このサイトに関して




  • 2018/10/17
    ブログを更新しました。
    2018/04/20
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。




    ■特設コーナー















    台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会



    okinawanokoe




    ■ご利用上の注意
    記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。(加計学園問題関連の画像はご自由にお使い下さい。)

    コメントにURLを貼る場合は、「http://」、「https://」を除いて貼り付けて下さい。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。





各種ノウハウ集



管理人ポータル

大師小同窓会関連








  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.352 ミニチュアフード:焼きソーセージ、ビール、フルーツ、他 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.353 ミニチュアマスクメロンの作り方 »

2017/08/14

前川前事務次官が2015年9月18日にSEALD'sの「安保法制反対」の集会に参加していたことが判明(2017年8月2日講演会 in 福島)

最終更新: 2017/08/15 10:07

8月2日(水)、福島県で「前川さんの話をきく会」という前川喜平文部科学省前事務次官の講演会があったようです。(この講演会を企画したのは“夜間中学を作る会のメンバー、元大手、地元紙記者、経営者、ITボランティア、9条の会員などで作る「実行委員会」”です。-実行委員会メンバーのブログより。)

 

壇上には『前川さん 大いにかたる -加計・憲法・夜間中学 などなど』という垂れ幕が掲げられています。

たまたま8月14日(月)までは動画(フルバージョン)が公開されているので、視聴してみたところ、最初の40分ほどは加計学園問題に関する解説、その後、夜間中学の話と続き、1:17:30あたりから質疑応答が始まりました。

質問者の方の発言を聞いて、会場にいるのはだいたいどのような主義の方達かはすぐに想像がつきました。

 

再就職等規制違反の事件を面白おかしく語る前川前事務次官

2人目の質問内容は、退任したいきさつ、つまり再就職等規制違反の詳細、そして憲法に対する考えを問うものでした。(この辺り、打ち合わせ済みだったのでは?と想像します。)

すると、前川前事務次官は再就職の斡旋話を面白おかしく語り始めたのです。これには驚きました。

最後は、「なんであんなやつを事務次官にしてしまったのか、『しまった~』と思ってるでしょうねぇ。そこが私が『面従腹背』といったところなんですけど。」と悪びれもなく語る始末です。

 

安保法制、憲法9条について語る前川前事務次官

次に、「ここだけ、内緒の話なんですすけど」と前置きして語ったのは次のような内容でした。(1:37:44辺り~ 発言を文字に起こしたもの。)

 

【以下、聴き取り】

ここだけ、内緒の話なんですすけど、2年前の9月18日、国会正門前に私はいたんです。(「お~」という歓声)

SEALD'sの連中がね、ラップのリズムで「集・団・的・自衛権は・いらない♪」(自らリズムを付けて)って言ってるわけです。「集団的自衛権はいらない」って非常に散文的な言葉ですけど、これがあのリズムに乗るってことがすごいですよね。(再びラップの真似を2回繰り返し)こういうリズムで、こう行くわけですよね。お、すごいなと思って、これもシュプレヒコールって言うのかな?と思ったりですね。ま、つまんないことを考えながらですねえ。

私は、戦争法とか安保法制と言われたりしてますけど、あの安保法制は解釈憲法に依るものですけど。その集団的自衛権を認めるという解釈は成り立たないと。

ですから、こういうことは立憲主義に反すると。つまり、立憲主義というのは、国民が国を絞めるものですから。国が国民の自由や権利や基本的人権や平和といったものを犯さないように国を縛っているわけで、個人の尊厳を最大限に踏みにじるのは戦争ですから、戦争は絶対にしない、これは9条で宣言しているわけですからねぇ。で、そのために9条ってものを大事にしてきたと。 

自衛隊は確かに存在するし、一定の役割を果たしているし、国民の多くが自衛隊の存在を認めるっていう事実はあると思うんです。で、それは長年の憲法の解釈の中で、「ここまでは認められる」ってギリギリの線を、国も政府、ま、国民も、まぁ、100%ではないですけれども、何とかコンセンサスに近いものを作りながら、個別的自衛権で専守防衛ならば実力組織として認めてもいいんじゃないかっていうところで踏みとどまっていたのが自衛隊だと思うんです。憲法9条の解釈もそこまでだったらっていうのはあったと思うんですよ、ね。

しかし、それをいともあっさりと踏み越えてしまってですね、しかも、法制局の見解だ、閣議決定だという政府の中の考え方として、集団的自衛権は憲法上認められてるってような、ありもしないことをですね、宣言して、そのありもしない、あってはならない憲法解釈に基づいて法律作っちゃったんですから。

私は、もう、個人として考えるに、明らかにあれは、あの安保法制は、集団的自衛権に基づく条文は全て憲法違反だと思います。だからもう...(ここで聴衆の拍手。それを手で制して)安保法制、賛成の人もいますから。(笑い)

これは私個人の意見です。ですから、あの法律は作るべき法律ではなかったと思ってますので、まぁ、そのためには、やはり、一個人として、一国民として、声を出す場がなければいけないと思ってですね、まぁ、声を出すって言っても、みんなに混じって言ってた訳ですけど。(笑い)

しかも、行ったのは9月18日の夜1回キリですから。あの日は、今日行かなきゃ、もう無いと思ったんですよね。その日は、あの安保法制が参議院で成立した日ですから。

何も好きこのんで満州事変の日にやらなくてもいいと思ったんですけど。9月18日ですから。

【以下略】

 

いったんここまでで記事を公開します。

 

【追記】前川前事務次官、朝日、共産党...点と線が繋がってきた

さて、国家公務員がこのような政治的集会に参加することの法律的是非はよく分かりません。

こちらのブログ『国家公務員の政治活動』を読む限り、市民団体のデモに参加するような行為は禁じられていないように思えますが、前川前事務次官の思想的背景はよく分かりました。

 

なお、前川前事務次官が退任するきっかけとなった再就職の斡旋問題は『文部科学省における再就職等問題に係る調査報告 (最終まとめ)』として下記のように文科省のサイトで公開されています。

 

講演会の中で、再就職等規制違反の詳細を語る中で、こんなことを発言しています。「この件に関しては(内閣府に)恨みは抱いていない。読売新聞は別ですけど。」

こんな軽口も不快ですが、これは置いておくとして、結局ほぼ任期満了までは事務次官でいて退職金を貰って退任したわけですから、恨みを抱いていないというのは本心かも知れませんが、自分の恥を晒した読売新聞に対しては恨んでいるようです。

 

上に書き取った発言からすると、ここまで執拗に内閣府、あるいは安倍首相を攻撃するのは憲法の問題なのかと思えてきます。

「SEALD'sの“連中”」という言い方もある種の身内意識、気安さを感じる表現です。(SEALD'sは共産党の下部組織だったことはバレています。)

 

7月24日に開かれた閉会中審査(衆議院予算委員会)での証言でも、明治日本の近代産業遺産の情報センターについて、いちいち、「徴用工」だの「軍艦島といったところで働かされた朝鮮半島出身者についての情報センター」などと付け加えて、誰かに向けてメッセージを発していました。(『【2017/07/24閉会中審査】明治日本の近代産業遺産に「徴用工の」、「強制労働の」と強調する不自然な前川前事務次官の証言』)

 

さらに、8月14日付東京新聞朝刊に掲載された記事を見ると、文科省時代に朝鮮学校の無償化を推進しようとしており、記事タイトルからも、今も同じ思いで無償化を訴えていることが伺えます。(新聞紙面記事の一部を掲載したweb記事より。下記参照)

 

『「朝鮮学校も無償化対象と思っていた」 前川喜平・前文科次官に聞く』(2017年8月14日)

 加計(かけ)学園の獣医学部新設問題で「行政がゆがめられた」と告発して注目を浴びた前川喜平・前文部科学次官(62)は、高校の授業料無償化制度の担当官だった。前川氏らは朝鮮学校にも適用する方向で動いたが、第二次安倍政権は拉致問題などを理由に除外した。朝鮮学校を外した国の処分の是非が争われている訴訟では最近、広島、大阪両地裁で正反対の判断が示された。前川氏は「今更どの面下げてという話だが、せめて司法で救済してほしい」と訴える。 (佐藤大)

 

Kake50_tokyo_20170814

 

しかし、昨今の半島情勢の中、このような記事は東京新聞を愛読している一部の読者にはアピールできるのかも知れませんが、日本国民には逆効果しかありません。

 

こうなると色々と合点がいきます。朝日新聞をはじめとする一部のマスメディア、共産党、こういったものに対してシンパシー(共感)を抱き、連携して倒閣運動をしているのでしょう。民進党は、主義主張がバラバラで政策はおろか理念すらまとまらないのでよく分かりませんが、利用するには便利と考えているのかも知れません。

そう言えば、前川前事務次官が文科相を退任したその日に、朝日が氏の所員に対する挨拶メール全文を掲載してことがありました。(→ブログ・サブ記事『前川喜平前文科省事務次官退任の挨拶メール全文』)

 

今回の発言は、朝日を初めとする一部のマスメディア(毎日、NHK、東京、etc.)が、禁止されている再就職の斡旋をし、援助交際の疑惑もある人物をまるで“聖人”のように扱ってまで擁護するのも、安保法制~憲法改正という一連の流れに反対する政治運動だということを裏付けたと思います。

 

【追記】産経新聞:『前文部科学省事務次官、前川喜平氏「国会前の安保法制反対デモに参加していた」「バレてたら事務次官になっていなかった」「安保法制は憲法違反」 福島の講演で』

産経新聞web版にもこれを報じる記事が掲載されました。(最終更新:2017.8.14 20:00)

 

 

 

 


« 【ドールハウス工作】 No.352 ミニチュアフード:焼きソーセージ、ビール、フルーツ、他 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.353 ミニチュアマスクメロンの作り方 »

コメント

左翼の皆さんとマスコミは、ビーチ前川(以下BM)さんが
福島での夜間中学でボランティアやってたと褒め称えてます。

でも、BMが初めて福島で講演したのが今年1月14日。

天下り問題で引責辞職したのは、その約1週間後。

で、2月1日、今度はボランティアで福島に来た、
と東京新聞に書いてありますね。
ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/fukushima_report/list/CK2017061302000170.html

この時系列が事実なら、BMの福島でのボラって
ただの「善人のイメージ作り」としか思えません。

日が浅すぎます。
もっと何年も前からボラやってたのなら別ですが。

BMは在職中から「出会い系」へののめり込みを
注意されてたそうですし、警察の内偵捜査も始まってただろうし、
いずれ自分の悪行はバレると踏んで、言い訳作りのために
善人ボラを買って出たんでしょうね。

もし本当にBMが善人なら、ラブオンザビーチに通わないで
月一でもいいから在職中に福島に通ってた方が、
よっぽど人のためかもしれないです。

読売新聞への抗議も、9条の会や元シールズを始めとする
パヨクの皆さんの総力を挙げての全力活動だったんでしょう。

9条の会は全国展開してますから、威力は絶大です。

テレビに出てたBM擁護の女の子も元シールズの選抜女子かもしれんですね。

ビーチ前川さんは、今度国政選挙があったら、
きっとどっかの誰かの応援演説とかやってると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.352 ミニチュアフード:焼きソーセージ、ビール、フルーツ、他 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.353 ミニチュアマスクメロンの作り方 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ