最新情報

  • 2019/12/02
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ブログ主覚書】大和証券:回次コードで投資信託の運用報告書を検索する | トップページ | 【Excel2013】条件付き書式:ある条件の時にセルや行に色を付けたり文字色を変える【覚書】 »

2014/08/03

【書籍】『統合失調症がやってきた』(ハウス加賀屋・松本キック著)

少し前に話題になった本で、ようやく読むことができた。実は、この本を知って興味を持ち、図書館で予約したところ、順番が回ってくるまで半年くらいかかった。

内容は、お笑いコンビの松本ハウスの一人、ハウス加賀谷氏が統合失調症を克服して再び芸人として復活したというエピソードを中心に、子供時代の話と統合失調症の発症、グループホームでの生活、お笑い芸人を目指して相方の松本キック氏との出会い、そして入院、再び舞台に戻るまでが語られている。

この病気について、ほとんど知識はないが、症状が悪化した状態の患者がどんな“世界”を見ているのかということ、信頼できる医師に出会い、自分にあった薬を見つけることで、十分社会復帰ができるということが分かった。

また、閉鎖病棟に入院までした著者が再び舞台に立つまでには、本人のモチベーションや家族の協力、適切に接してくれた知人が重要な役割を果たしており、特に相方の松本氏の存在は大きく、後書きを読んで知ったが、実際に執筆したのは松本キック氏である。(本は一人称で書かれている。)

本の内容は、ネットの対談記事『芸人・松本ハウスが語る統合失調症からの社会復帰』でおおよそ語られているので、興味のある方は一読されると良いと思う。

この本を読んで、一点、気になったことがある。

それは第1章で語られている子供時代のエピソード。

発症の時期が中学生という若い時期であったこともあり、自分がどんな人間(子供)だったのかを伝えたかったとだけかも知れないが、わざわざ、テレビや習い事に関して親から強い干渉を受けたエピソードを語っていた。よく言えば教育に熱心な親、悪くいえば過干渉。過干渉と過保護は表裏一体ではないかと思う。

統合失調症の発症との因果関係があるかどうかは分からないし、著者もそのように明言しているわけではないが、自分の子供時代、つまり家庭環を語ったのは、著者にとって大きな心の傷で、あるいは無意識にそこに発症の遠因を求めたのかも知れない。

こんな風に引っかかるのは、この本の読者がどのように感じるだろうかと思ったからだ。

読者の多くは統合失調症の本人だけでなく、その家族も多いのではないかと思う。そして、どのように病気を克服したのかということだけでなく、なぜ、このような病気を発症してしまったのか知りたいに違いない。個人差があるのは承知で、著者のケースは何が原因だったのかと。

確かに、著者のような育てられ方をしたら、ストレスはあっただろうなとは想像するが、統合失調症との因果関係は不明なので、この本を読む人が短絡的に考えなければいいがと思った。

 

« 【ブログ主覚書】大和証券:回次コードで投資信託の運用報告書を検索する | トップページ | 【Excel2013】条件付き書式:ある条件の時にセルや行に色を付けたり文字色を変える【覚書】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ブログ主覚書】大和証券:回次コードで投資信託の運用報告書を検索する | トップページ | 【Excel2013】条件付き書式:ある条件の時にセルや行に色を付けたり文字色を変える【覚書】 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ