最新情報

  • 2019/08/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.182 ガーデン/ガーデンテーブルのミニチュアの作り方 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.183 ガーデン/ガーデンテーブルのミニチュア No.2 »

2015/06/01

【ブログ主覚書】ワスレナグサはワスレナグサにあらず!?/シンワスレナグサ

先日の読売新聞夕刊に、花壇などでよく見かけるワスレナグサは本当のワスレナグサではないという面白いコラム記事がありました。それによって、ワスレナグサにまつわる有名な伝説に関する疑問も解けたので、ブログ主の覚え書きとして記事にしておこうと思います。

でもその前に植物繋がりで今の時期、我が家の庭に咲いている植物をご紹介。

 

Hotarubukuro

ヤマホタルブクロです。

(学名:Campanula punctata Lam. var. hondoensis (Kitam.) Ohwi)

室内で撮った写真のようですが、その通りで、雨で花茎が倒れているときに下をよく見ずに歩いて蹴飛ばしてしまい、折れてしまったのを空き瓶に挿しました。

これは以前鉢植えにしていたのがこぼれ種で庭の通路脇に根付いたものです。

子供が中に蛍を入れて持ち帰えるのに使ったというのは俗説らしく、釣り鐘型の花が下がっている様子が、提灯(火垂る)に似ているからというのが名前の由来だそうです。

若芽は食用にもなるらしく、漢字では「蛍袋」の他に「山小菜」も当てられています。

 

もうひとつはカシワバアジサイ。Kashiwaba_ajisai

(学名:Hydrangea quercifolia

名前の通り、葉が柏(かしわ)の葉のように切れ込みがあります。柏餅の柏ですね。

鉢植えで買い求めたものを庭植えにしたら、大きな株になり、この時期、庭の主役のように咲いています。(→カシワバアジサイの育て方

先日、風通しを良くしてやろうと下枝をすいたときに、もったいないので挿し木を始めました。別に増やしたいわけではないのですが、ちょっとした遊びです。今は挿し木には適した時期なので他にも色々と試しています。

 

 

ここでようやく本題。

ワスレナグサの名前の由来としてよく紹介されている伝承の一つに、川辺で恋人のために花を摘もうとした若者が川に落ち、流されながら、「私を忘れないで」とその花を恋人に投げた、というものがあります。

ブログ主は以前にもこの伝説について調べたことがあり、この若者は甲冑を身につけていたため岸に上がれなかったというのを知り、わりと間抜けな話だなあと思っていたのですが、そもそも、わざわざ危険を冒して摘むような花かな?と思った記憶があります。(参考:Wikipediaforget-me-not”)

ワスレナグサは名前の響きから想像して実物を見るとわりとガッカリする花で、確かに可憐できれいなブルーの花ですが、背が低くて横に広がり、花壇の主役と言うよりはグランドカバーに使われるような花です。

しかし、この花壇や鉢植えで見かけるワスレナグサはムラサキ科に属するノハラムラサキなどを園芸用に改良したものだそうで、本当のワスレナグサ(学名:Myosotis scorpioides/下の画像)は草丈ももっと高く、湿地性の植物だそうです。これで岸辺に咲いていたというのも理解できました。

 

324pxmyosotisscorpioides

クレジット

English: Flowering plant of Myosotis scorpioides (Boraginaceae).

Deutsch: Blühendes Sumpf-Vergissmeinnicht (Myosotis scorpioides ssp. scorpioides).

Datum: 10. Juni 2008

Quelle: Eigenes Werk. Location: North-eastern Lower Saxony, Germany.

Urheber: Christian Fischer

 

 

園芸品種のワスレナグサが広まったせいで、元々のワスレナグサは“シン(真?)ワスレナグサ”、英語では“Water Forget-me-not” とか“True Forget-me-not”と呼ばれるそうです。

シンワスレナグサの学名は“Myosotis scorpioides”ですが、属名のMyosotis(ミオゾティス/日本語ではワスレナグサ属)はギリシャ語のmyos(ミオス=ハツカネズミ)とotis(オティス/耳)が由来で、この草の葉が短くて柔らかいことからこの名が付いたそうです。

種名のscorpioides(スコルピオイディス)は“サソリの尾のような”という意味だそうで、花穂がサソリの尾のようにくるりと丸まっていることから。(参考:『園芸植物名の由来』 中村浩著)ブログ主にはサソリの尾よりたこの足の先っちょみたいに見えますが。

なお、ワスレナグサに関する伝説はさまざまなものがあるらしく、先に挙げたWikipediaには、“神が植物に名前を与えたところ、見落とされそうになったこの植物が「主よ、私を忘れないで」と叫んだ”ことから名付けらたという話が載っています。

また、上述の書では、“ワーテルロー(Waterloo)の戦いで死んだイギリス兵の胸からこの草が芽を出して花を咲かせ、今でもこの古戦場には戦死者のことを忘れるなとばかりにワスレナグサが咲き乱れている”といった伝説や、“ナポレオン戦争の頃、兵隊が連隊へ戻る途中、この花を摘んで女性に渡し、「私を忘れないで」と言った”という伝承もありました。

今は、シンワスレナグサが「(こっちが元祖ということを)忘れないで」と言ってるかも知れませんね。

 

 

 

 


 

« 【ドールハウス工作】 No.182 ガーデン/ガーデンテーブルのミニチュアの作り方 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.183 ガーデン/ガーデンテーブルのミニチュア No.2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.182 ガーデン/ガーデンテーブルのミニチュアの作り方 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.183 ガーデン/ガーデンテーブルのミニチュア No.2 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ