このサイトに関して




  • 2017/12/14
    ブログを更新しました。


    ■特設コーナー

    DHCを応援しています。











    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会




    ■ご利用上の注意
    記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。(加計学園問題関連の画像はご自由にお使い下さい。)

    コメントにURLを貼る場合は、「http://」、「https://」を除いて貼り付けて下さい。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。





各種ノウハウ集



管理人ポータル

大師小同窓会関連








  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【徴用工問題とはなにか?】1965年の日韓請求権・経済協力協定で解決済みと言えるほど単純ではない | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.356 ミニチュアの柿の作り方 »

2017/09/01

【徴用工問題とはなにか?】政権が変わると建国記念日がコロコロ変わる国、韓国

このエントリーは前回の記事の続きで、8月25日に放送されたBSフジ・プライムニュースの『“徴用工”SHOCK 訴訟乱発…企業に激震』の内容に追加情報を加えてまとめておくのが目的です。

 

前回記事のまとめと補足

■元徴用工に対する補償金は1965年の『日韓請求権協定』やその他の合意事項によって、合計5億ドルの経済支援(内3億ドルは無償支援)に含まれているということを韓国でも分かっている。

  • 【補足】(反町理氏/司会者):「調べたんですが、今年の8月14日に元帳要項の皆さんが、(日本企業じゃなく)韓国政府に対して、『あなた方日本から3億ドル貰ったんだから、我々が受け取るべき正当な分け前を出しなさいよ』と言う訴えを起こしてますよね? これなら分かるんですよ。」(※詳細次項に)

■しかし、韓国政府は故人の元徴用工にしか補償金を支給せず、インフラ整備等に使ってしまった。→『漢江の奇跡』と呼ばれる経済発展。

■日本国内で訴訟を起こしても悉く敗訴になるので、韓国国内で訴訟を起こす作戦に切り替えた。(例:『三菱広島・元徴用工訴訟』)

■一つのエポックとしては2005年の官民『共同委員会』(参照:図-4の④)で、徴用工を含めた様々な賠償請求訴訟が日本国内では勝てないことが分かった運動家が、韓国国内の解釈を変えさせるために行政訴訟を起こした結果おこなわれたもの。

但し、この時、(浅羽教授の言葉を借りると)「徴用工に関しては、いい“弾(たま)”がなかった」そうで、元慰安婦や原爆被害者、サハリン残留韓国人の請求権は失われていないと判断されされたが、元徴用工は除外された。

■しかし、韓国国内で2007年に始まった「三菱広島・元徴用工訴訟」では、一審二審では原告の訴えは棄却されるも、2012年に大法院が差し戻しし、2013年に被告に賠償を求める判決が出た。

  • 【補足】(白真勲氏)「2011年8月に憲法裁判所で慰安婦の判決が出ている。ある意味、この時期の“トレンド”に乗った判決。」←高弁護士も同意。

 

この2012年の判断は、韓国の特殊な歴史観によるものというのが、今回の話です。

 

 

 

 

元徴用工ら、韓国政府に賠償請求(2017年8月14日)

番組内では司会者が言及しただけで詳しく説明されなかったので、調べました。

 

元徴用工ら、韓国政府に賠償請求  (日経新聞 2017/8/14 19:31)

 【ソウル=山田健一】太平洋戦争時に旧日本軍に徴用されて軍需工場などで働いた朝鮮半島出身の元徴用工とその遺族の計6人が、1人あたり1億ウォン(約960万円)の損害賠償を韓国政府に求める訴訟を14日までにソウル中央地裁に起こした。韓国政府の責任を問う訴訟は珍しい。元徴用工を支援する市民団体「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」が明らかにした。

 原告は1965年の日韓請求権協定によって日本政府から韓国政府に支払われた3億ドル(約330億円)の無償提供資金が、元徴用工個人に支払われなかったのは不当と主張している。市民団体側は、原告を今後千人規模に拡大したいという。

 元徴用工に対する賠償責任を巡っては、日本政府は日韓請求権協定を結んだことで解決済みという立場。韓国では大法院(最高裁)が2012年に韓国人の個人の請求権は消滅していないとの判断を示して以降、地裁や高裁で日本企業が敗訴する例が相次いでいる。

 

 

韓国の歴史観に基づいている2012年判決

最初に、この番組の結びに浅羽教授が言った発言を紹介しますが、韓国(左派・急進派)の考え方は、「(国際的にスタンダードな)歴史は歪められていて、我々はそれを正しているだけ」というものなのだそうです。

ですから、この問題を理解(acceptじゃなくてあくまでもunderstand)するには、このメンタリティを前提にする必要があると述べておきます。

 

最初に書いたように、原告は2007年に日本で敗訴し、同じ内容の裁判を韓国国内で起こしたところ、2009年の釜山高裁で棄却されました。

これは、出演者の高(こう)弁護士によると、日本での裁判の結果の「既判力」(きはんりょく/判決の確定によりその判断が不動のものとなり、同一の点についてはもはや再び訴訟上争わさせないという不再理の効力)が認められてのものでした。しかし、最高裁ではその「既判力」が無いとの判断で差し戻しされました。

 

Pn20170825_06_2012_1
図-3(再掲)

 

この判断理由の元になるのが、「外国判決承認の要件」で、下の③が問題、つまり日本の判断をそのまま認めることは「公の秩序に反する」と判断したためです。

 

Pn20170825_07
図-6

 

なぜ、日本の判決を受け入れることが「公の秩序」に反するからというと、最初に回答を書いてしまうと、韓国憲法の精神に反するのだそうで、これを説明するために、まず、『日韓併合条約』に関する日韓の認識の相違を知っておいて下さい。

 

日韓併合条約』-「もはや無効である」vs.「そもそも無効である」

1965年に調印された『日韓基本条約』において「1910年に8月22日以前に締結された旧条約(ブログ主註:日韓併合条約のこと)がもはや無効であることの確認」という項目で、日本側は(日韓併合は合法的なものであるから)「もはや無効」というスタンスですが、韓国側は『そもそも無効である』という認識に基づいた判断なのです。 

 

つまり、2012年の大法院判決の根拠は、

 

“日本の判決は、「日韓併合(1910年)により、韓国領土及び国民は日本(の一領域)なので、日本の国内法により徴用された」という前提だが、これは「不法な行為」なので、日本の法解釈は受け入れられない”

 

という歴史認識の違いに起因しています。

 

(よく分からないでしょ? coldsweats01 )

 

これを理解するには、韓国の建国は一体いつなのか?という論争を見る必要があります。

 

政権が変わると建国の年が変わる国

浅羽教授によると、8月17日の文大統領の記者会見で「1919年に大韓民国は建国された」という発言があったそうですが、「1919年建国説」(以下、「19年建国説」と表記)と、「1948年建国説」(以下、「48年建国説」と表記)は、韓国国内の左派(急進派)と右派の主要な対立軸の一つです。ちなみに、李明博(イミョンバク)、朴槿恵(パククネ)政権では「48年建国説」を採っていました。

 

一般的に、韓国の建国は日本の敗戦により1948年建国とされており、これが国際的なスタンダードで、右派はこの説を採っています。

しかし、三・一運動(さんいちうんどう/1919年3月1日から始まった反日独立運動)の中で上海に『大韓民国臨時政府』ができたことで「19年建国説」を支持する人達も多く(左派急進派)、文大統領の発言はこの考えに立つことを示しています。

 

図-3の韓国大法院の「韓国憲法の規定に照らすと、日帝占領期の韓半島支配は規範的観点から不法な独占にすぎない」というのはこれが根拠となっています。そして、日本の判決を認めることは「(韓国憲法に反しているので)善良な風俗やその他の社会秩序に反する」となるわけです。

 

前述のように文大統領は「1919年建国説」の立場であることを示しており、ここに徴用工訴訟問題の危うさがあります。

歴史教科書においても、朴槿恵政権末期に国定の『正しい歴史教科書』を作り、48年建国説を書き込もうとして左派の激しい反発を受けましたが、文大統領が就任すると直ちにその国定教科書を廃止しています。

 

また、文大統領は憲法を改正して2019年に建国100周年を祝いたいという意向だそうです。

 

この、建国年がコロコロ変わるというのは今に始まったことではなくて韓国独立直後からで、1948年の翌年49年には(19年建国説で)建国30周年として式典を行っていますが、50年には光復3周年(48年建国説)を祝っているそうです。

 

(ここは司会の反町氏ならずとも「そんな国、あり得ないでしょう!?」と突っこみたくなります coldsweats01 )

 

現在、こうした韓国左派・急進派の考えをリードしているのが大法院ですが、浅羽教授が強調していたのは、韓国国内で激しいバトルが繰り広げられのは間違いないとのことです。

 

ご存知の方も多いでしょうが、文大統領は労働問題を扱っていた弁護士で、関心があるのは当然ですが、それ故に、この問題が日韓関係において非常に繊細な問題であることも知っているはずです。

その割には、安易に「政府も同じ立場」という言葉を使った(図-7)こと、8月15日の光復節での演説で、「南北共同で強制動員被害の実態調査の検討」などと言った(図-8)ことなどから、2015年の『慰安婦問題日韓合意』の例もあり、65年の協定まで遡った“壮大なちゃぶだい返し”をする危険性を孕んでいると思います。

 

Pn20170825_06_0817_interview
図-7

 

Pn20170825_06_yomiuri0816
図-8

 

【追記】『徴用工問題 裁判で結論 韓国大統領』(2017/09/09付日経)

20170909_nikkei

 

 

 

 


 

« 【徴用工問題とはなにか?】1965年の日韓請求権・経済協力協定で解決済みと言えるほど単純ではない | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.356 ミニチュアの柿の作り方 »

コメント

「1919年に大韓民国は建国された」ってことは、
「北朝鮮の歴史では認めてないだろう」みたいなことを
辺真一さんがゆーてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【徴用工問題とはなにか?】1965年の日韓請求権・経済協力協定で解決済みと言えるほど単純ではない | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.356 ミニチュアの柿の作り方 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ