最新情報

  • 2019/06/14
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.308 花びら餅と水仙のミニチュア | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.310 座卓と座布団、柴犬のミニチュア »

2017/01/03

【ドールハウス工作】 No.309 水仙のミニチュアの作り方

前回ご紹介した水仙の作り方です。

 

Miniature_hanabiramochi_and_narciss

 

 

 

 

Miniature_narcissus01

 

今回、「水仙なんて見慣れた花、画像なんて見なくても (*^◯^*)へーきへーき」と適当に作ってしまったのですが、大きな間違いがありました。

水仙の花びらは5枚ではなくて6枚でした...('A`)

(実はこの6枚というのも誤り。後ほど補足説明をします。)

 

水仙の花の構造

と言うことで、あらためて実物の観察から。

HK CWB Victoria Park Chinese New Year Flower Fair 01 水仙花 Chinese sacred lily

いわゆるニホンスイセン(Narcissus tazetta var. chinensis)は上の画像のような花で、フサザキスイセン/Narcissus tazettaの変種なのだそうです。(画像はWikimediaより表示。)

 

黄色いお椀状の花びら、副花冠(ふくかかん)と呼ぶのだそうですが、その裏にまず3枚の花びらが均等に三ツ矢の紋のようについていて、残りの3枚の花びらがその間から見えています。

但し、この後列の3枚の花びらは実は花びらではなくて萼(がく)なんですと。

( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー

正確を期すために辞書で調べると、花被(かひ)という言葉があって、その定義は

花の雌しべ・雄しべの外側にある部分で、花の保護や送粉者を花に誘う働きをする。多くは2輪に配置し、内外で形や色彩に違いがあるものでは、外輪のものを萼(がく)、内輪のものを花冠という。差異が目立たぬものでは合わせて花蓋(かがい)という。” (出典:広辞苑)

ということなので、水仙の場合はこの6枚を花蓋というのでしょうが、ここでは便宜的に“花弁”あるいは“花びら”と呼びます。

さらに脱線して、水仙についてもう少し調べてみたら、英語で水仙は「narcissus(ナルシサス)」と「daffodil(ダフォディル)」があるのですが、ギリシャ神話のNarkissos(ナルキッソス)を語源とするnarcissusはクチベニスイセン系、daffodilはラッパズイセン系のことだそうです。(下はブログ主の学習辞典のイラスト)

 

Miniature_narcissus02

ちなみにdaffodilはギリシャ神話のアスポデロス(asphodel=不凋花/ふちょうか)という、善人が死後にすむ楽園=エリュシオンの野に咲く不死の花(けして色褪せない花)がスイセンとされていて、そのオランダ語「de affodil」(“de”は英語の“the”)をそのまま借用したそうです。(出典:ジーニアス英和大辞典)

ただし、asphodelは植物名としてはツルボランという花です。

なお、台湾ではプリザーブドフラワーのことを「不凋花」と呼ぶのだそうですよ。

って、「凋」という漢字を出そうとして、「凋落(ちょうらく)」という言葉を変換してATOKの広辞苑で意味を調べたら、『(1)花などがしぼみおちること。また、容色がおとろえること。 (2)おちぶれること。「名家が―する」』と、凋落の第一義が花が枯れることなんですね。 知らなかった。

閑話休題。

 

ミニチュアを作るために花びら以外の部分も見ておきます。

Miniature_narcissus03

本来はこのように一本の茎から複数の花柄(かへい)が出て房咲きします。

が、このように作るのは難しいので花は一つだけ付けますが、花柄から折れ曲がるように花柱が伸びているので、ミニチュアでもこの特徴を捉えることにします。

 

【作り方ワンポイントメモ/粘土の混色】

(粘土の表記についてはNo.268の記事、粘土の種類についてはNo.269の記事をお読み下さい。)

 

Miniature_narcissus04

 

  • 副花冠(①): 白+黄+赤(ダイソーカラー粘土の黄色は蛍光色の濃いレモン色なので赤味を少しプラス) 
  • 花弁(②): 白
  • 花柱(④): 緑+黄+(白)

 

Miniature_narcissus05

 

副花冠(①)の粘土は丸めて中央をスタイラスでくぼませます。(画像のものはセリアのネイルコーナーにあったドットペンとかいうもの。)

花弁(②)はたくさん作り、形の良いものを選びます。花弁を作る時はゴマのような形に丸めた粘土を食品用のラップに挟んで押しつぶすといいでしょう。

副花冠の裏側から花びらを貼り付けます。この時、6枚の花弁を一度に付けるのではなく、内側の3枚を均等に付けて、その間に来るように残りの3枚の花びらを貼ります。

花弁を貼り付けるときは、木工用ボンドを少し絞り出しておき、花弁をピンセットでつまんでボンドをちょっと付け、副花冠に貼ります。副花冠は楊枝のような細い棒で動かないように押さえつけると作業しやすいかも。

ワイヤー(③)を少し曲げ、花柱(④)用の粘土を付け、その先端に木工用ボンドを付けて花を貼り付け(⑤)ます。(このワイヤーはダイソーで買ったもの)

葉(⑥)はダイソーで見つけた無地の和紙(折り紙サイズ)の緑を使いました。

 

 

 

前置きが長かった割にはミニチュアの作り方の説明は簡単でしたね。 

 


 

« 【ドールハウス工作】 No.308 花びら餅と水仙のミニチュア | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.310 座卓と座布団、柴犬のミニチュア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.308 花びら餅と水仙のミニチュア | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.310 座卓と座布団、柴犬のミニチュア »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ