最新情報

  • 2019/08/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月の15件の記事

2015/02/25

雪に大はしゃぎのレッサーパンダ/シンシナティ動物園公式動画(Red Pandas are Having Snow Much Fun - Cincinnati Zoo)

NHK BS1の海外ニュースで見た映像があまりにも可愛かったので探したらありました。

どこの動物園か見落としたけど、シンシナティ動物園(Cincinnati Zoo)だったようで、動物園の公式チャンネルの動画です。英語ではレッドパンダと呼ぶんですね。

Red Pandas are Having Snow Much Fun - Cincinnati Zoo


(なぜか↑に動画のフレームではなく、広告が表示されたことがありました。混み合ってるとき? その場合は上の動画タイトルをクリックして下さい。)

そう言えば、以前、立って人間のように歩くレッサーパンダが話題になったけど、これもまるで人間みたいです。

レッサー‐パンダ(lesser panda)はネパール語の「竹を食うもの」の意味とのことで、寒いところに住んでいるんですね。

それにしてもはしゃぎすぎ 

 

2015/02/23

【ブログ主覚書】野球でチャンスなのにピンチランナーっていうのはなぜ?

ブログ主の覚え書きです。

先日、新聞のスポーツ欄を読んでいたら、『好機でも「ピンチランナー」?』というタイトルのコラムがありました。

野球の『代走』のことです。

一打同点(いちだどうてん)や逆転のチャンスに足の早い走者を代走に送る、という光景はよくありますが、このときに「(チャンスなのに)ピンチランナーと言うのは何故?」、「ピンチランナーとはおかしいのではないか?」という問い合わせが増えたのだそうです。〔NPB(日本野球機構)談〕

この語源は、英語の野球用語をそのままカタカナで表したもので、英語でも「pinch runner」。

初期には、怪我などでプレーできない場合に限り代走が許されていた」ので、その関係ではないか?とのことです。

へえ、と思って、辞書を引いてみるとpinch runner(>【動詞】pinch-run:代走として出る)のすぐ近くに出ている「pinch-hit」を見て、なんとなく分かりました。

こちらは第一義が「代打で出る」ですが、もう一つ、英語の俗語としても日本語のカタカナ語(ピンチヒッター)としても、「急場の代役」みたいな意味でよく使われますね。OED(=オックスフォード英英辞典)では2番目の意味として“pinch-hit (for sb):to do something for somebody else who is suddenly unable to do it”(急にそれができなくなった〔人〕のために代役をする〕という説明。

想像ですが、pinch-hitも当初は「怪我などでプレーできない場合に限り」という条件が付いていたのではないでしょうか。そこから転じて「急場の代役」のような意味が付け加わったのだと思います。

そう言えば、高校野球には「臨時代走」という特別ルールがありますね。

高校野球特別規則. 6.臨時の代走者

試合中、攻撃側選手に不慮の事故などが起き、一時走者を代えないと試合の中断が長引くと審判員が判断したときは、相手チームに事情を説明し、臨時の代走者を許可することができる。

デッドボールなどでバッターランナー(打者走者)の治療が必要なときに、よく見る光景です。この臨時代走では治療中だけなので、たいてい、治療が終わった選手がにこやかに走って出てきて交代します。

なお、NPBでは今年のルールブックから、「ピンチランナー」は「代走者」、「ピンチヒッター」は「代打者」という表記に改められるそうです。

ここまで、ネットでは全く調べずに書いたのですが、探したら簡単に色々と見つかりました。

分かりやすいのはWikipedia。

pinch runnerは独立した項目があり、それによると、“After organized professional baseball was started with the National League in 1876, the National League changed a rule in 1878 so that pinch runners were not allowed except in cases of illness or injury with the substitute entering the game after the original player reached base.”と、「1978年にアクシデントの時のみ代走が許されるルールに変更になった」ということです。

 

 

他にも面白そうなトピックスをメモしておきます。

 

2015/02/19

【ドールハウス工作】 No.178 帽子のミニチュア/ダイソーのフェイクレザーキットを作ってみた

(。◕‿◕。) ダイソーのフェイクレザーキットを使って、父さんの帽子を作ってみました。

こんなの↓。

Daiso_fakeleather00

モデル?のぬいぐるみは100均で買ったもので、このブログでは男の子(ここでは『大草原の小さな家』の父さん)ということになっています。

実際のキットは下の画像のように、つばの広い帽子ですが、型紙を作り替えてみました。糸も付属の刺繍糸ではなく、手持ちのレザークラフト用の麻糸を使っています。(詳細後述)

ぬいぐるみの頭が大きいのでスケール(縮尺)がよく分からないのですが、日本人の男性の帽子のサイズ(頭周り)は平均的なサイズで58.5cmだそうなので、1/12にすると、内側の直径は15.5mmになり、だいたいそんなサイズになっています。

帽子の上部は中表(表を内側)にして縫った方が良かったと思いますが、裏側から縫うのは縫い穴が見えにくいからと避けました。(と思ったら、「つば」は中表に縫わなくてはならなかった... ('A`) )

Daiso_fakeleather02

この「フェイクレザーキット」は何種類か出ていて、とりあえず全種類買ってみました。

一つ作ればだいたい要領は分かると思いますが、レビューらしきもので、少し説明をしておこうと思います。

キットはA3版(A4版2枚分)の説明書(左の画像に見えている紙)が付いていて、折りたたまれた間に必要なものが挟み込まれています。

このキットならフェイクレザー(画像には使い残りが写っています)以外に刺繍糸、レースリボン、チェーンや金具。

作品により付属品は異なりますが、刺繍糸は必ず入っています。

裏面に書いてありますが、自分で用意するのは、縫い穴を開ける道具=菱目打ちや金槌等(目打ちで代用可)やレザークラフト用の針(刺繍針でも代用はできそうですが、レザークラフト用の針は針先があまり尖っておらず、通常糸が太いので、細針でもかなり太くなっています。)。刺繍糸は足りなくなる(失敗する)ことを考えて、別途買っておいた方がいいかもしれません。

後から気づいたのですが、レベル(難易度)が☆で示されていて、この帽子は3段階中の☆2つ。シリーズは5種類あり、このようなレベルになっています。

  • ハット ★★☆
  • 編み上げブーツ ★★☆
  • ショルダーバッグ ★★1/2
  • ブック ★☆☆
  • トランク ★★★

難易度は「ブック」以外はたいして変わらないような気がしますが、なにしろ小さいから縫うのが大変です。

縫い方は「平縫い」という縫い方(糸の両端に針を付け、同じ穴に対して、表と裏から縫っていく)で、方法もちゃんと説明されています。

ブログ主は、レザークラフトの経験があると言っても『【ドールハウス工作】 No.43 レザークラフトでミニチュアブーツ』くらいなのですが、全くの初心者でもキットの説明で理解できると思います。(上記記事で一般的に使われる糸や針、その他の道具について説明しています。)

 

 

なお、上記記事にもリンクを貼っているleathercraft.jp(レザークラフトドットジェーピー)さんのサイトにあるスクールのページには糸と針の準備や縫い方や糸の始末などが写真入りで詳しく紹介されているので、目を通しておくといいでしょう。

2本の針で縫うので、1本の針を使っている間、もう1本は放っておくことになります。これでは針から糸が抜けてしまうので、キットでは糸を結んでおくように説明されていますが、本来は針に絡めるように糸を通して、結果的に糸をより合わせるような形で留めるものです。

また、糸の始末も玉結びではなく、裏側で2本の糸を結んでもいいので、この方法を知っておくといいでしょう。

必要な材料は全て付属していて、レシピ(作り方の説明・型紙)も入っているので、ちょっと試してみるには良いキットだと思いました。

 

Daiso_fakeleather01

ブログ主は念のため、全ての型紙を切り離してスキャンしておきましたが、こうしておけば、他の材料を使って作れます。(多分、作らないだろうけど。

雰囲気が分かる程度のサイズにしてあるので、これを見てもだいたい難易度は分かるかと思います。(付属のフェイクレザーも型紙と同じような色をしています。)

型紙:右上から時計回りに、靴(ブーツ)、帽子(ハット)、本(ブック)、トランク、ショルダーバッグ

【追記】ダイソーの公式ブログに製作過程がupされています。(ブーツ)

http://www.daiso-sangyo.co.jp/blog/wadayuki/2015/03/post-294.html

(HP:http://www.daiso-sangyo.co.jp/



web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)


【関連記事】

 


 

2015/02/18

【Excel2013】業務マニュアル・操作マニュアル作成のコツ (Ⅱ)

この記事の目的

この記事は前回の『【Excel2013】業務マニュアル・操作マニュアル作成のコツ (Ⅰ)』が既読であることを前提として、前回説明しきれなかったこと、知っていると便利なことを補足します。

(この記事は、加筆修正する可能性があります。)

 

 

 

 

1.項目番号のセルのエラー表示を消す方法

前回、A、B、C列の書式を「文字列」に設定しました。これにより、「1-1」などと入力しても文字として扱われるため、そのまま表示されるのですが、下図のよう左上角に三角が表示されエラー(警告)が表示される場合があります。

 

Manual201

 

この警告表示は印刷されないので無視してもいいのですが、画面で見たときに見苦しいので消したくなります。

右クリックメニューから「エラーを無視する」を選択してもいいのですが、この警告をいっぺんに消すには、「ファイル」タブ→「オプション」→「書式」の「バックグラウンドでエラーチェックを行う」のチェックを外します。

 

Manual202

 

2.ヘッダーやフッターでバージョン管理を行う

Manual205 ヘッダーやフッターを使用すると、余白部分にファイル名やシート名、ページ番号、総ページ数などを印刷することができます。これらはボタンをクリックだけで挿入できるほか、文字を手入力することもできます。これを使って、マニュアルのバージョンを記入しておくと管理に便利です。

上記の他、日付や時間などを指定することも出来、マニュアルではあまり必要としませんが、これにより、印刷した帳票が最新のものかどうか判断するのに便利です。

方法自体は簡単なので、下記の画面を提示するだけに留めます。

 

Manual204

 

Manual203

 

3.知っておくと便利なシートの操作

3-1 シートのコピー

Manual206

 

移動(コピー)先のブックの一覧には、下記が表示されています。クリックして選択します。

  • 新しいブック ・・・ シートをコピーして新規ブックを作成する
  • コピー元のブック名
  • 同時に開いている他のブック名

「コピーを作成する」にチェックを入れないと元のシートが移動してしまうので注意して下さい。

 

3-2 複数シートの選択

余白やヘッダー・フッター等の「ページ設定」など、 ート全体に対する設定を、複数のシートに対して同時に行いたいときは、設定を変更したいシートを全て選択してから行います。

 

Manual207

 

②でShiftを押しながらクリックしていますが、たとえば右から一つ目と3つめ、4つめだけ、のように個別に選択したい場合、Ctrlを押しながら選択したいシートをクリックします。

 

4.シート全体を固定値で縮小(ex. 85%など)する方法/入力したセルや貼り付けた画像などが1枚に納まるように縮小する方法

「ページ設定」の「ページ」タブで行います。

 

Manual208

 

 

4-1 シート全体を固定値で縮小(ex. 85%など)する方法

「拡大/縮小」のパーセント値を変更します。

 

4-2 入力したセルや貼り付けた画像などが1枚に納まるように縮小する方法

「次のページ数に合わせて印刷」蘭で「横」を「1」にして、「縦」は適当な大きな数字を入力します。

但し、この方法で縮小(または拡大)すると、どのような倍率になるか分からず、シート毎に文字の大きさなどが変わってしまうので、マニュアルにはおすすめしません。

 

5.作業中によく使う図形プロパティを規定の値にする

Excel2013では図形の規定値は薄い水色の線・塗り潰しです。これを「塗りつぶしなし」に変えたり線の太さや色を変え、この設定を何度も使う場合は「規定の図形に設定」しておくと便利です。線の場合は「規定の線に設定」です。

 

Manual209

 

 

6.操作画面のスクリーンショットを貼る

Excel2013には他のウィンドウのスクリーンショットを挿入するボタンがあります。〔→【Excel2013】画面のスクリーンショットを簡単に挿入する

個人的には、トリミングするなら、ペイント(Windows付属のソフト)に貼り付けてからそこで切り取って貼り付ける方が簡単だと思いますが、その場合、シートのトップに張り付いてしまうので、この裏技?を使います。〔→Excelでマニュアルを作るときの裏技

6-1. マウスポインター込みのスクリーンショットを撮る

【PC/Windows】マニュアル製作テクニック/「拡大鏡」を利用してマウスポインター込みのスクリーンショットを撮る

その他、思いついたことがあれば追記します。

 

 

web拍手 by FC2

 

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

 

 

【関連記事】

 

 

 

 


 

2015/02/17

Microsoftフォトギャラリーの元画像を定期的に削除する/保存場所を変更する

フォトギャラリーとはMicrosoftが無料で提供しているWindows Essentialsの中の画像管理ソフトで、WindowsXPからWindows8(現在は8.1に更新)に買い換えてから、XP時代に使っていたPicture Managerの後継アプリとして使用しています。

 

 

 

 

Photog03

 

本来は画像管理を目的とするものですが、ブログ主は、画像のレタッチ(色調補正やトリミング、傾き補正、etc.)に使用しています。(詳細は→『【ブログ主覚書】Windows8のセットアップ No.3/画像管理ソフト「フォトギャラリー」を使う』)

 

 

このアプリで画像を編集するときにいつも気になっていたのは、画像を編集しても、元に戻せる機能があることです。(Googleが提供する同様のアプリ・Picasaにも同じような機能があります。)

この元画像はどこにあって、どのくらい溜まっているのか、気になって調べてみたら、デフォルトでは永遠に保存する設定になっていて、現在272MBも容量を消費していることが分かりました。

これを定期的に削除することもできるということが分かったので、覚え書きとして記事にしておきます。また、(これはWindowsの機能ですが)保存場所を変更する方法も記します。

 

一定期間過ぎた元の画像(オリジナル画像)を自動的に削除する

期間を変更するには「フォトギャラリーオプション」の「元の写真」で行います。「フォトギャラリーオプション」は、画像一覧画面と個別の写真編集中の画面ともに「ファイル」→「オプション」で開けます。また、編集中の画面では「最初の状態に戻す」のプルダウンメニュー→「設定」からも開けます。

 

【画像一覧画面】 ファイル→オプション

 

Pg02

 

【画像編集画面】「最初の状態に戻す」のプルダウンメニューからも開ける

 

Pg03_2

 

「フォトギャラリーオプション」の「元の写真」タブにある「元の写真がゴミ箱に移動されるまでの時間」がデフォルトでは「移動しない」になっているのを適宜変更して[OK]で保存します。

 

Pg01

 

保存場所のフォルダを変更する

実際の保存場所は下記のように、Cドライブの下、ユーザ毎のフォルダの奥深くに存在します。(「\」マークでフォルダ名が区切られており、ユーザ名の部分は自分のユーザ名。)

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Microsoft\Windows Photo Gallery\Original Images

上の「フォトギャラリーオプション」の「元の写真フォルダに移動」で、直接このフォルダを開きます。

次に、左サイドバーに表示されているフォルダ名「Original Images」を右クリックして表示されるメニューから「プロパティ」→「場所」タブを開きます。

 

Pg04

 

[移動]ボタンをクリックすると「移動先の選択」ウィンドウが開くので、移動先を指定します。

 

【関連記事・サイト】

 

 

 

 

 


 

2015/02/16

【Excel2013】業務マニュアル・操作マニュアル作成のコツ (Ⅰ)

この記事の目的

以前の記事『Excelでマニュアルを作るときの裏技』は本来意図したものと異なり、Excelで作成するマニュアルの雛形やテンプレートを求めて検索されるようなので、新たな記事を作成しました。

但し、テンプレートは自分で作った方が使いやすく、また、作り方(シートの設定)は、ごく簡単なExcelのテクニックでできるものです。なるべく Excelの初心者でも分かりやすいように記述し、単純な操作方法の説明だけでなく、マニュアルを作る際に注意する点なども解説していきたいと思っていま す。

 

 

 

 

このシリーズではシートの設定方法とマニュアル作成に役立つテクニックを2回(Ⅰ~Ⅱ)に分けてご紹介する予定で、今回(Ⅰ)は基本の作業、 次回(Ⅱ)にて落ち穂拾いのように細かいテクニックを説明する予定です。(詳細を次回以降説明する場合は、文中に〔→Ⅱ〕と記します。)

【追記】業務マニュアル・操作マニュアル作成のコツ (Ⅲ) 仕掛かり中

(この記事は、加筆修正する可能性があります。)

 

サンプル

ここで提案・作成する雛形は下記のようなシンプルなものです。

 

Manual101

 

Manual102 左は実際に内容(適当です)を入力して印刷プレビューを行ったものです。(PDFに変換したものはこちら→sample_manual.pdf/98.4KB

PDFファイルはフリーソフトで出力したもので、一部の文字や余白(ヘッダーやフッター)に設定した内容が欠落していること、ご了承下さい。

 

作業の概略

まず、「Excelの基礎」としてこれ以降の説明に最低限必要な用語を簡単に説明してから、下記の順番で説明します。

 

  1. セルを方眼紙のようなマス目状に変更
  2. シートのページ設定 (ページの調整)
  3. 章や項目番号用のセルの書式の変更
  4. 説明文の入力エリア(セル)の作成
  5. 必要であれば、タイトル行の作成

 

Excelの基礎:画面各部の名称

これ以降の説明に最低限必要な用語や機能のみ示します。

 

Manual103

 

ここでは、

  • 新規文書を開いたときは「シート」と呼ばれる格子状の白紙ページが一つ表示される。(以前のバージョンのExcelでは3つのシートが表示されていた。)
  • 格子の一つ一つを「セル」と呼ぶ。(特定のセルを引用するときは「列・行」の値から、「A1セル」のように呼ぶ。)
  • 「シート」の集まりを「ブック」という。

ということを理解して下さい。

 

Excelの基礎:クイックアクセスツールバー

なお、操作を行うメニューは「タブ」を開くことによって、帯状(「リボン」と呼ぶ)に表示されます。よく使うボタンはいちいちリボンを開かなくても良いよう、「クイックアクセスツールバー」と呼ばれるエリアに登録しておくと便利です。

 

Manual104_2

 

クイックアクセスツールバーに登録したいボタンの上で右クリック→(右クリックが表示される)→「クイックアクセスツールバーに追加」。

 

1.セルを方眼紙のようなマス目状に変更

方眼にすることは必ずしも必要ではありませんが、方眼にしておくと、複数のセルを結合して、自由に表が作れます。

また、章を立てるときに、項番を字下げするのにも便利です。

下図のようにすると、シートの全ての列をまとめて同じ幅に変更できます。

 

Manual105

 

ここでは幅「2.0」にしています。

 

2.シートのページ設定

次に、シート全体の「余白」などの「ページ設定」を行うために、「印刷プレビューと印刷」でプレビューしてみます。(この時、実際に使う画像を貼り付けると分かりやすい。)

 

Manual106

 

Manual107

 

ここでは分かりやすいように画像を貼り付けてから印刷プレビューを行いました。画像が大きすぎて、横に2ページに分かれてしまっています。

これは、Excelがまず等倍(100%)で印刷しようとするからで、入力されたものを全て印刷しようとすると、2ページに分けるしかないからです。

 

これを「横を1ページに収める」ように設定すると、画像が納まるように、全体を縮小してくれます。また、シート全体を固定値で縮小(ex. 85%など)することもできます。〔→Ⅱ〕

個人的には等倍だとやや文字が大きすぎる(デフォルトは11ポイント)なので、85%くらいが好きなのですが、実際に文字や画像を挿入して確認してから検討して下さい。

 

今回は、等倍のまま作業します。

左側に表示されているメニューでは、シート全体の用紙サイズ(A4とか)、余白、倍率(拡大・縮小率)などが変更できます。

余白を調整するときは、「標準余白」の右側の▼をクリックすることで、「標準、広い、狭い」の他、「ユーザ設定の余白」で好みの設定にできます。一度設定すると、「最後に使用したユーザー設定」が登録されます。(下図)

 

Manual108

 

印刷プレビューからシートの編集画面に戻ると、ページ区切りが破線で表示されます。(画像は2ページにまたがっています。)ここで、画像をページの幅に納まるよう縮小してみます。(下図は既に画像を縮小した後)

 

Manual109

 

画像をクリックして選択後、右クリックで表示されるメニューから「図の書式設定」を選択します。

「図の書式設定」メニューが右側に表示されるので、「サイズとプロパティ」で、破線の左側に納まるよう縮小します。(「縦横比を固定する」にチェックが入っているので、「高さの調整」、「幅の調整」のいずれかの値を小さくすればOKです。)

この作業を通じて、画像の大きさが適切かどうか判断してして下さい。(縮小した結果小さすぎて画像の細部がつぶれてしまうようなら、画像をトリミングするとか、そういうことです。)

 

3.章や項目番号用のセルの書式の変更

今回の例では「A」~「C」の3列を項目番号に使うことにしています。

少し細かいテクニックになりますが、ここでこの3列の書式を「文字列」に変更をしておきます。

これは、項目番号として「1」とか「1-1」などと入力すると、数字と判断されて、右詰めになってしまったり、「1-1」が「1月1日」などと表示されてしまうのを防ぐためです。

下図のように、3列を選択し、まとめて「セルの書式設定」を行います。

 

Manual110

 

3列を選択した状態で、右クリック→メニューから「セルの書式設定」を選択し、「表示形式」タブの分類を「文字列」に変更し[OK]で設定を保存します。(下図)

 

Manual111

 

文字列に設定したセルに数字を入力するとウォーニング(=警告)が表示されることがあります。印刷には表示されませんが煩わしいので、修正する方法を説明します。(→Ⅱ)

 

4.説明文の入力エリア(セル)の作成

4-1 セルとテキストボックス

ここでは説明文を入力するために、セルを結合する方法を説明しますが、その前に、文字を入力するには、下記の2種類の方法があることを覚えておいて下さい。

 

  • セルに直接入力
  • テキストボックスに入力

 


画像の上に重ねるように文字を入力する場合はテキストボックスを使いますが、“地の文”の部分はセルに入力する方法をおすすめします。なぜなら、後からマニュアルの中の文字列を検索したり置換したりするときなどに、「文字列の検索」→「置換」を使いますが、テキストボックスの中の文字は検索の対象にならないからです。

 

4-2 結合セル

セルを結合しなくても、右側に何も入力されていなければ、セルをはみ出して文字を入力しても表示されます。見出しのように短い場合は、結合する必要はありません。

 

Manual117_2

 

このように1行だけならいいのですが、複数行に渡る場合、改行が面倒です。セルを結合して一つの大きなセルにしておくと、同一セル内で自動的に改行されます。

 

4-3 セルの結合方法

セルの結合は結合したいセルを全てドラッグで選択し、右クリックメニューから「セルを結合して中央揃え」を選択します。(下図)

 

Manual115

 

これでは、文字が中央揃えになってしまうので、結合されたセルの上で右クリックし、メニューから「セルの書式設定」を選び、文字の配置の横位置を「標準」、縦位置を「上詰め」にします。

 

Manual116

 

4-4 セル内での改行

セル内で改行する場合は、下図のように改行したい位置でALTキーを押しながらEnterキーを押します。

 

Manual112

 

但し、セル内で改行すると入力した内容を変更するときにやや面倒なので、改行する場合は別の結合セルにしたほうがいいかも知れません。

 

【注意】これはExcelの昔からの不具合ですが、画面で見たものと印刷結果が異なることがあります。画面ではセルやテキストボックスに文字が全て納まっているように見えても、印刷するとはみ出ている、というか、納まりきらなくて文字が欠けてしまうことがよくあります。

下図-上は編集画面上で見たところ、下は「印刷プレビューと印刷」で見たところです。

 

Manual113

 

Manual114

 

1行目の末尾に注目して下さい。上は「を選択)」で終わっていますが、下は「行全体を」までで終わっています。Excelは、「画面上では見えているのに、印刷したらはみ出している」というのは当たり前だと思って下さい。特にテキストボックスは顕著です

つまり、ここでは4行を一つのセルにしていますが、場合によっては4行では納まらず、5行目が消えて印刷されてしまうことがあります。必ず、「印刷プレビューと印刷」で確認するか、印刷してチェックします。

 

 

5.タイトル行の作成

目標の雛形を再掲します。必要であれば、上に3~4行ほど挿入してタイトル行を作成します。幅いっぱいにセルを結合して、文字のサイズを大きくしただけです。

 

Manual101

 

今回はこれで終わりです。次回『【Excel2013】業務マニュアル・操作マニュアル作成のコツ (Ⅱ)』へ続きます。

 

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

 

 

【関連記事】

 

 

 

 


 

2015/02/15

【SEO】このキーワードで自分のサイトは検索結果の何番目?【ブログパーツ】

「SEOチェキ!」は無料で使えるSEOツールで、SEOというのはSearch Engine Optimizationの略、「検索エンジン最適化」なのですが、簡単に言うとGoogleなどの検索エンジンと相性のいいサイトを作るにはどうしたらいいか、という対策なので、まあ、そのために情報を与えてくれるサイトです。

かなり以前からあって有名なサイトですが、久しぶりにサイトにアクセスしたら、こんなブログパーツを提供していました。

サイドバーに貼るのは嫌なので、webページに貼ってみました。試してみて下さい。

http://daishi100.cocolog-nifty.com/blog/web_seo_checki.html
  (便宜上、別タブまたは別ウィンドウで開くようにしています。)

 

使い方は簡単で、下の画像で説明しています。

Seo_cheki01

これ以上説明の必要はないと思いますが、このツールを使えば、「これこれこういったキーワードで自分のブログやサイトはGoogleの検索結果の何番目に表示されるの?」ということを教えてくれます。(GoogleもYahooも同じ順位が表示されます。)

自分のブログが検索されそうなキーワードをいくつか(半角スペース区切りと書いていますが、全角でもいいかも知れません。半角スペース区切りが無難です。)入力してみて、順位が低ければ、サイトの作りを変えてみようとか、もっと記事を充実させようとか、そういう風に活用するものです。

まあ、ショップのサイトとかテーマのあるブログ向けですね。(当たり前ですが、自分のブログ名なんて入力してもしょうがありません

ところで、上の検索結果では9番目と表示されているので、数字の部分をクリックしてみると、実際に検索結果画面が表示されます。

結果はなぜか8番目でしたが、まあ、こんなもんでしょ。

cocologのwebページはこんな風に遊びで使えるから便利ですね。

 

2015/02/14

【ドールハウス工作】 No.177 大草原の小さな家/『ペピンの雑貨店』

(。◕‿◕。) 今まで作ってきたミニチュアを集めて雑貨店を作ってみました。

こんなの↓。

Laura_general_shop01 Laura_general_shop02

タイトルのペピンとは、シリーズ1作目の『大きな森の小さな家』に出てくる町で、ペピン湖から11キロほど離れた森の中にローラの両親が居を構えたのが1863年。姉のメアリが65年、ローラは67年に生まれています。この物語で町に買い物行くシーンがあり、その雑貨店をイメージしました。

Laura_general_shop03

左の画像は、物語の中の雑貨店ですが、こんな風に、たくさんの商品が雑然と置かれている雰囲気で作ってみました。

挿絵は丁度かあさんが生地を選んでいるところです。

“お店には、見るものがいっぱいありました。片がわは全部棚になっていて、いろんな色のプリント地やキャラコが、びっしりつまっていました。”

とあるので、カウンターと棚を作り、布地のミニチュアをいくつか作って置きました。

手元の写真集には『大草原の小さな町』に出てくるデ・スメットの雑貨店の写真があるのですが、物語のとおり、長いカウンターがあって片側は布地が積まれ、やはりこんな感じで、様々な商品が所狭しと置かれています。

ところで、キャラコ(calico)と言えば、日本人が思い浮かべるのはキャラコの足袋。物語の一家ははキャラコで服を作るために買っているようなので調べてみたら、アメリカ英語のキャラコはちょっと違うものを指すようです。

手持ちの英英辞書(Oxford)を引いてみると、英語(イギリス英語)では“a type of heavy cotton cloth that is usually plain white”とあり、日本と同じ(平織り・広幅の白もめんの総称)のようですが、アメリカでは“a type of rough cotton cloth that has a pattern printed on it”とあります。粗い目のプリント地で、辞書によるとイギリスでいうモスリン(muslin)がアメリカのキャラコにあたるようです。

 

カウンターも棚も、壁に掛けることを考えて軽くするためにバルサで作っています。

 

 

Laura_general_shop04 中に置いたミニチュアは既にご紹介したものがほとんどですが、新たに小さなひきだしを作ってみました。

材料はヒノキ棒(板)がメインです。

引き手は100均のビーズで。

本の並んでいる棚にも同じような木箱を置きました。

 

残りの既出のミニチュアは後ほどリストを作って記事に追加します。

次回以降、「父さん」をイメージしたミニチュアを作ってみたいと思っています。

 

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

 


 

2015/02/12

「オマリー系」?「マッチョドラゴン系」?/今日は一日“プロ野球ソング”三昧 IN 沖縄

昨日は、NHK FMで「今日は一日“プロ野球ソング”三昧 IN 沖縄」の放送がありました。

ありとあらゆるプロ野球に関係する歌が流れましたが、吹石一恵さんの歌(お父様が元近鉄の選手)が個人的に“ツボ”でした。

吹石一恵 セピアの夏のフォトグラフ

これは「オマリー系」というよりは「マッチョドラゴン系」だと思います。

 

参考動画

阪神 オマリー 六甲おろし

 

藤波辰巳 マッチョドラゴン

 

 

2015/02/11

【ブログの楽しみ方】画像の見た目の大きさを変えずに圧縮してサイズを小さくする/ロスレス圧縮とは

ブログなどのwebサイトに画像を掲載する場合、実際には“画像を呼び出す”命令(HTMLタグ)が記述されるだけで、画像は別の場所に保存されます。(ココログの場合、画像をそのまま掲載する場合は「マイフォト」、記事上には縮小画像=サムネイルを表示する場合はサムネイル用の保管場所と、「マイフォト」の2箇所。)

 

つまり、画面上の画像はアクセスした時(そのページを開く時)に、いちいち呼び出されるわけです。従って、記事上に表示される画像が少ない、あるいは画像のサイズが小さいほど表示スピードが上がります。(但し、ブラウザのCache=キャッシュに画像が保存されるため、2回目以降は素早く表示される。)

 

 

 

 

今回は、見た目にほとんど影響を与えず、画像サイズ(縦横のサイズではなく、バイト数)を小さくしてくれる方法のご紹介です。

 

 

使い方はさほど難しくなく、上記記事を読めば分かりますが、以下、簡単にご紹介します。

 

サンプル画像

下はこのブログのサイドバーに現在表示している画像ですが、左が元画像、右が圧縮後の画像で、現在は圧縮後の画像を表示させています。

 

 

 

この画像のサイズは、縦横は220px × 300pxで同じですが、右が82.39 KB (84,371 バイト)、左が21.97 KB (22,498 バイト)です。

 

Compressorの使い方

手順としては、①画像をアップロードする→②web上で圧縮される→③圧縮された画像をダウンロードする だけです。

1.サイトにアクセすると下のよう画面が表示される

 

Compress01

 

2.下記の[SELECT FILE]というボタンをクリックして、アップロードする画像を指定

 

Compress02compressor

 

3.ダウンロード

 

Compress03compressor

 

[DOWNLOAD YOUR FILE]ボタンをクリックするとダウンロードされる。

 

【追記】圧縮した画像のファイル名はデフォルトで元の名前に「-compressor」が付きます。ダウンロード時に「名前を付けて保存」で元画像と同じ名前で上書きしようとしたところ失敗しました。

 

ロスレス(lossless)圧縮とは

ここでは見た目を劣化せずにサイズを小さくすることだけを目的にしていますが、このサイトではロスレス圧縮という方法で圧縮してくれます。

losslessとは、コンピュータ用語では「情報が失われないデータ圧縮の」という形容詞で、ロスレス圧縮は日本語では「可逆圧縮」と呼ばれます。(可逆=逆向きの反応も可能なこと、つまり元に戻せる⇔不可逆(lossy))

 

これがよく分かるのは、zip形式などの圧縮かと思います。

メールに添付して送るためにサイズを小さくしたり、アプリをダウンロードする際に圧縮されたzipファイルを“解凍”して元の形に戻した経験はあるのではないでしょうか。

不可逆性のファイル形式としてよく知られているものは、画像ファイルのjpgファイルです。

ブログなどにアップロードするためにjpgファイルを加工することはよくあると思いますが、(縦横のサイズ変更ではなく)色調を変えたり明るさを変えたりという修正を何度も繰り返して保存すると、そのたびに画質は劣化して元には戻せません。

下は、左が元画像、右は 明るさを少し変えて保存→元に戻して保存 を10回以上繰り返したものです。右の画像は少しぼやけてしまったのが分かるかと思います。

 

Daruma_195x220  Daruma_195x220_copy

 

1、2回程度ではあまり変わらないのですが、もし、ブログ用などに画像を編集する場合、必要なら元画像は残しておいて、コピーした画像(コピーした時点では元画像と全く同じ画質)を編集するとか、編集結果を別の名前で保存して元画像を上書きしないようにするといった注意が必要です。

 

 

 

 


 

2015/02/08

【ブログ主覚書】2016年度分よりネットによる確定申告(e-Tax)の簡素化

2017年(16年度分の申告)よりインターネットを通じた確定申告が簡素化されるとの新聞記事(2015/02/08付日経※1)を読んだので、個人的な覚え書きとして記事にしておきます。

ブログ主はずっとネットの確定申告作成コーナーで作成した書類(紙ベース)を提出していますが、現在でもe-Taxという仕組みはあり、これを利用すると、

  1. 申告書類はデータ送信
  2. 第三者作成書類(源泉徴収票や社会保険料領収書、医療費領収書等)の省略可(※2/省略不可の書類は別途郵送が必要)
  3. 本人確認は住民基本台帳カード(ICカード)を利用(カード発行手数料:約500円、3年有効の電子証明書の発行:約500円、ICカードリーダー:数千円が初期費用としてかかる)

※1『電子納税、自宅で完結 本人確認は携帯で可能に -17年から、紙の書類も不要-』(会員登録要)

※2 国税庁FAQ『e-Taxを利用して所得税の確定申告書を提出する場合の「源泉徴収票」や「医療費の領収書」などの第三者作成書類の添付省略の制度について教えてください。

となっています。

新システムでは、

  • 郵送が必要だった書類はPDFデータの送信可
  • 本人確認は携帯電話+メールを利用

に変更になるとのこと。

本人確認の仕組みは、記事によると、電子申請画面で携帯番号入力→認証コードがメールなどで通知される→システムから自動音声の電話が携帯にかかる→認証コードを入力、とやや煩雑ですが、煩雑だからこそセキュリティが確保できるという見方もできるのかも知れません。

これ以外にも、市町村役場で申告を行う場合の還付の期間短縮が図られるそうで、現行では役場で印刷して税務署に届けて処理しているのを、データ伝送で処理することで実現するとのこと。

ついでに、データとして追記。

  • 2013年度の申告件数のうち51.8%がネットを利用、但し、個人で申告までネットで行った件数はそのうち8%に留まる。(←ICカードリーダーの購入などがネックになっているとの分析)
  • 2013年度の国税(所得税・法人税・消費税)の滞納残高は1兆1414億円だが、12年度比10.1%減で、15年連続で減っている。(←更なる減少を見込む)
  • 電子申告により2013年度に削減した事務処理時間は(電子申告開始以来?)10万時間超。1件あたりの行政費用は10年度:581円→13年度:433円と減少。

個人的には紙の保管にかかる費用も削減できるのではないかと思います。家賃を払っているとは思えませんが、保管庫のスペース削減により、他の目的に転用できるはずなので。

 

 

2015/02/07

【PC/Windows】マニュアル製作テクニック/「拡大鏡」を利用してマウスポインター込みのスクリーンショットを撮る

Zoom01 アプリケーションなどの操作マニュアルを作成する際、画面のスクリーンショットを撮ることになりますが、マウスポインター(マウスカーソル)はキャプチャ(=撮影)できません。

左の画像では、マウスポインターが手の形をしていますが、このようにマウスポインター込みでキャプチャを撮りたいということは、マニュアルを作っているとたびたびあります。

マウスポインター込みで画面をキャプチャできるフリーソフトもありますが、企業では勝手にフリーソフトをインストールすることは禁止されている場合もあるので、フリーソフトを使わずにWindows付属のソフト「拡大鏡」でマウスポインターをキャプチャする方法を解説します。

 

 

 

 

「拡大鏡」とは、本来、図-1のように画面の一部を拡大して表示してくれるものですが、「固定」モードを使って拡大された部分にマウスポインターが表示されていれば、マウスポインターも含めてスクリーンショットが撮れることを利用します。

拡大鏡の使い方はNECのFAQサイトに分かりやすく説明されていますが、この記事でもWindows8.1の環境で簡単に説明します。

 

拡大鏡を使用する方法:http://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/qadoc?QID=016526

 

拡大鏡の起動

方法はいくつかありますが、Windowsキー(ウィンドウのロゴのキー)を押しながら「+」キーを押すことで起動できます。(同時に2つ以上のキーを押す操作を、以下、Windowsキー+「+」キーのように表記)

この方法で起動できない場合は、Windowsキーでスタート画面を表示し、アプリ一覧から「拡大鏡」を選択(クリック)して起動します。(よく使う場合は、アイコンの上で右クリックして「タスクバーにピン留めする」を選択してタスクバーに追加しておくといいでしょう。)

 

Zoom01_2

 

アプリが立ち上がるまで数秒かかる場合があります。

 

拡大鏡の表示モード

拡大鏡の表示方法には、

  • レンズ
  • 固定

の二種類があり、「固定」を使用しますが、以下、両方の画面イメージを示します。

 

【図-1】レンズモード

Zoom02

 

レンズモードはマウスの動きに合わせてその周囲を枠の中に拡大して表示しますが、マウスポインターそのものは隠れてしまいます。

 

【図-2】固定モード

Zoom03

 

拡大鏡を起動している間は、画面上に上のような虫眼鏡の絵が表示されていますが、レンズモードから固定モードに切り替えるには、上図のように、ツールバーを表示させて、表示を「固定」に切り替えます。(この例では拡大率は100%にしています。)

ここでは「拡大鏡」ウィンドウに Zoom_pointer01 というマウスカーソルが表示されていますが、このように、拡大鏡ウィンドウにキャプチャを撮りたい部分が入るようにした状態でスクリーンショット(Prtscキー/機種によってはFNキー+Prtscキー)を撮ると、そのままコピーされます。(“コピーされる”とは、イメージが一時的にPCに保存されることを意味します。)この後、ペイントなどの画像編集ソフトを起動して“貼り付け”(Ctrlキー+V)を行えば、保存された内容が張り付きます。

 

固定モードの「拡大鏡」ウィンドウの位置やサイズを変える

 

【図-3】

Zoom04

 

拡大鏡を起動しても、制御は元々表示されているアプリ(この場合はExcel)にあります。拡大鏡を操作するには、拡大鏡のタイトルバー(「拡大鏡」というタイトルが表示されている部分)をクリックして、「拡大鏡」ウィンドウを“アクティブ”にし、制御を拡大鏡に移します。(枠の色が濃く表示されます。)

マウスポインターが Zoom_pointer01 の形のままですが、タイトルバーをドラッグすれば移動させることができます。また、左右の枠や角をドラッグすることで枠を広げたり縮めたりすることもできます。

 

「拡大鏡」を終了する

図-2に表示した「拡大鏡」ツールバーの閉じるボタン(「×」ボタン)をクリックして終了します。

 

拡大鏡のバグ:タスクバーが透明化してアプリと重なってしまうのを元に戻す

拡大鏡のバグ(=瑕疵)のようですが、拡大鏡を起動するとこのような現象が起きました。

 

Zoom05

 

タスクバーとは、各種アプリを起動するボタンが登録される場所で、規定では画面の下に帯状に表示されています。

Excelを実行していると上図の「拡大鏡実行前」のように、タスクバーがExcelの下に表示されているのですが、拡大鏡を実行すると、あたかもタスクバーを隠したかのようにExcelが全画面に広がり、その上にタスクバーが半透明に表示されて、Excelの下の部分と重なってしまいます。これではスライドバーの操作などができません。

 

これを解消するには、“不細工な”方法ではありますが、下記のように方法で可能です。

 

  1. 拡大鏡のウィンドウを移動して一度上部などに固定してみる
  2. 「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」を起動して、「タスクバーを自動的に隠す」のチェックを付けたり外したりする

 

1は、「拡大鏡」ウィンドウをドラッグして上や左右などに移動させると、ウィンドウの位置が幅いっぱいに広がって固定されるのですが、この操作を一度行うことで直るようです。(下図参照)

 

Zoom08

 

2は、下記のように操作します。

 

Zoom06

 

 

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

 

 

 

 


 

2015/02/06

【Excel2013】条件付き書式:条件付き書式を他の行(セル)にコピーする

以前、『【Excel2013】条件付き書式:ある条件の時にセルや行に色を付けたり文字色を変える【覚書】』という記事で条件付き書式のサンプルと使い方を説明しましたが、「条件付き書式のコピー方法」を検索して訪問されることが多いので、追加します。(元記事は既に長いので、別記事にしました。)

 

条件付き書式のコピー(あるいは、範囲の拡張)は下記の2種類の方法があります。

 

  1. 「条件付き書式ルールの管理」で適用先の範囲を広げる
  2. 書式のコピー

 

 

 

 

1.「条件付き書式ルールの管理」で適用先の範囲を広げる

下図を参照して下さい。

 

Joken13

 

2.書式のコピー

先の記事で使用したサンプルで設定した条件付き書式を23行目にもコピーをしたいとします。

 

Excel_syo23

 

まず、コピー元となる行全体(どこでもいいのですが、6行目を使用するならA6~D6)をドラッグして選択(①)し、「書式のコピー」ボタンをクリック(②)します。

 

「書式のコピー」をよく使う場合は、いちいち「ホーム」タブをクリックしなくてもよいよう、クイックアクセスツールバーに追加しておくとワンクリックですむので便利です。

 

Excel_syo24

 

上の画像では、既にクイックアクセスツールバーに追加済みの状態で操作したので、グレイアウトして(=薄いグレーになって)選択できない状態です。
 

 

次にコピー先のセルをクリック(④)するだけです。

 

Excel_syo25

 

上の図のように「書式のコピー」が有効な間(④のクリックを行う前)は、マウスポインターが③のような形になっていますが、コピーが完了したら元のマウスポインターに戻ります。

 

④で「(先頭だけでいい)」と書いているのは、23行目の先頭(A23)だけをクリックすればいいという意味です。

 

もし同じ書式を連続してコピーしたい場合、②でクリックする際にシングルクリック(1回だけクリック)するのではなくダブルクリックをすると、④の作業を行った後でもマウスポインターは③の形のままになります。

解除する場合は[Esc]キー(エスケープ・キー)を押します。

 

念のため、条件付き書式のコピーが成功したかどうか、確認してみます。

 

Excel_syo26

 

C23の条件付き書式を確認(「ホーム」→「条件付き書式」→「ルールの管理」)してみると、正しく設定されているのが分かります。

なお、この方法は、“条件付き書式”だけでなく罫線や文字の属性(色、フォント、etc.)などの一般の書式もコピーされます。

 

尤も、サンプルのように未記入の行がたくさん残っている場合は、数行コピーして、表の一番下に貼り付け(または挿入)した方が簡単かも知れません。下は23行目の下(=24行目の上)に「挿入」する方法です。

 

Excel_syo27

 

Excel_syo28

 

 

 

 


 

2015/02/04

100円ショップで見つけたもの/木箱、ワイン栓、etc.

駅前に行ったついでに100円ショップ・ダイソーに行ったら、割と出来の良い木製ボックスがありました。

こんなの↓。

Woodbox_and_stain

シンプルなのでこのまま小物入れやギフトボックスとして使えそうですが、ちょっと表面が粗いので、ついでに白木用の塗料も買ってきて、サンドペーパーをかけてから塗りました。乳白色と書いてある水性ニスです。

100均のものなので、どれほどの効果か分かりませんが、この手の塗料は白木の焼けなど防ぐものです。乳白色なのでさほど色が付くというわけではありませんが、少しだけ木の色が濃くなります。

木箱の上に置いたのは、同じくダイソーで買ったチャーム。このために買ったわけではないのですが、たまたま箱にCafe Margaretと書いてあるので、ティーポット型のものとスプーンとフォークの形のもの(これは丸カン部分をカットしました。)を載せてみました。

画像は上に置いてあるだけですが、ボンドで貼り付けてこんなデコレーションをしてもいいかと。

実際は、このチャームはドールハウス(ミニチュア工作)に使えそうと求めたものです。スプーンやフォークはそのものずばり、ティーポットのものは、カフェの看板なんかに使えそうです。

画像に写っているチャーム三種の他にもう一種類の計四種類のチャームがそれぞれ2個ずつ、合計8個のチャームがセットになっていました。

箱はトールペイントのようにアクリル塗料を塗ったり、カルトナージュの要領で布を貼ったり、他にもリメイクのアイディアは色々とありそうです。

 

 

【追記】

その後、こんな風にギフトボックスとして使ってみました。

Ritter_sport

 

 

もう一つ、こんなものを見つけました。

Wine_stopper 飲みかけのワインにちょっと栓をするのに使います。

シリコン製ですが、ちょっとおしゃれだと思いませんか?

この瓶は実はワインの瓶ではないのですが、この栓は下に行くほど細くなっているので、瓶の口の太さは選ばないと思います。

こちらは、Can Do(キャン・ドゥ)という100円ショップで見つけました。

これはキッチン用品ですが、久しぶりに入ったCan Doは以前と品揃えが変わっていて、女性が好きそうなアクセサリーパーツや雑貨が増えていました。

100均らしからぬところは、店の商品を使って作った作品が展示してあるところ。

ちゃんとアクリルケースに入れて、使い方を提案しているのが良いなと思いました。

購入はしなかったのですが、ちょっと面白いと思ったのは、手作りキャンドルの材料。

液体のロウソク(ジェル?髪に付けるディップみたいな感じでチューブに入っていました。)ものとかカラーサンドとか小さな貝殻やオブジェ、もちろん、中に入れるロウソク芯も商品としてあり、小さなガラス瓶の中に重ねて行けば、オリジナルのキャンドルが作れるというものです。

カラーサンドは、ピンクと茶の組み合わせ、グリーンの濃淡と2色入りのものや白一種類のものなどがありました。キャンドルに使いやすい色なのでしょうが、ちょっと鮮やかすぎる色でしたが、ミニチュアの材料として、土や芝生にもなりそうでした。

ソファーやテーブルなどの木製組み立て家具?もありました。さすがにクオリティがあれなので、購入はしませんでしたが、何種類もあって、これも完成品を飾ってあり、こういうのは分かりやすくでいいですね。

他にも、「何となく使えそう」と思ったものを色々と買い込んできたのですが、それはそのうちご紹介する機会もあるかと思います。

 

駅前に行ったのは100均で買い物をするためではなくて、KANOという台湾映画を観に行ったのですが、これはまた別記事に。

 

 


2015/02/01

【ドールハウス工作】 No.176 ラグのミニチュア/おもちゃの機織り機【ブログ主覚書】

(。◕‿◕。) おもちゃの機織り機でラグを織ってみました。

こんなの↓。一番上のラグで房を含めて5cm×12cmくらい。右は使用した機織り機です。

Laura_weaving02

おもちゃの機織り機を使うというアイディアは及川久美さんのドールハウスを紹介するムック本『私のドールハウス』 で知ったことで、この方の作品は、廃品や身の回りにあるもの、入手しやすい素材を工夫してミニチュアを作る面白さを教えてくれました。

材料は、縦糸には100均の麻紐(ラッピング用品コーナーにあったもので、たこ糸くらいの太さのもの)。横糸には羊毛の毛糸。これも100円ショップのもので、中細くらいのものです。

縦糸はぴんと張れるものがいいので、たこ糸も適しています。

織機を使って作ったものなので、作り方は機織り機についてもう少し詳しく説明することと、この商品のレビューとして後述します。

 

おもちゃの機織り機の使い方/機織り機の構造

機織り機はおもちゃならば1000円前後から(ブログ主が買ったものは925円)買うことができます。もちろん見た目は下の画像のようにちゃちなのですが、“縦糸に横糸を互い違いに通して布を織る”という最低限の機能を満たしています。(“おもちゃ”以上のものになると、もっと長い布を織ることができるように手前に巻き取れるといった機能が付くようです。)

下の左の画像は商品パッケージ、右の画像は、大きさが分かるように実物をA4版の紙の上に置いたものですが、一番短くした状態でこの程度の大きさです。枠を長く伸ばすこともできますが、横糸の糸巻きをくぐらすスペースが必要なので、最大でも28cm×15cmのものしか織れません。まぁ、テーブルセンターとか花瓶や鍋敷き、コースターくらいでしょうか。

Laura_weaving01 Laura_weaving03

最低限の機能と書きましたが、シンプルなだけに、使ってみて、機織り機の構造がよく分かりました。テレビなどで機織りの様子は見たことがあるのですが、自分で織ってみて、ああこういうことか、と理解できたことがあります。

おもちゃに限らず手織りの機織り機を選ぶ際のポイントになると思うので、最初に構造を簡単に説明します。

まず、本体に縦糸を掛けるのですが、これは巻くのではなく、溝にコの字型に引っかけるだけです。(左の画像/「特徴1」の部分) 織り終わって最後に縦糸の向こう側を切ると、縦糸は引っかけているだけなので手前の糸を簡単に本体から外すことができます。

縦糸を掛けたら、その糸の1本目、3本目、5本目...(以下、奇数の糸と呼びます)と、1本おきに「そうこう」(綜絖)という部分に引っかけます。(左の画像/「特徴3」の茶色の部分) 輪になっている一部に切れ込みが入っているので、そこから糸を輪の中に入れます。

この綜絖を上下させることにより、奇数の糸がまとめて偶数の糸より上に持ち上がったり、下に下がったりして広がり、横糸を通す隙間を作ります。

これはおもちゃなので、綜絖を上下させるのは完全に手動です。

綜絖にはアーム(○印を付けた部分)が付いていて、手で左右に広げて枠の上に載せたり(=奇数の糸を上に上げたり)、枠の下にしたり(=奇数の糸を下に下げたり)します。つまり、綜絖が上にある状態で糸巻き(=杼/ひ)を、たとえば右側から通したら、“くし”(=筬/おさ)で横糸を手前に寄せ、次に綜絖を下げて杼を左から通す、という方法で織っていきます。

ブログ主はせいぜい12列程度の縦糸で織ったので筬で糸を寄せるのは簡単でしたが、横幅一杯に使った場合、この“くし”をちゃんと通すのは結構面倒かも知れません。きちんと目を通さないと縦糸が曲がってしまいます。

ここまでで、手織りの機織り機を選ぶ際のポイントをまとめると、

  • 綜絖(そうこう)の動かし方が容易か
  • 筬(おさ=櫛状のもの)の扱い方が容易か
  • どのくらい長いもの(幅も)が織れるのか
  • 縦糸の間隔はどうか(間隔が狭いものほど密に織れる)

ということになります。(構造を理解してから他の商品を見てみると、1000円前後のおもちゃではどれも大差ないようです。)

 

 

商品レビュー

あくまでも子供が使う“おもちゃ”として見ると、縦糸をきちんと掛ける程度の“器用さ”があれば扱えるものだと思います。実際、この商品は、学校教材のメーカーから出ているので、小学校の中学年以上なら扱えそうです。

ただ、子供は手や指が小さくて細い割には不器用なので、苦労するのは最後に縦糸を始末する部分だと思います。

と言うのは、縦糸を2~3本くらいずつ結んで始末する際、向こう側の糸は結構長く残っているので結ぶのは簡単ですが、手前側の糸は短いのでこれを結ぶのが結構大変でした。(ミニチュア作品は2本ずつ結んでいます。)

上の右側の画像で、手前に白い板を貼っているのが分かるでしょうか。これは、手前の糸を長く残すためにブログ主がスチレンボードを細長く切って取り付けたものです。(両面テープで留めているだけです。)


 


壊れるとしたら、一番動かす綜絖のアームですが、割と弾力性のあるプラスチックなので、よほど無理に左右に広げなければポキンと折れるようなことはないでしょう。

杼(ひ=糸巻き)は2つ付属しています。

ブログ主は2色の横糸を用意してボーダーに織るのが精一杯ですが、編み物の編み図のように設計図を作っておき、その通りに途中で糸を変えれば、上の左側の画像に映っているサンプルのように柄を織り出すことも可能なので、杼が足りなければ、厚紙で作ってあげたらいいでしょう。

横糸を縦糸にくぐらせやすいように、平べったく巻く必要がありますが、その方法は説明書に書いてあります。

筬に関しては、機織り機の横幅いっぱいの長さより、むしろ半分くらいの長さであったほうが良かったのではないかと思います。横糸を手前に寄せるのに、一度にできるメリットよりは、縦糸を櫛の目に通すのが容易な方が使いやすそうです。

説明書も付いていますが、実は、この説明書では、縦糸を付ける方法がよく分かりませんでした。それで、もう少し詳しい説明がないかと、メーカー(株式会社アーテック)の商品のページを見たら、なんと動画がありました。(字幕は英語ですが、動画だけで分かります。)

その部分以外は、付属説明書で十分理解できます。


 

下の商品リンク先、この会社から購入すれば、送料は無料です。

 

以下はブログ主の覚え書きです。

商品では専門用語をそのまま使っているのは綜絖(そうこう)だけですが、杼(ひ)=糸巻き、筬(おさ)=くしとか、専門用語はいずれも聞き慣れない言葉です。「おさ」は和語のようですが、他の言葉は語感からすると大陸の呼び名をそのまま使っているのでしょうか。いずれにしても、漢字も見慣れない漢字です。

綜絖の「綜」は「総」と同じ意味で「総(す)べる<総(す)ぶ」はいくつもの筋を「まとめる」、転じて統一するという意味だそうです。従って、社名などで見かける綜合も総合と同じ意味です。

「絖」は「わた、繭のくずを集めてふやかしたわた、真綿(絹わた)」の意味なので、糸を表すのでしょうか。つまり、「綜絖」は糸をまとめて一度に上下させる道具という意味があるようです。

杼(糸巻き)の「予」の部分は口や○を引き延ばした様を描いた象形文字で、「(引き)のばす」という意味だそうです。糸巻きというよりは、横糸をのばす道具という意味のようです。ちなみに縦糸用の糸巻きは「柚」(じく)と呼ぶそうで、植物のユズと同じ字ですが、意味としては「軸」と同じだそうなので、これは理解できます。

筬(おさ=くしのような道具)は元々「竹」で、その下の「成」に似た字は発音を表しているだけなので、元は竹で作ったものでしょうか。

 

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

 


 

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ