最新情報

  • 2020/09/16
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.188 100均バスケットとパンのミニチュア | トップページ | 【ブログ主覚書】2015 U-18ベースボールカップスケジュール・放送予定【高校野球】 »

2015/08/04

【ブログ主覚書】「うたかたの恋」オーストリア皇太子心中事件の遺書が発見される

先日の新聞で、1889年1月30日にオーストリア皇太子・ルドルフと情死した愛人マリー・ベツェラの自筆の遺書が発見されたとの記事を読んだので、その覚え書き。

皇太子にはベルギー王女ステファニーという妃がいて離婚を望んでいたが、ローマ教会の許可を得られず、また、外交、内政において皇帝と意見を異にしており、その繊細な神経が耐えられなかったと言われている。時に皇太子30歳、マリー17歳。

今回遺書が発見されたのは、オーストリアのSchoellerbankという銀行の金庫で、革の書類入れの中に他の書類とともに収められていたという。これらは1926年に預けられ、長期にわたって引き取り手が現れなかったために銀行が整理しようとして見つかった。遺書が存在していたことは知られていたが、紛失されたと思われていた。

この事件の舞台となったのはウィーンの南西24kmほどのマイヤーリンク(Mayerling)という場所にある狩猟館で、それにちなんでマイヤーリンク事件と呼ばれているが、タイトルの「うたかたの恋」はこの事件を題材にした小説の邦題(原題:Mayerling)で、その後映画化された作品や舞台もこのタイトルで知られている。

記事にもオーストリア国立図書館(Österreichische Nationalbibliothek )から提供された遺書の画像などが掲載されているが、公式のプレス発表はこちらで、書き起こされた遺書の全文(PDF/“Mary Vetseras Abschiedsbriefe im Wortlaut”/ドイツ語)も読むことができる。

これを読んで分かったのは、新聞記事には遺書全文として翻訳されたものが掲載されているが、それは母ヘレーナ(Helene)宛に書いた部分で、他にも、兄(弟?)のFeri、姉(妹?)のHanna宛てにも遺書を残していて、更に追伸も残していた。

下は、母宛ての遺書。

Liebe Mutter(親愛なる母上)

Verzeih mir was ich gethan.(私の行いを許して下さい。)

Ich konnte der Liebe nicht wiederstehen. In Übereinstimmung mit Ihm will ich neben Ihm im Friedhof von Alland begraben sein.(私は愛に抗えませんでした。彼=ルドルフも同意していますが、アラントの墓地に、彼の隣に埋葬して下さい。)

Ich bin glücklicher im Tod als im Leben. Deine

Mary (私は生きているより死んだ方が幸せです。あなたのマリーより) 

他の家族宛の遺書も同様に短い別れの言葉だが、追伸はやや長く、「フルカ家には全く罪はありません。全ては自分の意思で、なんの助けもなく行ったことです。」(Die Familie Hulka ist ganz unschuldig, ich habe alles aus freiem Willen und ohne Hilfe gethan.)などという文もあり、新聞記事にあった“走り書き”という言葉から受けるイメージよりは冷静に書かれている印象。

ルドルフの死去により後継者となったフランツ・ヨーゼフ帝の甥が1914年6月末、サラエボでセルビア青年に暗殺され、第一次大戦の導火線となったのは有名な話。

ブログ主はこの事件自体にそれほど感心があったわけではないが、オーストリア、特にウィーンは好きな街で、旅行するとそこかしこにルドルフの母である皇妃エリザベートや父のフランツ・ヨーゼフ帝の肖像画を目にする。特にエリザベートはその美貌だけでなく、ウィーンの宮廷生活になじめず旅を続け、ルドルフの死後は生涯喪服で過ごし、最期はジュネーブのレマン湖の畔で刺殺されるという悲劇的な生涯で、日本でもよく知られている。また、ハプスブルク家の歴史はヨーロッパ史と重なる部分も多いので、何冊か関連書籍を読んでいたので、この事件のことも知っていた。

なお、ドイツ、バイエルン地方の有名な城、ノイシュヴァンシュタインを建てたルートヴィヒ2世はエリザベートと親戚の間柄(※)で、ルートヴィヒ2世もまた廃位させられた後、幽閉されていたシュタインベルク湖で不審な死を遂げている。この事件を森鴎外が「うたかたの記」という小説にしており、青空文庫で読むことができる。(→青空文庫『うたかたの記』)

 

 

※今回、あらためてルートヴィヒ2世とエリザベートとの関係を調べたのでメモしておくと、

共通の祖先はバイエルン王マクシミリアン1世(Max I. Joseph/1756-1825)で、

  • ルートヴィヒ2世(Ludwig II/1845-1886)の曾祖父
  • エリザベート(Elisabeth (Sisi)/1837-1898)の祖父

但し、ルートヴィヒ2世の祖父でありバイエルン王のルートヴィヒ1世(Ludwig I/1786-1868)とエリザベートの母ルドヴィカ・フォン・バイエルン(Ludowika von Bayern/1808-1892)とでは母親が異なる。(参考サイト

  • ルートヴィヒ2世の曾祖母; Auguste, Prinzessin von Hessen, Prinzessin von Hessen-Darmstadt 1765-1796
  • エリザベートの祖母: Caroline von Baden, Prinzessin von Baden 1776-1841

 

« 【ドールハウス工作】 No.188 100均バスケットとパンのミニチュア | トップページ | 【ブログ主覚書】2015 U-18ベースボールカップスケジュール・放送予定【高校野球】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.188 100均バスケットとパンのミニチュア | トップページ | 【ブログ主覚書】2015 U-18ベースボールカップスケジュール・放送予定【高校野球】 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ