最新情報

  • 2019/08/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ブログ主覚書】cocolog新アクセス解析/WindowsXPから8または8.1へのデータ移行方法 | トップページ | 【ブログ主覚書】キリンのどごし“夢のドリームプロ野球”観戦、他 »

2013/12/28

【PC】フリーソフトFreeFileSyncでPCのデータをバックアップ

USBメモリを使用してデータのバックアップをとることにしたと書きましたが、たまたま先日購入した今月号の『日経PC21』(2014年 02月号)に紹介されていたフリーソフトの中に便利そうなアプリを見つけたので使ってみました。(雑誌については後述。)

 

 

 

 

■FreeFileSyncの機能

このアプリは、コピー元のフォルダからコピー先へファイルをコピーしてくれるものですが、単なるコピーではなく、“同期”(ミラーリング)をとってくれるものです。

つまり、1回目は全てのファイルがコピーされますが、2度目から差異分だけコピーして、コピー元とコピー先を同じ状態にしてくれるので、コピー先を USBメモリにすれば、簡単にバックアップがとれると思ったからです。(コピー先は外付けハードディスクなど、他の媒体や別のドライブでもOK。)

今回、このソフトを使ってやろうとしているのは、「マイドキュメント」や「マイピクチャー」の中にあるフォルダをUSBメモリにミラーリングをすることですが、簡単に手順を説明すると、

 

  1. 予め、USBメモリ内にミラーリング対象のフォルダと1対1になるようにフォルダを作成しておく。(【追記】これは2の作業時にもできます。)
  2. FreeFileSyncでコピー元フォルダとコピー先フォルダの紐付けを登録する。
  3. FreeFileSyncで同期

 

だけです。

これ以外の機能としては、

 

  • 上記1で作成した紐つけ情報はファイルとして保存可。
    例えば、2つのUSBメモリを用意して、PCの中にあるフォルダA、B、CはUSBメモリ-1に、フォルダD、FはUSBメモリ-2というバックアップ体制をとる場合、それぞれのパターンを保存しておき、必要に応じて呼び出すことが可能。
  • フィルタリング可。
    ワイルドカード「*」が使用でき、デフォルトでは「*」が指定されているが、例えば、「*.doc」や「*.xls」などと指定して、Word文書やExceファイルのみをコピーの対象にしたり、コピーから除外するファイルも指定できる。(図-1)
     
      
    Ffs06 図-1

 

などがあります。(多分、もっと色々なことができますが、取りあえず上記は一見して理解できました。)

 

FreeFileSyncの使い方

使い方は難しくはなく、下の画面上で行います。(最新バージョン:6.0)

 

Ffs01 図-2

 

■同期方法の設定

まず、①の設定ボタン(歯車のボタン)を押して、「同期の設定」を行いますが、ここでは、一方方向の同期でよいので、「ミラー」を選択し、ファイルの削除は「完全消去」にしましたが、「ゴミ箱」にすればゴミ箱に入るので、必要があれば復活させることもできます。

 

Ffs01_tool 図-3

 

この画面は一度設定すれば、次回も同じ設定が適用されます。

 

■フォルダの紐つけ

図-2の②にはコピー元フォルダを指定し、③にはコピー先のフォルダを指定するので、USBの中には予めフォルダを作成しておく必要があります。か、コピー先フォルダを指定する際に新規フォルダを作成します。

コピー元やコピー先のフォルダは②と③の[参照]ボタンから指定するか、下の空欄にドラッグ&ドロップしても構いません。

手順としては下記の通りです。

 

  1. コピー元フォルダを指定
  2. コピー先フォルダを指定
  3. 次のフォルダを指定するには[+]ボタンを押してフォルダを指定する欄を増やし、1と2を行う

 

■同期

コピー元とコピー先を指定したら、④の「同期処理」ボタンを押すだけです。下のような確認画面が表示されるので、[開始]ボタンを押します。

 

Ffs02 図-4

 

ミラーリングが終了すると下のような画面が表示されます。「ログ」タブをクリックすると作業内容を確認することができますが、それは、この後ご紹介します。

 

Ffs03 図-5

 

■フォルダ同士の比較のみ行う

同期作業を行う前に、図-2の左上にある[比較]ボタンを押すとコピー元とコピー先の比較だけを行い、②と③の下にその結果を返してくれます。

 

■パターンの保存

ここで設定したパターンを保存する場合は、メニューから「プログラム」→「別名保存」で、名前を付けて保存します。

保存されたパターンを呼び出すときは図-1の「構成設定」欄にあるフォルダのアイコンをクリックします。

使い方は以上です。

 

2回目のバックアップを想定して、コピー元のフォルダの内容を少し変えてミラーリングをしてみたので、以下、ご紹介します。

図-6で示すように、コピー元フォルダの直下にあるサブフォルダ「2014_年賀状」から、「年賀状.doc」というWord文書を外に取りだしてみました。(つまり、「2014_年賀状」フォルダの中から「年賀状.doc」がなくなり、コピー元フォルダの直下に「年賀状.doc」が追加された。)

 

Ffs04 図-6

 

図-7は処理結果ですが、右側の「ログ」タブを見ると、「2014_年賀状」フォルダの中の「年賀状.doc」を削除(2行目)し、「年賀状.doc」を新たに作成(3行目)しているのが分かります。

 

Ffs05 図-7

 

また、“差異”はファイルの「作成日付やサイズ」または「内容」でチェックされるので、ファイルの場所は全く変わらなくても、コピー元に何らかの変更が加えられていたら、コピー先のファイルは同期されます。

特筆すべきは処理の速さで、この時は2つのフォルダを対象にしており、合計23MB程度ではありますが、そのミラーリングは一瞬(1秒未満)で終わっています。

 

■FreeFileSyncのインストール方法

ダウンロードは下記のサイトから行うことができます。

MacOSX, Linux, Windows 7, Windows NT/2000, Windows Vista, Windows XPに対応しているので、該当する実行ファイルをダウンロードします。

http://sourceforge.jp/projects/sfnet_freefilesync/releases/

PC内の適当な場所に実行ファイルを保存し、それをダブルクリックしたらセットアップが開始されます。

 

1.  「ライセンス契約書」

 

Ffs_inst01 図-8

[同意する]をクリック。

 

2. インストール先を指定

 

Ffs_inst02 図-9

 

ここでは、「デスクトップ」にショートカットを作成するよう指示し、[次へ]

(最初、どちらのチェックも外したところ、なぜかスタートメニューの「すべてのプログラム」に表示されなかったので、「デスクトップ」か「スタートメニュー」のどちらかにはチェックを入れてくだささい。)

 

3. セットアップ方法を指定

 

Ffs_inst03 図-10

 

ぼんやりしてると、Baudu Hao123がブラウザのホームページになるところでした。「カスタムインストール」を選択して「Baudu Hao123をホームページに設定しよう」のチェックを外し、[インストール]。

こういったフリーソフトは他のアプリを一緒にインストールするように設定されているものも多いので、安易に[次へ]で先に進まず、よく確認することをお薦めします。

インストールが完了すると、下のようなショートカットがデスクトップに作成されました。

 

Ffs_inst04 図-11

 

【追記】ドライブレターの変更/割り当て方法

たまたま、先に他の外部ドライブ(PCカード)をPCに挿入した状態でUSBメモリを挿入したところ、登録しておいたミラーリングパターンとは違うドライブレター(※ドライブ文字)が割り当てられてしまい、「比較」で不一致になってしまいました。(具体的には、PCカードにFドライブが割り当てれていたために、USBメモリにはGドライブが割り当てられ、登録してたパターンのミラーリング先は全てFドライブだった。)

※ドライブレター(ドライブ文字)とは:
Windowsマシンで、ハードディスクやCD-ROM、USBメモリなどのドライブ(記憶装置)を識別するために割り当てられるアルファベット。(かつて、PC/AT互換機でフロッピーディスクにAとBを割り当てていた名残で、C以降の文字が割り当てられることが多い。)

このような場合は、一度どちらも取り外し、再度USBメモリだけを挿入して、ドライブの割り当てが変わらないようであれば、手作業でUSBメモリにFドライブを割り当てます。

 

以下、WindowsXP機を例にその手順を簡単に記します。

1. スタートメニュー→マイコンピュータを右クリックして表示されるメニューから「管理」を選択→「コンピュータの管理」ウィンドウが表示される。

2. 「ディスクの管理」をクリック

 

Ffs07 図-12

該当するディスク(この場合はリムーバブルディスク:Gドライブ)の上で右クリックして表示されるメニューから「ドライブ文字とパスの変更」を選択。

 

3.下記の要領でドライブレターを変更する。

Ffs08 図-13

Ffs09 図-14

Ffs10 図-15

Ffs11  図-16

以上です。

 


ブログ主が今回参照したのはこちらの雑誌です。 

 

下に、内容の一部を転記しましたが、「XP→8.1乗り換えガイド」などタイムリーな特集もあります。

【特集】
まだまだあったスゴいソフト! 新着+定番で必ず役立つフリーソフト&無料クラウド

  • 目からウロコの新作・新着ソフト
  • Windows8/8.1を使いやすく
  • ファイル操作の「困った」を解決
  • 絶対お薦め! 必携ソフト
  • パソコンの健康状態をチェック
  • USBメモリーをもっと便利に

【特集】
2014年4月XPサポート終了! いざ最新OSへ/XP→8.1乗り換えガイド/難所はメールデータ データ移行方法を具体的に指南

 

 

web拍手 by FC2

(拍手はブログ主のモチベーションup程度の目的です。面白かった、役に立った、等々、宜しければクリックしてください。)

 

 

 

 


 

« 【ブログ主覚書】cocolog新アクセス解析/WindowsXPから8または8.1へのデータ移行方法 | トップページ | 【ブログ主覚書】キリンのどごし“夢のドリームプロ野球”観戦、他 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ブログ主覚書】cocolog新アクセス解析/WindowsXPから8または8.1へのデータ移行方法 | トップページ | 【ブログ主覚書】キリンのどごし“夢のドリームプロ野球”観戦、他 »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ