が分かりませんでした。
 
個人的には、不起訴となり、実はたいして違法性がなかったことを騒ぎ立てて議会を混乱させた野党やマスコミに怒りの矛先が向かえばいいのに、と思います。
 

ふうむ、

貴ブログで高井弁護士の論説を読み、公文書関係犯罪の立件は難しいだろうとは思っていましたが、値引きに関する背任は〇かと思っていました。然しその後条文を読み返してみて、これが目的犯であるのなら、立件は微妙との線にシフト。以前の検察リークの類型に触れた社会的制裁の為に該当するケースなのかも知れません。
値引きの根拠は、はっきり言ってデッチ上げに相当する代物ですが、契約上は売主の(金額の確定しない)瑕疵担保責任の免除の対価であるので、民法上の善管注意義務違反で損害賠償とはなっても刑事責任を追及するのは無理筋かも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『徐勝-「英雄」にされた北朝鮮のスパイ 金日成親子の犯罪を隠した日本の妖怪たち-』 No.1 | トップページ | 【朝日】『森友問題、官邸関与は「イメージ」 騒ぐ国会、政策論は』←どうした朝日!? »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ