最新情報

  • 2020/09/16
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【獣医学部新設問題】愛媛県職員作成の備忘録全文【“首相案件”】 | トップページ | 愛媛県職員作成の備忘録 (2) 読売新聞の取材にメモを書いたと証言した愛媛県職員 »

2018/04/12

愛媛県職員作成の備忘録 (1)下村文科相「けしからん」発言←そもそも、獣医学部申請は門前払いということを忘れていませんか?

公開: 2018/04/12 15:14  最終更新: 2018/06/03 18:09  

 

【2018/06/03追記】

その後、時系列を整理してみたところ、仮に下村博文文科大臣の「けしからん」発言が事実だとしたら、構造改革特区時代のものであり、「獣医師会の賛成を得るように」という意味だという判明しました。

 

今回発見された愛媛県職員が作成したらしい備忘録について...

ブログ主には色々と腑に落ちないことがあるのですが、それは後述のような理屈を付けて自分自身を納得させるとして、更に腑に落ちない点は、下村文科大臣が加計学園になぜ「けしからん」という発言をしたのか?獣医学部の件で下村大臣と加計学園側で何か相談をしていたのか?と捉えかねられないことです。

 

 

 

 

これにはまず、備忘録の中の動作の主体(主語)が省かれていて非常に分かりにくい一文です。

 

加計学園から、先日安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村文科大臣が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があったとのことであり、その対応策についての意見を求めたところ、今後、策定する国家戦略特区の提案書と併せて課題への取り組み状況を整理して、文科省に説明するのがよいとの助言があった。

 

素直に読めば、以下のような解釈になります。

①加計学園の誰か曰く、「先日安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村文科大臣が『加計学園は課題への回答もなくけしからんといっている』と(安倍総理が)言った」。
②(それを聞いた我々は、柳瀬首相秘書官に)その対応策についての意見を求めた。
③(柳瀬秘書官は我々に)「今後、策定する国家戦略特区の提案書と併せて課題への取り組み状況を整理して、文科省に説明するのがよい」と助言をくれた。

 

下村大臣が加計学園に対して何か言ったとしたら、何についてか?

①の会話は2015年4月2日以前になるわけですが、下村大臣の発言も、もし、なにか言ったののなら(但し、下村氏は発言を否定※)、この時期は15回目の申請後です。但し、構造改革特区であり、国家戦略特区ではありませんが。そして、国家戦略特区に初めて提案するのは、2015年(平成27年)6月5日なので、それ以前です。加戸前愛媛県知事が言っていたのですが、「新しくできた『国家戦略特区』の方で申請してみたらどうか」というアドバイスを貰ったそうです。

 

ここで、備忘録を見ると、“(文科省が)加計学園になにか課題を出していた”らしいということになっています。

しかし、京都産業大学の例を思い出すと、文科省に事前にお伺いを立てたら門前払いを喰らっています。

 

京都産業大学は、大学自体が獣医学部を作りたくて、国家戦略特区への提案をする以前に、地元の獣医師会や文科省にお伺いを立てていました。以下に、そのことを国家戦略特区ワーキンググループで述懐している部分を議事録から抜粋します。

 

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/teian/161017_gijiyoushi_01.pdf

○八田座長 (前略)
私から一つだけ御質問します。設置審に要請されようとしたら、事前協議が必要だと言われ、事前協議では、これは無理ですよと言われたということですが、その無理だという根拠は何だったのですか。

○大西副学長 説明不足だったですけれども、正式に設置申請に向けての事前調整ということではなくて、いわゆるもう活動はされている状況でございますので、何とかそこを御配慮いただきたいという、事前の事前相談みたいなところがあったのですが、なかなか農水省を含めて、獣医師は充足しているという論法の中で、これ以上獣医学部をつくる必要はないんだというお話で終わってしまっているという状況になっているということです。

○八田座長 ということは、設置審にかけてもうまくいきませんよと。

○大西副学長 そういう手続きさえも今はとれませんよと。

○八田座長 手続きもやっていない。

○藤原審議官 医学部同様、告示で規制されていますから、設置審の議論にまで入れない状況にあるということだと思います。

○八田座長 かなり不透明性が高い。根拠が不明確ですね。

 

念のため、京都産業大学はどういうタイミングで国家戦略特区ワーキンググループ(ヒアリング)に臨んだのか、時系列を確認しておくと、下のようになります。今治市が国家戦略特区に指定された後に、2匹目のドジョウを目論んで提案をしたのです。上記のヒアリングが行われるのはそれより後の2016年(平成28年)10月18日です。

 

2016年(平成28年)1月29日 今治市を国家戦略特区に指定。

2016年(平成28年)3月24日 京都府が概要を1枚紙(←WG委員八田氏の表現)で提案。(第8回関西圏区域会議)

 
ここまで述べたことで、何が言いたいかというと、

獣医学部新設は、そもそも、申請すら受け付けていないこと

です。

だから、

下村大臣が獣医学部の件で加計学園に課題を出すも何も、
そんなことあり得ない

のです。

では、仮に、下村大臣が“加計学園に出されている課題”について2015年4月2日頃(以前)に言及するとしたら、何があるでしょうか?

 

[PDF]事 業 計 画 - 学校法人 加計学園
www.kake.ac.jp/disclosure/H27/H27plan.pdf (リンク切れ→キャッシュ

平成28年度に教育学部の新設を目指し、平成27年3月に文部科学省に申請書類を提出し、設置認可申請中です。学生の受入に向けて準備を行います。

【キャッシュよりコピペ】
平成28年度新設予定の大学院生物地球科学研究科は4月に設置届出書類の提出を行います。また平成28年度に教育学部の新設を目指し、平成27年3月に文部科学省に申請書類を提出し、設置認可申中です。

 

もし、この件だとすると、安倍首相が答弁で言っている「加計氏とは仕事の話はしない」というのが崩れると思うかも知れませんが、この件は内閣府が関与することもない普通の申請で、「下村さんが対応が遅いって言ってたよ」とかなんとか言ったとしても、さほどおかしくはないのではないでしょうか。尤も、以下(※)のように下村氏は否定していますが、「(“獣医学部新設について”は)そんなことは言っていない」ともとれます。

 

ただ、ブログ主個人的には、あの備忘録が何者かの創作だという疑念は捨てきれないのですが...

理由は、これに似た内容の報告書かなにか、あるいは流出したメモの元文書が共有サーバーにあって、それを何者かが利用した可能性が考えられるからです。ただ、そうなると、朝日などに流出した文科省の“総理のご意向”文書同様、内部の人間が関わっていることになりますが。

 

※下村大臣が発言を否定する記事

※ 共同通信 2018/4/11 10:46
https://this.kiji.is/356616476968862817

下村元文科相「発言していない」  加計問題、文書内容否定

 下村博文元文部科学相は11日、学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り愛媛県職員が作成した文書で「加計学園は課題への回答もなくけしからん」と発言したとされることに関し「驚いている。全く言っていない」と述べ、内容を否定した。国会内で記者団の質問に答えた。

 文書には、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)との面談記録として、安倍晋三首相と加計学園理事長が会食した際の文科相だった下村氏の発言が記されている。下村氏は「そもそも会食があったことも承知していないし(首相と理事長の)2人に対してそんなことは言っていない。非常に迷惑だ」と反論した。

 

 

備忘録に対する疑問とその解答

以下は、前回のエントリーのコメント欄に書いたことをこの記事にも書いておきます。

その一つは前回のエントリーとコメント欄に書いた、

 

  1. 口頭で説明するためのメモにしては、書式が整いすぎていること
  2. 口頭で関係機関に説明するためのメモであれば、なぜ、そのコピー(?)が相手に渡されたのか?
  3. 他人に渡すものとしては、文体がラフすぎること(はっきり言って、稚拙すぎる文章)
  4. なぜ、作成日付の「13」日だけが手書きなのか?この日付の意味は?

 

ということ。

一応、1~3に関し自分を納得させる説明は以下のようなものです。

  • このメモは面談の時に手帳か何かに書いたものが元になっている。
  • 多分、随伴者(課長の御付き?)が脇でメモをとったのを、課長が他所(関係省庁?←これがどこかは不明だが、流出元かも知れない)で説明をするのに、「メモをくれ」と命令したので、ワープロで清書した。
  • 文章の拙さは、その場のニュアンスがそのまま伝わるように、口語のままにしたのかも知れない。

 

 

 

 


 

« 【獣医学部新設問題】愛媛県職員作成の備忘録全文【“首相案件”】 | トップページ | 愛媛県職員作成の備忘録 (2) 読売新聞の取材にメモを書いたと証言した愛媛県職員 »

コメント

【ブログ主】

■ブログ主覚書として
第193回国会 予算委員会 第21号 平成29年7月24日
kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/193/0018/19307240018021a.html
大串(博)委員や今井委員が柳瀬参考人に執拗に4月2日に愛媛県職員に会ったかどうかを質問。
柳瀬参考人は記憶にないを連発し、かなり心証が悪かった記憶。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【獣医学部新設問題】愛媛県職員作成の備忘録全文【“首相案件”】 | トップページ | 愛媛県職員作成の備忘録 (2) 読売新聞の取材にメモを書いたと証言した愛媛県職員 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ