最新情報

  • 2019/08/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« プチ工作:バルサで作るミニオブジェ -nostalgia- | トップページ | プチ工作:バルサで作るミニオブジェ -nostalgia No.3- »

2012/06/15

プチ工作:バルサで作るミニオブジェ -nostalgia No.2-

タイトルの『nostalgia』は、対象物そのものもそうですが、できあがりが『グリコのおまけ』的な懐かしさを覚えるものという意味をかけています。

ミニオブジェ第2弾はポータブルレコードプレイヤー。(前回の記事はこちら

ポータブルレコードプレイヤー

横幅は約3.8cm。レコード(シングルレコード)はボタンです。

レコードなんて、もう何年も見ていないので忘れてたけど、シングル盤て、真ん中の穴が大きくて、なんかアダプターみたいなのを付けてセットしてましたね。

レコードジャケットは中古レコード屋のサイトで適当に分かりやすい画像を探したもので、舟木一夫やザ・テンプターズに特別の思い入れはありませんw

 

もう一つはテレビ。これも「ポータブル」のイメージで。

Nostalgia_television

テレビはミニミニオブジェを知る前にたまたま『ベイスたんのおへや』で「テレビさん」を作っていたので、違う雰囲気、ちょっとキッチュな感じにしてみました。

横幅は約3cmで、脚は工具箱で見つけた釘。画像には移っていないけど、後ろにはブラウン管テレビの出っ張りも作ってあります。

昔のポータブルテレビは、こんな感じの安っぽい筐体のものが多かったけど、大きめのテレビは木目調とかいって、やたら風格(?)がありました。

大抵、オカン手作りのカバーがかかっていて...

当時のオカンのカバー好きは留まるところを知らず、電話やドアノブまで服を着せてたものでした。

下の画像は、以前にもブログでご紹介したものですが、『シャープ ハイ・カラー 歓 よろこび』のノベルティグッズらしい『世界の万博切手シート』。ウチにこのテレビがあったかどうかは知りません。

Stamp01 Stamp02

 

この記事最後の“懐かしもの”は『ママレンジ』。

ママレンジ

横幅約2.5cm。五徳(ごとく)は直径8mmくらいのスナップボタンで、ブログ主がミニオブジェを作るきっかけとなった『ミニミニオブジェのプレゼント―かわいく手づくり雑貨たち』でスナップを使ったガス台があったので、それを真似したのですが、デザインは『ママレンジ』にしてみました。

『ママレンジ』とは、1969年にアサヒ玩具から発売された、ちゃんとホットケーキが焼けるというのが“売り”のオモチャでした。

ブログ主は持っていなかったので、画像をググってみたら、あるわ、あるわw

こんな感じ。

Mama_renji02

白いイメージがあったけどピンクが多いのは、ピンクを買って貰った(当時の)女の子が多かったのかな?

 

関連記事

« プチ工作:バルサで作るミニオブジェ -nostalgia- | トップページ | プチ工作:バルサで作るミニオブジェ -nostalgia No.3- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プチ工作:バルサで作るミニオブジェ -nostalgia- | トップページ | プチ工作:バルサで作るミニオブジェ -nostalgia No.3- »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ