最新情報

  • 2020/09/16
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.271 猫のミニチュア(ガチャガチャ) | トップページ | 【PC/IE11】Internet Explorer11の再起動でタブが復元されないのを解消する »

2016/07/28

【ドールハウス工作】 No.272 ミニチュアおせち料理/(3) 黒豆/おせちの詰め方

黒豆のミニチュアを作ってみました。

こんなの↓。

Miniature_osechi_kuromame

(黒い板のサイズは5×3cm)

 

ミニチュアの説明をする前に...

おせち料理を作るに当たって、重箱の詰め方を調べてみました。

伝統的には四段の重箱に詰め、一の重は「口とり」、二の重は「酢のもの」、三の重は「焼きもの」、与の重は「煮もの」なのだそうですが、現代は三段の重箱が多いようです。

口とりとは「口とり肴(ざかな)」の略で、広辞苑を引いてみたら(と言っても、ブログ主は日本語変換にATOKを入れているので、「くちとりざかな」と入力して[END]キーを押すと広辞苑や新明解、場合によっては英語訳も表示してくれるのです。 )、

饗応の膳で、吸物と共に先ず出す取り肴。古くは、熨斗鮑(のしあわび)・昆布・勝栗の類。のちには、うま煮にした魚肉をきんとん・かまぼこ・卵焼・寄せ物などと盛り合わせたもの。くちとり。くちとりもの。

とのことで、また、一の重には「祝い肴」というものが入ります。

この「祝い肴」は東と西では異なり、関東は田作り・数の子・黒豆、関西は田作り・数の子・たたきごぼう、なのだそうです。(参考:味の素公式サイトキッコーマン公式サイト

へぇ 西の方では黒豆は必須じゃないんですね。そう言えば、以前、京都の料亭のおせちっていうのを注文してみたら、中にたたきごぼうが入っていて、その時に初めてたたきごぼうというものを食べました。

おせち料理も地方によって特色はあるでしょうから、ブログ主が作っているおせちも、ご覧になっている方の出身地によっては、「いや、これじゃない」、「あれが入ってない」って思われるかも知れませんね。

あ、たたきごぼうは、参考にしているミニチュアフードの本にも出てくるので、ブログ主のミニチュアおせちにも入る予定です。

 

で、おせちの詰め方に話を戻すと、

祝い肴以外に一の重に詰めるものは、二の重~与の重の分類に入らないようなもの、ということですね。

蓋を開けたときに真っ先に目に入る重なので、華やかな海老とかも目にしますが、本来は、調理法によって三の重あるいは与の重に入れるものかも知れません。

二の重の酢のものは、舌をリセットする役割で、こういうのを「口代わり」と言うのだそうです。一の重には甘ったるいものが多いので、酢のものを食べるのは理に適っていますね。

現代は二の重に酢のものや焼きものが一緒に入っていて、三の重に煮もの、ということが多いようです。

詰め方(料理の並べ方)は色々あるようで、ここでは詳しく書きませんが、格子状に区切ったり、扇のように一つの角を扇の要(かなめ)にして曲線的に詰めたり、中心に黒豆などの 入った器を置き、放射状に並べる八方詰めなどというのもあるそうで、これは幸福が四方八方に広がるように、という意味なのだそうです。

 

 

ここでようやくミニチュアの説明です。

【作り方ワンポイント・粘土の混色】

  • 黒豆: 黒
  • チョロギ: 赤

粘土の表記についてはNo.268の記事、粘土の種類についてはNo.269の記事をお読み下さい。

黒豆は黒い粘土(あるいは黒く着色した粘土)を豆の形に丸めるだけなので、誰が作っても同じですが、盛りつけ方は参考にしている本とは変えています。

器はホームセンターに売っていたプラパイプ(8mmΦ)を竹に見立てて塗装し、6mmほどの高さにカットして器にしました。

チョロギ(変換したら「草石蚕」って出てきた。こんな字を当てるんだ...。)も入れてみました。

チョロギはシソ科の多年草で、巻き貝のような形をした塊茎を食用にします。とは言え、ブログ主はこんな風に赤く染めて酢漬けになったものしか見たことがありません。

粘土は、赤い粘土を細長く伸ばしてひねり、形の良い部分をカットして使います。

 

【参考図書】

以下の本を参考にしていますが、このブログでは材料は基本的にダイソー樹脂粘土で、ブログ主独自の方法で作っています。

 

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

« 【ドールハウス工作】 No.271 猫のミニチュア(ガチャガチャ) | トップページ | 【PC/IE11】Internet Explorer11の再起動でタブが復元されないのを解消する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.271 猫のミニチュア(ガチャガチャ) | トップページ | 【PC/IE11】Internet Explorer11の再起動でタブが復元されないのを解消する »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ