最新情報

  • 2020/09/16
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.287 ミニチュアおせち料理/(9) 門松、柚釜 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.288 ミニチュアおせち料理/(10) 門松、三の重の料理 »

2016/09/08

【ブログ主覚書】保冷剤の意外な利用法/誤飲の心配は?

先日の日経新聞土曜版に『眠れる保冷剤を活用したい』と題して様々な利用法が紹介されていました。

Superabsorbent_polymer

まず、保冷剤とは何なのか、何でできているのか、という疑問ですが、重量の約99%が水で、残りが高分子吸収ポリマーだそうです。紙おむつなどに入っていて水を吸収するとジェル状になる物質ですね。それ以外に、安定剤や防腐剤が入っている場合もあるそうです。

なお、誤飲しても、一口や二口なら問題ないそうです。まあ、99%が水なら、一口程度の保冷剤に含まれるポリマーなどはごく微量なのでしょう。

特徴としては、ケーキなどに箱に入れてくれる50gくらいの保冷剤を例にすると、気温30度なら0度を保てるのは2時間ほど、3時間強経ると20度くらいに達するそうです。

“冷たい”ということを利用するなら、日焼け後のほてりを鎮めたり、入浴後に3分ほど顔などに当て新陳代謝を促したり、という利用方法がありますが、ブログ主がへぇ~と思ったのは消臭剤としての使い方。保冷剤の包みに「消臭剤として再利用できます」とわざわざ書いてくれているものも最近はあるそうです。

なぜ消臭剤代わりになるのかというと、高分子吸収ポリマーには臭いの原因物質を吸着する性質があるのだそうです。

なので、表面積が大きくなるように口の広い容器や浅い皿のようなものに出して置いておくと効果的です。

上の画像は、広口の空き瓶に小さな保冷剤を3つ分入れたものですが、実際の保冷剤の量は元々この半分くらい。試しに水を注いだら、注いだ分だけジェル状になりこんなに量が増えました。

記事では、絵具で色を付けてアロマオイルを垂らして芳香剤にも使える、とあり、ピンクやブルーに着色してビー玉かなにかを入れておしゃれ(?)にした画像もありましたが、ブログ主は消臭剤とか芳香剤とか目立つところに飾るのなんて好きではないし、そもそもアロマオイルは熱して気化するときに香りを感じるものなので、たいして香りは立たないだろうと、試してはいません。

冷蔵庫の中の邪魔にならないところに置いてみました。

そう言えば、冷蔵庫用の消臭剤って容器の形は異なれど、こんなのが入っていますね。

まぁ、99%が水ということは、こんな小さな瓶に入れた保冷剤にどれほどの高分子吸収ポリマーが入っているのかと考えると、脱臭効果があるのかはやや疑問ですが...開けちゃったので。 

臭いを吸着するということは、嗅いでみて臭いを感じるようになったら捨て時(交換時)です。

捨てるときは住んでいる自治体の指示うとの注意書きがありました。自治体によって可燃ゴミ、不燃ゴミに分けられている場合があるそうですが、強力なゴミ焼却施設を有する我が川崎市はそんな区別はないので、普通ゴミってことかな。

 

 

 


« 【ドールハウス工作】 No.287 ミニチュアおせち料理/(9) 門松、柚釜 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.288 ミニチュアおせち料理/(10) 門松、三の重の料理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.287 ミニチュアおせち料理/(9) 門松、柚釜 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.288 ミニチュアおせち料理/(10) 門松、三の重の料理 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ