最新情報

  • 2019/08/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ブログ主覚書】エアコン交換/エアコン選びのポイント | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.170 大草原の小さな家/食器のミニチュア »

2014/12/29

【ドールハウス工作】 No.169 大草原の小さな家/バターチャーンのミニチュア

(。◕‿◕。) 以前ご紹介した『ローラの小さな家』というドールハウス本に触発されて、この時代のミニチュアを少しずつ作っています。

それで、しばらくは『大草原の小さな家』シリーズとして西部開拓時代のミニチュアを作り、イメージが固まったらミニチュアフレームに仕立ててみたいと思っています。

参考図書は一応下記の三冊。でも、ドールハウス本に出てくるミニチュアは、(どのシーンというわけではないという断り書きがありますが)ストーリーの中に出てくるエピソードに関係あるようなので、少しずつ原作も読んでいます。挿絵も参考になるので。

  

前置きが長くなりましたが、今回作ったのはバターチャーン(butter churn)。ミルクを攪拌してバターを作る道具です。churnとはバターを作る攪拌機(かくはんき)、イギリス英語では運搬用の大型の牛乳缶を指すようです。

Laura_butter_churn

これは本に作り方が載っていたので参考にしましたが、指定の厚さのバルサ板がなかったのでサイズは若干アレンジしています。

かき回すためのスティック(ダッシャー/dasherと呼ぶようです)は、ブログ主大好き巻き簀の棒。

ダッシャーのハンドルの先(容器の中に隠れた部分)はどうなっているのか?と思って調べたら、同じタイプのものがThe Adirondack Museumという博物館のサイトで見つかりました。

スキーのストックのような形に羽が付いているのですね。

もう少し時代が新しくなると、容器部分は陶器になったり、ハンドルを回して歯車でダッシャーを動かす、もう少しメカニックなものが登場しますが、これは1870年頃のもののようです。

 

 

 

ブログ主はニュージーランドで手回し式の攪拌機でバターを作る実演を見たことがあるのですが、意外と(←あくまで“想像していたよりは”)簡単にバターができていました。でも、画像のような素朴な道具で作るのは大変だったと思います。

もう一つ、同じ乳製品繋がりでチーズを数種類作ってみました。ドールハウス本のピクニックシーンのミニチュアで、これも作り方は紹介されていましたが、若干アレンジしています。

基本的に粘土を丸めただけで、粉っぽさを出すためにシッカロールをまぶしたり、カビのような模様を描いたり...

しばらく、こんなミニチュアが続くと思います。

 

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

 

 


 

« 【ブログ主覚書】エアコン交換/エアコン選びのポイント | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.170 大草原の小さな家/食器のミニチュア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ブログ主覚書】エアコン交換/エアコン選びのポイント | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.170 大草原の小さな家/食器のミニチュア »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ