最新情報

  • 2019/08/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の12件の記事

2017/10/30

【国会】自民、野党質問の時間削減提案/虎ノ門ニュースで青山繁晴氏が共同通信の記事に怒った訳は?

公開: 2017/10/31  最終更新: 2017/11/01 15:23

自民党若手議員の不満とは?

下は産経新聞のweb記事を引用したものですが、自民党の若手議員が国会での質疑の機会を得たいと森山裕国対委員長に申し入れ、野党側と交渉することになった旨報じています。

 

自民3回生ら国会質問時間配分の見直し要望 「与党2、野党8」は「野党に過剰な配分」

http://www.sankei.com/politics/news/171027/plt1710270022-n1.html

 自民党の石崎徹氏ら先の衆院選で当選した3回生3人が27日、国会での質問時間について「野党議員に過剰な配分がなされている」として、各会派の所属議員数に応じた配分に改めるよう同党の森山裕国対委員長に申し入れた。森山氏は見直しに向けて野党側と交渉すると応じた。

 衆院選の結果、自民、公明両党は全体の67%にあたる313議席を獲得。しかし、質問時間の配分は慣例で「与党2割、野党8割」と野党に偏重している。「自民党所属衆院当選2回生、3回生一同」名義の申し入れ書では、この配分が「与党議員の質問権を大きく阻害してきた」と指摘した。

 

 

 

 

これをニュースではさっそく“自民党のおごり”とか“早くも緩みか”などと報じていますが、これは実態をねじ曲げています。

 

20171027_shingi_jikan01

 

20171027_shingi_jikan02

 

ある意味フェイクニュースと言ってもいいのですが、なぜ嘘なのかを説明する前に、今朝(10月30日)のネット番組『虎ノ門ニュース』で月曜日のゲストである自民党参議院議員の青山繁晴氏が共同通信の記事について虚報だと怒った話をご紹介したいと思います。この番組は、話題のニュースなどをピックアップし、ゲストが解説するという構成ですが、青山氏の説明で国会の質疑の意味合いを理解しないと自民党の若手議員の要求の理由も分からないからです。

実はブログ主もこの番組を観る前まで、ニュースはいつものように与党にいちゃもんを付けているだけだと表面的なことしか考えていなかったのですが、青山氏の解説で気づきました。

 

 

問題の共同通信の記事はこちらです。

 

自民、野党質問の時間削減提案へ 首相が検討指示、反発も

2017/10/28 11:42

 自民党は国会での野党の質問時間を削減し、与党分を拡大するよう野党側に提案する方向で調整に入った。安倍晋三首相(党総裁)が28日までに党幹部に検討を指示した。与党には法案の作成過程で議論する機会があるため、衆院予算委員会などでは与党と野党で「2対8」に配分するのが慣例になっている。野党側が、森友、加計学園問題を踏まえて追及を避ける思惑だと反発するのは必至だ。

 自民党内では、11月1日召集の特別国会を延長し、野党側が求める所信表明演説や代表質問、予算委の実施と併せて、質問時間の割り当ての見直しを提示する案が出ている。

 

なお、青山氏は元共同通信の記者です。

青山氏が虚報としたのは「与党には法案の作成過程で議論する機会があるため」という部分です。

動画で青山氏が説明はしてくれているのですが、あまり国会に関心が無い方にはすぐには理解できないかも知れません。

まず、青山氏が「これ(赤字の部分)は部会のこと」ということを言っていますが、官僚などを呼んで政策を立案するのは党内の「部会」という会議体で、各政党に同様の機能があります。

次に「国対(国会対策委員会)」のことを解説されていましたが、(この部分が少し分かりにくかったのではないかと思います。)

 

国対(国会対策委員会)の役割

下はWikipediaからの引用ですが、簡単に国対について説明しています。

 

国会対策委員会(こっかいたいさくいいんかい)は、日本の政党(国会に議席を有するものに限る)に置かれる機関(組織)の一つ。 国対(こくたい)とも略される。 各党の国対委員会(委員長、委員長代理、副委員長、委員など)は、相互に密接に連絡を取り合い、本会議の日程や委員会などを俗に「国対委員長会談」と呼ぶ非公開の場で討論する。

 

司会の居島一平氏が 「国対政治...」 と言っていましたが、この「国対政治」という言葉をご存知でしょうか?

実は、各党の国対は日程などの議会運営の交渉をするだけでなく、法律案などもこの交渉を通じて事実上駆け引きされているのです。つまり、ここで合意が取れれば事実上その法案は通過しているのです。

 

国会を見ている人は分かるのですが、法案などは(実際は国対という非公式の場で議論・合意されるにも関わらず)一応、国会(各委員会)で議論されます。そのため国会でさんざん野党が反対意見を述べても、たいてい最後に決を採ると全会一致で法案が通ります。これは、上のような実態があるからです。

 

身も蓋もないことを言ってしまうと、国会の質疑の場は、ある種、パフォーマンスの場というかプロレスなのです。(青山氏はプロレスという表現ではなく「(野党議員の)ガス抜き」と言っていました。)

 

ただ、我々国民は法案の詳しい内容や問題点は国会の質疑を通して理解します。例えば、野党の一部がさんざん国民の不安を煽ろうと無茶苦茶な例(※)を出して質問していた「テロ等準備罪」の議論でも、与党は現実味のある例で、一般の国民が対象になるような法律ではないことを説明する答弁を引き出していました。このように与党は視聴者(国会はネットでも見ることができます。)が理解しやすいような説明を引き出す質疑をしてくれることが多いのです。

  • 国有林でキノコ泥棒をしたらー(民進・山尾氏) 
  • 私がヤクザに誘われてうっかり犯罪行為をしちゃったらー(民進・小川氏)
  • 会社の経営が悪化して役員会でオレオレ詐欺をやることが決定し、不本意ながら手を貸したらー(民進・階氏)

普通に犯罪でんがな...(´・ω・`)

 

一方、野党、特に民進党はその委員会の議題そっちのけで政府に対していちゃもんをつけるのです。「モリカケがー」(森友・加計問題)や「お友達がー」、「忖度がー」とやりたい放題で、自分達が太刀打ちできない参考人(官僚など、特に「テロ等準備罪」の時は林刑事局長)が出席すると聞くと審議拒否。(理由は、議論をしたいのではなく、大臣の失言を引き出したいだけだから大臣に答弁させたい。)また、ブログ主が視聴した国会(委員会)では、民進党議員が彼らの質疑後、他の党の質疑を聞かずに退席してしまうことも何度か目にしました。

 

20171027_shingi_jikan04

 

国民の知る権利など全く無視しています。

 

確かに、政府側の疑惑の追及などでは与党側は“温い”質問をする場合もありますが、例えば(通常の国会ではありませんが)、今国会で「加計学園問題」(実際は、問題でも何でもありませんが...)に関しての参考人を招致した閉会中審査では、加戸守行前愛媛県知事や国家戦略特区ワーキンググループ委員に質疑を行い、答弁を求めていたのは与党や日本維新の会くらいだったのは記憶に新しいと思います。

尤も、加戸氏やワーキンググループ委員は、NHKや民放各局、朝日新聞や毎日、東京新聞などでは存在しないかのような扱いでしたが。

 

閉会中審査で民進党(現希望の党)の玉木雄一郎議員が、自分こそ日本獣医師会から献金を受け取り、親兄弟が獣医師の身でありながら、今治市の獣医学部誘致を白紙に戻せなどと叫んでいましたが、あれは獣医師会に対する“仕事してるよ”アピールなのです。

ここまでの説明でお分かりだと思いますが、そのような“パフォーマンスの場”なのだから、与党の若手議員が質疑の時間を欲しいというのも尤もな話です。

 

20171027_shingi_jikan03

 

くり返しますが、国会に関心が無い方はこうした実態を知らないのに、知っているくせにそれを伏せて自民党を叩くマスコミは本当に腐っていると思います。

 

 

ところで、10月10日のBSフジ・プライムニュースで日本維新の会の馬場伸幸幹事長が爆弾発言をしていました。「国対政治」を裏付けるものです。

こちらのツィートに動画が上がっていますが、発言内容を文字に起こしてご紹介します。

 

 

20171010_fnn_primenews

 

衆議院でどういうことが話し合われていたかと言うことは、ここにいらっしゃる皆さん、ご存知じゃない。

国会対策の戦略上、私たち維新は、平和安全法制の時にも対案をつくって自民党さんとも公明党さんとも水面下でいろんな協議をしました。

もちろん、当時の民主党さんとも話を持ちかけたんです。

全然その時に民主党さん、話に乗ってきませんでした。

もう、どこかの段階で「強行採決をさせるんだ」と言うことをですね、我々には宣言すると。

そういう状態だったんです。

で、テロ等準備罪の時もそう。いくらこの協議を持ちかけても、「いやいや、結構です。私たちはもう強行採決をさせます。」

前回の衆議院選挙が終わってから、この今仰ってるリベラル系の皆さん方は一貫してそういう国会対策を...(他党が騒いで遮られる)

 

馬場氏が言っていることはもう分かりますよね。

(「もうさんざん表(国会)でパフォーマンスしてガス抜きはできたでしょ?裏で実質的な議論をしましょうよ」と言っても聞く耳を持たなかったということです。)

 

民進党をはじめとするリベラル系政党(=左派政党)は、事実上の議論の場である国対に参加せず、国民の目に触れる国会の場でこういうこと(↓)をやりたかっただけなのです。

 

Anpo01

 

これを税金泥棒と言わずして何と言う!

 

【関連記事】

  1. 【国会】自民、野党質問の時間削減提案/虎ノ門ニュースで青山繁晴氏が共同通信の記事に怒った訳は?(当記事)
     
  2. 【国会】与野党質疑時間配分の変遷-民主党政権で与党の質疑時間を減らしたのは本当か?-
     
  3. 【国会】自民党・西田昌司参議院議員が反論 与野党質疑時間配分変遷の理由(動画)

 

 

 

 

 


 

【ユネスコ記憶遺産】 慰安婦問題の資料登録は見送りか?/その不透明な選考過程とは?

公開: 2017/10/30 11:47  最終更新: 2017/10/31 10:48

ユネスコの『記憶遺産』(正式には『世界の記憶』)への登録を審査する国際諮問委員会が今月24日から27日まで開かれ、現時点では公式な発表はありませんが、NHKが『ユネスコの記憶遺産 慰安婦問題の資料 登録は見送りの公算』(10月27日)という記事をweb上に掲載しました。他の複数のメディアが同様の記事を公開していますが、『歴史戦』と銘打ってこの問題と闘っている産経新聞だけは結果については慎重な姿勢を見せています。いずれにしても、まもなく結果は発表されることでしょう。(2017/10/31追記→見送りが正式発表されました。〔NHK記事〕)

この“見送りの公算”という情報は各国でも掴んでいるようで、さっそく、慰安婦資料申請団体は「日本政府が登録妨害」という声を上げています。

 

 

 

 

実はブログ主はこの手のユネスコの遺産登録事業にはあまり関心がなく、詳しいことを知らなかったのですが、先日(10月27日)この問題を取り上げた櫻井よしこ氏のネット番組『櫻LIVE』で初めて知ったことが多いので、覚書として記事にしておきます。

特に、今回問題となっている「慰安婦問題の資料」がどのような団体によって申請され、どのような内容なのか、番組で知ったことを記述しておきます。番組だけでは不明な点も調べて補足しました。

なお、この記事は正式発表以前に公開するので、加筆修正する予定です。

 

contents

  • 『記憶遺産』を『世界遺産』や『無形文化遺産』と同格の権威があると考えるのは間違い
  • 「慰安婦の記録」とはどういうものか
  • イリナ・ボコバ事務局長とはどのような人物か
  • 海外に誤った情報を発信するNHK国際放送
  • 【注釈・参考資料】

 

『記憶遺産』を『世界遺産』や『無形文化遺産』と同格の権威があると考えるのは間違い

 

  1. 『記憶遺産』は『世界遺産』や『無形文化遺産』と異なり権威はない。基になる国際条約もなく、ユネスコの一事業にすぎない。
     
  2. 個人や団体でも申請が可能。
     
  3. 審査も『記憶遺産』は『世界遺産』と異なり、非公開で簡単。

 

記憶遺産の英語の呼称は“Memory of the World“(略称: MOW)で、世界遺産(World Heritage Site)や無形文化遺産(Intangible Cultural Heritage/民族文化財、フォークロア、口承伝統などの無形文化財を保護対象とするもの)と異なり、“Heritage”(遺産)という言葉は入っていません。従って、権威のある世界遺産や無形文化遺産との混同を避けるため、2016年から外務省は英語名称の直訳である『世界の記憶』という呼び方を採用していますが、記事や国会議事録では元の文章のまま表記し、ブログエントリーのタイトルにも分かりやすく『記憶遺産』の表記を使用しました。

 

登録過程は、

 

「申請」→「小委員会」→14人の文書管理の専門家による「国際諮問委員会」【非公開】→(勧告)→事務局長が追認→登録

(参考:櫻LIVE、NHKキャッチ!インサイト 「文化と政治 揺れるユネスコ遺産」

 

という流れで、櫻LIVEによると、国際諮問委員会は現在、中国寄りの委員が5人、日本寄り4人、その他5人という状況とのこと。

 

基本的には1国2件までの申請が可能ですが、団体や個人でも申請が可能なので、現在、日本から3点(「朝鮮通信使に関する記録」、杉原千畝の「杉原リスト」、群馬県の古代石碑群「上野三碑」)が申請されています。「朝鮮通信使に関する記録」については長崎県対馬市のNPO法人「朝鮮通信使縁地連絡協議会」(縁地連)と、韓国・釜山市の「釜山文化財団」が2016年3月に共同申請しています。

 

資料そのものは歴史的真正性というものがちゃんと担保されているということが前提条件になっているので小委員会のメンバーは公文書管理の専門家であって歴史の専門家ではないこと、事実上、関係国などが異議を唱える機会がないことから、曖昧でブラックボックスとなっています。

 

なお、櫻LIVEによると、関係国の意見が反映されない点は日本が採択制度の改善を強く要求し、ユネスコ全体を統括する執行委員会にて「歴史的・政治的な問題を孕む案件は関係国の意見を聴取する」という内容の決議が全会一致でなされましたが、これが適用されるのは2年後だそうです。(登録事業のサイクルは2年で、現在の申請サイクルには適用されない。)

また、資料の歴史的真正性に関しては、例えば、2016年に登録された『南京事件文書』は実は目録だけで資料も公開されていないという杜撰な審査で通ってしまっています。

上記については、国会でも度々議論されており、平成28年5月18日の外務委員会での岸田国務大臣の答弁をご紹介します。

 

第190回国会 外務委員会 第15号 議事録

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/190/0005/19005180005015a.html

【制度改善について】

○岸田国務大臣 ユネスコにおける記憶遺産の制度改革についてですが、まず、我が国としては、この記憶遺産事業というものが、加盟国間の友好と相互理解の促進という、ユネスコ設立の本来の趣旨と目的を推進するものになるよう、制度改善に向けた加盟国間の議論を促進してまいりました。

 このような改善を受けて、先月、四月十四日ですが、ユネスコ執行委員会におきまして、本件制度改善に係る決議、こうした制度の見直しを歓迎するという決議がコンセンサスで採択されたこと、このことを評価しております。

 本年三月に、国際諮問委員会のもとに、記憶遺産の登録手続や基準を定める記録遺産保護のための一般指針と登録手引を改正するためのレビューグループ、見直しグループが立ち上げられました。そして、見直しの対象となる事項やスケジュールが公表されております。
 我が国としましては、こうした専門家自身による制度改善に向けた具体的な取り組みが前進していること、これを歓迎しております。専門家も含め、適切に意見交換を行っていきたいと考えます。

 

【「南京事件資料」の杜撰さについて】

○岸田国務大臣 登録された南京事件の資料については、まずは、いかなる資料が登録されたのか、中身の精査が重要であるという認識のもと、これまで一部の施設に所蔵されている資料を閲覧いたしました。しかし、中国当局は、その他の施設については、一度閲覧を認めたにもかかわらず、その後、技術的問題等を理由に、受け入れられないとしています。このように、いまだ全ての資料へのアクセスが拒絶されている状況は問題であると認識をしています。

 ユネスコが規定しております、記憶遺産保護のための一般方針の趣旨、この方針の中に、三の四として、アクセスの原則と方法、こういったものが定められていますが、こういった指針の趣旨にも反するものであると認識をしています。

 これを受けて、中国側には、各施設の対応について遺憾である旨を伝達し、関係資料へのアクセスを引き続き強く要求しております。

 さらに、かかる状況をユネスコ事務局に情報共有をするとともに、中国側の対応の改善をユネスコからも強く求めるよう申し入れを行っている、これが現状であります。

【関連記事】

中国、ずさん目録で申請 「南京大虐殺文書」 ユネスコ審査も1委員だけ…』(産経web 2016.1.10 05:00)

 

なお、ついでに見つけたのですが、平成27年12月11日の第189回国会 文教科学委員会では、諮問委員会に日本から南京大虐殺に否定的な専門家が参加したことについて、日本共産党の田村智子参議院議員が「歴史修正主義だ」と噛みついています。

 

「2.個人や団体でも申請が可能」については事項で解説します。

 

 

 

「慰安婦の記録」とはどういうものか

先日視聴した櫻LIVEでは、今回申請されている慰安婦の記録について実態を明らかにしていました。ここで初めて知ったのですが、韓国や中国等の団体によってなされた申請のカウンター(反撃)として、日本などの団体が対抗資料を申請しています。

なお、ここで、“韓国や中国側”、“日本側”と簡単に言えないのは、申請している側に日本人もいるからで、前者は「日本軍『慰安婦』の声』、後者は「『慰安婦』と日本軍規律に関する文書」をそれぞれ申請しています。

 

日本軍『慰安婦』の声』(Voices of the "Comfort Women"

【申請国・団体】 9つの国・地域の15団体

  • 「日本軍『慰安婦』の声」共同登録国際院会(韓国、中国、台湾、日本、オランダ、フィリピン、インドネシア、ティモール)、英国

【賛同】 19団体・2個人

  • 韓国、中国、台湾、オランダ、豪州、米国、日本(吉見義明氏)

【慰安婦定義】 慰安婦とは1931年から1945年にかけて日本軍のために強制的に性奴隷とされた婦女子を婉曲的に表す言葉。

【登録資料】 日本軍慰安婦制度に関する資料563点(米国公文書館アーカイブ含む)、慰安婦の資料1449点、慰安婦問題解決活動資料732点の計2744点

 

『慰安婦』と日本軍規律に関する文書(Documentation on ”Comfort Women" and Japanese Army Discipline)

【申請国・団体】 2カ国4団体

  • 「日本再生研究会」(米国)
  • 慰安婦の真実国民運動、メディア報道研究政策センター・なでしこアクション(日本)

【慰安婦定義】 「慰安婦」制度は1945年までの戦時中、日本軍向けの国の統制による合法的な売春の組織であり、「慰安婦」はその職にあった売春婦を婉曲的に表す言葉。

【登録資料】 米国公文書館アーカイブ、国立公文書館・防衛研究所文書、元日本軍属の証言集

 

韓国や中国が申請している資料の中には、慰安婦が作った押し花とか描いた絵なども含まれるそうで、番組によると、例によって“西早稲田”の団体によって管理されているそうです。(西早稲田のAVACOビルはこうした団体が数多く集まる牙城で、反日的・左翼的活動グループや活動家を指す言葉としても使われます。

 

イリナ・ボコバ事務局長とはどのような人物か

櫻LIVEによると、ブルガリア人で自身、共産党員、つまり、中国に対してシンパシー(共感)を持つことは容易に想像される人物です。

中国の先勝パレードにも出席し、習近平国家主席の家族と食事もしたとされています。

実は、中国は南京事件資料を申請した年には慰安婦資料も申請しており、この時は却下されたのですが、この時に中国に対し「次回は複数の国で申請するように」とアドバイスしていたため、今回仕切り直して申請したという経緯があるそうです。

 

海外に誤った情報を発信するNHK国際放送

これは国会の議事録を検索していて見つけたもので、参考までに追記します。

趣旨は、当時のNHK会長の発言を巡って、参考人招致を行ったものですが、この中で山田宏委員(当時は日本維新の会、現在は自由民主党)が、英語だから(?)と誤った情報を発信しているNHKに苦言を呈したものです。

 

第186回国会 予算委員会 第12号 平成26年2月20日

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/186/0018/18602200018012a.html

○山田(宏)委員 先ほど、籾井会長に対していろいろな質疑がありました。この放送法第四条というのは、番組の編成内容について介入した場合のことを言っているんですね。ですから、介入はされていないわけですから、放送法なんか違反していませんよ。しかし、やはり御発言はこれからよくお気をつけになられないといけない、こう思っております。

 それよりも、この慰安婦の問題で問題なのは、NHKワールドという国際放送が二月の十二日に英語で放送しているんですよ、世界に対して。サウス コリア ウオンツ ユネスコ ツー レジスター コンフォート ウイメンと書いてあるわけです。これを放送していました。つまり、韓国は、ユネスコに対して、慰安婦のいろいろな資料を、無形資料というのか世界遺産というのか、そういったものに登録するようにやっていこうという、こういう報道です。(発言する者あり)記憶遺産か。

 この放映の内容で、こういう文言があるんですね。メニー オブ ジ ウイメン ワー フォースト インツー プロスティテューション ツー サーブ ジャパニーズ ソルジャーズ デュアリング ワールド ウオー ツーとある。つまり、第二次世界大戦中に、多くの女性たちは、日本兵に対して売春婦として奉仕するために強制されたと。フォーストですから、強制されたんですよ。
 これは事実じゃないんじゃないですか、今の発言でも。だめですよ、これこそ放送法違反じゃないですか。こういうことをちゃんと見るのがNHK会長ですよ。

 これまで、女性何とか国際法廷とかいって、これは安倍総理も一時いろいろなことでありましたけれどもね。ここで、日本の天皇陛下が、この日本軍のやったことに対して、レイプだとか何とかということで、有罪だなんということを放映した、一方的な、本当に反日きわまりない、そういった報道をNHK自身が番組でやりました。こういうのが問題なんですよ。これはいろいろな意見があるじゃないですか。一方的な報道はだめですよ。

 それから、今回の二月十二日の国際放送、これは許しがたいと思っていまして、もう決めつけているじゃないですか、NHKが。多くの女性たちが強制されて、売春婦にさせられて、日本軍に、兵隊に奉仕させたという。

 これはどうお考えですか、こういう報道は。こういう報道こそ、NHK会長として、きちっと現場へただすべきじゃないですか。放送法違反ですよ、これは。どうですか。

 

念のため、片仮名で書かれている部分を英語で書くと、

Many of the women were forced into prostitution to serve Japanese soldiers during WWⅡ.

です。

 

 

 

【注釈・参考資料】

 

ユネスコの記憶遺産 慰安婦問題の資料 登録は見送りの公算

10月27日 4時25分 NHKニュースより引用

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k10011199571000.html

ユネスコの記憶遺産の新たな登録を審査している専門家の委員会が、韓国や中国などの市民団体が申請した慰安婦問題に関する資料について、登録するかどうかの判断を見送ったことが関係者への取材でわかりました。今後はユネスコの事務局長が最終的な判断を行いますが、登録は見送られる公算が強くなっています。

ユネスコの記憶遺産は世界各地に伝わる貴重な古文書や映像などを人類の財産として保護する事業で、専門家が新たに申請された資料について登録の是非を審査する国際諮問委員会が、フランスのパリで開かれています。

委員会の関係者によりますと、26日、非公開の会議が開かれ韓国や中国などの市民団体が作るグループなどが申請した慰安婦問題に関する資料2件について、関係国の対話が必要だとして登録するかどうかの判断を見送ることで一致したということです。

記憶遺産をめぐっては、おととし日本と中国で見解が異なる南京事件をめぐる資料が登録されたことなどから、日本政府は事業が政治利用されているとして改善を求め、10月開かれたユネスコの執行委員会で、各国は事業を進めるにあたっては対話の原則に基づき、さらなる政治的な緊張を避けることで合意していました。

今後は、ユネスコのボコバ事務局長が登録の是非について判断することになりますが、専門家が判断を示さなかったことで慰安婦問題に関する資料の登録は、見送られる公算が強くなっています。

down_arrow

慰安婦問題 ユネスコが「世界の記憶」登録見送り

10月31日 5時33分 NHKニュースより引用

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171031/k10011205141000.html

世界各地に伝わる古文書などを人類の財産として保護するユネスコの「世界の記憶」への登録を目指して、韓国や中国などの市民団体が申請していた慰安婦問題に関する資料について、ユネスコは関係国の対話が必要だとした専門家の委員会の勧告に従い登録を見送りました。

これはユネスコが30日、ホームページで発表しました。それによりますと、韓国や中国などの市民団体で作るグループなど2つの団体が申請した慰安婦問題に関する資料について、ユネスコのボコバ事務局長は、関係国の対話が必要だとした専門家の委員会の勧告に従い、登録を見送ったということです。

「世界の記憶」をめぐっては、おととし、日本と中国とで見解が異なる南京事件をめぐる資料が登録されたことなどから日本政府が改善を求め、ユネスコの執行委員会は今月、事業を進めるにあたっては対話の原則に基づき政治的な緊張を避けるという決議を採択していました。

一方、日本と韓国の民間団体が共同で申請した、江戸時代に朝鮮半島から派遣された外交使節団「朝鮮通信使」に関する歴史的な資料は登録が決まりました。

 

【歴史戦】ユネスコ記憶遺産、「日本政府が登録妨害」と慰安婦資料申請団体

2017.10.27 19:11更新 産経webより一部引用

http://www.sankei.com/life/news/171027/lif1710270033-n1.html

 重要な歴史文書などを認定する国連教育科学文化機関(ユネスコ)の事業「世界の記憶(記憶遺産)」に慰安婦関連資料を登録申請していた日中韓などのグループの国内団体であるユネスコ記憶遺産共同登録日本委員会(事務局・東京←ブログ主註:“西早稲田”)は27日、「登録から除外されるとの報道に接した」としてコメントを発表した。

 同委員会は「寝耳に水の報。ユネスコが(日本政府によるルール変更の)圧力に屈し、いまだ正式に公表さえされていないルールを適用して除外したとすれば、手続き上もきわめて異常な事態」などとしている。さらに「登録を妨害した日本政府こそ『正義、法の支配、人権及び基本的自由に対する普遍的な尊重を前進させる』ユネスコの目的に反し、逸脱した行為をしていると言わざるを得ない」と批判を展開した。

 

「記憶遺産」改め「世界の記憶」、外務省が日本語名称変更

2016年06月11日 読売オンラインより引用

http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/culture/heritage/20160611-OYS1T50057.html

 外務省は、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の「世界記憶遺産」について、英語名の「Memory of the World」を直訳する「世界の記憶」との新名称の使用を始めた。記憶遺産を巡っては、中国や韓国での政治利用が問題視されており、権威のある世界遺産や無形文化遺産との混同防止を狙っている。

 記憶遺産は、歴史的に価値の高い文書などの保存や活用を目的に1992年にユネスコが創設した。政府は2010年に日本ユネスコ国内委員会の小委員会で、「ユネスコ記憶遺産」と訳すことを了承した。だが、姫路城や富士山が登録された世界遺産や、歌舞伎や和食が登録された無形文化遺産の英語名には「遺産」を意味する「Heritage」が入っているのに対し、記憶遺産にはなかった。

 世界記憶遺産を巡っては、昨年、中国が申請した「南京大虐殺の文書」が登録されたほか、今月には中韓などの市民団体が慰安婦問題の関連資料を申請したと発表するなど、政治的に利用する動きが続いている。

 世界遺産や無形文化遺産は条約に基づいて政府が申請し、登録過程で関係国の政府が意見表明などをする機会がある。一方、記憶遺産は個人・団体でも申請が可能で、ユネスコ内部での議論で登録が事実上決まってしまう。このため、自民党からは、「世界遺産とレベルが違うものなのに、記憶遺産と訳すのはおかしい」との声が出ていた。

 記憶遺産には、日本からは福岡県出身の絵師山本作兵衛による炭坑記録画やシベリア抑留・引き揚げに関する資料など計5件が登録されている。

 

 

 

 


 

2017/10/28

【衆院選2017】若者の「保守化」?いえ、若者は現状を「保守」したいのです

以前のエントリーで、『リベラル』、特に日本における『リベラル』という言葉の意味について、新聞の記事などを参考に解説しましたが、このエントリーでは若い世代(18歳~30歳代)と60歳代の政治意識の違いについてもう少し考えてみたいと思います。

 

現状に満足している若い世代

下は、前回掲載したグラフですが、“回答者自身の政治的立場と5つの政党の政治的立場を「リベラル←→保守」という観点で位置づけたもの。

 

Liberal_conservatism
(図-1)

 

 

 

 

若い世代は『リベラル』と『保守』という言葉をイデオロギーの範疇では考えていないこと、『保守』とは「古い体質を変えようとしない考え方」と捉えているらしいことが前回の分析でした。これは18~29歳と30歳代の政党の並べ方に見て取れます。

このグラフで“自分自身”の位置づけを見ると、若い世代は『保守』と見ており、60歳代以上は『中道』(中間値)に位置づけていますが、上の分析を前提とすると、若い世代は「現状を変えたくない」、「現状に満足している」と言えるのではないかと思います。

 

このことは若い世代の内閣支持率にも表れています。日経新聞が10月10~11日に行った調査で18~19歳の内閣支持率は52%(不支持32%/全体平均:支持37%、不支持48%)で突出して高かったそうです。

但し、実際には政治参加意識は低く、今回の衆院選では10代の投票率は41.51%(全体:53.68%【総務省調べ】)で、日経の調査(「今回の衆院選に行く:79%」は年代別で最も低い)と一致しています。

 

2017年衆院選の結果に満足する若い世代/不満を持つ60歳代

一方、選挙結果(自民大勝、与党で3分の2超の議席獲得)については、若い世代は「よかった」と評価しています。(図-2)

 

20171025_yomiuri01
(図-2)

 

これに対し、60歳代は選挙結果を「よくなかった」と答える割合が高く、記事によると、60歳代以上は内閣支持率が他の年代より低い40%台で、立憲民主党の支持率は17~18%と最も高かったそうです。

下は日経の出口調査の結果ですが、60代の支持率(投票先)を見れば、読売の調査結果も頷けます。

 

20171024_nikkei__s
(図-3)

 

立憲民主党・千葉5区から立候補し落選した山田厚史氏(69歳/元朝日新聞編集委員)の証言

ブログ主が今回注目していた候補の一人に山田厚史氏がいます。

どのような候補かは、下の選挙チラシの推薦者を見ればおおよそ分かるかと思います。(寺脇研氏、前川喜平氏、浜矩子氏...)

 

Yamada_atsushi_2

 

山田氏が選挙後に選挙戦を語っている動画があります。

 

Yamada_atsushi_3

 

“若者と握手して「よろしくね」、「何党?」て言うから、「立憲民主党」(て言うと)、「あんたらが一番ウザいんだよ~」。それから、アベノミクスの話をしてると、「アベノミクスやめちゃうと、就職氷河期がまたくるかも分からないから、そりゃ困ります」っていう男の子とかね。あ~なんか、ちがうだろ~ってところがあるんだけど...”

 

「ちがうだろ~」はあなただと思うのですが...

 

若者は少し上の世代の『就職氷河期』時代(現在40歳くらい)を目の当たりにしているので、“現状を変えたくない”という正直な声なのに、自分の価値観や信条と合わないからと言って、それを「ちがうだろ~」と否定するような候補者が当選しなくて本当に良かったと思います。市川市と浦安市の良識ある皆さん、Good Job!

 

立憲民主党についてブログ主の考えを述べれば、これはもう『朝日新聞』みたいなものだと思います。

新聞業界や出版業界に詳しいジャーナリストがよく話しているのですが、朝日新聞は例の『慰安婦問題捏造事件』後、少し軌道修正を試みたところ、読者からの抗議が相次ぎ、結局元の反日路線に戻るだけでなく、“左”に振り切れたそうです。

60代中心に過ぎないと言えど、これは1つの民意なので、この層の“受け皿”として活動するのがレーゾンデートル(存在理由)になるのでしょう。

 

しかし、立憲民主党の枝野幸男代表は自身を“保守本流”と称しているそうです。


左派は「右」と「左」の対立軸の中心位置がずれている?

先日(10月24日)のBSフジ・プライムニュースは『徹底総括! 衆院選2017 “小池劇場”の功と罪 野党再編の行方と軸は』というテーマでしたが、出演者を見ても分かるように、主に“民進党の大反省会”でした。

 

BSフジ プライムニュース 2017/10/24 20:00-21:55 

『徹底総括! 衆院選2017 “小池劇場”の功と罪 野党再編の行方と軸は』

 野党第1党であった民進党の分裂。そして、希望の党と立憲民主党の誕生。今回の衆院選で注目された、いわゆる「リベラル勢力」の地殻変動は日本の政治に何をもたらし、何を終わらせたのか?

 「自民党1強」に対抗しうるだけの「受け皿」作りは奏効したのか?

 衆院選の結果を検証し、野党再編とこれからの政治の行方を政治学者らに問う。

【ゲスト】

山口二郎 法政大学法学部教授
松井孝治 慶應義塾大学総合政策学部教授 元内閣官房副長官 元民主党筆頭副幹事長
中北浩爾 一橋大学大学院社会学研究科教授

 

20171024_pn01

 

出演者に関して少し補足をすると、山口二郎氏は元民主党のブレーンで、有り体に言ってしまえば“ガチガチのリベラル活動家”(そう言えば、サンデーモーニングに和服を着て出演されている田中優子氏は法政大学総長ですね。)、松井孝治氏は元民主党議員ですが、新聞のインタビューを読むと、民進党に対してかなり辛辣な批判をしています。中北浩爾氏の立ち位置は不明ですが、個人的には、山口氏以外は左に偏った立場とは感じられませんでした。

 

番組の中で「枝野氏の言う“保守”とは何か?」という話題になりましたが、山口氏は「『60年代以降の戦後デモクラシーを“保守”する』のではないか」と発言し、(司会の反町理氏は「わっかんね~」と反応。)次に同じ質問をされた松井氏の分析は「『時代が右傾化しているけど、自分が狙っているところはそこ(センター?保守?)なんだ』ということだと思う」。すると、それを引き継いで山口氏は「安倍さんが従来の自民党から右にはみ出しちゃったから、穏健保守的な路線で立憲民主党を打ち立てる」と語っていました。

  

これを聞いて、山口氏のような左派は自分の立ち位置こそセンターだと思っていのだと気づきました。

多分、山口氏のような左派には「9条改憲」や「日米安保重視」という部分を重視して安倍首相は“右にはみ出ている”と映るのかも知れませんが、客観的に判断して、安倍政権、あるいは自民党の政策は「女性の社会進出促進」や「労働者の賃金改善」など、『中道左派』くらいまでリベラル側にウィングを広げていると思うのですが。

 

これで思い出したのが、図-1の、60歳代の「回答者自身の立ち位置」に対する評価(センター)です。前回はこの理由が分からなかったのですが、番組の山口氏の発言や枝野氏の“保守本流”発言から、中心点がずれているのだと理解しました。

 

 

 

 


 

2017/10/24

【プロ野球】2017年10月、11月のプロ野球日程・テレビ中継まとめ

公開日: 2017/10/24 8:15

ブログ主の覚え書きです。(追記予定あり)

 

10月26日(木) ドラフト会議 17:00~

  • ドラフト会議スペシャル 23:00~ 【フジONE】

 

10月27日(金) 日本シリーズ直前スペシャル 23:00~ 【フジONE】

 

10月28日(土)~11月5日(日) SMBC日本シリーズ2017

 

11月15日(水) プロ野球12球団合同トライアウト

  • 11月15日(水) Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島
    11月16日(木) (予備日)※雨天の場合は室内練習場
  • テレビ =  【フジONE】10:00~15:00〔生〕

 

11月10日(金)~12日(日) 亞冠熱身賽 千葉ロッテマリーンズ対チャイニーズ・タイペイ代表チーム

  • 11月10日 17:05 中華代表隊@千葉羅德海洋
    11月11日 18:35 千葉羅德海洋@中華代表隊
    11月12日 18:35 千葉羅德海洋@中華代表隊

(時間は台湾現地時間、日本は1時間早いので、+1時間だと思います。ex. 17:05→18:05)

 

11月15日(水)~19日(日) アジアプロ野球チャンピオンシップ

  • 11月16日(木) 東京ドーム 19:00 日本代表8-7韓国代表  【TBS系列】 
    11月17日(金) 東京ドーム 19:00 韓国代表 対 チャイニーズ・タイペイ代表 【TBS ch2】
    11月18日(土) 東京ドーム 18:30 チャイニーズ・タイペイ代表 対 日本代表  【フジテレビ系列】
    11月19日(日) 東京ドーム 18:00 決勝戦 (予選1位 対 予選2位) 【テレビ朝日系列(日本戦のみ)】
     

 

11月25日(土) 横浜DeNAベイスターズファンフェスティバル2017

  • 午前11:00~午後5:00 【TBS ch2】

 

11月25日(土)~12月17日(日) 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)

昨年は、AWB公式のネットストリーミング、AbemaTV、スポナビとGAORA(CS)での中継がありました。

【関連ブログ記事】

【参考】昨年の記事

 

ウィンターリーグ参加者

NPBウエスタン選抜


監督
大道 典良 75 福岡ソフトバンク

コーチ
田之上 慶三郎 82 福岡ソフトバンク
小松 聖 88 オリックス
藤井 彰人 89 阪神
赤田 将吾 77 埼玉西武
風岡 尚幸 76 オリックス
蔵本 英智 89 中日

投手
浜田 智博 202 中日
川原 弘之 122 福岡ソフトバンク
中村 晨 136 福岡ソフトバンク
吉田 凌 66 オリックス
佐藤 世那 67 オリックス
鈴木 優 68 オリックス
竹安 大知 42 阪神
望月 惇志 61 阪神
田村 伊知郎 40 埼玉西武
國場 翼 57 埼玉西武

捕手
杉山 翔大 45 中日
谷川原 健太 45 福岡ソフトバンク
若月 健矢 37 オリックス
長坂 拳弥 39 阪神

内野手
石垣 雅海 32 中日
川瀬 晃 00 福岡ソフトバンク
茶谷 健太 55 福岡ソフトバンク
黒瀬 健太 61 福岡ソフトバンク
宗 佑磨 6 オリックス
岡﨑 大輔 52 オリックス
植田 海 62 阪神
山田 遥楓 52 埼玉西武

外野手
渡辺 勝 212 中日
鈴木 将平 46 埼玉西武

 

NPBイースタン選抜

監督
川相 昌弘 78 読売

コーチ
三澤 興一 73 読売
小野寺 力 72 東京ヤクルト
鶴岡 一成 77 千葉ロッテ
栗原 健太 85 東北楽天
柳田 殖生 85 横浜DeNA
森岡 良介 75 東京ヤクルト
金城 龍彦 71 読売

投手
谷岡 竜平 40 読売
今村 信貴 45 読売
坂本 工宜 006 読売
成瀬 功亮 012 読売
菅原 秀 45 東北楽天
中尾 輝 13 東京ヤクルト
寺島 成輝 18 東京ヤクルト
梅野 雄吾 38 東京ヤクルト
島 孝明 40 千葉ロッテ
種市 篤暉 63 千葉ロッテ
京山 将弥 48 横浜DeNA
笠井 崇正 105 横浜DeNA

捕手
田中 貴也 63 読売
堀内 謙伍 65 東北楽天
古賀 優大 57 東京ヤクルト
宗接 唯人 45 千葉ロッテ

内野手
吉川 尚輝 0 読売
柿澤 貴裕 59 読売
渡邉 大樹 49 東京ヤクルト
奥村 展征 56 東京ヤクルト
松尾 大河 23 横浜DeNA
佐野 恵太 44 横浜DeNA

外野手
松原 聖弥 009 読売
田中 和基 25 東北楽天
細川 成也 52 横浜DeNA

 

 

 

 


 

2017/10/21

【ブログの楽しみ方】リンク先の説明をポップアップ表示する方法【ココログ】

ブログ記事の中で特定の文字にリンクを貼ることはよくありますが、リンクにマウスポインターを重ねたときに説明文をポップアップさせる方法を説明します。

 

下はサンプルです。

 

Cocolog_title01

 

このように表示されたら閲覧者にとって分かりやすいだけでなく、ブログ記事上には表示されていなくても、実際の記事には、ポップアップされた文言も書かれているので、Googleなどの検索の対象になり、アクセスアップにもつながります。

 

 

 

 

「title」プロパティ

説明文をポップアップさせるには、記事編集画面を「HTMLの編集」に切り替えて、HTMLタグに「title」プロパティを書き加えるだけです。

 

記事中の文字にリンクを貼ると、

 

詳しい経緯はこちらの記事をお読み下さい。

「HTMLタグ」に切り替えると...

down_arrow

詳しい経緯は<a href="http://daishi100.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-55ce.html">こちらの記事</a>をお読み下さい。

 

<a>というHTMLタグの中に「href="リンク先のURL"」という要素(プロパティ)が書かれています。これに更に、「title="説明文"」プロパティを書き加えるだけです。

プロパティとプロパティの間には半角スペースを入れて下さい。

 

詳しい経緯は<a href="http://daishi100.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-55ce.html" title="ブログ記事『【加計学園問題】5分で分かる“真実の”加計学園を巡る経緯』">こちらの記事</a>をお読み下さい。

再び「記事の作成」に切り替えると...

down_arrow

詳しい経緯はこちらの記事をお読み下さい。

 

見た目は変わりませんが、マウスポインターを下線が引かれている「こちらの記事」に重ねると、「ブログ記事『【加計学園問題】5分で分かる“真実の”加計学園を巡る経緯』」という文字がポップアップします。

 

以下は過去の記事にも書きましたが、

 

「target="_blank"」プロパティで別タブ(別ウィンドウ)でリンク先を開く

 

詳しい経緯は<a href="http://daishi100.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-55ce.html" title="ブログ記事『【加計学園問題】5分で分かる“真実の”加計学園を巡る経緯』" target="_blank" >こちらの記事</a>

再び「記事の作成」に切り替えると...

down_arrow

詳しい経緯はこちらの記事をお読み下さい。

 

クリックすると別タブ(ブラウザの設定によっては別ウィンドウ)で開きます。

 

「title」プロパティで画像の説明をポップアップさせる

「title」プロパティは画像でも使用できます。

 

20161109_manaka

 

画像を記事内に挿入すると、自動的に「title="画像のファイル名"」がプロパティとして記述されるので、「画像のファイル名」部分を書き換えるだけです。

 

 

 

 


 

2017/10/13

【衆議院選】他党名義で選挙に出て選挙後は再結集を目論む民進党

最終更新: 2017/10/13 16:38

昨晩、テレビを観ていたら耳を疑うようなニュースがありました。

民進党参議院議員の小川敏夫氏が立憲民主党で出馬している候補の応援演説後、記者に囲まれて、民進党の再結集を目指すことを宣言したのです。

 

 

 

 

再結集を呼びかけた小川敏夫参議院議員

 

「民進党はこれからも存続」 FNNニュース10/12 21:58

https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00373225.html

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171012-00000225-fnn-pol

(リンク先に動画あり/以下引用)

民進党参議院の幹部は12日、衆議院選挙後に、希望の党で当選した人にも「復帰」を呼びかけ、民進党の復活を目指す考えを示した。

民進党の小川参院議員会長は、「民進党は不滅です。民進党は、これからもしっかりと存続します。立憲民主党、本当に信念を通している。よくわからないから、やむを得ず希望の党から立候補の人もいるでしょうし、無所属で信念通す人もいた。また、この選挙が終わったら、民進党を大きな軸として、しっかりと結集して、安倍自民党政権、絶対に打倒する。皆さまに約束する」と述べた。

民進党の小川参院議員会長は、東京都内での街頭演説で、民進党を党として維持すると表明した。

 

20171012_fnn01

 

20171012_fnn02

 

そのうえで小川氏は、今回の衆議院選挙で当選した立憲民主党や、無所属の候補だけでなく、希望の党から立候補して当選した人も含めて、民進党を軸に結集を図りたい考えを強調した。

前原代表は、衆議院選挙後に、参議院議員も希望の党に合流する方針を示していた。

前原代表の方針について、小川氏は、記者団に対し、「議論も機関決定もしていない」と一蹴したうえで、「民進党参議院議員の過半数は、希望の党には行かない」と述べ、参議院議員が中心となって民進党を存続させ、再結集の受け皿とする考えを示した。

 

20171012_fnn03

 

民進党の幹部が、希望の党の当選者にも、民進党への「復帰」を呼びかける方針を示したことで、選挙戦にも少なからず影響を与える可能性がある。

 

今回、衆議院は解散となりましたが、参議院議員はそのまま民進党議員として残っており、衆議院議員の前職に対しては民進党からは公認がないので、党籍を残したまま無所属で出馬している候補、立憲民主党や希望の党から立候補している候補者がいる状態です。

 

念のため、ここに至る経緯を簡単に書いておくと、

7月に行われた都議選の惨敗、以前から懸案事項となっていた蓮舫代表の二重国籍問題の疑惑が晴れないまま求心力を失い、支持率も7%前後と低迷している中、離党する議員も現れ蓮舫代表は辞任(実際は内部からの「蓮舫おろし」)、9月に前原誠司代表の新体制で新生民進党がスタートを切ったばかりでした。

前原氏と代表の座を争ったのは枝野幸男氏。大きな争点は、共産党との共闘を行うか否かで、以前、共産党を「シロアリ」呼ばわりするほど嫌っていた前原代表の誕生で一旦は路線が定まった観はありましたが、希望の党(当時は、若狭氏、民進党から離脱した細野氏等を中心とする新党)への離党者は止まらりませんでした。

ここで、衆議院解散となり、このままでは選挙を戦えないとした前原氏と希望の党の小池百合子代表との密談で民進党が希望の党へ合流することが決まり、若干の反対あったものの、結果は民進党の両院総会で全会一致で了承されましたが、民進党の左派やかつての役職者等が“排除”されることが分かり、野田氏や岡田氏等、一部は無所属で立候補、排除された左派の中心人物である枝野氏は新たに立憲民主党を立ち上げ、残りの前衆議院議員はそれぞれ選挙戦の思惑により、希望の党、立憲民主党、無所属と立場を変えて選挙に臨むことになりました。

ここで、左派の立憲民主党は共産党との選挙協力(要するに、左派の票が割れないように共産党が立候補者を下ろし、立憲民主党へ票を集める戦法)をすることと、『アンダードッグ効果』(判官びいきによる同情票)による追い風が吹き、公示前より大幅に議席を伸ばすと見られています。希望の党は小池氏の失言などによる逆風を受けて厳しい選挙となる見通しとなっています。

 

このような状況で選挙に臨み、その後、民進党の再結集を目指すと言うことは、選挙の間だけ生き残るために党名を偽ることに他ならず、有権者を欺く行為です。

 

追記: やっぱり、さっそく与党の攻撃に遭っていました。

 

20171013_goody01  

「民進党はこの選挙で消えたと思ったら、参議院にまだ残っていた。その参議院の人が昨日今日あたりから、「選挙が終わったらまた寄りを戻そう」、そんな事を言い出してるんです。一旦全部移ろうと言ってバラバラになって、そしてまた終わったら一緒になろう。そんな国民を欺くような事をやってる人達にこれからの日本を任せる訳にはいかないじゃありませんか!」 

by 公明党山口那津男代表

既に『トロイの木馬』作戦を公言していた民進党議員

尤も、希望の党に合流を決めた次点でも、既に『トロイの木馬』(トロイア戦争で、ギリシア軍がトロイア軍を欺くために、兵を中に潜ませたとされる巨大な木馬で、転じて、内部に潜入して破壊工作を行う者。)を公言している者もいました。

民進党参議院議員の有田芳生議員です。(2017/10/01付 Facebookより)

 

20171001_arita_yoshifu_facebook

 

希望の党に慰藉するに際しては、「安保法案賛成」や「外国人参政権反対」など、民進党の政策とは真逆の方針に同意する誓約書(政策協定書)にサインをしなくてはならなかったのですが、議員として生き延びるために本心を隠して入党し、希望の党を乗っ取るだのと宣言しているようなものです。

 

選挙後に想定される民進再結集のイメージ

現在、希望の党で立候補しているのは57人(①)、民進党所属のまま無所属で立候補しているのが21人(②)、立憲民主党から立候補しているのは15名(③)、更に参議院議員が47人いますが、既に福山哲郎参議院議員は立憲民主党に移っています。

 

20171013_yomiuri01

 

今後は金(政党交付金)と主導権の争い?

小川敏夫氏が記者団に語ったのは、「民進には人も全国組織も資金もある。党を再構築し、次を目指す形に持って行くべきだ。」(2017/10/13 読売朝刊)ということで、民進党の金庫に眠っていると言われる100億以上の金の取り合いが今後起こるのは必至です。

現状は前原誠司氏が代表のままで、予定としては、前原氏は人とともに資金を希望の党に移動させることになっているからです。

昨晩、BSフジ・プライムニュースに出演した立憲民主党党首の枝野氏は、番組途中に挟んだこのニュースについて聞かれ、「選挙が終わったので元の鞘に戻るのではなく、我々が一定の支持を得られれば、そこを軸に民進党とどういう連携ができるかを考えていく。」(2017/10/13 読売朝刊)と述べていました。

小川氏の発言は、結集を呼びかけると同時に、今後求心力と発言権を増すであろう枝野氏への牽制とも取れます。

読売新聞の記事によると、無所属で出馬している岡田氏は既に21名のネットワークを組織し、民進出身者への支援を表明すると共に「選挙が終わればもう一回大きな塊を作っていかなければならない。」と発言しているとのことです。

一方、希望の党に合流した党員の多くは、議員でいるためには前言を簡単に翻すような人間なので、再び希望の党を抜けることも容易いとは思いますが、一部には“共産党アレルギー”もあるはずです。

既に、枝野氏は共産党という“毒饅頭”を喰らってしまったので、一定の左派の支持は得られるでしょうが、政権与党の道は遠のいたのも事実です。

 

いずれにしても、しばらくは醜い争いが繰り広げられるのは間違いありません。

 

 

 

 


 

【政治】日本における「リベラル」の意味は?/世代別「保守・リベラル」のイデオロギー観

公開日: 2017/10/13   最終更新: 2017/10/27 19:17

8月11日に読売新聞に興味深い調査結果が掲載されていました。

『政党観 世代で「断層」/年代別にみた「保守・リベラル」のイデオロギー認識』というタイトルで、記事にはグラフもあったのですが、画像にすると大きいので、ネットで見つけた画像(テレビ画面のキャプチャ)に、そこでは省かれてしまった「回答者自身の立ち位置」を追加したものを掲載します。(もう一つ、「『無党派層』と呼ばれる人たちをどう見るか」という項目もあるのですが、それは省略しました。)

『イデオロギー』とは、説明するまでもないとは思いますが、「思想傾向、政治や社会に対する考え方」のことです。

 

 

 

 

日本で言う“リベラル”の定義は若い世代には浸透していない

 

Liberal_conservatism

 

アンケート内容は下記サイトで一部公開されていて、上記グラフの元となった設問は下記の通り。回答者の“立ち位置”と5つの政党のイデオロギーを11段階数値で答えたものを集計したものです。

 

「読売・早大共同世論調査」 2017年08月14日 10時00分

http://www.yomiuri.co.jp/feature/opinion/koumoku/20170808-OYT8T50102.html

【調査方法】

2017年7~8月 読売新聞・早稲田大学共同世論調査 (郵送全国世論調査)

▽対象者:全国有権者3000人(層化二段無作為抽出法)
 方 法:郵送自記式、2017年7月3日調査票郵送、8月7日返送締め切り
 有効回答:1963人(回答率65%) 

【設問】

Q 政治的立場を表すために、「保守的」とか「リベラル」という言葉が使われます。

10がリベラル、0が保守的だとして、あなたの政治的立場はどこにあたりますか。また、5つの政党と、無党派層と呼ばれる人々の政治的立場はどこにあたると思いますか。それぞれ、最も近いと思う数字を○で囲んで下さい。

 

詳細は後述しますが、現在の日本で言うリベラルとはその日本語訳の『自由主義的』ではなく、

 

  • 憲法改正に否定的、自衛隊の活動範囲の拡大には反対。
     
  • 低所得者に手厚い所得再配分を重視。

 

と考えられており、そのリベラルと保守の定義に従えば、数値はともかく、50代から上の世代、あるいは平均に示されているような並び順が“正解”になりそうですが、18~20代の感覚はかなり異なるようです。

 

記事では調査に参加した投票行動論の専門家が「特に若い世代は、『変えようとしない勢力』を『保守』と見ているのではないか」と分析していました。

これから想像すると、この世代は『リベラル』という言葉も、『改革指向が強い』と見ているのだと思います。

 

イデオロギーの定義から離れて採点すると「自民党が最も改革指向が高いと見られている

実際、この設問とは別に、『改革指向の度合い』についても10(高い)-0(低い)の11段階で問う設問があるのですが、これを平均すると下図のような結果となっています。

 

Liberal_conservatism02

 

イデオロギーにとらわれずに点数を付けると、中間(5.0)より高いのが自民と維新、低いのが民進、公明、共産となり、やや18~20代の回答と似た結果になるのが面白いと思いました。

この設問に関しては年代別の詳細なデータが書かれていないのですが、新聞記事によると、「30代と40代では維新が最も高くて、回答者自身の評価を上回り」、「50代以上では自民がトップ」という結果が出たそうです。

つまり、50代以上は「イデオロギーとしては自民党は保守だが、改革指向は最も高い政党」と見ていることになります。

 

このブログ記事を後から読み返す時のために書いておくと、2017年8月頃は国会で安倍政権が所謂『加計学園問題』で追求されていたときです。民進党をはじめとする4野党が“国家戦略特区の認定において友人優遇したのではないか”と激しく追求していた時期で、内閣支持率は「支持しない」が「支持」を上回っていた(但し回復基調)一方、政権与党である自民党の支持率は高く、追求の急先鋒であった民進党は落ち込んでいた時期です。(下図)

 

Liberal_conservatism04

(出典: https://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/political/2017.html

 

本来、改革側(でなければならないはず)の民進党が獣医師会という『既得権益』側に立って国会を空転させていたことも関係があるのかも知れません。

共産党や公明党のイメージは掲げる思想や支持母体の宗教団体のせいかと想像します。

 

日本における『リベラル』とは何か?

上記記事はなんとなく面白いと思って手元に残しておいたのですが、イデオロギー的な意味での『リベラル』が正しく認識されていないと認識しているからか、10月5日読売朝刊に『リベラルとは何?』というタイトルの解説が掲載されていました。

以下は、最初にこの記事を公開したときから内容を変えています。(当初、読売の記事から引用していましたが、日経の記事を参考にまとめました。)

 

 

保守対リベラルの構図の源流は第二次世界大戦後の冷戦期にある。世界は資本主義と社会主義に二分され、日本国内では自民党と野党第一党の社会党が対立する55年体制(1955年にこの保守と革新対立構図が確立されたのでこう呼ぶ。本格的二大政党の予感はあったが、選挙を重ねるごとに革新政党は縮小していく。)が続いた。

しかし、1989年の冷戦終結(11月のベルリンの壁崩壊→12月米ソ首脳マルタ会談による冷戦終結宣言)でイデオロギーの対立は崩れた。

これにより、国内では、共産党などが掲げて来た革新色の強い主張が忌避される傾向が強まる。

その流れの中で、保守を掲げる自民党との対抗軸として、革新勢力が見いだしたのが、より広い意味で使える『リベラル』という概念だった。

 

 

これがジャーナリストの池上彰氏にかかると下のように単純化されます。(10月22日選挙特番での一コマ。)

 

20171022_ikegami

 

リベラル=左翼と呼ばれたくない人たちの自称。

 

この記事の最後に掲載している読売の記事でも下記のような小見出しが付けられています。

 

日本では革新・左派と同義語

 

ちなみに読売の記事が出た2017年10月は衆院選の直前で、小池百合子氏が代表となった『希望の党』が民進党の多くを受け入れた一方、政権を取るために外交や防衛で非現実的な主張をするリベラル派(左派)を“排除”した結果、排除された枝野幸男氏を中心として『立憲民主党』を立ち上げたところです。

この立憲民主党を指すのに“民主党リベラル派”と呼ぶので、『リベラル』の意味をあらためて解説したのでしょう。

但し、枝野氏は自らを“保守本流”と呼んでいますが、これについてはあらためて別の機会に考えてみたいと思います。

 

読日経新聞『「保守」・「リベラル」曖昧』(2017/10/19) 識者の見方

ここでは、記事から、本来の意味での『リベラル』を解説した識者の見方や、解説文の説明をピックアップして提示します。

 

  • 本来、リベラルは個人の自由を重んじ、国家の役割を小さくする立場で、資本主義を基礎づける概念。
     
  • 経済政策での「保守」は政府の関与を抑えて市場に委ねる小さな政府を目指すことを、「リベラル」は政府主導で需要をつくる大きな政府を指向するとこを、それぞれ意味する。
     
  • 米国政治の文脈でも(日本同様)意味合いが違う。
    「共和党-保守」、「民主党-リベラル」と大まかに分類され、保守派宗教的価値観を重視し、人工中絶に反対する立場などを示し、リベラルは少数者の権利や福祉政策を重視する示すことが多い。
    しかし、米国でもその(=政党による)区別は曖昧になりつつあり、共和党から立候補し当選したトランプ大領は元々共和党員ではなく、その政策も保守やリベラルといった枠では捉えにくい。
     
  • 米国では最近ではリベラルという言葉は「弱腰」というようなマイナスイメージで語られることもある。

 

 

読売新聞コラム『リベラルとは何?』

下記は、読売新聞のコラムです。ご参考まで。

 

Liberal_conservatism05

 

 

 

 


 

2017/10/12

【小学8年生】いじめを助長?安倍首相の病気を揶揄するマンガで大炎上【小学館】

小学館の小学生全学年向け(?)雑誌『小学8年生』が「まんがで読む人物伝」というコーナーで安倍首相を取り上げたところ、その中で安倍氏の病気を揶揄したような描写があり、「いじめ」だ非難が殺到したそうです。

 

安倍首相をギャグ風に描いた「小学8年生」の漫画が物議 小学館は「あくまで事実として紹介」

2017/10/10(火)15:05 BIGLOBEニュース

(以下、一部引用)

漫画では、2007年の総理辞任を「かいよう性大腸炎という難病」と説明しつつも、「じつはおなかがイタくて…」という台詞を使用。また、森友学園問題や加計学園問題など、全般に渡ってギャグ調で描いている。欄外には、理解しやすいように脚色している旨が記載されているが、ネットでは、「悪いイメージだけ煽るような描写は教育に良くない」「難病揶揄は子供向けには致命的」といった指摘が多数あがっている。

* * * *

 

安倍首相や難病を揶揄?「小学8年生」の弁明Twitterも大炎上

2017年10月11日 17時42分 livedoor ニュース

(以下、一部引用)

小学館の小学生向けマンガ雑誌「小学8年生」の最新号で安倍晋三首相の人物伝を掲載したところ、「一国の総理を貶めている」「難病を茶化している」と激しい批判の声が上がった。

 

 

 

 

更に、編集長の記名入りでそれを釈明するツィートが更に火に油を注ぎ、Twitterが炎上しているとのこと。

下は、そのマンガの一コマで、公式Twitterに掲載されているもの。 

 

Syougaku8_01

 

『小学8年生』第4号絶賛発売中!‏
@sho8_shogakukan 

解散するって本当ですか?まんがのあなたは、演説して~る~♫
安倍晋三首相のまんがが掲載されている『小学8年生』第4号は、衆議院解散当日の9月28日発売です! なんという偶然でしょうか。
と、いうわけで、ちょっと見せしちゃいます。お楽しみに!
(発売日は地域により変わります)

 

下は、火に油を注いだ釈明のツィート。

 

いつもご愛読ありがとうございます。
『小学8年生』第4号のまんがについてたくさんのご意見をいただいております。

 第4号は、9月14日に編集作業を終えました。解散の報道がなされ始めたのが9月18日ごろからです。まんがに関しては、今回の衆議院議員選挙とは何ら関係がありません。(続く

20:40 - 2017年10月9日

また、難病に苦しまれている方を揶揄するような表現は一切していません。2007年当時、安倍首相が総辞職した一因に、ご自分の病気があったことを告白したことを、あくまで事実として紹介したものです。
ご了承賜りますようお願い申し上げます。(編集長・齋藤 慎)

20:42 - 2017年10月9日

 

これを読むと、反省や謝罪の意識は全くないのが分かります。

 

小学館の『小学○年生』のシリーズは売上低迷により相次いで廃刊されていますが、『小学8年生』を特集した『日経トレンディ』によると、下のようなコンセプトの雑誌とのこと。

 

 目指したのが「『読んでください』と子供にこびるのではなく『ちょっとハイブローで漢字も多いけど、面白いから読んでごらん』と提案するスタンス」(齋藤慎編集長)。例えばニュースページには「北方領土」や「教育勅語」といった大人も読める骨太なキーワード解説がある。学年ごとにレベルを考えるのではなく、「小学生だったらここまで知っていてもいいはずというところまで深掘りした」(齋藤氏)。

 

Syougaku8_02_saitou

 

定価は980円だそうですが、年末に発売される特別号では1万9800円(税込み)の価格で完成品のロボットが付録に付くということで話題になりました。

上記日経トレンディのサイトに表紙や付録の画像があり、ブログ主にはどういう層に需要があるのかよく分かりませんが、子供向け雑誌の体裁をした大人向けの雑誌かと思えます。

それでも、子供に買い与える親もいるでしょうし、子供にこういうものを見せようという編集部の良識を疑います。

いえ、はっきり言って、どういう育ち方をしたらこんな大人(編集者)になるのだろうと疑問に感じるとともに暗澹たる思いになります。

 

 

 

 


 

2017/10/09

【偏向報道】ネット党首討論で立憲・枝野氏が握手拒否→なぜか自民・安倍氏が拒否したと報道【フジ・新報道2001、テレ朝・ANNニュース】

掲題の話題の前に、本日(10月9日)に読売新聞の全国世論調査の結果から。

 

20171009_yomiuri

 

グラフに書いてあるように、今回は10月7、8日の2日間で行われた調査で、前回(9月28、29日)との比較です。

前回の調査ではどのような状態かというと、調査に先立つ27日に小池氏と国会議員14人が「希望の党」の旗揚げを正式発表、28日に解散、その日の午後に行われた民進党の両院議員総会で希望の党への合流が全会一致で承認されました。

希望の党側の民進党左派の排除の姿勢が明らかになったのは30日頃なので、この19%という数値は「民進党の支持率+希望の党への期待」が込められたものかと想像します。

今回の調査では希望13%、立憲民主7%なので、民進党支持者における左派に対する支持がそのまま立憲民主にシフトしたように思われます。

詳しい記事は後述(※1

 

 

 

 

フジテレビ、テレビ朝日の安倍首相に対するネガティブキャンペーン

先週の週末は党首討論が相次ぎましたが、その皮切りとなった7日のニコニコ生放送の党首討論はなかなか面白いものでした。(ニコ生は視聴には無料の会員登録が必要。有料会員もあり。

 

他党党首に対して名指しでの質問と回答は厳密に1分と制限されていたのでテンポも良く、司会進行は公平で、日本記者クラブの党首討論での司会者(NHK島田敏男解説員)のような邪魔もなく、各党首への質問も事前に番組寄せられたものから4つ選んだ中から更に番組前に視聴者の投票で選択したものを1つぶつけるといった形式でした。(これに比較して、日本記者クラブの各社代表記者による質問は朝日と毎日が“二人でモリカケ”をやっていました。)

 

さて、翌日の新聞やテレビではこの様子を報じていましたが、この時にテレビ朝日とフジテレビで姑息な印象操作を行っていました。

 

それは、フォトセッションで報道陣から全員で握手することを求められ、希望の党の小池百合子氏が真っ先に腕をクロスさせて左右に手を差し出したところ、自民党の安倍氏がそれを拒否したという虚偽の報道です。

これは、朝日新聞の報道によると、実際は立憲民主党の枝野氏が拒否したとのことでした。(下記参照)

 

枝野氏、ニコ生で党首握手を一時拒否 「戦う相手に…」

朝日新聞デジタル 2017年10月7日23時34分

http://www.asahi.com/articles/ASKB77DP0KB7ULFA004.html

(以下、一部引用)

 討論会が終わると、党首らが記念撮影に応じる場面になり、カメラマンから握手を求める声が飛んだ。枝野氏は「これから戦う相手にそれはできない」と拒否。小池氏や公明党の山口那津男代表らは手を引っ込め、会場は堅い雰囲気に包まれた。

 しばらくして小池氏が「やっぱりいいじゃないですか」と促すと、枝野氏も手を差し出し、安倍首相始め全ての党首が握手に応じた。

 

これを「安倍氏が拒否」と報じたのはテレビ朝日系列のANNニュースとフジテレビ系列の『新報道2001』です。

 

【動画】テレビ朝日・ANNニュース

https://youtu.be/-mHWKgQwgeA?t=7m16s

(ナレーション)

“この2人は全く目を合わせません。

20171008_ann03

この後、全員が一列に並んで写真撮影が行われますが...カメラマンからこんなリクエストが...

「手ぇ繋いでもらえますかね。みんな仲良く。」   

小池氏は手を繋ごうとするものの、安倍氏は応じません。

そして、この苦笑い...”

20171008_ann02

 

枝野氏が拒否の声を上げたと言うことは伏せて安倍氏が拒否したように見せかけるだけでなく、動画を観ても普通に笑っているだけだと思うのですが、「苦笑い」という印象操作。

 

【画像】フジテレビ・新報道2001

ブログ主が録画しておいたビデオを確認したところ、ナレーションであからさまに「安倍氏が拒否した」と言わないだけで、安倍首相が拒否したと取れる編集。

 

(ナレーション)

“その最後に行われたフォトセッションでは、カメラマンが...

「手繋いでもらえますかね。みんな仲良く。」 

小池代表は手を出したものの...

安倍総理は...(差しだした手に応じない安倍氏のアップ)

20171008_fuji01

すると小池代表が一言。「まぁ、いいじゃないですか。手を。」”

20171008_fuji02

 

ブログ主はたまたまテレビで両方とも観ていて、「あれ、こんな場面あったかな?」と思ったので、ニコ生のタイムシフトで実際の動画を確認してみたところ、

 

20171007_niconico01

 

問題の部分は上のような引きの映像で音声も入っていなかったために、小池氏の声はもちろん、枝野氏が拒否する声も入っておらず、単に小池氏が真っ先に手を差しだして、他の党首が遅れて握手したとしか分かりませんでした。

 

今日は公示前の最後の1日。

公示後はこうしたあからさまなネガティブキャンペーンはできず、多分、今日は日頃ワイドショーを観ない層も観るかも知れないので、各局とも張り切って最後のキャンペーンを行うことと思います。

 

【参考】読売新聞の全国世論調査

【今回調査】

自民32%、希望13%…衆院比例選の投票先

2017年10月09日 05時00分

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171008-OYT1T50059.html

 読売新聞社は7~8日、全国世論調査を実施した。

 衆院比例選の投票先は、自民党32%がトップで、衆院解散直後調査(9月28~29日)の34%からほぼ横ばいだった。希望の党は13%(前回19%)に下がり、立憲民主党が7%で続いた。

 このほかの投票先は、公明党5%(前回6%)、共産党4%(同5%)、日本維新の会3%(同2%)などの順で、「決めていない」は27%(同25%)。

 安倍内閣の支持率は41%(前回43%)でほぼ横ばい。不支持率は46%(同46%)だった。

 今回衆院選で、自民党と公明党の与党が過半数の議席を「維持する方がよい」は44%で、「そうは思わない」の42%と意見が割れた。衆院選後の望ましい政権は「自民党中心で一部の野党が協力する政権」54%が最も多く、「今の野党が中心の政権」20%、「自民党中心の政権」16%となった。

 東京都の小池百合子知事が代表を務める希望の党に「期待する」は36%で、「期待しない」の58%を下回った。全体の4割近くを占める無党派層では「期待する」43%、「期待しない」50%。都内有権者では「期待する」が25%だった。

 民進党の前代表代行の枝野幸男氏らが結成した立憲民主党に「期待する」は、全体の28%で、「期待しない」が64%に上った。

 小池知事が希望の党の代表を務めていることについては、「都知事の仕事に専念すべきだ」が71%(前回62%)に上昇した。「今のまま、希望の党の代表と都知事の兼務を続けるべきだ」は19%(同21%)、「都知事を辞職して、衆議院選挙に立候補すべきだ」は7%(同12%)。

 政党支持率は、自民党33%(前回32%)、希望の党8%(同9%)、立憲民主党が4%などで、無党派層は38%(同40%)となった。

 

【前回調査】

自民34%、希望19%…比例投票先・読売調査

2017年09月30日 06時05分

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20170929-OYT1T50131.html

 読売新聞社は、衆院が解散し、民進党が希望の党への合流を決めた直後の28日夕から29日にかけ、緊急全国世論調査を行った。

 衆院比例選での投票先は、自民党が34%で最も多く、希望が19%で2番目だった。「10月10日公示・22日投開票」の衆院選は、自民と希望を対立軸とした「政権選択選挙」となりそうだ。

 このほかの投票先は、公明党6%、共産党5%、日本維新の会2%などの順で、「決めていない」が25%だった。自民党が衆院選で圧勝した2014年の解散直後調査では、比例選投票先は自民党41%、民主党14%、公明党6%などの順だった。民進党は希望の党への合流を決めたため、比例投票先の調査対象には含めなかった。(以下略)

 

 

 

 


 

2017/10/07

【衆院選2017政局】『大山鳴動して鼠が分裂』【希望の党・民進党】

沈みかかった泥船“民進党丸”から“希望丸”に逃げ込んだと思ったら、そこも泥船だったことが分かったようで、続々とネズミが逃げ出しているようです。

 

Illustration_wrecked_ship

 

https://twitter.com/kharaguchi/status/916453199510302721

原口 一博 @kharaguchi

僕は3年前に死線を彷徨った直後の選挙で小選挙区で勝たせて頂きました。もうこれ以上、妥協して当選しても
何の恩返しにもなりません。無所属で立つ事を決断しました。どうか勝ち残ってください。

17:00 - 2017年10月6日 場所: 佐賀 佐賀市

 

玄葉光一郎元外相が無所属出馬へ 希望との公認調整役「漏れた方々の立場…心苦しい」

産経 2017.10.6 16:36更新

http://www.sankei.com/politics/news/171006/plt1710060083-n1.html

 民進党の玄葉光一郎元外相は6日、福島県須賀川市で開かれた地元支援者らとの会合で、衆院福島3区に無所属で立候補すると表明した。

 玄葉氏は希望の党の若狭勝前衆院議員との間で公認調整を担っている。会合で「(民進党系で)公認に漏れた方々の立場を考えた時、非常に心苦しい」と述べ、自らは公認を受けずに無所属を選ぶ理由を説明した。

 

 

 

 

 

原口氏は前回2014年衆院選では85,903票で当選なるも、次点は自民・岩田和親(いわたかずちか)氏の83,421で、今回は希望の党からの出馬のため、共産党との共闘はなく、対立候補として新人の上村泰稔(かみむらやすとし)氏を立てられています。

共産党は立憲民主が立てる選挙区は一度公認した候補も取り消しをしていますが、このままでは、共産党との票の食い合いをすること必至で、しかも無所属では比例復活もないので、今頃は共産党に全力でお願いをしているところでしょう。

一方、玄葉氏(福島3区)は元々選挙に強いので、心配はないのでしょう。

 

今回の衆院選は日々政局が動くので、状況を追うのも大変ですが、ここまでの流れをざっくりと見ていくと...

 

“モリカケ”や“日報問題”で民進をはじめとする野党4党とマスメディアがタッグを組んで内閣支持率が下がっていた頃は「解散しろ!」の大合唱。しかし、野党第一党の民進党の支持率も消費税並みに低下していたところに加えて山尾幹事長の不倫問題でガタガタに。

スキャンダル発覚前の代表戦では共産党との共闘を嫌う前原誠司氏が勝利するも、左派の枝野幸男氏に大差をつけたとは言いがたく、前述の山尾氏の件に加えて自身の北朝鮮で取られた古い写真で(多分)左派からの突き上げがひどく、細野氏や長島氏といった議員が続々と離党し、妥協せざるを得ない状態まで追い込まれて泥船の様相に。

民進党の自爆で支持率が持ち直した安倍内閣は、まだ国政政党の体をなしていない“若狭新党”の準備が整う前にと衆議院解散を決意。これには来年にはどうなるか分からない北朝鮮情勢も大きな理由でした。

“若狭新党”と民進から早々に逃げ出した細野氏等が合流し、後ろ盾の小池百合子氏を当てにして更に離党者が出るもしょせん烏合の衆でグダグダになり、若狭・細野では実力不足すぎて業を煮やした小池氏が「リセット」の一言で代表に。党名も「希望の党」となりました。既に2月には党名を商標出願していたとのことで、マスコミはその用意周到さに驚き、“小池劇場”が開幕しました。

総務省への届け出は9月25日で登録メンバーは現役国会議員9名。27日には小池氏と国会議員14人による「希望の党」の旗揚げを大々的に正式発表しましたが、ピークはここまででした。

そして28日に衆院解散。

華々しく結党宣言した希望の党ですが、いかんせん、準備不足は隠しきれません。“若狭塾”の塾生はまだ素人同然、お金もなければ組織もない状態。

これに目を付けた(?)前原氏が26日に小池氏と連合の神津会長と共に極秘会談し、民進党の合流を密約。28日に開かれた民進党の両院議員総会では、想像するに党全体で合流できると騙して満場一致で賛同されました。

しかし、枝野氏等の極左グループやあまりにも民進党色の強い重鎮は切り捨てられることが判明。小池氏も「排除」、「さらさらない」の言葉でその姿勢を明確にしました。

 

一方、選挙に当選したい一心の民進党員はこれまでの主義主張は「なんのその」で変節し、希望の党入りをアピールします。

例えば、柚木道義(ゆのきみちよし)氏のように。

 

Yunoki01

 

down_arrow

Yunoki02

Yunoki03  

 

尤も、「安全保障法制白紙撤回を言い続ける人は考え方として厳しいと思う」などと言っていた細野豪志氏も、

 

Hosono02

 

2015年9月にはこのように言っていました。

 

Hosono01

 

 

左派を“排除”したことで、打倒安倍政権の旗手として期待していた左翼メディアの手のひら返しが始まります。

 

都知事としては「アウフヘーベン」(築地・豊洲市場問題の先送り)だの「AI」(ブラックボックスでの政策決定過程)だのといった、本来問題視されるべき言動は見過ごされていましたが、メディア、特にワイドショーは容赦なく騒ぎ立て、小池人気は低下の一途。

希望の党の公認を取り付けたまではニコニコしてSNSなどで報告していた元民進党員も、起死回生には小池氏の出馬しかないと焦り始めます。

玉木雄一郎議員は10月03日付ブログ『変わる政党、変わらぬ思い』 で、「今回の決断に伴い、私たちは、極めて大きな犠牲を払いました。小池百合子代表にも、相応の決断を求めたいと思います。」と出馬を願う本音を漏らします。

一方、排除された元民進党員は、無所属で立つことを決めた者、新たな選挙互助会を模索する者に分かれます。枝野幸男を代表とする『立憲民主党』が結党されると、左翼メディアは大喜びで、希望の党sage、立憲民主党ageを始めます。

中日新聞など立憲民主党公式Twitterのフォロワー数の驚異的な伸びを一面トップに持ってくるという滑稽さ。

希望の党は数合わせのために、誰から見ても選挙のために“面従腹背”しているだけの元民進党員を大量に受け入れたため、保守層(右派)からも左派からも嫌われてイソップ童話のコウモリ状態。更にポピュリズムに走り現実味のない公約を打ち出して、カラスの寓話にも似てきました。

「しがらみのない政治」などと言っていた口で連合に泣きつくもつれない返事で、立憲民主党候補の選挙区に刺客を立てたら逆に共産党に対立候補を立てられる始末。

そんなこんなですっかり泥船と化した“希望丸”からネズミどもが逃げ出し始めているという状態です。

 

Illustration_rat

 

なお、左翼メディアに持ち上げられている立憲民主党ですが、例の“こんな人たち”が集まってきたようで、街頭演説でも動員がかかっている様子。

有権者からしてみれば、民進党というふんわりとしたベールで覆われているよりも極左があぶり出されたことで分かりやすくなりました。

“こんな人たち”はもちろん安倍首相の街頭演説の妨害に余念がありません。

 

首相の演説場所、ヤジ警戒し変更 SNS書き込み受け

2017/10/6付日本経済新聞 朝刊

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2194075005102017PP8000/

(以下、一部引用※)

安倍晋三首相(自民党総裁)は5日、神奈川県内で予定していた街頭演説の場所を変更した。交流サイト(SNS)上で首相に批判的な人々が「押しかけてヤジをしよう」などと呼びかける書き込みが相次いだためだ。首相側は混乱を回避するため、当初予定していた場所から小田急向ケ丘遊園駅前に変えて演説した。約15分間の演説中に…

※日経の電子版記事は無料会員でも登録すれば月10記事まで読むことができ、過去の記事もアーカイブスから閲覧可能です。以上は公開されている部分のみ。

 

自民、首相の遊説日程を非公表 街頭でのヤジ警戒?

朝日 2017年10月6日23時46分

http://www.asahi.com/articles/ASKB65F6HKB6UTFK00P.html

(以下、一部引用※)

党神奈川県連幹部は「朝に党本部側から『邪魔が来るから場所を変えられないか』と連絡があった。(日程の事前公表はしなかったが)人が集まりそうだということで、ヤジや妨害への懸念から場所が急に変わった」と明かす。首相は6日夕には、東京都国分寺市と立川市でも事前公表はせずに街頭演説に立った。

 

 

20171006_01

 

 

以上、色々なことが短期間で起こりすぎて漏れていることもあるかと思いますが、こんな流れで今に至ります。

 

 

 

 

 


 

【衆院選2017】党首討論・その他討論【ネット・TV中継】

公開日: 2017/10/07 8:10  最終更新: 2017/10/07 8:26

現在分かっている党首討論をメモしておきます。(作業途中で公開。追記あり)

 

2017/10/07(土) 19:30~

ニコ生 【衆議院議員選挙2017】 ネット党首討論

 

http://live.nicovideo.jp/gate/lv307275744

【登壇者一覧(予定)】

  • 自民党:  安倍晋三総裁 https://www.jimin.jp/
  • 希望の党: 小池百合子代表 https://kibounotou.jp/
  • 公明党: 山口那津男代表 https://www.komei.or.jp/
  • 日本共産党: 志位和夫委員長 http://www.jcp.or.jp/
  • 日本維新の会: 松井一郎代表 https://o-ishin.jp/
  • 立憲民主党: 枝野幸男代表
  • 社会民主党: 吉田忠智党首 http://www5.sdp.or.jp/
  • 日本のこころ: 中野正志代表 https://nippon-kokoro.jp/

【司会・進行等】

  • 司会:夏野剛 (慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授)
  • 進行:馬場典子(フリーアナウンサー)

 

※視聴にはアカウント登録が必要です。


2017/10/08(日) 7:30~8:25

フジテレビ  新報道2001

 

【出演者】

  • 安倍晋三(自民党総裁)
  • 小池百合子(希望の党代表)
  • 山口那津男(公明党代表)
  • 志位和夫(共産党・委員長)
  • 松井一郎(日本維新の会代表)
  • 枝野幸男(立憲民主党代表)
  • 吉田忠智(社民党党首)
  • 中野正志(日本のこころ代表)

 

【司会・進行等】

  • 須田哲夫(フジテレビキャスター)
  • 佐々木恭子(フジテレビアナウンサー)
  • 平井文夫(フジテレビ上席解説委員)
  • 早稲田大学名誉教授・北川正恭氏

 

2017/10/08(日) 9:00~10:15

NHK・ラジオ第1 日曜討論「衆院選10日公示 党首討論」

 

詳細不明

 

 

2017/10/09(月・祝) 23:00~24:41

TBS NEWS23 45分拡大版

 

http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201710051819.html

【司会・進行等】

討論の司会は星浩キャスターを中心に、雨宮塔子キャスターと駒田健吾キャスターが担当する。

 

この後も追記します。

 

 

 

 

 


 

2017/10/05

【衆院選2017 “こんな人達”】神奈川10区希望の党公認・市川よしこ氏

最終更新: 2017/10/07 11:07

まずは、ブログ主の神奈川10区の希望の党公認候補が決まったようなのでチェックしてみると...

 

神奈川10区の希望の党公認 市川よしこ氏ってどんな人?

 

Ichikawa_yoshiko02

 

市川よし子 @happy_ichikawa 

憲法記念日。神奈川新聞は憲法特集です。(さすが!)今こそ、立憲主義とは?憲法とは?を改めて見つめ直す時では?与党改憲案の緊急事態条項などを見ると戦前の空気がよみがえりそう。9条を改め、自衛隊を国防軍に変える必要などない

17:48 - 2016年5月2日

 

立憲民主党から出馬なさった方がよろしいのでは?

 

  • Facebook: https://www.facebook.com/happyichikawa/
     
  • プロフィール(削除された民進党サイトのキャッシュより)
     
    • 役職: 神奈川県議会議員
    • 生年月日: 1964年01月29日
    • 出身: 神奈川県川崎市
    • 経歴等: 川崎市議会議員(1期) 神奈川県議会議員(2期目) 参議院議員斎藤文夫秘書
    • 学歴: 慶応義塾大学 文学部 卒業

 

希望の党の踏み絵『政策協定書』

民進党から希望の党へ合流した方達は、このような踏み絵を踏んでいることになっています。

Kibou_seisakukyoutei02

 

希望の党『公約原案』

20171004_yomiuri_kibou_kouyaku  

なんとも曖昧且つ総花的なものですね。

 

ここまでで一旦公開します。

 

【追記】神奈川10区候補者/川崎区議補選候補者

 

Kanagawa10

 

前職は自民党・田中和徳氏、共産党・畑野君枝氏(比例)。新人に、希望(←民進)・市川よしこ氏。

自民・田中氏の圧勝に終わると思いますが、前回比例単独の共産・畑野氏が重複立候補。(数日前までは比例単独となっていた) 希望の候補が弱いのを見てのことと思います。

希望・市川氏はモリガーカケガーをやるようです。

 

なお、川崎区議補選は13日公示で、現在3名の立候補者が名乗りを上げているとのこと。

 

【追記】連合神奈川推薦候補者・支持候補者

民進党の支持母体である労組(連合)が下記のような表明をしました。票もそうですが、それよりも選挙運動の実働部隊としての役割を果たします。

 

第48回衆議院選挙 連合神奈川〈推薦〉〈支持〉候補者 

最終更新日 : 2017年10月6日

連合神奈川は、10月6日緊急政治センター幹事会を開催。第48回衆議院議員選挙・神奈川選挙区における<推薦><支持>予定候補者の再確認を行いました。

今次総選挙は、「1強政治に代わる、新たな選択肢をめざす」とし、希望の党や立憲民主党などの政党が立ち上がり、大きく政党の構図が変わる選挙となります。

しかし短期間での変化であったため、従前の考え方である政党との政策協定を締結するには至りませんでした。したがって、これまで連合の政策に対して理解をし、信頼関係を築いてきた<推薦><支持>候補者を継続して支援することを決定しました。

 

推薦・支持候補者リストはこちら: http://rengo.or.jp/%e6%94%bf%e6%b2%bb/syuuugiin/

 

【追記】川崎市長選候補者

Kawasakisicho02

 

川崎市長選8日告示 現新三つどもえの公算 福田市政への評価など争点

(産経web 2017.10.7 07:03更新)

http://www.sankei.com/region/news/171007/rgn1710070047-n1.html

(以下、一部引用)

 任期満了に伴う川崎市長選は8日、告示される。立候補を表明しているのは、いずれも無所属で、現職の福田紀彦氏(45)▽新人で元市議の吉沢章子氏(53)▽新人で元教諭の市古博一氏(69)=共産推薦-の3人。福田氏の市政運営に対する評価や行財政改革、子育て施策などが主な争点で、投開票は22日。

* * *

■子育て環境など柱(現職・福田紀彦氏氏)

 現職の福田氏は、小児医療の無料化拡大や中学校給食実現、待機児童の解消促進など1期4年間の実績と、次の4年間の市政について公約する「新マニフェスト」を掲げて再選を目指す。公約は子育て環境改善、安全対策、産業都市計画など10項目を柱としたほか、別項で緑化推進の計画も加えている。

 子育て環境改善は、待機児童対策として認可保育園の受け入れ枠を新規に7千人分確保する。また、保育所新設を誘導するため、容積率の緩和を行う。安全対策は、地域と連携した防災訓練強化や駅のホームドア設置推進をあげている。さらに、新規起業率を高め、臨海部の規制緩和を進めることで、産業都市作りを強化していく計画だ。

 福田氏は「4年間で多くの市民が市をよくしようと思っていることを改めて実感した。市民と対話を重ねていきたい」としている。

 

■「災害死0」目指す(新人・吉沢章子氏)

 一方、吉沢氏はこれまで自民党市議団の団長を務めてきたが、市長選出馬のため離団し、同日付で市議も辞職。「どんな政策も議員の立場では時間がかかるため、市長の持つスピードがほしい」との理由から、市長選への出馬を決めた。

 発表したマニフェストでは、市が借金を抱えているためにこのままでは財政が立ちゆかなくなるとの立場から、全事業の棚卸しを行うほか、第三者の専門家によるチェック機関の設置やハコモノからの脱却など、財政健全化を最優先課題にあげた上で、合わせて10の公約を掲げた。

 保育士不足の解消や小規模保育園の充実など「川崎市版子育てモデル」を作るほか、1級建築士としての経験を生かし、防災・減災や環境に配慮したまちづくりを行うための「災害死0(ゼロ)条例」の策定を目指していくことなどを主な柱にすえる。

 

 
■教育・福祉を充実(新人・市古博一氏)

 市古氏は政治団体「川崎民主市政をつくる会」の役員。市内の小・中学校で40年以上教諭を務めた実績をもとに、子育てや教育環境の整備を訴えるほか、福祉の充実も目指す。

 子育て・教育分野の政策は、待機児童5千人分を受け入れる認可保育園の増設▽給食費の無償化▽30人程度の少人数学級の実現▽朝鮮学校補助金の復活-などを柱に掲げている。

 福祉分野は、特別養護老人ホームの増設や施設の人材確保の支援を図る。そのほか災害対策や生活の安全対策として、武蔵小杉駅周辺の高層マンション新設抑制や公園の増設、駅ホームドアの設置も主張する。

 現在、市が進めている羽田連絡道路や川崎港コンテナターミナルの拡張計画などの各種事業については、「税金の無駄遣いや不要不急の大規模開発はストップさせる」として中止を公約にしている。

 

 

【追記】その他関連サイト

 

 

 

 


 

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ