このサイトに関して




  • 2018/10/22
    ブログを更新しました。
    2018/04/20
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。




    ■特設コーナー















    台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会



    okinawanokoe




    ■ご利用上の注意
    記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。(加計学園問題関連の画像はご自由にお使い下さい。)

    コメントにURLを貼る場合は、「http://」、「https://」を除いて貼り付けて下さい。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。





各種ノウハウ集



管理人ポータル

大師小同窓会関連








  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.170 大草原の小さな家/食器のミニチュア | トップページ | 【プチ工作】かまぼこ板利用のレターラック »

2015/01/09

【ドールハウス工作】 No.171 大草原の小さな家/フレーム、ライフルのミニチュア

(。◕‿◕。) ライフル銃を作ってみました。

こんなの↓。

Laura_rifle

これはドールハウス本『ローラの小さな家』には作り方は書いてありません。

この時代に使われていたウィンチェスター(Winchester)というライフルの画像をを参考に、なんとかそれらしく作ってみました。
 

 

 

銃床(じゅうしょう/ストック=左端の木の部分)は工作材を削って作成。

銃身(弾丸が発射される筒状の部分)とその下の筒(弾倉=弾を込める部分...てことは調べて分かりました。なんで2本あるのだろうと思っていました coldsweats01 弾を込めたカセットを挿入するようです。)は、お馴染みの巻き簀の棒。(したがって、穴は開いていません。)

実物の全長は95cm前後のようなのですが、ネットで検索した画像を1/12サイズ=8cm位になるように縮小して印刷し、各部のサイズを決めたところ、巻き簀の棒がぴったりでした。

ついでにライフル掛け(?)も作ってみました。

確か、小林旭の渡り鳥シリーズでは、こんな感じで壁に掛かっていたなぁと。(普通の事務所っぽいところの壁に当たり前のようにライフルが掛かっています。coldsweats01 BSで一時よくやっていて、荒唐無稽なところが面白かった。)

適当に作ったのですが、実際もこんなものらしく、先日図書館で借りた、シリーズ第1作『大きな森の小さな家』の中に挿絵がありました。

Laura_little_house_in_the_big_woods (雰囲気が分かる程度に裏表紙を撮影してみましたが、ここにも丁度ライフルが描かれていて、ドアの上に掛けているのが分かります。)

ところで、ドールハウス本で作る「ローラの家」とは、どうやら、この森の中の家と二作目の『大草原の小さな家』の家をモデルにしているようなのですが、暖炉の位置などを変えている他にも大きく変えているところがあります。

それは壁の色。

実際の家は、丸太小屋で、上の画像のように、製材しているわけではないので、隙間だらけになるところを土とか草とかで埋めています。

本のドールハウスは挿絵の再現ではないのですが、壁は白い塗り壁のように作ることになっています。茶色ばかりの家具なので、それが映えるようにという配慮でしょう。

それで、今回のフレームは白い壁だけれど、素朴さが出るように板の壁にしてみました。

Laura_frame01

これは、このところ気に入って使っている100円ショップ・セリアの2L版用のフォトフレームを利用していますが、フレームも白いものを使いました。

詳しいサイズや作り方は過去に何度もご紹介しているので省略しますが、壁も床も壁に掛けたときの負担を考えて、バルサを使って軽くしています。

壁の板は2mm厚のバルサを幅15mmにカットして、白く塗装してから少しエイジング(古びた感じに塗装)して貼っています。バルサはカットする前の状態でサンドペーパーをかけて毛羽を取っておくといいと思います。

茶色のフレームより見た目も軽やかになりました。

できあがりのイメージもある程度固まったので、家具や小物を追加して完成させることにします。

 

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

 

 


【関連記事】

 


 

« 【ドールハウス工作】 No.170 大草原の小さな家/食器のミニチュア | トップページ | 【プチ工作】かまぼこ板利用のレターラック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.170 大草原の小さな家/食器のミニチュア | トップページ | 【プチ工作】かまぼこ板利用のレターラック »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ