このサイトに関して




  • 2018/10/17
    ブログを更新しました。
    2018/04/20
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。




    ■特設コーナー















    台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会



    okinawanokoe




    ■ご利用上の注意
    記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。(加計学園問題関連の画像はご自由にお使い下さい。)

    コメントにURLを貼る場合は、「http://」、「https://」を除いて貼り付けて下さい。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。





各種ノウハウ集



管理人ポータル

大師小同窓会関連








  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013/03/31

【ドールハウス工作】 No.62 100円ショップの木箱をドールハウスにリメイクする方法(2)

(。◕‿◕。) 前回の『【ドールハウス工作】 No.59 100円ショップの木箱をドールハウスにリメイクする方法(1)』の続きです。

Wohnzimmer_m

今回は3mmバルサを使って左側の棚を作ります。支えに5mm厚のバルサを5mm幅にカットして使用しています。(従って5×5mm角棒と同じ)

 

 

1.バルサを下のようにカットして3枚の板と棒を作ります。幅を14cmとしていますが、箱の内部の横幅を正確に計って、その数字にして下さい。

Wohnzimmer_shelf

なお、一番短い板は下の棚の高さになるので、お好みで変えて下さい。

2.好みの色で板を着色します。

3.板を箱の内部に下図のように貼り付けます。

Wohnzimmer_shelf2

最初に上から4cmを計って鉛筆などで印を付け、角棒を箱の底(=正面の壁)に垂直になるように貼り付けてから上の板、次に下の板を張り付けると良いでしょう。

板の側面にボンドを塗るときは、爪楊枝やバルサの端材などで薄く均一にのばして下さい。

もう少し見栄えの良い棚を付けたい、という方のために、以前標本箱をリメイクしてドールハウスを作ったときに付けたウォールシェルフの作り方を記します。

【ウォールシェルフの作り方】

Collectionbox06_m

素材はヒノキ板を使っています。(バルサでも可)下の図を参考に板を用意し、木工用ボンドで貼って塗装します。
  Collectionbox07
①棚板 0.3×2×7.5 (単位cm 以下同)
②側板 0.3cm厚を図のようにカット
③前面の板 0.2cm×1×7.5 を図のようにカット
④フックを付ける板 0.3×1×6.5

前面の板は、型紙を作って板の両面に鉛筆で写し取り、カッターで削っています。カッターだけで削るのではなく、途中からサンドペーパーを使って仕上げます。

このような曲面にサンドペーパーをかける場合は丸棒(なければサインペンの軸など)にサンドペーパーを巻き付けて使います。

 

なお、このドールハウスに付けた額絵は、同じくセリアで購入した下の額を使っています。

裏に厚みのある両面テープが付いており、そのまま貼れますが、ここではそれを剥がして、絵や写真を裏から貼ってからボンドで壁に付けました。

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

関連記事

Collectionbox04_s  Miniaturladen02m_2  Wohnzimmer_m  Library01m  Fruestuck01m

2013/03/30

【我が町】2013年かなまら祭・楽大師(第9回)日程

遅くなりましたが、今年のかなまら祭と楽大師(第9回)の日程です。

  • かなまら祭  2013年4月7日(日) 10:00~ 毎年4月第1日曜日
  • 楽大師(第9回) 2013年 4月20日、(土)21日(日)

かなまら祭は大変混み合いますので、いらっしゃる方はお気を付けていらして下さい。

交通アクセスはこちらの「大師への交通」に掲載しています。また、金山神社のある若宮八幡宮に関する記事はこちら「若宮八幡宮」です。

掲示板に貼ってあるポスターを撮影する暇がなかったのですが、「川崎大師タウンネット」のトップページにポスターの画像が掲載されていました。

ご参考までにポスターを貼った去年のブログ記事です。→『2012年 かなまら祭・かわさき楽大師(第8回) 日程』 (画像集へのリンクもあります。)

2013/03/29

【訃報】野口君のご母堂逝去

メールアドレスを存じ上げている方には既にメールにてご連絡していますが、以下の通り通夜、告別式が行われます。

通夜は30日(土)18:00~
告別式は31日(日)11:30~
京急川崎駅近くの宗三寺(そうさんじ)
神奈川県川崎市川崎区砂子1丁目4-3
044-222-5051

地図で確認したところ、京急大師線ホームから見えるお寺のようです。

【ドールハウス工作】 No.61 『ドイツの朝食風景』 No.1

(。◕‿◕。) タイトルに『ドイツの朝食風景』とありますが、正確には『ドイツのホテルでの朝食風景』です。細々(こまごま)した工作をご紹介する前に完成してしまったので、先に全景をupしました。

こんなの(↓)。

Fruestuck01m

これは『【ドールハウス工作】 No.56 セリアの標本箱をショップ風ドールハウスにリメイク』の続きで、以前作った家具や小物も使っています。タイトルに「No.1」としたのは、ミニチュアの一部は今回ご紹介しきれないので、次回掲載する予定だからです。

 

 

 

以下、ドールハウスの細部の写真です。

下はドイツ(語文化圏)のホテルでの典型的な朝食メニューです。あ、サラダみたいな手の込んだものはないかな?でも、一度フランクフルトでSteigenberger Frankfurter Hof(シュタイゲンベルガー・フランクフルター・ホフ)という良いホテルに泊まったときは豪華な朝食で、スパークリングワインまで置いてありました。

Fruestuck02m

右下にあるカトラリーケースは自作ですが、中に入っているナイフやフォークは初めて買った市販のミニチュアを使ってみました。

 

下は以前ご紹介したケーゼプラッテと呼ばれるチーズの盛り合わせとゆで卵。

Fruestuck03m

 

ドイツのホテルでは、宿泊客以外にも数ユーロで朝食を提供するところもあります。下は右側にふらっと立ち寄った旅行者が相席しているという設定。(まぁ、朝からソーセージを食べる人はいないでしょうが...coldsweats01

Fruestuck04m

ティーセットも市販のものです。先日、たまたまドイツのミニチュアショップで、どうしても欲しいミニチュアがあったので、ついでにいくつかミニチュアを買ってみたのです。

 

旅行者の役はは木彫りの豚さんにお願いしました。まぁ、雰囲気、雰囲気。

Fruestuck05m

以下はいつものようにブログ主の覚書&独り言です。

こういうセルフサービス形式の食事を『バイキング(形式)』と呼びますが、これは和製英語で、英語ではスモーガスボード(smorgasbord)と言います。この言葉は元々スウェーデン語で、正しい綴りは“smörgåsbord”のようです。(「o」の上にドイツ語で言うウムラウト、「:」を横にしたものが付き、「a」の上には小さな「○」が付いています。)

こういう(ブログ主にとって)訳の分からない単語は必ず語源を調べるのですが、手持ちの英和大辞典によると、「smör」はバターの意味、「gås」はガチョウ(goose)、「bord」はテーブルの意味で、意味は「スカンジナビア式立食料理:前菜や種々の冷・温製料理を並べたもの」とあります。

「ガチョウ」が何を意味するのかよく分からないのですが、「smörgås」の英訳は「サンドイッチ、バター付きパン」なので、パン(サンドイッチ)の「具」を象徴しているのでしょうか?

ドイツ語では、朝食に結びつくのはフランス語由来の「Büfett/オーストリア、スイス:Buffet」(仏:buffet)のようで、「(ホテルでの)ビュッフェ形式の朝食」=「Frühstücksbuffet」の用に使われます。

ドイツの朝食は温かい料理がつかないので所謂コンチネンタル式なんでしょうが、イギリス(文化圏)のBBあたりで出るコンチネンタル式朝食よりは品数も多いし、好きな朝食です。

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

関連記事

Collectionbox04_s  Miniaturladen02m_2  Wohnzimmer_m  Library01m  Fruestuck01m

なお、ミニチュアの作り方などに関するお問い合わせは、メールではなくコメント欄を使って質問して頂けると助かります。場合によっては、関連する画像を追加でupしたりして、より詳しくご説明できると思うので。

2013/03/28

【ドールハウス工作】 No.60 『図書館』のミニチュア 

(。◕‿◕。) 100円ショップ(セリア)のしきりの付いた木製ボックスを使って、図書館のミニチュアを作ってみました。

Library01m

 

 

サイズは20×14×8(単位:cm)で、木製ボックス自体のサイズは20×14×3(cm)です。

Library03m Library02m

 

 

木製ボックスは小物整理にいいかな?と買っておいたのですが、結局使い道がなかったところ、「本棚」に見えたので、図書館にしてみました。

一番上の棚にある本は、これもセリアで買ったレザー風のシールを使い、中にバルサやスチレンボードなんかの端材を挟んだだけです。


 


背表紙の文字は金色のボールペンやサインペン(ガンダムマーカー)で書きました。下段の本やカウンターの上に置いた本は、図書館で借りた昔のドールハウス雑誌に付いていたラベル集みたいなものをコピーして切り抜いて作ったものを使いました。薄いので、内側には発泡の食品トレイをカットして挟んでいます。右下の本は作り置きしていた表紙を使いました。

発泡トレイと言えば、パソコンも発泡トレイで作っています。マウスは厚みがあるのでスチレンボードですが、素材としては同じものですね。ケーブルは家にあったビニールを巻いたワイヤーを使用。

カウンターデスクはアガチス(天板)とバルサ、ヒノキ棒など、余っているものを使いました。

鉛筆立てはスペーサーという金具で、アルミテープで底を作ってから楊枝(角形)を削って作った鉛筆を接着しています。

メモは2mmバルサの端材と針金、コピー紙で。

「LIBRARY」と書いてある看板(?)はアガチスの端材で作りました。文字は白の油性ペンで書いています。

 

実はこのミニチュアはもう手元にないのです。

よく利用する近所の図書館のカウンターをモチーフにして作ったので、そこに寄贈してしまいました。(といえば聞こえがいいけど、押しつけちゃいました coldsweats01

その図書館はペーパークラフトとか、子供が作ったような工作とか色々と飾られているので、一緒に飾ってくれるそうです。

【追記】100円ショップの木箱などを使ったドールハウスは下のwebページにインデックスを作成しています。

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

関連記事

Collectionbox04_s  Miniaturladen02m_2  Wohnzimmer_m  Library01m  Fruestuck01m  Tante_emma_laden00mm

なお、ミニチュアの作り方などに関するお問い合わせは、メールではなくコメント欄を使って質問して頂けると助かります。場合によっては、関連する画像を追加でupしたりして、より詳しくご説明できると思うので。

2013/03/24

【ドールハウス工作】 No.59 100円ショップの木箱をドールハウスにリメイクする方法(1)

(。◕‿◕。) 先日作った、標本箱(コレクションケース)を改造したドールハウスの評判が良かったので、プレゼント用にもう一つ作りました。

Wohnzimmer_m

(前作→『【ドールハウス工作】 No.56 セリアの標本箱をショップ風ドールハウスにリメイク』)

こちら(↓)のボックスを使ったドールハウスの作り方も公開しています。下のリンクからどうぞ。

Wood_country_box_m

Miniaturbude19_cafe_baystars Kleingarten_haus05_m

 

 

右側の部屋に置いたテーブルは以前作ったものを貼り付けたものです。

今回は、ブログ主の覚書がてら、このリメイク方法(テーブルと額を除く)を数回に分けて記事にします。夏休みの工作などにも使えるよう、なるべくお子さんが扱えるような素材・方法でリメイクしていきます。

下は標本箱に付いていた製品情報をスキャンしたもので、外側のサイズはこれを参照して下さい。留め金の付いているタイプを2つ使用します。

Seria_collecting_box

【今回使うもの】

  • 標本箱 2個(微妙な個体差があるので、サイズが合うものを2つ選んで下さい。)
  • バルサ 3mm厚、5mm厚各1枚(5mmのものは棚の支えにしか使わないので、ちょっと薄いのですが、3mm厚バルサでも代用可能)
  • 白ボール紙(工作用紙くらいの厚さが扱いやすい)またはケント紙
  • 壁紙にする布
  • その他の主な道具: 木工用ボンド、多目的ボンド(クリアタイプ)、カッター、サンドペーパー(400番くらいの目の細かいもの/下のように5mmバルサをカットしたものやかまぼこ板などの端材に両面テープで貼り付けておくと便利)

    Howto_leg05
     
  • 塗料: アクリル絵の具(トールペイント用の塗料が色数が多くお薦めです)
     
    今回は、色が気に入ったのでヌーロ(nüro)という塗料(色:ローズピンク、ピンク)を使ってみました。薄めずにそのまま塗れて、水性なので筆を水で洗えます。また、ニスを塗らなくても光沢があります。

 

【作り方手順】

1.標本箱から金具類(留め金、蝶番)を取り外す

プラス(+型)ドライバーで取り外します。ネジをなくさないようにしてください。本体のみ使用して蓋は使用しません。

 

2.本体の1つの蝶番の窪みをふさぐ

標本箱の蝶番は内側に付いており、本体は蝶番の厚み分掘り下げられています。片側の箱はこの窪みが不要なのでバルサでふさぎます。(下の画像参照)

Seria_collection_box

窪みは幅(長い辺)1.9cm、高さ(短い辺)0.7cm、深さ3mm程度ですが、個体差があるので、念のため計って下さい。

3mmバルサをサイズにカットして木工用ボンドで接着します。

 

3.標本箱にサンドペーパーをかける

標本箱の外側はかなりささくれ立っているので、塗装する前にサンドペーパーをかけて表面を平らにしておきます。

この時、サンドペーパーを板に貼ってあると使いやすいでしょう。(サンドペーパーだけを手に持ってかけると、力の入れ方が一様にならず、削りすぎてしまいます。)

 

4.塗装

内側から塗っていきます。

今回は左側の箱の内側と右側の箱の天井と床に当たる部分ををピンクで塗っています。外側をやや濃いピンク(ローズピンク)で塗るので、マスキングテープは不要ですが、色の境界線をきれいに直線にしたいときはマスキングテープを貼ります。

内側が乾いたら外側を塗ります。この例では、内側に塗ったピンクにはみ出さないようにマスキングテープを貼り、保護しています。

外側に塗った塗料が乾いてからマスキングテープを外し、必要に応じて水性ニスを塗って下さい。

 

5.金具を付け直す

この箱は桐(キリ)でできていて柔らかいので、錐(キリ)などを使わなくてもネジを少し押し込めることができます。プラスドライバーで垂直にネジを差し込んで下さい。

なお、2でバルサでふさいだ部分に蝶番をつけることになりますが、バルサは柔らかくてネジが抜けてしまうので、必ずボンド(多目的ボンド)で補強して下さい。

 

6.布を貼る

布は直接貼るのではなく、白ボール紙に貼ってから箱の内側に貼っています。

白ボール紙を箱の底面サイズ(=奥の壁/14cm×19.5cm)と側面のサイズ(3.3 訂正3.5cm×19.5cmを2枚)にカットします。これも箱に個体差があるので、念のためは刈り直して下さい。

下の画像は他の記事からの転用なので紙の形が正方形ですが、作業のしかたは同じなので、これで説明します。

Book1_1479_image001

布を台紙(白ボール紙)に合わせ、左端の様なサイズ(1cmくらいの糊しろをつけて)でカットします。

台紙に木工用ボンド(※)を均一に塗り、布を貼ってから、角を図のようにカットします。

※ノリについて

001 002

ボンドはそのまま塗るにはやや濃すぎるので、平たい容器に絞り出し、スポイトで2滴3滴と水を垂らしてハケで塗れる程度に緩めます。または大和糊のような水分の多い糊を混ぜてもいいでしょう。

ハケは画像のようなものが塗りやすいのですが、無ければボンドに付いているヘラなどでのばします。

台紙の裏側に糊しろを貼り付けます。

底に貼るものは左から3番目の要領で、側面に貼るものは右端の要領で糊しろを始末します。

まず、底から箱に貼り付けますが、標本箱は底がコルクになっていて水分を吸い込みやすいので多目的ボンドを使います。底全面に多目的ボンドをのばし、布を貼った台紙を貼り付けます。

側面に糊しろ分の布が残りますが、木工用ボンドをハケで側面に塗り、この布を貼り付けます。こうすることによって台紙と台紙の境目が空くことを防ぎます。

次に左右の側面に布を貼った台紙を多目的ボンドで貼り付けます。

これで基本的には完成しました。次回は3mmバルサで作った棚を取り付けます。

(次回に続く)

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

【追記】100円ショップの木箱などを使ったドールハウスは下のwebページにインデックスを作成しています。

2013/03/23

【ドールハウス工作】 No.58 ザウアークラウトとかいろいろ

(。◕‿◕。) 100円ショップの小麦粘土を使って、ザウアークラウトとミックスピクルスのミニチュアを作ってみました。

こんなの(↓)。

Sauerkraut_u_mixpickles_m

 

 

 

液体を表現するのに、よくレジンが使われますが、色を付ける必要が無かったので、クリア系のボンドを使ってみました。

ピクルスの中身が余ったので、コーヒーフレッシュなんかの容器を器に見立ててサラダにしてみました。

Mixpickles_u_butter_m

ピクルスよりも、気に入ってるのはサラダサーバーかな。アガチスかなんかの端材を削って作りました。

右側はバターのつもり。

ホテルの朝食の席では、よくこんな風に氷の上にバターが載っていますが、こういう四角いカットのしかたではなく、専用の器具があるのか、クルンと丸まってたりします。

粘土を捏ねたついでに、卵(ゆで卵)とハムも作りました。

Ei_und_schinken_m

ハムを作っていて、発作的に作りたくなったのがこれ(↓)

Sakuramochi_s

桜餅です。

葉っぱはフローラルテープで、半月盆はバルサと紙でできています。

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

2013/03/20

【ドールハウス工作】 No.57 ミニチュアチーズの盛り合わせ/Miniaturkäseplatte

(。◕‿◕。) 『ドイツのホテルの朝食』でブログ主が楽しみなものの一つはチーズ。

ドイツの生産品というよりは、EU域内に酪農国があるので、安くて美味しいチーズが豊富にあるのだと思いますが。

Kaese01_m

例によって、10円玉とほぼ同じ大きさの1ユーロコインを比較のために置いていますが、これだけじゃ面白くないですね。

それで、カットして朝食に出てくるような盛り合わせを作ってみました。

Kaeseplatte01_m

こういう盛り合わせをKäseplatte(ケーゼプラッテ)と呼ぶようです。

苦労してアガチス材に溝を掘ったので、直接接着するのは躊躇われて、透明なプラスチック板に貼り付けて置いてみました。

 

チーズは、ホコリ除けや乾燥を防ぐために、大抵、こんなケースに入っています。

Kaeseplatte02_m

蓋(カバー)は、クリップとか画鋲が入っていたプラスチックのケースを使って作りました。取っ手はウッドビーズです。

 

 

ミニチュア製作ワンポイントメモ(No.1) 木材

現在、アルバムの『なんちゃってドールハウス』は非公開にしているので、そこにまとめていたミニチュア&ドールハウス作成のコツなんかを「ワンポイントメモ」として、不定期に連載することにします。

今回はミニチュアやドールハウスに使う木材とそれに準じる材料についてです。

Wood

木工に使う一般的な木材よりは柔らかいものが多いので、以下の堅さについての記述はあくまでも比較によるものです。

a : シナベニヤ(合板) 表面が白っぽくきれいなので、ドールハウスの壁に多く使われてる。厚みは様々。(参考:450×300×4mmで280円程度) 

b : 檜(ヒノキ) 角棒・板材/白っぽい色、アガチスよりは柔らかい(※)/家具の脚や窓枠など/90cmの角材なら数十円~100円程度。

c : デコモール 材質は不明/様々な形にカットされていて、家具やドールハウスのアクセントに使える/50cmほどの長さで価格は200円~

d : ラワンベニヤ(合板) 表面が粗いが安い(シナベニヤの半分くらい) ドールハウスには余り使わないそうだが、目立たないところや壁紙で隠れるようなところに便利(参考 450×300×3mmで120円程度)

e : アガチス 薄い茶色で様々なサイズ(幅・厚さ)の板材がある。 檜より安い。 

f : バルサ 板材、角材、丸材があり、カッターで切れるほど柔らかいので小物を作るのに適している。見た目がいかにも柔らかくて、家具の目立つ部分には使わない

※ヒノキはアガチスよりも粘り(←正確な表現は分かりませんが)があって欠けにくい。アガチスは「もろい」という感じ。削って細工するにはヒノキの方がいい。アガチスは大抵板材として売られていて、ブログ主はテーブルの天板などに使用している。

前述のように、ドールハウスそのものを作るにはシナベニヤが多く使われますが、ブログ主はあくまでもミニチュアを飾るためのフレームという位置づけなので、あまり大きなドールハウスは作らず、ディスプレイコーナーのようなものを作っています。

よく使うのがスチレンボードで、スチレンボードと呼ばれる発泡ボードは加工しやすく、塗料の発色もいいので、便利な素材です。布で隠れるソファーなどの家具に使用したり、床に使用したりできます。

表面に紙が貼ってあるものやないものがあり、100円ショップでも手に入ります。(鉄道模型などによく使われるので、そういった材料を扱っている店や東急ハンズのような店に行けば、様々な厚さ・大きさのものが手に入ります。)

例えば下のディスプレイコーナーはスチレンボードを主体に作り、木材は床の表面や回り縁などにのみ使用しています。

ミニチュア クリスマスツリーのある居間

木材をカットするのには「ピラニア鋸」というノコギリを使っています。

これは、プラスチックなどもカットでき、刃が薄くて目が細かいので、カットしたときに生じる誤差が少なくなります。

これはたまたま近所のホームセンターで売っていたもので、「2」というのは両刃のタイプで、切れ味が鈍ったら刃を反対向きに取り付ければOKです。本体サイズ(約):290.0×50.0×25.0mm、重量(約):75g とのこと。

東急ハンズの商品紹介ページに使用しているところや拡大画像があったので、リンクを貼っておきます。(ピラニアツール ピラニア鋸2両刃 PS-1

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

 

 


 


\(^o^)/スカイツリーからの電波届かん\(^o^)/

昨晩(2013/03/19)地デジのスカイツリー移行に向けた試験放送がありました。

見事に映らなかった \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

NHKをつけてたら、急に音が聞こえなくなったので、テレビを見て気づいたのだけど。

テレビの機能で受信状態を見るとこんな感じ。

Chi_digi01

他のチャンネルは確認してないけど、「C」で映らないのだから、ほぼ全滅

\(^o^)/

今朝、東京スカイツリー移行推進センターに電話してみたところ、専門業者を派遣してくれることになりました。

工事はアンテナに破損などの問題が無く、受信状態を改善するだけのものなら無料とのこと。

このブログを書いている時点での受信相談コールセンターの電話番号は

0570-01-5150

です

【追記】

 

その後の対策工事については記事『【地デジ】スカイツリー対策完了(`・ω・´)ゞビシッ!! と思ったら...orz』に書きました。

2013/03/19

【ドールハウス工作】 No.56 セリアの標本箱をショップ風ドールハウスにリメイク

(。◕‿◕。) またまた100円ショップ(セリア)の標本箱を使って、ショップ風というか、レストラン風というか、ドールハウスに改造してみました。

こんなの(↓)。

Miniaturladen01mSeria_collecting_box 
 

2つ使って蓋を取り外し、本体同士を繋ぐように蝶番を付け直したもので、中はこうなって(↓)います。

Miniaturladen02m_2

内装はまだ途中なんですけどね。

 

 

最初イメージしたのは、ドイツの居酒屋(Kneipe/クナイペ)で、左側を店側、右側を客席風と見なして、内部や周囲に色々なミニチュアをディスプレイできるようなドールハウスです。

しかし、パンをたくさん作っている内にドイツのホテルでの朝食のシーンを作りたくなり、居酒屋だけでなく、カフェとかレストランと言った様々なシーンに使えるようにシンプルにしてみました。

店の看板も作りました。

Miniaturladenschild_m

 

これは、同じく以前セリアで見つけて、何かに使えそうと買っておいたチャーム(ペンダントトップ)を使ったものです。5種類のチャームがセットになって105円でした。

105yen_charms_m

何の鳥かは分かりませんが、「鳩」に見なして、屋号を“Weiße Taube”(白い鳩)としました。

ホテルとか、レストラン、カフェなんかにありそうな名前です。

チャームの他にはバルサと針金で作っています。

ドイツやオーストリアを旅行すると、屋号を表す看板がとても美しく、例えば、ザルツブルク(なぜか川崎と姉妹都市...coldsweats01 )のゲトライデガッセ(Getreidegasse:穀物小路)は歴史的な建物が現在は商店として軒を連ねていて、それぞれ、競うように凝った看板を掲げているので、看板を見ているだけでも楽しくなります。

 

ドイツ語で、こういう看板を呼ぶ特別な言い方があるかと思って調べたのですが、まぁ、普通にSchild(シルド/『看板』)、あるいは『商店看板』(Ladenschild)、『つり下げ看板』 (Aushängeschild)などと呼ぶようです。

  • Laden:店
  • Schild:看板
  • Aushängeschild:< aushängen:(外に)掛かって(垂れて)いる

 

とりあえずミニチュアを飾るフレームができたので、まずは『ドイツのホテルの朝食風景』から連想される細々したものを作っていくことにします。

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

関連記事

Collectionbox04_s  Miniaturladen02m_2  Wohnzimmer_m  Library01m  Fruestuck01m  Tante_emma_laden00mm

なお、ミニチュアの作り方などに関するお問い合わせは、メールではなくコメント欄を使って質問して頂けると助かります。場合によっては、関連する画像を追加でupしたりして、より詳しくご説明できると思うので。

2013/03/17

【ドールハウス工作】 No.55 プレッツェル(Brezel/Pretzel)やパンのミニチュア (2)

(。◕‿◕。) パンの続きです。

デニッシュ・ペストリー(Danish Pastry/独:Plundergebäck, Plunderstück)みたいのを作ってみました。こんなの(↓)。

Danish_pastry_m

下はブログ主の覚書ですが...

デニッシュ・ペストリーとは、パイに似たデンマーク風の菓子パンですが、英英辞典(Oxford Advanced Learner's Dictionary)で調べると、“a sweet cake made of light pastry, often containing appe, nuts, etc. and/or covered wih icing”とあるので、こういうのはパンではなくてケーキ扱いなのでしょうか。

“pastry”とは“a mixture of flour, fat and water or milk that is rolled out flat and baked as base or covering for pies, etc.”という意味なので、バターを練り込んで折りたたむパイ皮(パイ生地)のことを指すようです。

ドイツ語の“Plundergebäck”の“Plunder”も同じような意味らしく、Plunderteig(“Teig”は生地)は「デニッシュ生地=発酵生地にバターを折り込んだもの」と辞書に書いてありました。

作り方のポイントとしては、ジャムの部分は木工用ボンドに塗料を少し加えて混ぜたものを使います。パンの上に楊枝の先でジャムっぽくボンドを置いていきます。

 

 

パンはもう2種類、ドイツ(語文化圏)では朝食に欠かせないブロートヒェン(Brötchen/南独・オーストリア:ゼンメル/Semmel)と呼ばれる小型のパンと黒パン(Schwarzbrot)を作りました。

Schwarzbrot_u_broetchen_m

ブロートヒェンはブログ主が一番好んで朝食に食べるパンで、皮は固いのですが、中はふわっとしつつ、しっとりした白パンです。

逆に黒パンは、ブログ主はまず食べません。酸味が強くて、あまり食べ慣れない味だからですが、調べたら、イースト菌ではなくてサワー種と呼ばれる、乳酸菌主体の膨張剤を使うからのようです。

小麦粉ではなくてライ麦を使うのは知っていましたが、ライ麦そのものなのか、それとも何か他のものを練り込むのか、中に粒々があることがあります。(←あんまり食べないから、よく分からない coldsweats01

で、その雰囲気を出すために、粗挽きのブラックペパーを粘土に練り込んでみました。

試しに切ってみたのが下の画像です。

Miniaturschwarzbrot_m

 

ホテルの朝食では、こんな風にナイフと共に置かれていて、各自、好きな量を自分で切ります。切るためにはパンを片手で押さえなくてはならないので、画像のように直接触れないようにフキンを被せてあるのをよく見かけます。

パンの表面の「粉を吹いた」感じは、「ドライブラシ」という手法を使っています。

ドライブラシとは、濃い絵の具(アクリル絵の具なら水を付けずに使用)を筆にとり、紙にこすりつけて、ほとんどつかないくらいに落とした状態にしてから塗る手法です。普通の筆でもできますが、たまたまダイソーでドライブラシ用の筆セット(←何でもあるんですねぇ。恐るべし、100円ショップ coldsweats02 )で見つけたので、使ってみました。毛が短くて固くなっているので、擦ると言うよりは、上から叩くようにして、細かい粉がついているような雰囲気を出しました。(歯ブラシでも代用できるかも。)

模型を塗装するときに、かすれたような筆致で汚れた感じを出すのにドライブラシを行うことがありますね。この場合は「ウェザリング」とか「エイジング」塗装になります。

 

パン切り包丁はラップなんかの箱についている「刃」(今は金属ではなくプラスチックでできていますね。)で作りました。

Wrap

黒パンは好きじゃないけど、このミニチュアは気に入ってます。

ミニチュアパン作りと並行して、またまたセリア(100円ショップ)の標本箱と呼ばれる木製ボックスをドールハウスにリメイクしていたので、次回はそれをご紹介します。

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

2013/03/16

【ドールハウス工作】 No.55 プレッツェル(Brezel/Pretzel)やパンのミニチュア (1)

(。◕‿◕。) 前回、お酒をモチーフにしたミニチュアを作ったので、その「つまみ」をと、まずはプレッツェル(pretzel/ドイツ語:ブレッツェル〔Brezel〕)を作ってみました。(以下、「ブレッツェル」と表記します。)

こんなの(↓)。

Miniaturbrezel01m

うはっ、アップにすると美味しそう delicious

 

 

大きさは、と言うと、こんな感じ。(1ユーロは10円玉とほぼ同じ大きさ)

Miniaturbrezel02m

全体はこんな感じ。

Miniaturbrezel03m

ブレッツェルというのは、日本ではプレッツェル型のスナックのイメージの方が強いかも知れませんが、パンの一種で、表面に大量の粗塩がついているので、ビールにピッタリ。(甘いブレッツェルもあるそうです。)

よく、「8の字」型のパンと紹介されますが、ブログ主にはひらがなの「め」に見えます。ただ、語源を遡るとラテン語の「brachium」(=上腕)だそうで、「腕を組んだ形」から来ています。

ミュンヘンの有名なホーフブロイハウスというビアホールに行ったら、テーブルで料理も注文できるほか、店内に屋台のような店があり、そこでこういう簡単な「つまみ」を買うことができたのを覚えています。

作り方は見たまんまですが、アクリル絵の具でベージュに着色した粘土(小麦粘土「NEW Pando」↓)で形作り、

絵の具(今回は、木材用の水性ステイン)で焦げ目をつけつつ、乾く前に塩(粒の細かい精製塩)をパラパラとまぶしたところ、粗塩のようになりました。

いつものように、多めに粘土を用意してしまったので、ブレッツェル以外のパンもいくつか作りました。次回はそれをご紹介します。

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

2013/03/14

祝!ハマスタオープン戦勝利!竜4-9☆

昨日はハマスタ(横浜スタジアム)にオープン戦(対中日)を観に行いきましたが、あったかかったですね。

。例年ならこの時期はダウンなんかを着込み、膝掛けも持って完全防備が必要なのですが、この日は気温が高くてビールもよく売れていました。

ブログ主はファンクラブ会員なので、内野自由席(2000円)が無料。会費は3000円だから、オープン戦で言えば2回観に行けば元が取れてしまいます。公式戦のチケットも割引になるしね。

で、ハマスタ開幕戦(対巨人)も既にチケットを取りました。奮発してSS席なんだから、勝って~><

昨日はデジカメを持っていったので、リニューアルしたバックスクリーンを撮ってきました。

Hamasuta01

投球数が表示されたり、打者についてはそれまでの打席内容(画像には映ってないけれど、スコアの上に「安打 犠飛 ...」のように表示されます)が表示されたり、以前より情報が増えたのはいいですね。

下は新しく設置されたフィールドシート。

Hamasuta02 Hamasuta03

たまたまですが、横に並べたらパノラマ写真ぽくなってイイですね。

結果は、書くのが面倒なので、こっそり球団HPからスクリーンショットを撮って貼っておきます。

Result

3回はブランコ選手、ラミちゃんの連続HRに2年目の高城選手までHRを放ち、気持ちのいい試合でした。

今回、初めて新規加入選手の応援曲を聴いたのですが、モーガン選手のがいいですね。なんか、昔のアイドル風の曲調なんです。石野真子とかが歌いそうだなぁなんて思って、どこかで聴いたことがあるなぁとも思ってたんですが、帰りの京浜東北線の中で唐突に思い出しました。

荒井由美(松任谷由実)の『ルージュの伝言』でした。

♪ あの人のママに会うために今、ひとり列車に乗ったの ♪

っていう曲。

まぁ、ブログ主はあんまり音楽的センスがないので、同意を得られるかどうかは知りません。

あと、ブランコ選手の曲もいい。

中日時代の応援曲が明るくて好きだったのですが、ちょっとその面影を残した曲に聞こえました。

ハマスタオープン戦日程

    03/13(水) 中日  
    03/14(木) ロッテ (中止)
    03/15(金) 阪神
    03/16(土) ソフトバンク
    03/17(日) オリックス
    03/19(火) ソフトバンク
    03/20(祝・水) 楽天
    03/21(木) 巨人
    03/22(金) 西武

2013/03/13

【ドールハウス工作】 No.54 ビアマグ、グラス、スパークリングワインのミニチュア

(。◕‿◕。) と、その前に...

100円ショップでクマのマスコット(携帯ストラップ?)を見つけました。

こんなの(↓左:ストラップは切り取っています)。

Teddy_bear07_m

ブログ主は縫いぐるみを集める趣味はないのですが、白いベアと並べると、お父さんとお母さんみたいになるかな?と買ってみました。(『【ドールハウス工作】 No.49 100円ショップのコレクションボックスで“球春到来!”』の2匹はその子供という感じで...)

 

 

ここから本題。

今、新しいドールハウスのアイディアを温めていて、そこに使えそうなものを、いつものように作りたいものから作ってみました。

 

それは お酒 !

 

ということで、ビアマグとワイングラスから。

Trinkkrug_mit_deckel01_m

ビアマグというのは、和製英語だそうで、こういう取っ手と蓋が付いた大ジョッキのことを英語ではタンカード(Tankard)と呼ぶのだそうです。こういう日用品のカタカナ語は結構紛らわしく、「ジョッキ」は和製英語。水差しの「jug」から来ています。

本体と蓋の一部は小麦粘土で作り、蓋の上部はブログ主の大好きなスナップボタン(←便利なんです)と服に付けるホック(←背ファスナーの上に付けるようなもの)です。ホックはむか~しから家にあったものです。

本体は陶器という設定で、レリーフのように見えるのは100円ショップで買ったネイルアート用のシールを貼っています。上から絵の具を塗り込めて浮き彫りのようにしました。

ワイングラスは下から、ボタン、鳩目、スナップボタン、マーブルチョコみたいな駄菓子が入っていた容器というかパッケージ(薬のパッケージのような押しだして取り出すようなもの)を積み上げて作りました。

パッケージの写真を撮ったので追加します。

Dagashi_chocolate_m

(´・ω・`) ... 

(`・ω・´)「こっち見んな」

今気づいたけど、このユーロはモーツァルトなのかな?ユーロは各国でデザインが異なるのが面白い。

見た目はしょぼくても coldsweats01 、こういう風に日用品とか意外なものを利用してミニチュアを作るのが一番楽しい。happy01

 

で、肝心のお酒は?というと、スパークリングワイン。

Sekt01_m

これも小麦粘土で成形し、塗料はクリア系の模型用塗料を使ったので、透明感が出せました。

銀紙はチョコレートの銀紙です。

カゴは以前もご紹介したと思いますが、100均のクラフトバンド(梱包用と言うよりは手芸用品かな?)を割いて、普通のカゴと同じ編み方で編んだものです。

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

2013/03/11

【ブログ主覚書】NHK BS1 ヒーローたちの名勝負

めっちゃ、面白そう。happy01 しかし、3月6日(水) の「ミュンヘンの奇跡 男子バレー・金メダル」の回見逃した...bearing 再放送して~!!

 

2013年3月13日(水) 午後9:00~午後9:30(30分)

「ボクシング輪島・奇跡の王座奪還」

無謀とも言われたリターンマッチに32歳で挑んだ輪島功一。パンチ力を誇る韓国人王者と壮絶な打ち合いの末、鮮やかなKO勝ち。引退の危機を執念で乗り越えた生き様を描く

「かえる跳び」など型破りな戦い方で、プロボクシング世界ジュニアミドル級王者となった輪島功一。韓国人挑戦者・柳済斗にKO負けして王座を失っ た翌年、32歳で無謀ともいえるリターンマッチに挑んだ。東京・両国の日大講堂での試合は序盤から激しい打ち合いに。輪島は、打たれる危険を顧みず、前に 出続け闘った。最後は、前評判を覆す鮮やかなKO勝ちとなった。引退の危機を執念で乗り越えた男の戦いを、関係者の証言で描く。

 

2013年3月14日(木) 午後9:00~午後9:30(30分)

「6球の大逆転 阪神“バックスクリーン3連発”」

1985年、阪神対巨人戦の伝説のホームラン、バース、掛布、岡田の「バックスクリーン3連発」。わずか6球の勝負でどんな攻防があったのか、知られざる心理戦に迫る。

詳細     1985年4月17日、プロ野球の阪神対巨人戦。阪神甲子園球場で、多くの人々の心に残るホームランが飛び出した。バース、掛布、岡田が槙原投手から放った「バックスクリーン3連発」。この日を境に猛虎打線は大爆発。球団創設50周年に21年ぶりのセ・リーグ優勝を果たし、日本を席けんした虎フィーバーの原点となった。3連発が生み出された背景は? わずか6球の勝負のなかで繰り広げられた、攻守双方の知られざる心理戦。

2013/03/10

【ドールハウス工作】 No.53 化粧品のミニチュア

(。◕‿◕。) と、その前に...

WBC一次リーグがアメリカやプエルトリコで始まりましたね。

今朝も早朝からカナダ×メキシコ戦を観てました。(いや、実はその前のドミニカ×スペインも少し観てたんだけど。coldsweats01

観られる試合はなるべく観たいし、録画もしたいので、再放送も含めて中継予定(J Sports)を個人用にまとめたところ、すさまじいスケジュール(↓)になってます。 coldsweats01

Wbc2013xlswbc2013.xls (試合結果の記入、誤りの訂正などで更新の可能性あり/ブログ主がまとめたものなので誤りがあるかもしれません。/試合時間は目安として全て3時間として作成。)

Excelって、表計算ソフトなんだけど、マニュアルとかスケジュールやプロジェクトの工程管理なんかの表を作るのにも便利なんですよね。必要な方(が、いるかどうか分からないけど...)はダウンロードしてお使い下さい。

 

ここで本題。

パッケージのミニチュアの続きです。ラベルを自作して、化粧品のミニチュアを作ってみました。

こんなの↓。

Cosmetics_lotion_m

香水瓶(?)はビーズなどのアクセサリーパーツを組み合わせて作ったものですが、アクセサリーパーツは小さくても凝った造りで色々なものに見立てることができ、おまけに数個入りで100円程度で買えるので、便利な素材です。

化粧水と乳液の瓶は、棒などの先端に被せる保護キャップの上に虫ピンの頭(針を取ったもの)を付けて蓋のようにしただけです。乳液は、中に、以前100円ショップで購入したスイーツデコ用のクリーム(シリコンのようなもの)を詰めています。

コンパクトケースは、スクラップブッキングなどに使われるブラッズ(割りピン:直径7mmくらい)の脚をカットして2つ組み合わせたもの。内側には適当に粘土を詰めて、ファンデーションに見立ててみました。思いつきで作ってみたけど、それっぽく見えませんか? happy01

 

 

web拍手 by FC2

(拍手はブログ主のモチベーション維持程度の目的です。面白かった、役に立った、等々、宜しければクリックしてください。)

2013/03/09

【ドールハウス工作】 No.52 食品パッケージのミニチュア

(。◕‿◕。) 少しずつ市販(風)の食料品のパッケージのミニチュアを作っていました。

こんなの↓。

Miniature_lebensmittel01m

分かりにくいけど、右下の、チョコレートが載っているのは1ユーロコインでほぼ10円玉と同じ大きさです。

 

これらは自分で購入した食料品のパッケージをスキャンしたり、ネットで見つけた画像からロゴなどを切り取ったり、自分で書いたりして、それっぽくデザインしたものです。

Miniature_lebensmittel02m

 

 

作り方を簡単にご説明すると...

【ミニチュアチョコレート】

チョコレートは購入したもののパッケージをスキャンして、ほぼそのまま使いました。

ガーナチョコレートは実際には箱なのだけど、明治チョコレートと同じような包装にしました。

芯にしているのは2mm厚バルサで、実際のサイズの1/12よりはかなり厚く(正確なスケールで作るとしたら0.5mm)、縦横の大きさも、実際より1割くらい大きくしています。

銀紙は本物のチョコレートの銀紙を使ってます。

【ビスケット/クッキー】

後ろのビスケット(チョコチップクッキー)は、実物のこんなパッケージ(↓かなり縮小してあります)の画像をコピーして参考にしながら自分でデザインしました。

Miniature_lebensmittel05

芯にしているのはφ6mmの丸棒です。

余談ですが、製品パッケージには「ビスケット(BISCUIT)と書いてありますね。日本やアメリカでは、こういう焼き菓子は普通クッキー(cookie)と呼ばれますが、イギリスではビスケットとです。これはイギリス製のお菓子なので、ビスケットです。

 

Miniature_lebensmittel03m

【ミニチュア缶詰】

缶詰は、ホームセンターで見つけたステンレス製の金具(スペーサー/φ8mm、H15mm)なんかを使っています。こういう金具は数個入りで100円程度で買えます。

キャンベルスープのラベルはシンプルなデザインなので、ロゴやマークだけ借りて自分で作りました。

シリアル類は、一度正確なスケールで作ったら小さくて見栄えがしなかったので、1.5倍のサイズにしています。まぁ、大箱ということで...。

 

デザインした画像はWordに貼り付けて、サイズを調整してから印刷します。

Miniature_lebensmittel04

マーキングする箇所は本当は「幅」にすべきでした。クッキーの包装紙は横幅25mmに設定したからですが、ここでちょっと面白い現象が起きています。25mmと入力したのに、自動的に24.99mmに変更されてしまいました。

想像するに、内部的にはmm以外の単位(←調べたら「ポイント(pt)」でした)を基準として使っていて、アプリケーション側で一旦近似のポイントに換算し、そこから再度mm単位への換算をしているからでしょう。まぁ、この程度の工作なら誤差の範囲です。

なお、Word2003ならサイズはデフォルトが「ポイント単位」になっているので、「mm単位」表示にするには「ツール」→「オプション」→「全般」タブで「使用する単位」を「ミリメートル」に変更します。

Miniature_lebensmittel06

ちなみに、プリンター用紙は「マット紙」(つや消しコーティングされた紙)を使用しています。ボックスを組み立てるなら、なるべく厚手のもので、ペーパークラフトに使用できるタイプのもの(0.2mm以上)を使用して下さい。

 

こういうのはデザイン(設計)までが楽しくて、組み立てるのは飽きっぽいブログ主にとっては苦行に近い。 coldsweats01 だから二度と同じものは作り(れ)ません。

面白いので、もう少しミニチュア食品を作ってみようと思います。

 

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

2013/03/06

【ブログの楽しみ方】記事の日付を変えたらURLが変わってしまった!?【ココログ】

『ブログの楽しみ方』ではありませんが、うっかりと、ある過去記事をwebページだと思って日付を変えてしまったので記事のURLが変わってしまい、web上に古い記事と新しい記事が存在するようになってしまいました。(該当記事は、いつも記事タイトルから「記事一覧」で検索して修正していたので、通常のブログ記事ということを忘れていました。coldsweats01

 

覚書を兼ねて、このトラブルの原因と対処方法を記事にしておきます。

ご存じの通り、ブログ記事は「公開」して初めてURLが付与され、ユーザーがこれをコントロール(指定や変更)することはできません。

後述しますが、ブログ記事は月ごとに別々のフォルダに保存されていて、その中でユニーク(固有)のアドレス(URL)が振られています。

下の画像は古い記事で、日付は「2012年9月10日」になっています。

Journal_date01

これをうっかり「2013年2月5日」に書き換えてしまったところ、別のURLが割り当てられ、別の記事になってしまいました。

Journal_date02

この場合は古い記事を消すことで対処しましたが、以下にその方法を記します。

pc pc pc pc

1.ファイルマネージャーで、古いURLから該当ファイル(該当記事)を探す

この例では古い記事のURLは

http://daishi100.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/wbc-20132013-05.html

です。

下の画像はファイルマネージャーで該当記事の存在するフォルダを開いたところですが、背景色を付けたのは、「現在のフォルダ:」に表示されている、

ホーム/blog/2012/09

のホームに該当し、URLは、その配下の「blog」フォルダの中の「2012」フォルダ、更にその中の「09」フォルダに該当ファイル「wbc-20132013-05.html」が存在することを意味しています。

Journal_date03

従って、上のようにファイルマネージャーで「blog」というフォルダを開き、更にその中の「2012」フォルダ、「09」フォルダと開いていくと該当ファイルが見つかるはずです。

 

2.該当ファイルを削除する

あとは、このファイルにチェックをつけ、[削除]ボタンをクリックしてファイルを削除します。

なお、このトラブルはFAQで見た記憶があったので探したみたところ、削除するのではなく、古いファイル(記事)を編集する方法を尋ねるものでした。

「該当記事をファイルとしてダウンロードし、編集してからファイルマネージャーでファイルをアップロードして置き換えする」方法で、HTMLファイルの編集に不慣れな方には難しいかも知れませんが、参考までにリンクを貼っておきます。

 

【関連FAQスレッド】

2013/03/05

【ドールハウス工作】 No.51 100円ショップものを使ってプレート(お皿)作り

(。◕‿◕。) 以前、市販のテディベア用にテーブルなんかを作って家族にプレゼントしたのだけれど、テーブルの上が寂しいので、手持ちの材料でクッキープレートを作ってみました。

こんなの↓

Plate01m

ベアも嬉しそうのぞき込んでいます。

クッキーは『【ドールハウス工作】 No.42 ジャムとクッキー』でご紹介したものと基本的には同じですが、この時に余ったチョコチップを使って、クッキー生地は100円ショップ(セリア)の「木かる粘土」(木粉粘土)をそのまま使いました。元々クッキーのような色が付いているので、小麦粘土で作ったチョコチップを加えてクッキーのように成形しただけです。

 

 

でも、今日の話題はクッキーではなくてプレート(お皿)。

こんな道具で作りました。

Plate02m

100円ショップ(セリア)で購入したクッキー型やクッキーなどの生地を伸ばすローラー、それと手持ちのものです。

作り方はだいたい想像がつくと思いますが、ローラーで粘土を伸ばしてから、クッキー型で抜き、それより小さめの丸いもの(この場合はマニキュアの蓋)で中心を窪ませただけです。

実はこのお皿はだいぶ前に作ってあって、絵付けをしようと思いつつ、面倒なのでほったらかしにしてました。

まぁ、山崎春のパン祭りのお皿と言うことで...coldsweats01

ブログ主は適当にローラーで粘土を伸ばしたけれど、多分、下のようにして、上から圧力を掛ければ均等な厚さに伸ばせると思います。

Plate05

なお、プレートに使った粘土は100円ショップのものではない小麦粘土。多分、樹脂風粘土と呼ばれているもの(←小麦が原料)とほとんど同じだと思います。

 

下は、100円ショップで買ったものではないけれど、アクセサリーパーツをプレートに見立てたもの。

Plate03m

2枚で150円くらいでした。これは、昨年末くらい(?)に川崎駅に隣接したショッピングセンター(ラゾーナ川崎)内にできた貴和製作所というショップで買いました。(リンクは公式サイトのトップページですが、「台座」・「ミール皿」というカテゴリにあります。)

お皿くらいならドールハウス用のミニチュアショップで手に入ると思いますが、多少なりとも工作の要素がないとブログ主にはつまらないので...

丸カンはペンチでカットするには固いのですが、以前もご紹介したアルミカッター(↓)を使うとサクッと切れます。

 

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。) 

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

2013/03/02

【ドールハウス工作】 No.50 シュライヒ(Schleich)のゴールデンレトリバーでジオラマ

(。◕‿◕。) ドイツのシュライヒ(Schleich)社のミニチュアアニマルを飾るジオラマを、またまた100円ショップのディスプレイケースで作ってみました。

こんなの↓。

Goldenretriever_welpe01m Goldenretriever_welpe02m

 

 

使用したディスプレイケースはトールタイプという縦に細長いものです。サイズは下の画像を参照して下さい。価格は税込み100円でした。

Display_case_talltype

 

このミニチュアアニマルは以前からホビーショップで見かけていて、子供の頃に駄菓子屋でこういうのを買い集めていたブログ主はずっと気になっていましたが、いつでも買えて、「買えばそのまま使える」というのでは面白くないので、今回、このミニチュアを飾るためのジオラマを作ることを思いついて、初めて購入してみました。

タイトルにある通り、ゴールデンレトリバーの子犬です。

 

ジオラマの説明をする前に、少しシュライヒ社(リンク先はドイツ語Wikipedia)について調べたことを書いておくと、元々はプラスチック材料のメーカーで1935年創業、ミニチュアアニマルの製造へ完全にシフトしたのは1980年代だそうです。

シュライヒのフィギュアの塗装は全て手作業だそうです。ポリシーは子供の教育に役立つミニチュアだそうで、実物に忠実で自然なミニチュアを製作しています。そのためか、公式サイトの各商品ページは、その動物の説明がメインになっています。子供が手にとって遊べることが第一だからか、動物によってスケールはまちまちなのですが、犬は1/12スケールなので、一般的なドールハウスに使用することができます。

例えばこのゴールデンレトリバーの子犬は50×22×(高さ)37mmの大きさなのですが、実際の高さに直すと44~45cmということになります。犬は詳しくないのですが、こんなものなのかな?

 

以下、ジオラマについて簡単に説明します。

Goldenretriever_welpe01m2

①樹木

幹や枝はフローラルテープが巻いてあるワイヤー(ダイソーで購入)を数本より合わせて、さらにブラウンのフローラルテープで巻いたもの。

もう少し丁寧に作るなら、さらにパテやモデリングペーストなどで肉付けして塗装した方がリアルになるかと思います。

今回、葉の部分はホビーショップで買ったフォーリッジを使ってみました。

フォーリッジというのは、繊維質のシートにスポンジの粒を付着させたもので、鉄道模型などのジオラマ作成に、樹木や草などを表現するのに使われます。

今回は緑色と明緑色の2色を使いましたが、枝への接着は木工ボンドでOKです。

土の部分はコーヒーの出し殻をボンドで固めたものです。 

 

②芝

これは、以前も使った、川砂で自作したシーナリーパウダーもどき。

③垣根

2mmバルサで作成。高さは5cm。

④アイビー

これも、何度かご紹介してるように、フローラルテープ巻きワイヤーを蔦にして100均小麦粘土で作った葉を貼り付けたものです。

 

 

 

web拍手 by FC2

(拍手はブログ主のモチベーション維持程度の目的です。面白かった、役に立った、等々、宜しければクリックしてください。)

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

【関連記事一覧】

Display_case10sm Display_case_315 Teddy_bear06m

Goldenretriever_welpe01m

2013/03/01

【WBC2013】スカパー!オンデマンド/J SPORTS LIVE+オンデマンド(ライブストリーミング開始)

強化試合から本大会決勝まで全47試合オンデマンド配信決定!

PCやスマホなどでも「スカパー!オンデマンド」の「J SPORTS LIVE+オンデマンド」で視聴することができます。日本戦以外のカードも見たい方には朗報。

http://vod.skyperfectv.co.jp/channel/jsports

3月は割引キャンペーン。※4月以降は通常価格2400円、割引価格1050円となります。

  • 月額1,200円(税込) 【月額プラン】
  • 月額500円(税込) 【月額プラン】
    割引条件:スカパー!で「J SPORTS1+2+3+4」、「スポーツセレクション」契約の方。

詳細は「スカパー!オンデマンド」またはJスポーツ動画公式サイト(http://www.jsports.co.jp/movie/)でご確認下さい。

テレビの放映スケジュールなど、WBC関連の情報は『【ブログ主覚書】WBC 2012/2013【ワールドベースボールクラシック2013】』に随時掲載していく予定です。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ