最新情報

  • 2019/08/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ブログ主覚書】WBC 2012/2013【ワールドベースボールクラシック2013】 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.47 ダイソーのコレクションボックス »

2013/02/09

【ドールハウス工作】 No.46 100均のディスプレイケースでジオラマ その3

(。◕‿◕。) 前回の続きですが、ちょっとその前に...

このディスプレイケースにジオラマを作るというのは、鉄道模型などのスケールモデルを作っていらっしゃる方にはよく知られています。ドールハウスやドール用のルームなどを作ってからケースを探すのは難しいので、初めからディスプレイケースに合わせてドールハウスを作成するのは、ホコリの心配もないので飾りやすいし、良いアイディアだと思ったので、1/12スケールでも使えないかと試してみました。

 

下の画像の状態に更に手を加えていきます。

Display_case06am_2

 

 

目指すのは下のような、コッツォルズ(イギリス)の秋をイメージしたシーン。(下の画像)

Castle_combe02

壁に這っているのは多分ブドウかと思いますが、こんな雰囲気を出したくて、粘土で色づいた葉を作ってみました。

Display_case08m

粘土はいつものように100円ショップの小麦粘土。(※)

葉は下の型で作成しました。(中間の3つのサイズを使用)


 

※小麦粘土について

実は、もう少し良い(高い)粘土ならさぞ使いやすいだろうと、「ニューパンド」(日清製粉グループ/(株)ジャックス)という小麦粘土を買ってみたのですが、伸びが悪くて使いづらいようです。念のためメーカーに問い合わせてみたら、COSMOS(日清アソシエイツ(株)/樹脂風粘土ですが、樹脂“風”粘土とは基本的に小麦粉などを原料としたもの)よりは固いことは確かとのことなので、こんなものなのかもしれませんが、この粘土はこういった細かい細工には向かないようです。

乾燥後の質感とか、好みはあるかと思いますが、100均小麦粘土がブログ主には一番使いやすいとは... 安上がりでいいんですが...

アートフラワーなどに使うテープ巻きワイヤー(=フローラルテープが巻かれたワイヤー。これはダイソーで買ったもの)を蔓のように壁に這わせ、粘土で作った葉を接着。

Display_case09bsm

これで完成です。先日作ったミニチュアブーツを置いてみました。

Display_case10sm

小さなディスプレイケースの中に旅の思い出を閉じ込めました。 (→コッツウォルズの画像はマイフォト『1998.10 ロンドン・バース・コッツウォルズの旅 No.2』に掲載)

 

web拍手 by FC2 (拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

【関連記事一覧】

Display_case10sm Display_case_315 Teddy_bear06m

Goldenretriever_welpe01m

 

« 【ブログ主覚書】WBC 2012/2013【ワールドベースボールクラシック2013】 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.47 ダイソーのコレクションボックス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ブログ主覚書】WBC 2012/2013【ワールドベースボールクラシック2013】 | トップページ | 【ドールハウス工作】 No.47 ダイソーのコレクションボックス »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ