最新情報

  • 2019/10/15
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【我が町】川崎駅前再開発/さいか屋跡はまず低層階の商業施設に | トップページ | ドイツの伝統的なグリューワイン(ホットワイン)レシピ集 »

2016/12/10

【科学】秋の紅葉だけではない、春の新芽に赤い葉があるわけ

この記事はブログ主の覚え書きです。

日経新聞土曜版に子供向けの解説記事があるのですが、10日付けの紙面で、植物の紅葉のメカニズムについて解説がなされていました。

紅葉(黄葉も)は葉の色素の増減、ということはブログ主も知っていたので、へぇと思ったのは、

植物が生きるのに必要だと思っていた日光が葉にとって害をなす場合があるということ。

これが、カエデ(モミジ)など新芽の赤い植物があることの説明でした。

 

“紅葉や紅葉は緑色の色素(クロロフィル=緑色の色素)が減るため”

植物の葉が通常緑色をしているのは、クロロフィル=葉緑素があるせいですが、葉緑素を含む葉緑体は光合成を行います。

光合成とは根から吸い上げた水と空気中の二酸化炭素、日光より行われるわけですが、冬になると、クロロフィルが減り、元々あった黄色い色素が目立つようになったり(黄葉)、新たに赤い色素が作られる(紅葉)からですが、例えばイチョウの黄葉はカロテノイドという黄色い色素のせい、モミジの紅葉はアントシアニンという赤い色素のせいです。

 

Image_green_leaves

 

ではなぜ、クロロフィルが減るのかというと、記事によると、

“寒い季節は光合成の能力が下がって、夏と同じように光を使い切れなくなるよ。その時余分な光が当たると、葉を傷めてしまう。この光から葉を守ろうと、アントシアニンを作って光を遮ろうとしていると言われているよ。”

子供向けに「森羅万象博士」が説明してる形なのでこのような口調です。

ちょうど、人間が強い光から目を守るために濃い色のサングラスをかけるようなもの、という説明でした。

 

Image_red_leaves

 

ブログ主にはちょっと、余分な光が葉を傷めるというところが理解できないのですが、落葉のメカニズムの説明をしているサイトがありました。(またまた、東大農学部の子供向けのサイトなのですが...

 

“落葉は、寒さが厳しい冬か、水分の乏しい乾季に起こります。葉には、光合成を行う働きの他に、根から吸い上げた水分を葉の気孔から蒸発させる働きがあります。寒さが厳しく水分を十分の吸収することができない冬に葉を落とすのは、水分不足で枯れてしまわないためです。”

 

光合成を行うより、水を蓄える方が大事、という理由なんでしょうか?(ここは素人考えなので正しいかどうかは分かりません。)

 

“新芽が赤い植物があるのはなぜ?”

記事によると、カエデ(モミジ)の新芽が赤いのも、アントシアニンで余分な光を遮り、傷つきやすい新芽を強い日差しから守るためなのだそうです。

 

“ポインセチアが赤くなるのはなぜ?”

他にも、メカニズムの話ではありませんが、ポインセチアの葉が赤くなる理由も説明されていました。理由というか、“戦略”と言った方がいいかも知れません。

 

Euphorbia pulcherrima redfox1

 

ポインセチアは日の当たる時間が短くなると葉(正確には、葉が変形した包葉/苞葉〔ほうよう〕)が色づくのですが、これは中心に咲いている黄色くて目立たない花の代わりに虫をおびき寄せるためと言われているそうです。

 

一方、よく生け垣に使われるカナメモチ(バラ科の常緑小高木)は春に葉が赤くなりますが、この詳しい仕組みはまだ分かっていないそうです。

Photinia glabra4

 

 


 

« 【我が町】川崎駅前再開発/さいか屋跡はまず低層階の商業施設に | トップページ | ドイツの伝統的なグリューワイン(ホットワイン)レシピ集 »

コメント

>yamayamadesu様

こんにちは
コメント、ありがとうございました
新聞やテレビ(ニュース)などで知ったこと、その時は「へえ」と思う程度で、後から、「あれ、なんだったっけかな?」と思うことが時々ありますが、この数日のブログ記事はそんなことになりそうなことの覚え書きです。
だんだん物覚えが悪くなるので...
ブログは、私の脳の“外部記憶装置”(外付けハードディスク)のようなものです。^^

 久しぶりに見ましたら、「科学」秋の紅葉・・・・と幅を広げておおられ
素晴らしい能力とパワーがあふれる方なのだと感心しています。
 私はNPO,講師などはほぼ卒業をしてのんびりしていますが、
見習って、気持ちは生き生きとしなければいけないなと思いました。
 年に1,2回しか川崎には行きませんし、川崎大師周辺は20年くらい
行っていませんので、このサイトで時々見ています。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【我が町】川崎駅前再開発/さいか屋跡はまず低層階の商業施設に | トップページ | ドイツの伝統的なグリューワイン(ホットワイン)レシピ集 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ