最新情報

  • 2019/06/14
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.276 ミニチュアおせち料理/一の重、二の重、三の重 | トップページ | 【高校野球】第11回 BFA U-18 アジア選手権/放送スケジュール/ネット中継【ブログ主覚書】 »

2016/08/09

【ドールハウス工作】 No.277 ミニチュアおせち料理/(6) 一の重の料理、金屏風

ミニチュアおせち料理は何セットか作って、ブログ主のミニチュアを気に入ってくれる友人にもプレゼントしたのですが、お正月に飾って貰えるように、他の小物も作ってみました。

Miniature_osechi02

 

飾り台はダイソーで買った半月盆。横幅は14cmくらいです。

これに合わせて金屏風も作りました。

金屏風は、1mm厚のスチレンボード(スチレンペーパーの両面紙張りのもの)を使って、表にはダイソーの金色の色画用紙を貼りました。

この金色の色画用紙は以前からいい色だなと思っていて、金屏風を作る時には使おうと暖めていたアイディアです。裏には同じくダイソーで見つけた千代紙の折り紙を貼ってあります。(もう少し詳しい作り方をupしました。→『【ドールハウス工作】 No.349 ミニチュア屏風の作り方』)

 

今回は、一の重に入っている料理で、まだご紹介していない料理を説明します。

 

■伊達巻き

Miniature_osechi_datemaki
(下に敷いている黒い板のサイズは5×3cm)

【作り方ワンポイント・粘土の混色】

  • 〔白+タミヤ(1:1の割合)〕+黄+黄土+赤

粘土の表記についてはNo.268の記事、粘土の種類についてはNo.269の記事をお読み下さい。

マット(つや消し)な質感にしたかったので、ベースとなる白い粘土に軽量粘土を混ぜてからカラー粘土で色を加えています。

混色した粘土は作っている最中にメモしたものから転記したのですが、赤も混ぜていることに自分でも「ん?」と思いました。多分、白に黄色と黄土色を混ぜたあとで、もう少し赤みが欲しいと思ったのでしょう。

粘土を四角くカットしてすぐに茶色の絵の具で焼き色を付けて巻き、ワイヤーで巻き簀の跡をを付けました。

 

 

■蒲鉾

Miniature_osechi_kamaboko

【作り方ワンポイント・粘土の混色】

  • 赤+白

白の粘土を文字通りかまぼこ形にまとめ、薄くのばした白、ピンクの粘土を表面に貼っています。

 

■田作り

【作り方ワンポイント・粘土の混色】

  • 茶(+白)

一つ一つ、背を黒に塗ってから、目を描き、最後にシルバーのアクリル絵具をさっと塗っています。

 

■ゴボウ(たたきごぼう)

【作り方ワンポイント・粘土の混色】

  • 白+茶

本に習って、輪切りにしたときに年輪のような層になるよう、3色(濃淡)の粘土を使っていますが、見えないですね。

■栗きんとん

栗きんとんの作り方は長くなるので別の記事でご紹介します。

 

【参考図書】

以下の本を参考にしていますが、このブログでは材料は基本的にダイソー樹脂粘土で、ブログ主独自の方法で作っています。

ミニチュアおせち料理はカテゴリ『おせち料理・和食』、正月の小物も含めたミニチュアは『正月』にまとめています。

banner_Amazon_my_store_large.png



« 【ドールハウス工作】 No.276 ミニチュアおせち料理/一の重、二の重、三の重 | トップページ | 【高校野球】第11回 BFA U-18 アジア選手権/放送スケジュール/ネット中継【ブログ主覚書】 »

コメント

初恋さん、感想、ありがとうございます。
粘土工作も塗装が重要だと思いました。数の子の透明感はメディウムによるものだし、他にも、ツヤあり・ツヤ消しニスで仕上げるもの、木用のニスを使うものもあり、もちろん絵具で塗って表現するものもあります。

>煮含めて煮崩れた感じ
他の方にも別のところで同じようなことを言われたのですが、その理由が分かりました。一つ一つの食材は、テキストのようにきれいな形にはできていないのですが、それが却ってリアル感があるんですね。

1番感動したのが「数の子」です。あの質感とかつぶつぶでちょっと透き通っている感が
いいですよね 「穴子の八幡巻き」って中の牛蒡までそっくりで味の染みた感じが出てますよね。「煮しめ」のこんにゃくの透明感や干し椎茸の照り感も最高!
全体に煮含めて煮崩れた感じも出て感動のおせち料理でした
楽しませていただいてありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.276 ミニチュアおせち料理/一の重、二の重、三の重 | トップページ | 【高校野球】第11回 BFA U-18 アジア選手権/放送スケジュール/ネット中継【ブログ主覚書】 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ