最新情報

  • 2020/07/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.110 お菓子やパンのミニチュアを飾る No.1 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.112 お菓子やパンのミニチュアを飾る No.3 »

2013/07/22

【ドールハウス工作】 No.111 お菓子やパンのミニチュアを飾る No.2

(。◕‿◕。) 前回作ったシェルフにパン以外のものも置きたいと、粘土で簡単なクッキーを作ってみました。また、今回はキッシュやタルトの皮の簡単な作り方もご紹介します。

(前回の記事はこちらです。→『【ドールハウス工作】 No.110 お菓子やパンのミニチュアを飾る No.1』)

まずはクッキー。

Cookie01_m

100円ショップ・セリアの木かる粘土を使って作りました。ボソボソした感じでそのままでもクッキーのような雰囲気が出ます。

色が濃いものは少し茶色のアクリル絵の具を混ぜています。

 

 

何かの商品を包んでいた廃品のOPP袋で小さな袋を作り、クッキーを入れて刺繍糸で縛りました。ラベルは英字新聞のようなデザインのラッピングペーパーを適当に切り抜いたもの。下のようにカゴに入れるつもりなので、それらしいラベルが貼ってあるだけでいいんじゃないかと。

Cookie02_m

 

次にキッシュやタルトの皮の作り方です。製作過程の画像は無いのですが、それも必要ないくらい簡単です。

下のような容器を利用して作ったのですが、何だと思いますか?

Quiche_m

これはコーヒーなどに入れるミルクのポーション(コーヒーフレッシュ)よりも少し大きめの容器、具体的には、下の“濃縮キャラメルマキアートの素”の容器です。多分、ガムシロップの容器もこのくらいの大きさなんじゃないでしょうか。

ブログ主はこれが大好きで、パッケージの写真はアイスですが、寒い時期はミルクに入れてから電子レンジで温めてホットで飲むのでこの容器はたくさんストックがあります。

この容器を画像のように浅くカットしたもので象(かたど)ればいいのですが、せっかちなブログ主は、すぐに取り出したいのです。

そこで、粘土を詰める前に試しにラップを敷いてみたら、固まるのを待たずに粘土をすぐに取り出せることが分かりました。粘土は絵の具を混ぜ込んで先に色を付けても、後から塗ってもいいと思います。

ところで、上のキッシュの画像をご覧になれば、乾燥後には粘土がかなり縮むことがお分かりになると思います。今回使っているのは「パン粘土」と呼ばれる高級小麦粘土です。(下の画像)

キャラメルマキアートの容器は底から6~7mmでカットしていて、その直径は2.7cmくらいですが、完成したキッシュの直径は2.2cmなので、2割近く縮んでいますね。

 

ついでにストロベリータルトの苺の作り方をご紹介します。(というほど難しいわけではないのですが...)

Strawberry_tart02_m

これはパン粘土ではなく、乾くとやや透明感の出る樹脂粘土に100円ショップの小麦粘土(白)を少し混ぜたもので作ったのですが、まあ、好みの粘土で作ればいいのではないかと思います。

これを小さな苺型にまとめ、針の先に刺して、別の針で種の雰囲気が出るようにブスブスと刺します。

針から外して2時間ほど乾燥させ、色を塗るときに再び針を刺して薄い黄緑を塗って、それが乾いたら上から赤を塗って完成です。画像のような発泡スチロールがあれば、作業の間、刺しておくことができます。

タルトなどに使ったときのツヤはニスで出すので、この状態でストックしておき、必要に応じて半分にカットしたりして使います。

ところで、先日、ブログパーツの『拍手』ボタンにコメントを頂きました。「(以前ご紹介した)ペストリーのような小さなものをどうやって...」のようなことを書いて下さったんですが、ペストリーやこの苺を作るときは、裸眼ではシンドイので、双眼ルーペを使っています。(双眼ルーペについてはブログ記事『【プチ工作】番外編-ヘッドルーペを買うたった( ^ω^)【商品レビュー】』をご覧下さい。)

ストロベリータルトに戻りますが、クリームは、ブログ主は木工用ボンドに白いアクリル絵の具などを混ぜたものを使いましたが、粘土でも、100円ショップに売っているホイップクリームようなものでもいいかと思います。(ほとんど隠れちゃうしね。)ボンドの場合は、乾く前に苺を半分にカットして並べます。

最後にニスでツヤを出したら完成です。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。次回は、パンのフレームの完成品をご紹介する予定です。

 

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

« 【ドールハウス工作】 No.110 お菓子やパンのミニチュアを飾る No.1 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.112 お菓子やパンのミニチュアを飾る No.3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.110 お菓子やパンのミニチュアを飾る No.1 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.112 お菓子やパンのミニチュアを飾る No.3 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ