最新情報

  • 2019/12/02
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.216 衣装箱のミニチュア/「ローラの小さな家」進捗状況 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.218 エプロンとテーブルのミニチュア »

2016/01/16

【ドールハウス工作】 No.217 揺りかごのミニチュア/「ローラの小さな家」進捗状況/ターナーのミルクペイント

揺りかごのミニチュアを作りました。

こんなの↓。

Cradle01

これはドールハウス本に掲載されているものです。

横から見たらこんな感じ↓です。

Cradle02

加工しやすいバルサですが、このように曲線的に削るのは割れやすいのでちょっと大変でした。

この揺りかごを作るために、念のために古い時代の揺りかごの画像を色々と調べましたが、似たような揺りかごはたくさん見つかり、下の画像はその一つ、イギリス植民地時代(アーリーアメリカン)の揺りかごです。

Count Rumford's crade, in Benjamin Thompson birthplace

English: The original cradle for Benjamin Thompson (1753–1814), Count Rumford, as exhibited in his birthplace - the Benjamin Thompson House, Woburn, Massachusetts. Photograph taken by me, September 2005.

 

このような揺りかごは今でもD.I.Y.の揺りかごの定番らしく、型紙を販売しているサイトもありました。

 

 

「アーリーアメリカン」を辞書(ブリタニカ)で引くと“19世紀前半、アメリカ開拓期のスタイル。エプロンドレス、ショール、ペザントスカート、地味な色調の小花プリント、パッチワーク、バンダなど、実用的素朴さが特徴”とあり、実はちょっと混乱してしまいました。

と言うのは、植民地時代(「独立戦争/1775年4月19日~1783年9月3日」以前)ということは18世紀の話だと思ったのですが、服飾文化とか生活用品で言うと100年くらいのバッファ(範囲)があるようですね。実際、上に挙げた「アーリーアメリカン」の文化はローラが少女期を送った時代のファッションのように思えます。

あ、今思い出しましたが、ターシャ・テューダーさんの生活スタイルですね。(リンク先はWikipedia)

ちなみに、「ペザントスカート」(peasant skirt)を検索してみると、三段くらいの切り替えを付けてギャザーをふんだんにとったスカートで、ラルフローレンとかにありそうなデザインです。

この辺に拘った理由は後述します。

赤ちゃん(末娘のキャリーのつもり)の“おくるみ”は友達がエプロンを作って送ってくれたとき、一緒に送ってくれた端布を使いました。

 

「家」については、内壁の塗装をしました。

Laurashouse_01

画像では分かりにくいのですが、壁には予め紙をちぎったものを貼り付けてテクスチャを付けており、仕上げに白い塗料を塗っています。(①正面奥の壁、②正面右側の壁、③正面左側の壁、④右側面の壁、⑤左側面の壁/②と③は開くようになっている)

左側面の壁は本来1階部分には窓は無いのですが、ロフトの下ということで暗くなるので窓を空けました。

この壁の塗装には、教本によると「つや消しの白」とありました。

手持ちのアクリル絵具やトールペイント塗料の白系でも、さほどツヤは無いのですが、ホームセンターでターナー社のミルクペイントという塗料を見つけて、それを使ってみました。「アーリーアメリカの柔らかい色調」という謳い文句に惹かれたからです。

 

アーリーアメリカンが生活様式としては西部開拓時代も含むと分かり、ローラの時代のミニチュアに使うのにぴったりの塗料だと思いました。

左の画像は楽天市場からの画像ですが、カラーサンプルでも分かるように、他の色もナチュラルな色調です。

振るとシャバシャバとしてペンキより薄い感じで、成分はミルクカゼインとのことですが、アクリルも使われており、基本的にはアクリル塗料と同じように扱えます。(筆などは水で洗える)

ボトルに直接筆を入れることを想定しているようで、口は広く、くびれああるので筆に付いた塗料を内側でしごくことができます。使いやすいボトルだと思います。

このボトルは開封後は蓋の一部だけが本体と繋がっています(ヒンジキャップと呼ぶようです。調味料などによくあるタイプの蓋)。使う前に振りますが、蓋を開けたとき蓋の裏に付いた塗料は、この繋がった部分を伝って本体に垂れるので、ボトルの口が汚れません。

メーカーのHPにはミルクペイントシリーズには各種メディウムもあるようで、使い方などが動画付きで紹介されています。

ミルクペイントHP: http://www.turner.co.jp/paint/milkpaint/

 


 

« 【ドールハウス工作】 No.216 衣装箱のミニチュア/「ローラの小さな家」進捗状況 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.218 エプロンとテーブルのミニチュア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.216 衣装箱のミニチュア/「ローラの小さな家」進捗状況 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.218 エプロンとテーブルのミニチュア »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ