最新情報

  • 2020/09/16
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.324 野菜のミニチュア:ナス、トマト、キュウリの作り方 | トップページ | 【自作宅配ボックス】なんちゃって宅配ボックスを設置してみた/日本郵便への届け出の必要性について »

2017/03/14

【ブログ主覚書】2017年WBC プールDでメキシコが敗退した理由は複雑なルールにあらず

ブログ主の覚え書きとしてメモしておきます。

今回の件で、メキシコの敗退は“複雑なルールのため”というような報道がされていますが、それはちょっと違う、という話です。

 

メキシコで行われたプールDのリーグ戦が終了後、プエルトリコは3勝で勝ち抜け、残りのメキシコ、イタリア、ベネズエラが1勝2敗で並び、この3チームから、規定によってランク付けされた上位2チームがプレーオフを戦い、勝ち抜けのチームが決まることになりました。

 

2017wbc_pood

(上の表は既に順位が決定したあとのもの)

 

 

 

今回問題になったのは「失点“率”」の計算方法。

野球の場合は、コールドや9回表で試合が終了したり、サヨナラで回の途中でゲームが終わることがあるので、単純な「得失点差」では不公平になるので、「率」を使うことは不思議ではありません。

そこで問題になるのは、「失点率」を計算するための分母(イニング数)をどう数えるか。

リーグ最終戦のメキシコ×ベネズエラの試合中でも、微妙な数字の争いになりそうだと、Jスポの実況が話題にしていたのですが、試合直後にWBC公式が発表したのはメキシコがベネズエラを失点率で上回ったという情報。

  1. イタリア 20失点/19回 失点率1.053
  2. メキシコ 19失点/18回 失点率1.056
  3. ベネズエラ 21失点/19回 失点率1.105

しかし、その後、

  1. イタリア 20失点/19回 失点率1.053
  2. ベネズエラ 21失点/19回 失点率1.105
  3. メキシコ 19失点/17回 失点率1.118

と訂正され、メキシコはこの3チームの中では3位となり、プレーオフに進めませんでした。

この原因はレギュレーションの曖昧さ。

 

Step 1: The tied Teams shall be ranked in the standings for that Round according to fewest runs allowed divided by the number of innings (including partial innings) played in defense in the games in that Round between the Teams tied.

https://www.worldbaseballclassic.com/info/rules

 

と書かれているだけです。つまり、分母のイニング数は、“(回の途中で途切れたイニング-ex. ワンナウト後にサヨナラでその回を終了していない-を含んだ)守備をした イニング数”という様々な解釈が可能な表現だったためです。

メキシコはイタリアとの試合で、9回表まで9-5でリードしていたにもかかわらず、9回裏にワンナウトも取れず に5失点し、9-10で逆転負けしました。

このイニングを含むかどうかの解釈が明示されていなかったのが原因で、公式も発表を覆したことから、運営すら周知されていなかったわけですが、メキシコの守備回(イニング)を数えるのに、ワンナウトも取れなかったこの9回裏を(野球では0/3と表記、1アウトや2アウトを1/3、2/3と表記します。)をどうカウントするか、というところが曖昧だったのです。

結局8回0/3は8イニングとカウントするというのが公式レギュレーションだったわけですが、ここでレギュレーションの英文を見ると、“守備をしたイニング”としか書いておらず、アウトは取れなかったが、メキシコは9回裏に守備についたことは事実です。これをどう扱うかが周知されていなかったことが原因です。

計算自体は(得失点差のような単純なものではないので面倒ではあっても)簡単なので、「複雑なルールのため」というのとは違うと思います。

 

念のために書いておくと、1/3や2/3、つまりワンナウトかツーアウトまで来ていれば、中途半端なイニング( partial innings )であっても、その回は1イニングとカウントされます。つまり、メキシコはイタリア戦で逆転サヨナラ負けをするにしても一つでもアウトを取っていれば失点率が良化しベネズエラを上回れたわけです。

また、リーグ最終戦の9回表にメキシコがベネズエラを11-9で2点リードしていて、ランナーが出たときに、(ベネズエラの失点率を悪化させるために)あと1点をなんとしてでも取る、という攻撃をしたかも知れません。9回表は結局送りバントをすることなく淡泊な攻撃で終了してしまいました。

 

ちなみに、番組中にJスポーツのスタッフが、この失点率を計算するときに延長タイブレーク(2人の走者を置いたところで始めるルール)はどう扱うのか、ということをWBC運営に確認したところ、失点率の計算に含まれる、との回答だったそうです。

このように、様々な解釈が成り立つレギュレーションを、具体的な例で補足説明もしなかった運営の落ち度です。

 

 

 


 

« 【ドールハウス工作】 No.324 野菜のミニチュア:ナス、トマト、キュウリの作り方 | トップページ | 【自作宅配ボックス】なんちゃって宅配ボックスを設置してみた/日本郵便への届け出の必要性について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.324 野菜のミニチュア:ナス、トマト、キュウリの作り方 | トップページ | 【自作宅配ボックス】なんちゃって宅配ボックスを設置してみた/日本郵便への届け出の必要性について »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ