最新情報

  • 2019/07/14
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の12件の記事

2014/01/31

【書籍】『どこかで誰かが見ていてくれる 日本一の斬られ役・福本清三』読了

このブログのブログサービス「ココログ(cocolog)」には「ココログ広場」というSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス/social networking service)のような機能があって、他のココログユーザの方とライトな交流を持つことができます。

そこから、各ユーザのブログへ(URLが登録してあれば)行くこともできるのですが、訪問したブログ記事に面白いランキングがありました。

許可を得てリンクを貼らせていただきましたが、『映画史上最も人を殺した俳優ランキング発表 (;゚Д゚)!』という記事で、1位はアーノルド・シュワルツェネッガーの369人、日本人では5位に若山富三郎がランクインしており、226人でした。

もし、『映画史上最も殺された俳優ランキング』でもあれば、確実に1位になりそうな俳優が、この本の主人公、福本清三氏です。

名前を聞いてピンとこなくても、トム・クルーズ主演のラストサムライで寡黙な武士を演じた方だと言えば分かるかも知れません。切られ役として有名で、「5万回斬られた男」と呼ばれているようです。(但し、これはWikipediaの記述で、この本の中では「2万回斬られた男」となっています。)

この本(2001年発行)は、定年を間近にした福本氏の半生を小田豊二氏が聞き書きしたもので、ブログ主は数週間前にNHK BSで『太秦ライムライト』という映画のテレビ版を、その少し前にメイキングを追ったドキュメンタリを見たことで興味を持ち、読んでみました。(この番組や映画については、直後に書いたブログ記事の『太秦ライムライト』という項に書いています。)

ブログ主は、福本氏のインタビューはテレビなどで見たことがなかったので、勝手に寡黙な方だと思って本を読んだら、全くイメージが異なるのに驚きました。

「聞き書き」ということで、インタビュアの質問や感想は一切交えず、全て福本氏の語りで成り立っていることもあるのですが、饒舌で、自分のことを語った後、「しょうもな」、「恥ずかしい」、「情けない」と突っ込んだり、照れたり。

ブログ主のように、NHKの番組を見て映画にも興味を持った方なら、是非一読をお勧めします。映画の中の重要な台詞「どこかでだれかが見ていてくれる」が本のタイトルになっていることからも分かるように、映画を彷彿させるエピソードが満載されているからです。

この本の冒頭も、出演予定の書かれた掲示板を見ながらの話から始まります。そこには「頭を割られた死体 福本」という文字が...

スターと呼ばれる存在にはならなかったけれど、切られ役として真摯に映画に取り組んでこられた姿勢は、「切られ役が本気で切り込んでこそ、切るスターさんが目立つ」という意味の言葉にも現れています。

また、昨今(本が書かれた当時)の立ち回りシーンについては、「せっかくの長回しのシーンなのに出来上がってみると、カット割りしてあって、がっかりした」というような発言もあり、これはメイキングの一シーンを思い出させました。

賛否はあるのでしょうが、長台詞とか長回しとかは役者の見せ場であることは確かで、映画は、そういう“プロの技”を観ることも含めての娯楽だったのでしょうね。

ブログ主が子供の頃に、時代劇好きの祖母から「○○の殺陣は見事だ」とか「居合の速さは○○が一番だ」などと聞かされていたので、往年の時代劇スターの殺陣について語る部分も楽しめました。

ところで、画像を得るためにAmazonで検索したら、こんな本が関連本として表示されました。

 

日本映画発祥の地・京都。その西郊に位置する太秦には、東映、大映、松竹の三社が撮影所を構え、絢爛たる娯楽時代劇を製作してきた。だが1960年代後 半、映画産業の衰退とともに、時代劇は切り捨てられる。職場を失った撮影所の「職人」たちは、当時の新興メディアであったテレビに活路を求めた。そんな彼 らの挑戦は、やがて『木枯し紋次郎』『座頭市』『必殺』など、テレビ史に残る幾多の名作・傑作時代劇として結実する―。時代の変化と戦いながら、モノづく りの気概を貫徹した人々の熱い物語。貴重な証言で綴る、懐かしのあの作品の製作秘話も満載。              

という内容だそうです。この本も面白そうです。

なお、前述のブログ記事で紹介されているサイトを見たら、「Highest Body Count Characters (single films)」というランキングがありました。「単一の映画で最も人を殺したキャラクター」といったところでしょうか。それによると、第1位は若山富三郎演じる拝一刀(おがみいっとう/子連れ狼の主役)で150人だそうです。(映画は『子連れ狼/地獄へ行くぞ!大五郎』(1972)のようです。)

1988年の「ランボー/最後の戦場」が87人で6位なので、どんだけ~(ふ、古い... )。

2014/01/28

【プチ工作】100円ショップで見つけたもの その2/ラッピングオーナメント【ブログ主覚書】

先日、100円ショップで買ったものの一つに木製の小箱があります。

Wooden_box01m

こういうものはたいてい特に使う当てもなく買うのですが、何かしらに使えます。

左上の本型木箱は、一つはミニチュアをプレゼントするギフトボックスに使ったのですが、手元に残ったもう一つは、こんなものを入れて使っています。

Wooden_box02m

USBメモリ入れ。

ブログ記事『【PC】フリーソフトFreeFileSyncでPCのデータをバックアップ』で書いたように、今はデータのバックアップをUSBに取っているので、用途別に色違いのUSBを複数(と言っても、バックアップ用は2個)購入したのですが、これを入れるのにぴったりでした。

なお、USBメモリに付けているタグは100円ショップで見つけたタグで、外した蓋を見失わないように=目立つように付けているのすが、タグを付けている穴は本来このような使い方をするのではなく、蓋と本体をチェーンなどで繋いで蓋の紛失を防ぎます。

以前は、左側のような初めからチェーンで繋がっているものもあったのですが、最近見かけません。

 

 

もう一つの箱の用途をお見せする前に、別なもののご紹介を...

Clothes_peg_m

先日作ったミニチュアのクッキーやマカロン(cf. 『【ドールハウス工作】 No.136 ネイルアート用3Dモールドでクッキーのミニチュア』)を木製の洗濯ばさみの先端に付け、裏に手持ちのフェライト磁石を付けました。

洗濯ばさみは10年以上前に雑貨屋で一袋100円くらいで買ったのですが、今でも、100円ショップで売っていると思います。

で、先ほどのもう一つの木箱の使い道ですが...

Wooden_box03m

こんな風にギフトボックスとして使ってみようと思います。

 

ところで、今はバレンタインデーが近いので、100円ショップにも専用のコーナーができ、ギフトボックスなんかもたくさん売っていますね。

結構凝ったものもあったりして、見ているだけで楽しいものです。特に、付属品のオーナメントがかわいらしい。

それで、ブログ主も工作材料の余りで、こんなものを作ってみました。

Wrapping_ornament_m

ミニチュアのチョコレートです。裏に両面テープを貼って、包装した箱などの上にちょこんと貼ってもかわいいのではないかと。

このフェイクチョコも100円ショップ・セリアのスイーツデコのコーナーで見つけたものです。工作に使って残っていたものを、こんな風に加工してみました。

実はこのチョコは2列分しかないのです。(半分見えている列で終わり)

そこで、スチレンボード(食品の発泡トレイみたいなもの)の切れ端をカットして、(1.7mm四方)つなぎ、ガムの包み紙で包んでみました。

ブログ主はここで満足して放っておいたのですが、先日、東急ハンズに行ったら、かわいいシールを見つけました。

それがこれ。(実際には買っていないので、商品画像を使っています。)

この商品は立体的になっていて、チョコに見える部分は、折りたたんだカードになっており、中にメッセージを書くことができます。

で、ブログ主はこれをパクっ...、えーと、インスパイヤされて  包み紙も作ってみたのです。

チョコの画像はMSクリップアート(フリー画像だが商用は不可)を使って作ったので、その画像もupしておきます。

Milkchocolate_ss いつものようにWordに貼り付けて印刷しましたが、横幅は23mmにしました。(この方法は何度か説明しているので省略)

なお、左の画像は、使ったものより文字はもう少し大きくしてみました。

 
 
先にご紹介したメッセージシールは、株式会社デザインフィル(旧社名ミドリで現在はブランド名として残る)の製品です。(URL:http://www.midori-japan.co.jp/pc/index.html

この会社のサイトを見ていて、こんなものを見つけました。

 

『ミニクリーナー』という製品のようで、これを卓上で走らせる(手で押す)と、箒がぱたぱたと動いて消しゴムのかすとかを掃除してくれるものです。(画像から判断すると、全長は6cm程度のようです。/http://www.midori-japan.co.jp/style/10061/

ブログ主はこういうギミックが大好きなので、欲しいな~。

上から屑が落ちない改良型があるようですが、こっちの方がかわいい。

 

チョコレートの話題が出たついでに、この時期、このブログでアクセス数が非常に多い記事(マイフォト)のご紹介。

アイスクリームで作る簡単生チョコ(伊東家の食卓裏技レシピ』という記事で、タイトルの通り、かつての人気番組『伊東家の食卓』で知った生チョコの作り方をメモしたものです。製菓用チョコレートとアイスクリーム(乳脂肪分が多い、やや高級なもの)だけで作れるというものです。

サイドバーの下のバナーにリンクが張ってありますが、ここに掲載したものは、ブログ主が作ってみたいと思っただけで実際はほとんど作ったことがないレシピが多い中、数少ない、自分でも作ってみたものです。ご興味があれば、お試しください。簡単ですよ。

 

web拍手 by FC2

(拍手はブログ主のモチベーションup程度の目的です。面白かった、役に立った、等々、宜しければクリックしてください。)

 

2014/01/25

【ドールハウス工作】 No.136 ネイルアート用3Dモールドでクッキーのミニチュア

(。◕‿◕。) ネイルアート用のパーツを作成するモールド(型)を使って、こんなフレームを作ってみました。フレーム自体は100円ショップで買ったもので、一辺が約7.7cmくらいです。

 

Frame_cookie_m Frame_cookie02_m

 

ミニチュアのご紹介の前に、3Dモールドなるものをご紹介すると...

ブログ主は、こんなものがあるとは知りませんでしたが、(いや、こんなものを爪に付けるなんて、想像もできない... ) 『Review of 3D Nail Art Molds』という記事を見て、存在を知りました。

この記事で使用している材料は、「matte acrylic medium」と書いていますが、画材の「モデリングペースト」だと思います。

下の画像は、実際に使ったモールドの一つで、見るからに粘土でも使えそうですが、念のため、本来の使い方を調べてみたところ、アクリルリキッドなるものにアクリルパウダーを混ぜて色を付け、それをモールドに垂らして...と、全て専用の道具が必要です。(アクリルリキッドやパウダーの使い方にご興味があれば、『初めての3Dネイル(1) 準備しよう!』をご覧ください。)

実は、近所の100円ショップで、アクリルリキッドもパウダー(とりあえず白)も見つけて買ってみたのですが、試してはいません。(100均て、なんでもあるなあ。)

 

ミニチュアに使用した粘土はパン粘土(所謂、小麦粘土)ですが、まあ、なんでもいいのではないかと...

色は予めアクリル絵の具(トールペイント用のもの)で付けていますが、アイシャドーチップ(アイシャドーを塗るためのチップ)を使って、茶色の絵の具で焼き色を付けています。

今回、型から外しやすいように、タミヤから出ている離型剤を使ってみました。それと、ニスも同じくタミヤのつや消しニスを使いました。(これらについては後述します。)

クッキーの袋は、グラシン紙と呼ばれるもので、トレッシングペーパーのような紙です。窓あき封筒に貼られてたりもしますね。これは、チョコレートの箱に入っていたのを取っておきました。

マカロンの下のレースペーパーはPCで画像を作成して、いつものようにWordに貼り付けてサイズを調整してからプリントし、カッターで切り抜いたものです。鉄筆でエンボスもしてみましたが、労力の割にあまり目立たないので、途中でやめました。

 

ここでフレームに使っていないクッキーの画像もご紹介します。

Nailart_cookie_oreo_m Nailart_cookie_heart_m

黒い塗料を粘土に混ぜて、オレオ風にしたものと、間にジャムを挟んだハート型のクッキーです。

実は、このオレオに使うクリームはいろいろと試してみたのですが、2枚のクッキーをくっつけるという意味で、一番良かったのは木工用ボンドに白のアクリル絵の具を混ぜたものでした。ジャムは合成ゴム系のクリアボンドにアクリル塗料を混ぜたものです。

ピンセットでクッキーを固定しつつ、爪楊枝でクリームやジャムを塗って貼り合わせるという単純で地道な作業が続きます。

 

 

前述の離型剤とニスについて... 

下(↓)は価格が分かりやすいようにAmazonの商品画像を貼っていますが、Amazonのサイトが混み合っているときは商品画像や価格が表示されない場合があるようです。(その場合はF5=再読み込みで画像が表示されることがあります。) また、商品の販売が終了したときは、画像が表示されません。

 

この記事を書いている時点では価格は650円と表示されてますが、量販店のホビーコーナーで250円くらいで入手できるので、試しに使ってみました。

サイズも形もマニキュアのような感じです。

離型剤の成分はオイルですが、サラサラしていてホホバオイルのような感じです。(多分、ホホバオイルなんじゃないかと。ホホバオイルは酸化もしにくく、手にすり込んでもベタベタせずに馴染みます。)

つや消しニスは木工などに使うものでも良いのですが、なんと言っても、ブラシ付きというのが手軽です。(同シリーズで、つや出しニスもあります。)

ご参考までにヨドバシカメラの該当商品のURLを貼っておきます。(こちらはアフィリエイトではありません。)

 

web拍手 by FC2

(拍手はブログ主のモチベーションup程度の目的です。面白かった、役に立った、等々、宜しければクリックしてください。)

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

2014/01/24

【ブログ主覚書】キリンのどごし“夢のドリームプロ野球”CM 放送開始

今日から公開で、KIRINの公式サイトにもロングバージョンがupされました。

(大きな画面で見るには、YouTubeのロゴをクリックしてください。)

 

ブログ主も出演してます。

 

観客として。

 

夢を叶えた皆さん、おめでとう!

【2014/02/02追記】全ての出場者の夢が本日公開されました。(7分39秒)

 

 

CM撮影の合間にオリックス糸井選手がインタビューで感想を訊かれて「夢のドリームですね」って言ってて、「やっぱりアホだ」って思ったけど、そういうタイトルだったんだ...

追記:キリンよりメールが届き、CMが放映される番組が書かれていたので、その部分を転記します。(↓)

1/25(土)23:00~23:30日本テレビ系「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」内で15秒CMに加え、特別版の60秒CMもオンエアいたします。(一部地域では放送がございません)

2014/01/22

100円ショップで見つけたもの:シェイプパンチ

先日、確定申告書類の提出を兼ねて、川崎駅周辺をじっくり回って、工作材料をいろいろと調達しました。

と言っても、100円ショップがメインです。(あとは東急ハンズとか手芸店とかヨドバシカメラのホビーコーナーとか)

工作材料ではないけれど、今回、こんな“掘り出し物”がありました。

 

Set_de_papeterie_m

 

Envelope

 

レターセットと封筒です。

画像の中にあるパンチは後述。

 

 

レターセットには便せん4枚に封筒2枚、宛名カードが2枚。それに紙製のファイル(ホルダー)が付いていていますが、「Set de papeterie」(ステーショナリー・セットかな?)という文字と羽ペンのようなイラストはエンボス加工をしてある凝ったもの。

画像ではよく分からないと思いますが、便せんの罫線は手書きのような掠(かす)れがあって、これもいい雰囲気。まだ使っていないので、インクの乗りとかよく分からないけれど、ブログ主はミリペンで書くので、あまり拘りません。

左の封筒も凝った作りで、ブログ主好みのもの。

結構レターセットを消費するので、こういうものを見つけてはストックしておきます。

 

パンチは、正確には100円ショップで買ったものではないのだけれど、手芸店に行ったら、かなりのスペースが100円ショップで取り扱っている商品のコーナーになっていて、しかも98円!

そこで見つけたものです。

100円ショップにもこのようなパンチはあって、この店にも他のデザインのものがあったけれど、ハートとか花のような形とかの単純な形が多い中に、こんな凝ったデザインのものを発見。

早速、封筒をパンチしてみました。なかなかいい雰囲気。

切り落としたエンゼルの紙も使えますね。宛名ラベルの隅に貼ったらどうかな?

他にも面白いものを見つけたのですが、それらはその内ご紹介する機会もあると思います。

 

それと、下は、ついでに寄った中央郵便局で見つけたポストカード。

 

3d_postcard_m

 

上手く写真には写らないけれど、3Dになっていて、題材がドールハウスなので、思わず買ってしまいました。

他にはディズニーのものがたくさんあって、その中に友達のお嬢さんが好きなトイ・ストーリーがあったので、送ってあげようと買ってきました。

値段は一枚525円。 結構いいお値段ね...

 

 

 

 


 

2014/01/20

【ブログ主覚書】旧アクセス解析から新アクセス解析移行スケジュール/確定申告【ココログ】

【cocolog】旧アクセス解析から新アクセス解析移行スケジュール

運営のブログ『お知らせココログ』の1月16日付記事『【ココログ】アクセスカウンター、ブログパーツの設定・変更が3月末までできなくなります。』に設定・変更ができない期間が「2014年1月下旬~2014/3/27(予定)」とありますが、もう少し詳しいスケジュールが分かったのでメモしてきます。

  • 1月26日: アクセス解析関連のブログパーツの変更ができなくなる。
  • 2月27日: 旧アクセス解析画面終了。 
  • 3月末頃: ブログパーツの変更が可能になる。

 

以下、ユーザによるお助け広場のFAQ『【注意】アクセスカウンター、ブログパーツの設定・変更が3月末までできなくなることによる不具合』のコメントより該当箇所抜粋

設定内容が変更出来なくなるのは1月26日からだそうです。
その後、2月27日~3月末頃の予定で旧アクセス解析画面がなくなり、それが完了したら新アクセス解析画面でブログパーツの設定が出来るようになるというスケジュールのようです。
なので、1月26日~3月末までは使えない(変更できない)と考えておいたほうがよさそうです。

 

国税庁 確定申告書作成コーナートラブル

平成25年分 確定申告書等作成コーナー』で作成中、配当金や分配金の明細入力後、データ(25年所得申告データ.data)をローカル(PC)に保存できないという現象が多発。

ヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!

一度保存ができなくなると、その後は一切保存ができない。たまたま、「配当金」の箇所で発生したが、ここ固有のトラブルかどうかは不明。(環境:WindowsXP/Internet Explorer8/昨年までの入力画面を使用)

一旦ブラウザを終了/再起動させて、直近の申告データを再度読み込み、続きを入力するしかない。こまめに保存しながら、何とか完了。

(つД`) ツカレタ

 

2014/01/18

【ドールハウス工作】 No.135 身近なものでソファーを作る

(。◕‿◕。) あるものを見ていたら、 ピコーン と閃いて、2人掛けソファーを作ってみました。

 

こんなの。↓

 

Sofa_kama02_m

 

 

 

 

座らせているテディベアは1/12スケールの世界では身長130cm強くらいなので子供のようなサイズですが、大人2人が掛けられるくらいのソファーです。

これ、材料は何だと思いますか?

 

答えはこちらです。(クリックすると解答がポップアップします。)

 

個人的には、キットを作るよりこういう工作の方が楽しいです。

 

以下、簡単に作成メモ。

 

  1. 大きな板は座面に使い、角をサンドペーパーで削って丸めます。
     
  2. 小さい板の1枚は半分にカットしてアームに使います。やはり角は削って丸めます。好みで塗装。
     
  3. もう一枚の小さい板は背もたれに使い、上の左右の角や手前を丸く削ってなだらかにします。
     
  4. 座面と背もたれより一回り大きくカットした布を用意します。板と布の間にキルティング綿(100円ショップでも入手可)を挟んで、板をくるむように裏側でのり付け。
    下は他の記事『【ドールハウス工作】 No.39 シングルソファの作り方』からコピーした画像ですが、こんな感じ。
     
    Sofa01_howto7

     
  5. それぞれの板の裏側は、丁寧に処理するなら、ケント紙くらいの厚さの紙を板より若干小さくカットして、それを布でくるむようにのり付けしたものを貼りますが、使用した布がわりと厚いので、ここでは布だけ貼りました。
     
  6. それぞれのパーツをボンドで接着して完成。

 

今回は敢えて最小限の材料で作りましたが、座面の板をもう少し下げて、座面はクッションのようなものを縫って作ってもいいと思います。

 

 

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

 

banner_Amazon_my_store_large.png

 

 

 


 

2014/01/15

【ブログ主覚書】cocologのカテゴリの順番を変える際のコツ、生命保険の配当、他【ココログ/PC】

cocologのカテゴリの順番を変える際のコツ

このコンテンツは別の記事に移動て加筆します。(→『【ブログの楽しみ方】効果的なカテゴリの使い方、新規作成・追加・削除など管理方法【ココログ】』に移動して加筆しました。)

 

 

 

 

生命保険の配当金

生命保険(日本生命)からの「配当金のお知らせ」が届き、

  • 積立配当金 xxx円 うち当年度配当金 0円 (適用年利率4.00%)

という表示があった。(数年前に一度引き出したので、積み立てられた額は2万円程度)

この「適用年利率」というのが分からなかったので、営業の方に質問してみると、配当利回りのようなものらしい。元本に当たるものがよく分からないが、そもそも配当金とは「決算によって生じた剰余金からご契約者等に分配されるお金」で、その計算根拠になる利率のことのようだった。この「適用年利率」は契約者毎に違う(契約した時期によって異なる)。

ついでに「予定利率」について。(詳しくは:http://www.nissay.co.jp/kaisha/annai/gyoseki/haitou.html

Insurance

「予定利率」とは「保険料を算出するにあたり、将来の資産運用による一定の運用収益をあらかじめ見込み、その分の保険料を割引くときの割引率」で、簡単に言ってしまえば、保険会社が負担してくれる保険料。この割引率は加入時期によって異なり、ブログ主が加入した約20年前は金利が高かったので5%くらいあり、現在は1%台。つまり、同じ内容の保険を掛けるのに、20年と今では(同じ年齢として)支払う保険料がかなり違う。

なお、ブログ主は見落としていたらしくて、当年度(2013年度)以前に受け取った配当金の明細や利息が分からないので営業に依頼して送付してもらうことにした。(「利息」は据置利率と言うって、現在は低金利なので0.3%とかそんなものらしい。)

積立配当金はいつでも引き出せるので、とりあえず放っておくことにする。

生命保険文化センター/「生命保険・相談マニュアル」:全国各地の消費生活センターなどで消費者からの相談や問い合わせの業務に携わる相談員の皆さまにご活用いただくことを目的とした冊子(PDF)一覧

http://www.jili.or.jp/consumer_adviser/

 

『太秦ライムライト』

福本清三さんという名前を知らなくても、映画『ラストサムライ』で無言の侍(“サイレントサムライ”)を演じた俳優さんと言えば分かるかも。時代劇の“切られ役”の第一人者。その方が主役を務める『太秦ライムライト』のTV版(劇場公開は今年夏)を視聴。

タイトルからも分かるように、チャプリンの映画『ライムライト』へのオマージュでもあり、哀愁の漂う良い映画だった。(ただし、編集のためにつながりがよく分からないところがあった。)

ブログ主は録画したビデオ(ブルーレイやDVD)をブログのマイフォトで管理しているが、久々にラベルを作ってみた。(最近は、マイフォトのタイトルを日付にして、、ブルーレイのラベルにはその日付をメモするだけなのです。)

いつものように、個人用に使用しているために勝手に拝借した画像などで作ったので、ウォーターマークを入れて縮で小版を掲載。覚書として。

Uzumasa_limelight_m

 

「ハードウェアの安全な取り外し」をアイコン化してデスクトップに表示

FAQのサイトで見つけたものをブログ主覚書として転機・加筆しておくもの。

  1. デスクトップ上の空いているところで右クリック、次に 新規作成 をクリック、次に ショートカット をクリック。
  2. ショートカット作成画面の「項目の場所を入力してください」 の下の欄に
    C:\WINDOWS\system32\rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll
    と入力して 次へ をクリック。
    • rundll32.exe: 関数を呼び出すためのexeファイル
    • DLL: Dynamic Link Library/ダイナミックリンクライブラリ
      Windowsにおいて、複数のアプリケーションソフトが共通して利用するような汎用性の高いプログラムを部品化してファイルとして保存しておき、必要に応じてメモリに呼び出して利用する手法。また、そのようにして利用されるプログラム部品のこと。

    つまり、DLLファイルで用意されている「ハードウェアの安全な取り外し」というモジュールを呼び出すための命令となる。

  3. 次の画面で 任意の名前 (例えば ハードウェアの安全な取り外し) を入力して 完了 をクリック。(これでデスクトップ上に 任意の名前 (例えば ハードウェアの安全な取り外し) のショートカットが作成される。)
  4. 作成したショートカットを右クリック→プロパティをクリック→アイコンの変更画面で参照の左側の欄に
    C:\Windows\System32\hotplug.dll
    と入力して OK をクリック。(アイコンを設定)

 

 

 


 

2014/01/14

【PC】PDF変換フリーソフト「PDF24 Creator」を検証する【覚え書き】

これは、WordやExcelなどのファイルをPDFに変換するフリーソフトですが、インストールすると仮想プリンターとして登録されるので、印刷ができるアプリであれば、プリンタを指定する際にPDF24 Creator(以下簡単にPDF24)を選択すればいいので、WordやExcelだけでなく、様々なアプリで使用することができます。また、PDF以外のファイル形式にも変換できます。

このソフトの使い勝手を検証してみたので、覚書として記事にしておこうと思います。

※このページは「PDF24 Creator 日本語」といったキーワードでよく検索されるようですが、画面キャプチャをご覧になっても分かるように、日本語化されています。(全機能を確認していませんが、メニューを見る限りは日本語です。)

※検証したのはWindowsXPのPCですが、Windows8(その後8.1)でも問題なく使用できています。

※印刷指示をしてもPDFに変換できず、エラーと表示される場合のトラブルシューティング(→【2016/10/25追記】)

 

 

 

 

PDFに変換するメリットは、マニュアルなどのExcelやWordといったOffice製品で作成した文書をPDFに変換すれば、閲覧がしやすいし、見た目がすっきりすること。また、Office製品を持っていない相手でもPDFならアプリ(Adobe Readerなど)があれば開くことができるといったことも考えられますが、ブログ主がこのアプリを使ってみようと思ったのは、ブラウザで検索したサイトで保存しておきたいページを、印刷する代わりにPDFに変換してしまおうと考えたからです。また、定期的にプリントして保存しているページがあるので、それも、このアプリを使えば、紙ではなくてPDFで管理できることに気づきました。

Internet ExplorerやFirefoxといったブラウザには印刷機能があるので、仮想プリンター「PDF24」を出力先に指定して印刷すれば、閲覧したページをそのままPDFにすることができます。(但し、凝った作りのサイトでは若干レイアウトが崩れることがあるようです。)

ブックマーク(お気に入り)に入れていても、いつそのサイトが消えるか分からないし、ローカルの保存すると、HTMLファイルとは別に画像用のフォルダが作られるので管理がしにくい。また、印刷してしまうと、物理的にファイルなどに整理する必要がありますが、PDFファイルなら場所をとらずに保管していつでも読めるし、解像度が高いので拡大して見ることもできますしね。

以下、機能の概略を述べてから、画面を使って補足説明します。

 

【概略】

■PDFへの変換方法は2種類

このアプリを使ってPDFに変換するには、前述のように、

  • 印刷の際、PDF24をプリンタとして指定する 他、
  • PDF24の操作パネルを開き、そこでWord文書などの既存のドキュメントを開いたり、パネル上にドラッグ&ドロップして保存する

という使い方もできます。

いずれも一旦PDF24の操作パネル上に文書が表示され、(必要ならここで編集をして)保存処理をすることでPDFファイルが作成されます。

パネル上には複数の文書を取り込めるので、文書をまたいでのページの移動も可能です。

 

■PDF24でできる編集は?

編集は「ページの入れ替え」(複数のPDF文書をまたいでの入れ替えも可)や「削除」、「挿入」、「ページの回転」といったページ操作程度ですが、、スキャナなどで作成したPDFも読み込めるので、既存のPDF文書とマージして1冊(1つのファイル)にまとめるといったこともできます。

保存の際は、PDFだけでなく、JPGなどの画像ファイル形式も指定でき、メニューから行うスクリーンキャプチャ機能と合わせると、例えば、アクティブウィンドウ(現在手前にあって、アクティブになっているウィンドウ)のスクリーンショットを撮って画像で保存する、といったこともできます。

他には、(個人的にはあまり必要性は感じませんが)直接メールやfaxに送信することも可能です。

 

【補足説明】

■操作パネルの使い方

Pdf01  図-1

 

上のように操作パネルは「エクスプローラ」ライクな画面です。フォルダのツリーが邪魔なら「表示」メニューから表示方法は変更できます。

ツリー構造になっているフォルダからPDFに変換したいファイルまたは編集したいPDFファイルを、右側の黒いスペースにドラッグ&ドロップすると、下のように表示されます。(アプリの印刷でPDF24を選択して印刷した後もこの画面が表示されます。)

 

Pdf02 図-2

 

小さくてわかりにくいのですが、上部に「キャベツとアンチョビーのパスタ.doc」と書いてあるように、Word文書です。(拡張子「doc」はWordのドキュメントを表します。)

ここで、必要であればページの入れ替えや他のドキュメントを開いて、そこからページを移動して挿入、といった編集を行い、名前を付けて保存します。(デフォルトで元のドキュメントのファイル名が表示されるので、適宜名前を変更。)

 

保存の際、下(図-3)のような画面が表示され、ここで、編集の制限を付けたり、解像度を変えたりといった様々な設定が可能です。

 

Pdf03 図-3

 

また、左側を見れば分かるように、PDF以外の形式での保存も可能です。

 

■サンプル(Word→PDF)  

下は、変換前と変換後の2つの文書を、Word(左)とAdobe Reader(右)でそれぞれ閲覧したときのキャプチャですが、きれいにPDFに変換されています。(左:図-4、右:図-5)

 

Pdf04 Pdf05


なお、Word2013、Excel2013では、エクスポート機能でPDFに変換して保存することができます。「ファイル」タブ→「エクスポート」→「PDF/XPSドキュメントの作成」より。

 

■サンプル(webページ→PDF)   

下は、とあるサイト(左)と、ブラウザから印刷する際にPDF24で出力したもの(右)をキャプチャしたものですが、若干レイアウトが崩れているのが分かります。が、個人的に保存しておきたいだけなので、この程度は気になりません。(左:図-6、右:図-7)

 

Pdf06 Pdf07

 

なお、図-7はヘッダーにページタイトルと時間が印刷されていますが、これはブラウザの「ページ設定」で設定したものです。ページ番号も印字することができます。(下はFirefoxの操作ウィンドウ。他のブラウザでも同様の機能があります。)

Pdf07_1

 

■サンプル(Excel→PDF)   

【この項は追記しました】たまたま別の記事に掲載するためにExcelの出力先をPDF24にしたところ、セルの中の数字が消えたり、ヘッダー・フッターの文字がつぶれました。

【Excel2013】業務マニュアル・操作マニュアル作成のコツ (Ⅰ)』の「サンプル」という項に提示してあります。

なお、Word2013、Excel2013では、エクスポート機能でPDFに変換して保存することができます。「ファイル」タブ→「エクスポート」→「PDF/XPSドキュメントの作成」より。

 

■スクリーンショット=画面(ウィンドウ)のキャプチャ

このアプリは、インストールすると常駐するので、タスクトレイに羊の顔のアイコンが表示されます。また、スタートアップにも入るので、PCを起動するときに一緒に起動します。

 

Pdf08 図-8

 

スタートアップに入るのは、他のアプリから印刷するときにPDF24が起動されている状態でなくてはならないためですが、スタートアップから外したい場合は、『【PC】Canon Quick Menuをスタートアップから外す/Windows Update【ブログ主覚書】』を参照してください。(PCの起動と同時に立ち上がるアプリが増えると、その分、PCの起動が遅くなるので、自分で都度起動すればよいと判断したアプリは外しておいた方がよいでしょう。)

ちなみに、PDF24が起動されていない状態で、他のアプリからPDF24への印刷指示を行うと、下のようにエラーメッセージが表示されます。

 

Pdf10

 

しかし、印刷キュー(印刷待ち行列)に保留になっているだけで、タスクトレイのプリンタのアイコンをダブルクリックすると、そこにとどまっているのが分かります。PDF24を「全てのアプリ」(「全てのプログラム」)から起動すれば問題ありません。(PDF24をすぐに起動できるように、デスクトップなりにショートカットアイコンを作成しておくことをおすすめします。)

 

画面のキャプチャを撮る場合は、タスクトレイのアイコンを右クリックして表示されるメニューから「スクリーンキャプチャ」を選択します。

下は、「マイドキュメント」ウインドウをキャプチャしたところですが、自動的に操作パネルが開き、キャプチャした画像が貼り付きます。これを、jpgなどで保存すればOKです。

 

Pdf09 図-9

 

■PDF24 Creatorのインストール

PDF24は下のサイトからダウンロードできますが、例によってフリーソフトはインストール時に他のアプリなどをインストールする設定になっているものが多いので、安易に「次へ」で先に進まず、余計なアプリのチェックを外してください。

http://pdf24-creator.softonic.jp/

なお、インストールの最後にPCの再起動を促されるので、事前に他のアプリを閉じておくか、「後で手動で再起動」を選択して、他のアプリを閉じてから手動で再起動を行ってください。再起動後、PDF24が使用できるようになります。

 


【2016/09追記】ver.7.9.0にバージョンが上がった際、webページなどを印刷するのに予めPDF24を開いておかなくとも良くなっているようです。

Pdf24_01

 

出力プリンターにPDF24を指定して印刷を実行すると自動的にPDF24が起動し、上の画面が出るので、「PDF文書の編集」をクリックすると、操作パネルへの転送が開始されます。(下図)

 

Pdf24_02

追記終わり

 


【2016/10/25追記】

印刷指示をしてもPDFに変換できず、「状態」(ステータス)に「エラー」と表示されるようになった。過去にエラーとなったドキュメントが印刷キューに溜まっているようだったので、これを削除したらPDF24の仮想プリンタに出力されるようになった。

手順としては、

  1. コントロール パネル→ハードウェアとサウンド→デバイスとプリンターで、プリンタ一覧にあるPDF24の上で右クリック→メニューから「トラブルシューティング」
  2. 不必要なステップ(ex. 「プリンター PDF24 PDFを通常使うプリンターにする」)はスキップし、印刷キューをクリアするステップのみを実行する。

追記終わり


web拍手 by FC2

(拍手はブログ主のモチベーションup程度の目的です。面白かった、役に立った、等々、宜しければクリックしてください。)

 

 

 

 


 

2014/01/12

【ドールハウス工作】 No.134 木製ミニチュアキットを作ってみた【cobaanii】

(。◕‿◕。) お正月の暇つぶしにと、1/12スケールのミニチュアキットを買って作ってみました。

とりあえず、完成品はこんなの。↓

 

Cobaanii_bench_m

 

Cobaanii_organ_m

 

cobaanii(コバーニ)mokei工房社の木製キットです。

 

 

 

 

この後、レビューのようなものも書いておくつもりですが、その前に、Schleich(シュライヒ)社のゴールデンリトリバー用に作った犬小屋のご紹介を。ずっと前に作って、ブログに未掲載だったものです。

こちらは、バルサで作ったものです。シュライヒのミニチュアは子供が遊びやすいサイズを優先しているので、動物によってスケールがまちまちですが、犬は1/12スケールで作られています。

 

Kennel_m

 

で、ミニチュアキットですが、

最初の画像の左側は「パークベンチ」、右側は「想い出横町シリーズ」の「先生のオルガン」です。

塗装には、木部用水製塗料やアクリル絵の具、プラモデル用の塗料などを使用しました。ベンチの左右の部分をアイアン(鋳鉄)に模すためには、プラモデル用のメタリックな塗料を使っています。

オルガンは、実はミスをしています。

鍵盤の下にあるレバーのようなもの(スエルまたはスウェルというそうで、スペルはswellなので、「膨らむ、 (数量、程度などが)増大する」という意味で、音量を調節するものだそうです。)は、本来は右側に付いている必要があります。右手で操作するものなのでしょうね。

これは、そもそも底板が一見左右対称に見えたので裏返しに置いてしまい、前面の板を付ける際に穴の位置を合わせると裏返しになってしまったからで、スウェルを差し込む穴が左に来てしまいました。

('A`)

オルガンの蓋(譜面台)に置いてある楽譜は、ちゃちゃっと自作したものです。楽譜を縮小コピーして色画用紙に貼り付けただけの簡単なもの。

 

 

【木製ミニチュアキットの作り方・作る際の注意点】 

説明書に必要な道具や塗料についての説明などが簡単に書いてありますが、作る際の注意点を少し補足しておくと...

下は組み立て前の画像ですが、パーツはこのようにレーザーでカットされており、1、2箇所の板(プラ模型で言うランナー)につながっている部分をナイフで切り離して組み立てるだけです。(下の右側の画像に写っているナイフは100円ショップのデザインナイフですが、普通のカッターでも大丈夫です。)

 

Cobaanii01

 

Cobaanii02

 

ランナーの残りを落とすためには、400番くらいのサンドペーパーを木ぎれに巻き付けたものを使うといいでしょう。

パーツの大半ははめ込み式で、レーザーでのカットは精密なので、素組では簡単にはめ込めますが、塗装によってサイズが狂う場合があるので、そのときはサンドペーパーや精密ヤスリなどで微調整します。

 

少し気になったのは、板が1~2mm程度と薄いせいか、切り離す前に既に“反り”が見られました。

ブログ主は接着する際に無理矢理手で押さえて矯正してしまいましたが、軽く霧を吹いて重しを載せて矯正してもいいかもしれません。

ボンドは主に速乾性の木工用ボンドを使いましたが、パーツによっては瞬間接着剤も使いました。

塗装については、ベンチは単純な構造ですが、オルガンのような複雑なものは、塗装後の完成品をイメージして、どの段階でどのパーツに色を塗るか考えながら作業します。

制作時間に関しては、ブログ主は数日に分けて作成しましたが、道具や塗料が揃っていれば、数時間~半日程度でできます。

 

下(↓)は価格が分かりやすいようにAmazonの商品画像を貼っていますが、Amazonのサイトが混み合っているときは商品画像や価格が表示されない場合があるようです。(その場合はF5=再読み込みで画像が表示されることがあります。) また、商品の販売が終了したときは、画像が表示されません。

  

 

画像の、コニシボンドのチューブ入り速乾木工用ボンドは、口が細くてミニチュア制作に便利です。口の部分は取り外しができるので、次回からは容量の大きいボンド(通常のボンドは黄色いボトルですが、速乾用は白いボトル)を購入して、チューブに移し替えて使うことができます。)

 

cobaanii社のサイトはこちら(http://cobaanii.com/)ですが、直接販売は行っていないようです。Amazonやヨドバシのネットショップで入手可能です。1/12スケールのキットの他、1/24スケールのシリーズや1/35スケールのミリタリージオラマなど、他のシリーズもあります。

 

ところで、上のAmazonのリンクを貼るために、他の商品も含めてレビューを少し読んだのですが、組み立てが面倒だからとか、ひどいものはキットと知らずに買って、届いた後で組み立てることを知ったので低評価とか、あきれるレビューがありました。他には、ミニチュアだと気づかずに(!?)、届いたら小さいのでビックリしたとか。こんなのはあきれるを通り越して笑ってしまいました。また、持っているドールとバランスが合わないというレビューもありましたが、そもそも人形が、本来の人間のバランスを無視したスタイルだというのに気がつかないのだろうか...

こういうレビューを見ると、販売者や生産者が気の毒だと思います。(文章を読めば、無視してもいいレビューだと分かっても、☆評価は平均されてしまうので、こういうレビューのために著しく平均点が下がっている例がありました。)

 

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

 

 

 

 


 

2014/01/11

【ブログ主覚書】cocologで隠しカテゴリを作成する方法、niftyマイキャビ自動バックアップ問題点

■cocologで隠しカテゴリを作成する方法

記事を、あるカテゴリでまとめたいけれど、そのカテゴリをブログのカテゴリ一覧には表示させたくないときに使える。(インデックスページ=一覧ページは存在するので、サイドバーにバナーなどを設置して、そこにそのリンクを張る、といったことができる。)

これは、一度決定されたカテゴリ別インデックスページのURLは、その後、そのカテゴリ名を変更しても変わらないのを利用した方法。

また、「<!-- xxx -->」のように「<!--」と「 -->」で囲んだ部分がコメントと見なされ、web上に(記述はされているものの)表示されないことを利用している。

このコメントを使ったテクニックは「カテゴリーをサイドバーに好きな順番で並べる方法」でも使用しているが、これは「<!-- 001 -->コラム」、「<!-- 002 -->旅行」などいうカテゴリ名にすると、「001」や「002」がコメントアウトされて表面上には見えないが、実際は「<!-- 001 -->コラム」や「<!-- 002 -->旅行」全体で値の大小が比較されてカテゴリ一覧には昇順に並ぶのを利用している。

【手順】

  1. あらかじめ、カテゴリ設定画面(blog→設定→カテゴリー)で適当な名前のカテゴリを作成しておく。(ex. cat_aaa ←全角だと変換されてしまうので半角がよい。また、先頭にcatの文字を付けておくと、ファイルマネージャーの「ホーム>blogの中の他のカテゴリフォルダと並ぶのでわかりやすい。)
      
  2. 適当な記事を作成し、カテゴリ「cat_aaa」を付けて公開。(この時点で、ブログのカテゴリ一覧には「cat_aaa」というカテゴリが表示される)
     
  3. カテゴリ一覧の「cat_aaa」をクリックしてインデックスページを表示。
    URLは、「http://daishi100.cocolog-nifty.com/blog/cat_aaa/index.html」のようになるので、これをどこかにコピペして退避させておく。
     
  4. カテゴリ設定画面(blog→設定→カテゴリー)で、「cat_aaa」を「<!-- win8/win8.1 -->」のようにわかりやすい名前(全角を使用しても可)を上書きして保存。
     
  5. 記事を開く。(カテゴリは「cat_aaa」から「<!-- win8/win8.1 -->」に置き換わっている)
    再度、記事を保存。(この時点で、ブログのカテゴリ一覧からは「cat_aaa」というカテゴリが消える)
     
  6. 「http://daishi100.cocolog-nifty.com/blog/cat_aaa/index.html」というインデックスページ自体は生きているので、マイリスト(「メモ」タイプ)を利用して、ブログのサイドバーにこのページへのリンクを張る。

 

■niftyマイキャビ自動バックアップ問題点

記事「【PCデータのバックアップ】@niftyマイキャビを使ってみる No.5/自動バックアップ (2)」の続きだが、概略を説明すると、あるフォルダをバックアップ対象に指定しておき、そこにバックアップしたいフォルダを小分けに保存(コピー)して、バックアップの過程を観察したところ、ある時点でそれ以上のバックアップが行われなくなってしまった現象。

この件につき、運営に質問をし、ログを送付して調査してもらった回答をまとめておくもの。

(このカテゴリ一覧:http://daishi100.cocolog-nifty.com/blog/nifty/index.html

【@niftyマイキャビ概念図】

Mc00b

今回のトラブルの直接の原因は、バックアップしようと追加したフォルダが大きすぎた(約346MB)ので、PCがメモリ不足となったとのこと。バックアップ対象とするフォルダは小分けにして欲しいとの回答であった。

つまり、Aというフォルダの下に複数のフォルダBCDがあり、A全体をバックアップしたい場合は、Aを指定するのではなく、BCDをバックアップ対象に指定することで、このトラブルは回避できる。(更に、Dのサイズが大きいのであれば、その中にEFなどのサブフォルダを作り、その下のファイルを分けて、E、Fに移動させ、バックアップ対象は、BCEFと指定する。)

メモリ不足になるか否かは、そのPCのスペックに依るので、どのくらいのサイズが適切かどうかが分からないのが辛いところ。(マイキャビエージェントは10分毎にバックアップ処理を実行するが、バックアップしきれずに次の処理が開始されたとか、そんなことかも知れない。バックアップ処理のトリガーとなるロジックを見直したら改善できそうな気がするが...)

個人的には、「自動バックアップ」ではなく、「手動バックアップ」(エージェントのメニューから、「アップロード状況」→[ファイル追加]→[フォルダを追加]で、都度、バックアップを行う方法)を使用した方が無難かと思われる。(このときにフォルダサイズが大きい場合に同じトラブルが起こるかも知れないが、現時点では未検証。)

「自動バックアップ」は「バックアップ設定」でバックアップ対象のフォルダを登録しておけるが、これを削除すると、web上のファイルやフォルダも削除されてしまう。(削除は別メニューにするか、web上で操作させた方がいいのではないかと思うが...)

その他、気づいた点は、自動バックアップでweb上に保存されたファイルは順番がめちゃくちゃになるのは不便。ファイル名などで並び替えができないものだろうか?(現在は日付でのソートのみで、バックアップされた日付なので、ローカル上の作成日付とは一致せず、大して役に立たない) これは別途要望を出す予定。

いろいろと不満はあるが、ニフティユーザなら2GBまで無料で使えるし、さらなる改善を期待しつつ、工夫して利用したいものである。

2014/01/06

【ブログ主覚書】キリンのどごし“夢のドリームプロ野球”観戦、他

1月5日(日)に東京ドームで行われたCM撮影のイベントに行ってきました。おもしろかった!(HP:https://nodogoshi-dream.jp/baseball/main.html) 

亀梨くんが出演するから、観覧者はどうなるのか?と思ってたら、年齢層が割と高く(まぁ、未成年は不可のイベントというせいかも知れないけど)、通常の野球の試合と同じような雰囲気でした。

球団ユニを着込んだり、チームの応援グッズを持ったひとも多かったので、ごく一部の、タレント目当ての観客以外は“ノリ”も良かったし、プロ側(のどごしオールスターズ)の出演者が豪華だし、出場者として“夢”を叶えた人たちはもちろん、“野球好き”の観覧者にとっても、夢のひとときでした。

CMに使われるシーンは限られていると思うけど、50名以上の出場者は、それぞれの形で夢を叶えられておめでとう!

個人的に良かったのは、

  • お父さんに、「主審として『プレイボール!」を宣告させてあげたい」お嬢さんの夢
  • 「全国の長島さんの代わりに、サード長島でプレイしたい」という長島さんの夢(実際、上手でした)
  • 「オリジナルのヒッティングマーチで打席に立ちたい」岸本くんの夢(「かっとばせー、きっしもとっ!)
  • 「プロ野球選手になりたかったお父さんの夢を叶えさせたい」お嬢さんの夢
  • 「松井稼頭央選手とダブルプレーをやってみたい」人“達”の夢(セカンドは4人くらいいたけど 、そのうちの一人の夢が叶った!)
  • 「監督になってマウンドへ行きたい」人の夢(能見選手に降板が告げられました
  • 「逆転サヨナラ満塁ホームランを打ちたい」人の夢 (これは、お膳立てをした仁志選手、松井選手、糸井選手にあっぱれ! )

などなど。他にも良いエピソードやシーンがたくさんありました。

CMのオンエアはいつか分からないけど、そのうち、公式サイトに動画がupされるそうです。お楽しみに。(【追記】1月24日(金)から放送予定だそうです。あと、観客は21,033人だったそう。)

あ、ひとつ残念だったのは、“のどごし生” の試飲がなかったこと、かな。飲めると思って、売店ではビールを買わずにチューハイで我慢してたのに...

それと、清原選手、その腹をどうにかしなさい。

【2014/01/26追記】既にオンエアも開始され、公式サイトに公開されました。→『【ブログ主覚書】キリンのどごし“夢のドリームプロ野球”CM 放送開始

 

■2014年年賀状

Nengajou_2014


« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ