最新情報

  • 2019/10/15
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.146 ガーデンシェルフ、シャベルのミニチュア | トップページ | 【我が町】第10回川崎楽大師/2014年4月19日・20日 »

2014/04/15

【ドールハウス工作】 No.147 ミニチュアフラワー/ラナンキュラス、ミニチュアガーデン

(。◕‿◕。) 野球が開幕前で暇なので(←現実逃避 (∩゚д゚)アーアーきこえなーい)、ラナンキュラスのミニチュアを作ってみました。材料は主に樹脂(風)粘土です。

Ranunculus01

コンテナ(植木鉢)に使っているのは、100均のスイーツデコに使うカップで、直径は約3.5cm。

ラナンキュラスと言えばこの花ですが、ラナンキュラス(Rananculus)とは本来、学名のキンポウゲ目(Ranunculales)キンポウゲ科(Ranunculaceae)で、ラテン語のラナ(蛙)に由来する名前です。湿地、とまでは言わないまでも、水持ちの良い土壌を好むからだそうです。

欧米でもこの花はラナンキュラスと呼ばれるようですが、キンポウゲは英語ではbuttercup(バター色をした杯)、ドイツ語ではHahnenfuß(ハーネンフス/雄鳥の足)とも呼ばれるようです。Hahnenfußの由来(※)はよく分からないのですが、もしかしたら、球根(というより、塊根〔かいこん〕)の形から来たのでしょうか。なお、キンポウゲは漢字で書くと金鳳花だそうです。「金」は黄色い花によく冠せられます。(※調べたら分かりました。葉の形に由来する通称とのこと。< “Der Trivialname Hahnenfuß bezieht sich auf die vogelfußähnlichen Laubblätter.”〔Wikipedia〕)

ブログ主はキンポウゲの仲間が好きで、造花(葉のピック)で、キンポウゲ科にぴったりなもの(↓)を見つけたので、これを作ってみました。

Ranunculus02

個人的には、ラナンキュラスは品種改良されすぎて、ちょっと奇形的な感じがして、あまり好きではなく、同じキンポウゲの仲間ではハクサンイチゲとかニリンソウ、オキナグサのような山野草やアネモネなんかのほうが好みなのですが、花蕊(かずい=しべ)を作るのが難しいので、作りやすそうなラナンキュラスで妥協しました。

花茎は本来30cm程度なのですが、ちょっと高めです。まぁ、切り花用の高性種ということで...

作り方は、何度かご紹介しているバラの作り方と基本的には同じで、カップ型に作っていきますが、上下に押しつぶした、やや扁平な形で、ユリ根のようなイメージで花弁(花びら)を付けていくと、こんな感じになります。

花弁と書きましたが、調べたら花弁に見えるのは萼(がく)なのだそうですが、萼らしい萼も付いているようです。

 

 

(。◕‿◕。) 前回書いたように、植物のミニチュアを飾るための「庭」を作ることにしました。

とりあえず作ってみたのがテラス。

Terrace01

サイズは、上段が14×26(cm)。

比較のためにシュライヒ(Schleich社)のゴールデンレトリバーを置いています。

新しい庭を貰えるので、嬉しそう...と書きたいのですが、この子犬はいつも物憂げな表情をしています。 (そのうち、親犬も買ってきてあげようか。)

テラスに話を戻すと、素材は100円ショップで売っているスチレンボード(商品名はデコレーションパネル)で、A2くらいのサイズで105円(今だと108円ですね)はお得です。

これを4枚貼り合わせて2cmくらいの高さにしてから、鉄筆を使って適当に筋彫りをし、色を塗りました。とりあえず、イエロー系の明るい色にしましたが、周囲とのバランスを見て、もう少しニュアンスを付けていくつもりです。

デコパネはポリスチレンなので、ボンドは発泡スチロール用のものを使います。(これも100円ショップで手に入りますね。)


 


このテラスは以前作った台(↓下の画像の茶色い土台)の上に貼り、壁などを追加して庭にしていく予定です。

Miniaturbude19_cafe_baystars

この土台は、100円ショップのA4サイズ用の額で、上にコルクシートを貼って、とりあえず茶色に塗っておいただけのもの。従って、完成するとA4より一回り大きいサイズの庭になります。

コルクシートもダイソーで買ったもので、デスクマット代わりに使っていました。

 

web拍手 by FC2

(拍手はブログ主のモチベーションup程度の目的です。面白かった、役に立った、等々、宜しければクリックしてください。)

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

« 【ドールハウス工作】 No.146 ガーデンシェルフ、シャベルのミニチュア | トップページ | 【我が町】第10回川崎楽大師/2014年4月19日・20日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.146 ガーデンシェルフ、シャベルのミニチュア | トップページ | 【我が町】第10回川崎楽大師/2014年4月19日・20日 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ