最新情報

  • 2019/07/22
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【森友文書問題】財務省が決裁書の書き換えを認める/朝日新聞、毎日新聞の内部対立 | トップページ | 【森友文書事件】財務省は2015年(平成27年)6月から文書を改ざんしていたことが発覚 »

2018/03/13

【森友文書事件】(」´0`)」<さあ、みんな、マスコミの印象操作が始まるよ~

公開日: 2018/03/13  最終更新: 2018/03/13 17:06

※以下は、ほぼ昨日書いた記事ですが公開は今朝(2018/03/13)です。公開後視聴した『虎ノ門ニュース』では和田政宗参議院議員が出演し、ほぼ同様の内容を語っていました。また、昨日公開されたネット番組『報道特注』も同様の内容を語っているようです。この後、報道特注を観て、少しその内容を追加する予定です。

 

上の2つの動画で話されてることはほぼ同じ情報です。

 

以下は最初に公開した本文で、ここに追記していきます。(「最終更新」の日付をその都度書き換えます。)


週末に財務省が決裁文書の改ざんを認め、11日(日)に麻生太郎財務相に報告、昨日、与党幹部や衆院財務金融委員会や参院予算委員会の理事に説明することとなりましたが、週末にマスコミが取材した内容をもって、今朝にはほぼ改ざんの概略が報道され、ワイドショーでも取り上げていました。

ブログ主も久しぶりにワイドショーを見ましたが、同時間帯に麻生大臣の会見と野党6党合同ヒアリングが行われていたので、そちらをネットの配信で視聴し、ワイドショーの類いは音声を絞って映像だけ見ていました。

 

編集無しのフル動画

 

さっそく始まった首相夫人関与の印象操作

以下に提示しますが、文書の改ざんは朝日新聞が報じていたような細かい文言の書き換え程度ではなくてかなり広範囲にわたるものです。そして改ざん前の決裁書の添付文書には数多くの政治家の名前が書いてありました。

しかし、報道(ワイドショーやニュース)では「削除は複数の議員と安倍昭恵夫人の名も!」のようなセンセーショナルな見出しをつけ、必ず首相夫人の映像を流していました。

 

【NHK】「森友」文書書き換え財務省調査結果(PDFにて全文書公開)

 

下は玉木雄一郎議員がTwitterにて公開した文書。(左が改ざん前、右が後) この文書は名前が出ている杉田水脈議員(現・自民党)もSNSに掲載していました。

 

20180312_kessai01

 

この書類にも首相夫人が出てきますが、この他、首相夫人の名前が出てくるのは、籠池氏の発言を引用した部分、「安倍総理大臣夫人の昭恵氏を、現地に案内し、『いい土地ですから前に進めてください』との言葉をいただいた」であったり、インターネット記事を引用して、その中に「昭恵夫人が森友学園を訪問した際に感涙した」と書かれていたりするだけです。

要するに、

籠池氏が勝手に言っていることやニュース記事が勝手に書いていることを引用しただけ

なのです。

 

それを、ニュースのたびに「安倍昭恵夫人の名も削除!」などとスーパーを出すのは、単なる印象操作以外の何者でもありません。

この1年以上、首相夫人が土地代の値引きを直接働きかけたような証拠は出てきませんでしたが、削除されたという部分にも、一切そのような記述はありません。


【和田氏見解(ブログ)】『書き換え前調書で明らかになったのは昭恵夫人の関与がないこと 』
https://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12359869680.html

決裁書に籠池氏の発言として「安倍総理大臣夫人の昭恵氏を、現地に案内し、『いい土地ですから前に進めてください』との言葉をいただいた」とあるが、証人喚問(平成29年3月23日の参院予算委員会)で籠池氏は、学校予定地を首相夫人を伴って見に行ったときの夫人の発言をこのように答えている。→「いい田んぼができそうですねということでありましたので、そのお言葉を頂いて瑞穂のくにというふうにさせて戴きました。

 

この印象操作はNHKも姑息なやり方をしています。例えば以下のwebニュース。

 

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180312/0009112.html

財務省調査結果 14件書き換え

03月12日 12時01分

「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書をめぐって財務省がまとめた調査結果が明らかになりました。
この問題が国会で取り上げられた去年2月以降、14件の文書で書き換えが行われ、森友学園側が、安倍総理大臣夫人の昭恵氏に言及した部分などが削除されたとしています。


「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書が書き換えられた疑いがあると報じられたことをめぐり、財務省は、文書の調査や、関係者への聞き取りなどの結果を、およそ80ページにわたる文書にまとめ、12日午前、与党に報告しました。

それによりますと、この問題が国会で取り上げられた後、去年2月下旬から4月にかけて、財務省理財局が、「売払決議書」や、「貸付決議書」など5件の文書を書き換えていたことを確認したとしています。
さらに、これらの文書の書き換えを反映させる形で、ほかの9件の決裁文書も、書き換えが行われたということです。

具体的には、契約当初の国有地の「売払決議書」には、「価格等について協議した結果、学園が買い受けることで合意した」と、事前の価格交渉を伺わせる記述がありましたが、書き換え後の文書では、この部分が削除されていました。

また、当初、10年間の定期借地契約後に売り払う契約になっていたことについて、「特例的な内容となることから」、「理財局長の承認を得て処理を行う」といった、財務省本省の関与をうかがわせる部分も削られていました。

さらに、平成26年4月、森友学園側から、近畿財務局との打ち合わせの中で、「安倍総理大臣夫人の昭恵氏を、現地に案内し、『いい土地ですから前に進めてください』との言葉をいただいた」と発言があったとしていますが、これについても、削除されています。

このほか、売却の経緯について、近畿財務局などが、「学園の提案に応じて鑑定評価を行い、売払価格の通知を行うこととした」と記されていて、森友学園と事前交渉を行っていたことを示す記述を落としていました。
財務省は、午後開かれる、参議院予算委員会と衆議院財務金融委員会の理事懇談会で、それぞれ、こうした調査結果を報告することにしています。

 

転記すると分かりづらいかと思いますが、実際のレイアウトは下のようになっています。

 

20180312_nhk02

 

赤い枠はブログ主が付けたものですが、この部分の文章は『リード』と呼ばれるもので、記事の要約や重要なことを目を引くように書くもので、人によっては、ここだけ見て判断してしまいます。そして、首相夫人の名前は籠池氏の発言の中に出てくるだけということは、最後まで読まないと分かりません。

 

問題の文書は「別紙」(別添)!?

もう一度、上に提示した文書の画像をご覧下さい。

ブログ主も驚いたのですが、籠池氏が関わる組織とか森友学園を誰が訪問したとか、一般的に決裁書にここまで詳しく書くだろうか?ということまで書いています。

 

今までもこのブログで説明しましたが、定義を明確にするために決裁書の構成を下に図示してみました。

 

Kessai_image

 

決裁書という場合、決裁者が押印をするための1枚目の紙、これが狭義での「決裁書」ですが、この紙を『鏡』と呼びます。

そして、決裁者が判断できるよう、起案(起草)者は説明を作成して添付します。『鏡』と添付文書を合わせた1セットが広義での「決裁書」(決裁文書)です。

 

今回の例では、添付文書には例えば小学校の図面のようなものもあり、また、経緯などを説明するものも含まれますが、今回は少し異例なことがあったようです。

 

それは、画像で示したような異様に詳しい文書。

 

これは近畿財務局で当初作成したものに間違いはないのですが、『別紙』と書かれているそうで、政治家の名前や夫人の名前はこの中に出てきます。

 

財務省本省では、通常はこのような文書は決裁書には含めないそうで、このような詳しい説明を保存するには決裁書の外に出し、別文書として管理するそうです。

以上のことは昨日夜のBSフジ・プライムニュースで明らかにされていたのですが、評論家の田崎史郎氏によると、財務省としては本来付いている必要のない部分を削除したのだそうです。

しかし、だからと言って、改ざんしてまで隠す必要があったのか?という疑問が残ります。

首相夫人に言及された部分もそうですが、例えば、鴻池議員のところへ籠池氏が便宜を図って貰おうと行き、金を渡そうとした話など、既に報道されていることです。


【和田氏見解】朝日新聞はどこから情報を入手したのか?- 恐らく検察のリーク。

【ブログ主補足】野党6党合同ヒアリングでの理財局次長の説明では、近畿財務局にあるものは全て先週提出した。改ざんは昨年2月下旬から4月にかけて本省理財局にて行われた。12日に提出した財務省調査結果の基となる資料は近畿財務局と本省で悉皆的な調査(紙ベース、PC)を行って集めた、とのこと。

→ということは、近畿財務局にオリジナルのファイルがあっても、どこをどう変えたのか知っているのは本省理財局のみではないだろうか?あるいは、地検が先週提出された文書と手元にある(任意提出された)文書との違いに気づいて朝日にリークした?
後者の可能性は、「書き換え前の決裁書の情報は大阪の社会部が入手」(花田紀凱氏談)。なお、近畿財務局は2017/3/22に背任容疑で告発されている。(※追加資料1)従って、地検が押収したのは書き換え前の文書だと思われる。(地検が押収後、改ざんした決裁書類を本庁から近財に送っても意味がないので、近財は書き換えに限っては蚊帳の外ではないか?)

* * * * 

【和田氏見解(ブログ)】『財務省がいかに調書を軽く扱っていたか』
https://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12359875428.html

>安倍首相夫人のことを「安部首相夫人」と誤記。

>その他にも森友学園への過去の来訪者の記述で、上西小百合氏を「上田小百合」氏と誤記。

>添付文書とはいえ、こんな扱いはあり得ない。だから安易に書き換えたのだろうか。

 

誰が何のために改ざんしたのか?指示したのは誰か?

12日までに出た情報では、佐川理財局長(当時)の国会の証言と整合性を持たせるために、財務省(理財局)の一部が行ったというのが麻生大臣の説明で、野党合同ヒアリングでの理財次長の説明は野党が言葉をさえぎったので途中で終わりましたが、理財局の一部と近畿財務局の一部、という説明でした。

確かに、今までの佐川局長の国会答弁との齟齬があると見なされる部分を削除しており、これは今後追求されるべきでしょう。

 

最後にもう一度書きますが、

名前が記載されていた=取引に重要な関与をした、というマスコミや野党の印象操作や論点のすり替え

に騙されてはいけません。

 

あわせてこちらもお読み下さい。

 


※追加資料1

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22HBO_S7A320C1CC1000/

近畿財務局を背任容疑で告発  森友学園問題で豊中市議ら
2017/3/22 23:21 日経webニュース

 森友学園に対して大阪府豊中市の国有地を不当に安く売却し、国に損害を与えたとして、豊中市議や同市民ら230人が22日、財務省近畿財務局の職員に対する背任容疑での告発状を大阪地検に提出した。

 告発対象は売却交渉の担当者や責任者で、氏名は特定していない。

 近畿財務局は評価額9億5600万円の国有地を、地中のゴミ撤去費用など約8億円を差し引いた1億3400万円で森友学園に売却。撤去費用の算定根拠などが問題となっている。近畿財務局は「売却価格は、適切だと考えている」とコメントした。

 

 

 

 


 

« 【森友文書問題】財務省が決裁書の書き換えを認める/朝日新聞、毎日新聞の内部対立 | トップページ | 【森友文書事件】財務省は2015年(平成27年)6月から文書を改ざんしていたことが発覚 »

コメント

背任容疑で告発された人って、あの自殺した人でしょうか?

ブログ主様

仰る通り、値引き売買は詐欺師の揺さぶりに負けた近畿財務・理財部の失態でしょう。地盤だ、ゴミだ、とジャブを効かされ、最後は学校の公共性を盾に取った損害賠償請求の脅しにKOされてしまいました。
消えた記述の内容からすると、理財が守りたかったのは政治家ではなく、自分たちの負け戦であったことは明白と思われます。失態を隠すためには、その言い訳を隠さなければなりませんものね。理財局の稟議システムは判りませんが、この程度の案件に理財局長の決裁が必要なものなのか?本省へは近畿財務局内の決裁鏡と別添文書だけが事後的に送付されるような気もするのですが、かといって締結一年未満の段階で関連書類を破棄したと、局長が信じるのもナンセンス。真相は佐川氏でないと判りそうもありませんが、近畿財務・理財部の言い分をそのまま国会で喋った線もありそうです。後は言ってしまったことの辻褄合わせをしようとした大間違い、と言ったところなのか。

相変わらず朝日(デジタル版)は、首相夫人の「いいね」クリックを取り上げて根性の捻くれ振りを発揮しています。記事コメントを読むと職員の自殺と夫人を結びつけるものまであって、これにいいねが44、000件!理解できない頭脳の持ち主が多過ぎます。

追伸にお書きの極左グループの話。書き換え情報の入手に関与していた筋もありでしょうか。

【ブログ主】
奥穂3190様

まずは、前のエントリーに頂いたコメントから。
>森友の話は詐欺師がごね得を図っただけの小事と思い調べもしませんでしたが
当方も同様です。
もう一つ言えば、近畿理財局も雑な仕事をやったなという感想ですが、関西の土地の売買ということで、手続き通りの仕事なんてできないのかとも想像します。

現在、籠池氏は詐欺容疑で取調中、近畿財務局は背任容疑で告発されており、どちらも司法の手に委ねられるべき案件で、国会で取り上げることでもないと、当方もあまり関心を持っていませんでした。

しかし、首相夫人の名前ということで、報道された記事などを読んでみると、とんでもない印象操作。それで、このような記事を書きました。

また、なにか気づかれたことなどあればご教示下さいませ。

P.S. ところで、告発した中に豊中市議とありましたが、福島瑞穂に繋がるあの市議でしょうか。もしそうなら、連帯ユニオン議員ネットの副代表。そして連帯ユニオン議員ネットとは関西地区生コン支部と議員で作っている組織。その関西生コンに今日手入れがあったようです。
なんか、ワクワクしてきました。^^

ブログ主様、拝読しました。いつも通りの冴えたお手並み。
嘗て勤務した組織では、政治家・同和絡み案件の本部宛て稟議書には、「鏡」は勿論添付書類にも一切それを匂わせる記述はせず、電話で説明することになっていましたが・・・。
マスコミのヘディングに踊らされぬ国民の多いことを願うばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【森友文書問題】財務省が決裁書の書き換えを認める/朝日新聞、毎日新聞の内部対立 | トップページ | 【森友文書事件】財務省は2015年(平成27年)6月から文書を改ざんしていたことが発覚 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ