最新情報

  • 2019/07/14
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【PC/IE11】Internet Explorer11の再起動でタブが復元されないのを解消する | トップページ | パイナップルの挿し木 »

2016/07/30

【ドールハウス工作】 No.273 椿とネコヤナギのミニチュア

粘土で作るミニチュアフードは各ステップの作業は単純だけど完成に時間がかかるので、気分転換に椿とネコヤナギを作って青竹の花入れに生けてみました。

こんなの↓。

Miniature_camellia_and_pussywillow0

ガチャガチャで買った猫をさっそく小道具に使ってみました。別に猫柳のしゃれではありませんが...

下に敷いている黒い板(敷板)のサイズは22×15mm。竹の花入れ(花器)は直径8mmΦのプラパイプで、高さは22mm。おせち料理の黒豆の容器に使ったものと同じです。

角度を少し変えてもう一枚。

Miniature_camellia_and_pussywillo_2

 

 

粘土工作は結構手間がかかります。料理の形にするには具材から作るわけですが、完全に硬化するまで次の作業に進めないので、硬化中の“フード”は家の中で最も乾燥している冷蔵庫に待機させます。(冷蔵庫の扉に貼っているホワイトボードには「タコ ○月○日」、「かまぼこ ○月○日」 などと入れた日をメモしてあり、まるで本物の食材が入っているかのよう...

その点、花は花びらや葉など薄く粘土を伸ばすので、作っているそばからある程度硬化し、扱いやすい堅さになるので集中して一気に作れます。完全に硬化するには丸1日くらいかかりますが、完成形で硬化まで待てばいいので気が楽です。

 

さて、今回のミニチュアですが、おせち料理に合わせて、冬っぽいものを作りました。

ブログ主は生け花の嗜みはないのですが、斬新的で奇抜な生け花は苦手で、こういう茶室の花のような生け方が好みです。“野にあるように”という生け方ですね。

 

【作り方ワンポイント・粘土の混色】

  • 猫柳: 庭木(竹)の枝先を茶系の塗料で塗り、タミヤ(軽量粘土)で作った花をつけたもの
  • 椿(花): 花心=白、花びら=赤+モデナ (1:1)
  • 椿(葉、萼): 緑+黄+茶 +モデナ (1:1)

粘土の表記についてはNo.268の記事、粘土の種類についてはNo.269の記事をお読み下さい。

葉や萼の緑は暗緑色にしたいので、緑+黄だけでなく、少量の茶を混ぜます。

モデナを混ぜたのは花びらなどに透明感を出そうと思ったのですが、思ったほどの効果はありませんでした。花びらには赤とモデナをおよそ1:1の割合 でまぜ、椿の葉の「1:1」という割合は、緑+黄+茶を混色してイメージする色の粘土を作ったあと、混色した粘土と同量のモデナを足したという意味です。

これで分かるように、モデナに色を薄く(淡く)する効果はあまりありません。

ダイソー粘土だけ使って作るなら、花は赤のみか、好みで白を混ぜてピンク系にします。葉にも硬化後の色を調整するために白を少々混ぜるか、全く混ぜなくてもいいかと思います。

作り方の詳細説明は、需要があるかどうか分からないので、ちょっと保留。

 

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

« 【PC/IE11】Internet Explorer11の再起動でタブが復元されないのを解消する | トップページ | パイナップルの挿し木 »

コメント

pipiさん、こんにちは
この猫は最後の一つを買えました。人気だったみたいですね。

たまたまおせちを作り始めたのですが、どうも横道に逸れてしまいます。やっぱりオリジナルのミニチュアの方が面白い。^^

柳と椿の組み合わせ、おしゃれですね。
もう、お正月の準備ですか。猫がいるとなおさら冬を感じます。
この猫かわいいですよね。私もガチャまわして1個持ってます。こうして何かに使えたらと思って。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【PC/IE11】Internet Explorer11の再起動でタブが復元されないのを解消する | トップページ | パイナップルの挿し木 »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ