最新情報

  • 2020/09/16
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ドールハウス工作】 No.39 シングルソファの作り方 | トップページ | 【WBC2013】各国暫定ロースター発表となぜか外国語の勉強の話 »

2013/01/13

【ドールハウス工作】 No.40 レンガ造りの暖炉

(。◕‿◕。) 以前の記事『【ドールハウス工作】 No.37 ウィンザーチェアとテーブル、ディスプレイコーナーの改造に着手』で作り始めた着脱可能な暖炉が完成しました。

Display_corner_fireplace03_s

上記記事で書いたように、材料はスチレンボードで、3mm厚の両面にペーパーが貼ってあるものが余っていたので、その消費も兼ねて作りました。(本当は、ペーパーなしの方がいいです。)


 


カッターと精密ヤスリで目地部分を彫り(=罫書いて)、レンガの塗装が乾いてから目地の部分に固まり掛けていた100円ショップの石膏粘土を水で緩くして塗り込みました。

先にアクリル絵の具で塗装してあるので耐水性があるため、レンガ部分についた粘土は湿らせた布で拭き取っています。

暖炉の前に柵を置きたいけれど、今のところ良い素材が思い当たらないので、思いついたら作ろうと思います。

1:12スケールのレンガの表現テクニックは『【ドールハウス工作】 No.44 100均のディスプレイケースでジオラマ その1』や『【ドールハウス工作】 No.77 100均木箱で作るミニショップ No.3/Miniaturbude』でもご紹介しています。

 

 

暖炉の上にはブログ主の好きな画家、セガンティーニの絵を額にして掛けてみました。

アルプスの画家ジョバンニ・セガンティーニ(Giovanni Segantini/1858-1899)の『水を飲むグラウビュンデンの娘』(Bündnerin am Brunnen)という絵で、サンモリッツ(スイス)のセガンティーニ美術館を訪れたときに購入した絵はがきをスキャンして作りました。

Segantini2

この頃の作風は新印象主義と呼ばれるそうで、ややゴッホに似た筆致で、一瞬の光を捉えた印象的な作品が多いようです。

本当は山の描かれている絵、例えばアルプス三部作(「生」-「自然」-「死」/スイスで購入した「セガンティーニ100回忌記念」の作品集によると、現在は「生成」-「存在」-「消滅」と呼ばれるそうです。)のような絵を使いたかったのですが、一番明るい色で描かれ、ミニチュアにして映えそうな絵が『死』だったので、ちょっと使うのを躊躇いました。

なお、セガンティーニの絵はブログ主が知っている限りでは、倉敷にある「大原美術館」で見ることができます。(リンクは大原美術館の『アルプスの真昼』のページ。セガンティーニの略歴も書いてあります。)

額はバルサで、縮小した絵のサイズに合わせて組み立て、絵を額より一回り小さい台紙(厚紙)に貼り付けてから額に貼っています。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

banner_Amazon_my_store_large.png

 


 

« 【ドールハウス工作】 No.39 シングルソファの作り方 | トップページ | 【WBC2013】各国暫定ロースター発表となぜか外国語の勉強の話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ドールハウス工作】 No.39 シングルソファの作り方 | トップページ | 【WBC2013】各国暫定ロースター発表となぜか外国語の勉強の話 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ