最新情報

  • 2020/09/16
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.200 ハロウィン no.11 "The Witch's Stew" | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.202 ハロウィン no.13 "The Witch's Stew"説明 »

2015/10/25

【ドールハウス工作】 No.201 ハロウィン no.12 魔女

前回ご紹介したドールハウス(ビネット/vignette)の詳細です。(リンクをクリックすると画像がポップアップします。他の画像は記事をご覧下さい。)

 

Line_bat

 

魔女(witch)

 

Witches_stew02

 

 

 

 

これは前回の作品でも書いたように、アメリカの方が同じようなおもちゃを使って作品を作っていたのを参考にし、骸骨のおもちゃから作りました。(商品はなこちらの安価ガーランド

 

Witch01  

 

顔は、リューターで頬を削ったり、眼窩(がんか/目玉の入る穴)を掘ってから樹脂粘土の目玉を付けたところです。この時点では瞳孔はまだ描いていません。(リューターについては過去の記事で説明しています。)

腕は切り取って上腕部分はワイヤーを接着しました。

↑しかし、文字にするとすごいですね

 

肩や腕の針金を接着した部分は補強のためにエポキシパテを盛っています。

エポキシパテは硬化するとカチカチになるので、プラモデル以外にも様々な補修に使われます。

硬化に要する時間によって価格も変わるようですが、ブログ主が使用したウェーブのものは4時間ほどで完全硬化します。

 

 

 

Witch02

 

次に髪をつけました。これは100均で買った羊毛フェルト(ニードル・フェルト〔needle felt〕クラフト用の毛糸)です。

脚をロウソクで炙って曲げ、大釜とのバランスを見ながらポージング。(この時点では鍋をかき混ぜているシーンにしようかと思っていました。)

服は100均でたまたま黒の端布(はぎれ)を見つけたので、それで作りました。割烹着のような形に作って、背中で合わせていますが、縫わずに裁縫用ボンド で縫い目を閉じています。このようなボンドは100均にもあるようです。

帽子のつばは、紙の両面に布を貼っているので、形を付けやすくなっています。

ところどころ、パステルで汚しました。

 

首から下げているネックレスはビーズです。ガイコツのビーズは過去の記事『【ドールハウス工作】 No.197 ハロウィン no.8 "Trick or treat"』でご紹介したもので、百均ビーズから黒を選んでネックレスの形にしました。

 

Witches_necklace

 

左はあとから思いついて作ったネックレスです。

これはボールチェーンで作ったもので、ダイソーのフェイクレザークラフトのキットに付いていたものを使いました。

ボールチェーンとはチェーン部分が画像のようにボールの形をしていて、留め具のスリットにボールを挟んで留めます。こちらの方がビーズより粒が小さいので、見た目がいいです。

 

 

 

 

大釜(cauldron)

 

Cauldron  

魔女が使うような大釜(大鍋)はイラストなどで見るとだいたい左のような丸みがあってくびれた壺の形をしています。

青銅器時代(the Bronze Age)の遺跡から発掘されるような釜らしいのですが、欧米の人にとっては中世の釜というとこの形をイメージするんでしょうね。

それで、家の中にこういう形のものはないかと探したら、ありました、ありました。

こちら↓です。

Waffle02_answer

 

テクスチャを出すために表面に細かくちぎった紙を貼ってから塗装しています。周囲に公園で拾った枝を切って貼り、薪のようにしました。

シチューはアクリル絵具で色を付けたレジンを使いました。

これも、イラストを検索すると、大抵緑色なんですよね。それも蛍光色だったりして。これはディズニー映画とか童話の挿絵とかに描かれたものがステレオタイプとなったのでしょうか。

 

ハーブと容器(herb & container)

 

Witches_herb_and_container

 

ハーブはこのブログではお馴染みの100均造花(フェイクグリーン)です。

これを入れる容器は画像のように100均のスイーツデコに使う器を使いました。2個入りで100円(108円)でした。ドクロはこちらの型を使って作りました。

次回も引き続き、小物の解説です。

 

 

 

 


 

« 【ドールハウス工作】 No.200 ハロウィン no.11 "The Witch's Stew" | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.202 ハロウィン no.13 "The Witch's Stew"説明 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.200 ハロウィン no.11 "The Witch's Stew" | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.202 ハロウィン no.13 "The Witch's Stew"説明 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ