最新情報

  • 2019/10/15
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.130 『Gemuetlichkeit』 No.4/100円ショップのフレームを使ったミニチュアフレーム | トップページ | 【訃報】駿河君ご逝去 »

2013/09/26

【ブログ主覚書】BSプレミアム『トレッキングエッセイ紀行▽岩稜と氷雪の彼方に~イタリア・ドロミテ 』

『HVスペシャル トレッキングエッセイ紀行▽岩稜と氷雪の彼方に~イタリア・ドロミテ』〔2013年9月26日(木) 午後2:40~午後3:55(75分)〕 を録画して視聴。これは、その覚書です。

テレビはドキュメンタリーかスポーツくらいしか観ないので、こういう番組は大好きで、特に、ブログ主が以前旅したドロミテということで、実際に訪れたところがいくつか紹介されていたこともあり、懐かしく観ました。(番組紹介ページ

旅の写真や関連画像は何枚かマイフォトの『旅の記録』に収録していますが、画像を何点か転記しておきます。(コメントの情報は2000年当時)

■ドロミテ概略図

Ico_find 南チロル・ドロミテ概略図 No.1 を開く (1006.5K)

■ミズリーナ湖(Misurina)

番組でもここからドライチンネン(独名:Drei Zinnen / 伊名:Tre Cime di Lavaredo)にアプローチしていました。

ミズリーナ湖/Misurina

奥に見えるのがドライチンネン。ここからでは二峰しか見えません。

個人で旅する場合は、写真の奥、黄色っぽく見える大きな建物(Grand Hotel Misurina)の前がバスの発着場になっているので、ここから出発します。ドライチンネンまではバスで約20分。

■1日目のドライチンネン(独名:Drei Zinnen / 伊名:Tre Cime di Lavaredo)周回トレッキング

Wanderung um die Drei Zinnen

上の画像は現地で入手した無料のパンフレットから転載したものですが、ドライチンネンのこちら側は北側で、スタート地点であり宿泊したアウロンツォ小屋(Rifugio Auronzo)は山の背後に隠れています。

途中休憩した小屋は北面と対峙する位置にあるロカテッリ小屋(Rifugio Locatelli)で、教会堂も程近くにあります。

この辺りの時系列の画像は下のアルバムに掲載しています。

マイフォト『旅の記録』>『2000.09 北イタリアの珠玉の都市と南チロル、ドロミテの旅 No.3 of 4

■ドロミテ東部(ピッツ・ボエ、マルモラーダ)

ミズリーナ湖からはコルチナ・ダンペッツォ/Cortina d'Ampezzo、ファルツァレーゴ峠/Passo Falzarego、コルヴァラ/Corvara経由で東へ向かう。

番組では登らなかったピッツ・ボエ(Pitz Boe)はこんな山。

ピッツ・ボエ(Pitz Boe)

夏ならブログ主でも登れるような山です。

 

 

氷河トレッキングをしていたマルモラーダ(Marmolada)はこんな山です。画像は北面。氷河を優美に纏(まと)っています。

マルモラーダ(Marmolada)

この辺りの時系列の画像は下のアルバムに掲載しています。

マイフォト『旅の記録』>『2000.09 北イタリアの珠玉の都市と南チロル、ドロミテの旅 No.4 of 4

これ以外に登っていたのはサッソ・ディ・ストリア(Sass de Stria/2477m)。山岳戦の名残である塹壕があった山です。

リンク先はWikipediaですが、何となくドイツ語をクリックしたら、ドイツ語名はHexensteinというそうです。直訳すると、「魔女の石」。なんとも魅力的な名前ですね。

 

下はブログ主覚書。

■『男自転車ふたり旅「チェコ ボヘミアの街道を行く」 』(番組紹介ページ/2013年9月23日(月) 午前11:45~午後1:00(75分) )

オーストリアのウィーンからチェコ共和国の首都プラハまで、中世の面影を色濃く残すチェコ、ボヘミアの街道500キロを、狂言師・茂山宗彦と若手人気俳 優・黄川田将也の2人が自転車で旅する。旅の途中では、地元でしか味わえない貴重なワインや絶品の郷土料理を食し、チェコ人による狂言劇団と共演するな ど、芸術を愛し、自国の歴史と文化を大切にするチェコの人々とふれあいながら悠久の大地、美しい街並みを駆け抜ける。

これも先日観た番組ですが、オーストリアからチェコに入って、ボヘミア地方を自転車で旅し、プラハを目指すというもの。

ブログ主は昔、ドイツの『古城街道』と呼ばれる観光ルートに沿って旅をしたとき、ニュルンベルクから列車でプラハに行きました。プラハだけではチェコを旅したとは言い難いので、ちょっと真剣にチェコを再訪しようかと考えています。

旅は、多少でも現地の言葉が話せるとスムースなので、1年かけてチェコ語でも勉強してみようか...

 

■『ハイビジョン特集 関口知宏が行くヨーロッパ鉄道▽スイス・アルプス輝く緑と湖の国』〔放送日時:2013年10月3日(木) 午後3:10~午後5:00(110分) 〕

俳優の関口知宏さんが、スイスを旅する。氷河特急やリギ鉄道などに乗車し、アルプスの山々、緑の草原、清らかな滝などを訪れた。フランス語圏のジュネーブ から始まり、ドイツ語圏のミューレン、ロマンシュ語圏のツォーツ、イタリア語圏のカヴァリアと4つの言葉の地域を巡った。スイスの大自然、歴史や人々の魅 力に触れた鉄道9日間の旅を、関口さんの絵日記や音楽とともに紹介する。


 

« 【ドールハウス工作】 No.130 『Gemuetlichkeit』 No.4/100円ショップのフレームを使ったミニチュアフレーム | トップページ | 【訃報】駿河君ご逝去 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.130 『Gemuetlichkeit』 No.4/100円ショップのフレームを使ったミニチュアフレーム | トップページ | 【訃報】駿河君ご逝去 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ