最新情報

  • 2019/07/22
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の7件の記事

2012/05/30

最近のお気に入り -ワインショーレとか雑穀ご飯とか-

最近、やや天候が不順ですが、気温は丁度よくて過ごしやすいですね。

冷たいものも美味しい季節になりました。ブログ主の今のお気に入りは、ワインスプリッツァ(WINE SPRITZER)という飲物。

これはワインを炭酸で割り、レモン果汁を加えたものだそうで、ドイツの喫茶店なんかでよく見かけるヴァインショーレ(Weinschorle)です。

このショーレという言葉、私家版スクラップブックで『アプフェルショーレ(Apfelschorle)』(りんごジュースの炭酸割り)もご紹介していますが、元々はワインを炭酸で割った飲物“Schorlemorle”(ショーレモーレ)を短縮した言い方だそうで、言葉自体は(Wikipediaによると)語呂遊びみたいな言葉のようです。また、このワインを炭酸で割るという飲み方は、あるドイツ語のサイトによると、19世紀に南ドイツに駐留していたフランス兵士が好んだ飲み方だのことです。

単純に炭酸水で割ったもの(辛口ショーレ)やラムネで割ったもの(甘口ショーレ)など、バリエーションもあるようです。

基本はワイン 5:炭酸水 5で作るらしく、画像の商品もアルコール度数が6%なので、そんなものですね。

 

ところで、昨日は約4ヶ月ぶりに表参道の伊藤病院に行ってきました。

前回の検診で、ヨウ化カリウムを2滴/日→1滴に変わったんだけど、薬が効いていて数値が下がりすぎたので、今回からは薬なしで様子を見ることになりました。

甲状腺機能亢進症や伊藤病院については→まとめ記事『伊藤病院に行ってきた【バセドウ病】』を参照して下さい。

それ以外はいつも通りなので、その他に書くことはありませんが、いつもは採血から診察までの待ち時間は病院内で本などを読んで、時間をつぶすのだけど、昨日は外が気持ちいいので、原宿をブラブラと歩き回っていました。

竹下通りを原宿駅近くまで歩いて折り返したんだけど、結局、ダイソーに入って、観葉植物(テーブル椰子)なんかを買ってしまった...原宿まで行ってダイソーとは...

 

『もうね、アホでしょ、ホンマ』 ←しじみ生活風に 

 

でも、今回は歩き回ったせいで、思わぬ収穫が。

伊藤病院の近く、表参道ヒルズの裏に新潟県の物産館があるのは以前から知っていたけど、今回初めて入ってみました。

美味しそうなものが一杯!

(表参道・新潟館ネスパス公式HPはこちら→http://www.nico.or.jp/nespace/

新潟と言えば、もちろん米どころ。高級米がたくさんあったけど、そのコーナーに、もちきびと古代米を発見。

スーパーなんかのお米のコーナーに行くと、雑穀ご飯の素というか、数種類の雑穀を混ぜたものが売られていて、これを適当にご飯に混ぜて炊けばいいのだけれど、ブログ主は単品で雑穀を買い置きして、気分によって分量を変えています。

下は(適当に見つけた)赤米の画像ですが、こういうのや発芽押麦をご飯に混ぜて、オリジナルの雑穀ご飯を作るのが最近のお気に入り。

最近、お赤飯の素みたいな茹でた小豆(普通はササゲ)がレトルトパックになっているものを見つけ、これも使っています。

で、多めに炊いて、冷凍にしておきます。

Zakkoku_gohan

ちなみに上のご飯は、

  • 白米: 1合
  • 押麦+黒米(大さじ1): 1合
  • もち米: 2合

の割合です。(画像はゴマ塩がかかっています)

作り方は、かなり適当。全部混ぜてからお米と同じようにといで、30分くらいざるにあけておきます。

水加減は、通常白米には同量の水を入れますが、もち米の場合は7~8割くらいの水加減。だから、水はお米用の計量カップすり切り2杯+七分目くらいを2杯って感じで入れて、圧力釜で加熱3分+蒸らし時間はちょっと多めに25分くらいにして炊いています。(圧力釜のレシピ通り10分だと、蒸らしが足りない気がするので。)

 

最後にプチ工作を...

Anchor01

これは、駅ビルに入っているお気に入りの雑貨店「salut!」(サリュー)で見つけたマリンモチーフのオーナメント(↓)をばらして作ったもの。 テーブル椰子はこれと一緒に飾りたかったのです。(1コ外したので、オーナメントはあと4コ残ってます。)

Anchor02

上のオーナメントは525円で、隣にある「3coins」という所謂300円ショップにも、よく似たものがありました。(こちらは315円)

いつも、同じモチーフ(ちょっと前はエッフェル塔で、今はマリン)の商品が並ぶので不思議に思ってたのですが、調べたら同じグループの会社のようです。

ブログ主はマリンモチーフが好きなので、色々とそそられたけど、出来合いのものより工作する方が好きなので、オーナメントだけ買ってみました。

2012/05/27

プチ工作:まだまだ続くよ、プチ工作は

前回の記事『プチ工作:100均カーテンで棚を隠しちゃった/その他いろいろなプチ工作』で紹介しきれなかった最近の工作をもう少々。

そこでご紹介した「アルファベットスタンプ」、まだまだ押し足りなかったので、ケーブルのネームタグを作ってみました。 適当に見つけた画像だけど、一般的にはこんな感じのもので、ケーブル(電源コード)に付けて区別しやすいようにします。


100均で売っているのを見て、便利そうだと思ったけれど、デザインがイマイチ好みでなかったので、コルクシートの切れ端で自作してみました。(プリンタはケーブルの色が違うので、PCとスキャナ用のみ)

Cable_tag

下のたこ糸は、取りあえずこれで付けようかと思って...

本当は商品画像のような結束バンドみたいに、ケーブルに対して摩擦が大きく動かないのがいいんだろうけど。

工作好きのブログ主は鳩目(ハトメ)なんかも実は持ってます 

ご参考までに鳩目に必要な道具をご紹介すると、

まず、穴を開けるためのハトメポンチと下敷きが必要です。それと、金槌(カナズチ)、作業台がなければ木の板など。商品説明の画像(右)のようにして使います。

Hatome01 Hatome02

そして、鳩目を付ける道具はこんなのが売られています。(鳩目金具付き)

Hatome03

穴開けようのポンチとパンチはサイズを揃える必要がありますが、ブログ主が持っているのは、穴径5mm用のもの。

下敷き、ポンチ、パンチはいずれもホームセンターなんかで数百円ほどで買えるものですが、確か、100均にも置いてあったと思います。

なお、紙などの薄いものに使う場合、実は、5mmなら100均でも買える2穴パンチが使えます。高級なパンチはパイプファイルにも使えるようにもう少し大きな穴が空くのですが、安いものは大抵このサイズ。

あと、ブログ主はたまたま1穴パンチ(下の画像のようなもの)を持っていますが、これも計ったら5mmでした。

だから、2穴パンチがあれば、鳩目を遊びに使うには、100均で鳩目付きのパンチでも買ってくればいいわけです。

もう一つのプチ工作は、まぁ、工作と言えるかどうか分かりませんが、キッチンの戸棚にガラス用の目隠しシートを貼ったこと。

Glass_sheet01 Glass_sheet02

取りあえず、下半分くらいに貼ったけど、これは、この吊り戸棚の下端が床上150cmくらいの位置にあり、この程度貼れば視界に入らないかと思ったからですが、下半分だけでも白っぽくなることで、キッチンが明るくなったので、これは全面に貼っても良かったかなと思っています。

これも100円ショップで買ったもの。商品の説明書きを見ると、ガラスが割れたときに飛散防止にもなるとのことで、なるほど、そういう意味もあるかと思いました。

それと、これもアイディアだけ書いていた、100均の滑り止めシートをカップボードのグラスの下に敷いてみました。

Suberidome_sheet

フラッシュのせいで明るめに映っていますが、実際はもう少し濃いブラウンで、木製の棚に馴染みます。

これはいい。もう1ロール買ってこようっと。

2012/05/26

プチ工作:100均カーテンで棚を隠しちゃった/その他いろいろなプチ工作

以前も、出窓の下の隙間(色々なものを置いて雑然としている)をカフェカーテンを買ってきて隠したという記事を書いたことがあるのですが、またまた、棚をカーテンで隠してしまいました。

でも、今度は100円ショップで買ってきたカーテン。

下は、幅約60cmの側板や扉のない棚で、トレイなどを収納していているのを隠したかったのです。

100yen_curtain

たまたま100円ショップで見つけたのは30cm×120cmのサイズ。これを3枚使ってみました。 片側は壁に付けているので手抜きをして2面のみ隠してます。

イメージとしてはこんな感じ。↓

100yen_curtain02

はじめから3面しか作らず手抜きをするつもりだったので、下に切って使える滑り止めシートなるものを敷いてみました。(こんなの↓です。)

画像は適当に見つけたものですが、こんなのが100均に売っています。まだ残っているから、カップボードの中のグラスの下に敷いておこう。去年の大地震の時にはワイングラスが倒れて割れてたし。あと、A4くらいに切って、キッチンに常備しとこうかな。すり鉢やおろし金を使うときとかに使えそうだし。良いアイディアが浮かんだら、その内ご紹介します。

 

 

 

このカーテンとは別に、もう1種類買ってきて、少し切ってサイズを変え、キッチンの棚の前にも下げてみました。その画像はないけど、商品タグはこれ↓。

100yen_curtain

このストライプ柄というのは、綿でできていて、ナチュラルな色合いなので、切った部分ももったいなくて、昨日の夜、ちくちくと手縫いでコースターを作ってみました。

昨日鷲vs☆戦中止で暇だったんだもん...

Coaster

作り方は、『プチ工作:手縫いでティーコジー』のティーマットと同じです(厚手の生地なのでアイロン接着キルティング綿なし)。できあがりサイズは約9.5cm。もう一回り大きい方がよかったけど、これがギリギリでした。

ふと思いつきで、スタンプも押してみることに...

おお、なかなかいいじゃない。

ちなみに、ブログ主が使ったインクパッドはこれ。

このシリーズは微妙なニュアンスの色合いが好きで、布にもきれいに押せるんだけど、洗濯すると落ちてしまうようです。まぁ、コースターは汚れたら捨てるので、これでOK。

水洗いするような布にスタンプする場合は、同じメーカの「バーサクラフト」シリーズを使って下さい。(色の種類がかなり限られますが、100円ショップにも布用スタンプパッドがあります。ブログ主も持っているけれど、実際に洗濯するようなものにスタンプを押したことがないので耐水性はよく分かりません。)

違う色でスタンプを押す場合は、スタンプクリーナーというものがあると便利です。

でも、マニキュアの除光液(100均ので充分)でも代用できます。ブログ主は上の画像のクリーナーを持っているけれど、塗布する口が液体ムヒみたいにスポンジになっているので、そこが便利ってところですかね。

カーテンのあまり布はほとんど残っていないけど、断捨離のできないブログ主は小さい布だって捨てません。

まだまだ利用しちゃうよー

たまたま友達にものを送る予定があったので、簡単にラッピングをして、その飾りに使ってみました。

Wrapping

あまり布にアルファベットスタンプを押して、周囲をピンキングばさみで切ったもの。両面テープを貼れば、シールのように使えます。

このアルファベットスタンプは、ネットで見つけて買ったもの。こんな感じで4種類のセットがあるうちの『大文字』です。

これは、あることに使おうと買ったのだけど、それは追々ご紹介することにして、取りあえず押してみたかったので、家にあったシール付きのコルクシートにペタペタして、ラベルを作ってみました。

Stamp01

 

 


2012/05/19

プチ工作:手縫いでティーコジー

ブログ主は紅茶はほとんど飲まないのでティーポットを使うことなんて滅多にないんだけど、人に紅茶を出すときはポットを使うので、ティーコジー(ティーコゼー/ポットカバー/tea cozy)があったらいいなと、作ってみました。

なんかテケトーに作ったので、いい作り方かどうかはよく分からないけど...

こんなの↓。

ティーコジー/ティーコゼー/ポットカバー

100円ショップで綿麻(綿と麻の混紡)のわりと大きめの布(花柄)を見つけて、フキンにでもしようかと買っておいたのを手持ちの綿麻の布と合わせて使ってみました。あまり布でティーマットも。

間にアイロン接着キルティング綿を挟んでいるのですが、同じ形のドーム型を2つ作ってからかがり縫いで作るので、手縫いでも厚いティーコジーを縫うことができます。(説明図では接着芯と書いていますが、アイロン接着キルティング綿の間違いです。

接着キルティング綿はアイロンで接着する際につぶれるので合計4枚使っていますが、普通のキルティング綿なら2枚で、6の工程で仕付けをしてから縫えばいいのではないかと思います。

今日は、午前中メジャー中継を見ながら作り方の説明図もExcelでチマチマ作った(関連記事→『Excelでお絵描き』)ので、この後で型紙の起こし方から、覚書がてら書いておこうと思います。

 

 

【型紙の起こし方】

1. ポットの周囲、最も太い場所をメジャーで測ります。

ティーコジー(ティーコゼー/ポットカバー/tea cozy)

2. コピー用紙などを当て、この長さ+2cmを横幅として、ドーム型におおよその型を取ります。(高さはポットの高さの+5cmくらい)

ティーコジー(ティーコゼー/ポットカバー/tea cozy)

3. 別の紙に製図します。

ティーコジー(ティーコゼー/ポットカバー/tea cozy)

説明にするとやや複雑に感じますが、半円の直径を幅と同じにする必要があるので、逆算して下の長方形の高さを決定しています。

実際に作った型紙は幅24cm、高さ20cmなのですが、12cm(24cmの半分)の半径を持つ半円を含めて高さを20cmにするには高さ8cmの長方形が必要です。

従って、幅24cm、高さ8cmの長方形を描いてから、上辺の中央にコンパスを当て、半円を描きます。

手元に1cmの方眼になっている工作用紙があったので、製図は簡単でした。持ち手は単純に4×9cmの長方形なので特に型紙は作りませんでした。また、飾りのリボン場の布も実は後から思いつきで付けたので型紙はありませんが、各パーツのサイズは4の通りです。

コンパスがない場合は、(この例だと)24×20cmの長方形の紙を用意して半分に折ってから角を丸く描き、左右対称のドーム型の型紙を作ります。

或いは、こんな感じ(↓)の家型にするとか。窓やドアはアップリケで付ければ良さそうです。

 

【ティーコジーの作り方】

4. 布の裁断

ティーコジー(ティーコゼー/ポットカバー/tea cozy)
説明図では接着芯と書いていますが、アイロン接着キルティング綿の間違いです。

上記以外にトーションレースなどお好みで用意して下さい。

手縫いをするには、綿麻などの目のあまり詰まっていない布が針の通りがいいので縫いやすいです。

ティーコジー(ティーコゼー/ポットカバー/tea cozy)

5. 持ち手の作り方

ティーコジー(ティーコゼー/ポットカバー/tea cozy)

6. 表布と裏布にアイロン接着綿を貼り、縫う。

ティーコジー(ティーコゼー/ポットカバー/tea cozy)

アイロン接着綿とは片面に糊がついており、低温のアイロンで布に接着できます。どうしてもアイロンで押しつぶされて薄くなるので、表布・裏布とも接着芯を貼っています。

キルティング綿が貼れたら、表布と内側の布を中表(=表側が内側に来るよう)に合わせて、周囲を縫って、返し口からひっくり返して返し口を閉じる、という作業を行います。(これでできる2つのパーツをかがるだけ(工程7)なので、手縫いでも厚みのあるティーコジーが作れるというわけです。)

 

周囲を縫うときは、まち針を打つだけでもいいのですが、仕付けをする方が縫うスピードが高まるので効率的です。縫い方は並縫いでも構いませんが、返しぐし縫い(2~3針毎に1回返し縫い)くらいの方がしっかりします。縫い始めと縫い終わりは2~3目返し縫いをして下さい。

表に返すときは、返す前に【ティーマットの作り方】の⑤のように角を斜めに切り落としておくと、角がきれいに出ます。表に返してから、針で角を引っ掻くようにして引っ張り出し、なるべくシャープに角が出るようにします。

返し口をかがるときは、斜めにかがるのではなく、『コの字かがり』にすると、糸が表にあまり出ず、きれいです。

Tea_cozy09

 

これでティーコジーの片側ができました。同じ方法でもう1枚作ります。

7. 持ち手を片側に縫い付けて、2枚を外表に合わせ、周囲をかがっていきます。

まずは持ち手を片側に縫い付けます。

ティーコジー(ティーコゼー/ポットカバー/tea cozy)

次に別の片側を重ねて、本体を端からかがっていきます。

ティーコジー(ティーコゼー/ポットカバー/tea cozy)

かがるときはコの字かがりで外側の布だけをすくって縫って下さい。ひと針毎に糸を引っ張って、裏布(内側の布)が見えないのを確認しながら縫っていきます。

最後に裏に返して、持ち手の片側を本体にかがりつけます。

8. 好みの装飾をつける。

ティーコジー(ティーコゼー/ポットカバー/tea cozy)

上の図で、ステッチという言葉を使っていますが、これは正確には「なみ縫い」です。敢えて意図を二本取りにして縫い目(ステッチ)をアクセントにしています。

 

【ティーマットの作り方】

布のサイズはできあがりサイズをイメージして決めて下さい。今回は16cm四方のマットを作ったので、幅18cm(16cm+縫い代1cm×2)、長さ34cm(16×2+縫い代1cm×2)にカットしました。

Tea_mat

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。この記事がお役に立てれば幸いです。

web拍手 by FC2

 

 


2012/05/16

水温むころ-耐水ペーパーでトイレ掃除

「水温(ぬる)むころ」というのはもう少し前のことなんでしょうが、水道水の冷たさが心地よい時期になりました。

こういう時こそ水回りの大掃除。

以前から気になっていた便器の黒ずみを掃除することにしました。

黒ずみは水の汚れ(ホコリ)が沈着したもので、トイレ掃除用の洗剤をかけてブラシでこすった程度では落ちません。

長いこと、芳香剤を兼ねた固形の洗浄剤(ブルーレットみたいの)の色が沈着したのかと思っていたのですが、前述のように水の汚れが原因。

 

 

 

ウチの水洗タンクは昔の、タンクの上部が水受けになっていて、そこで手を洗うタイプです。だから、水受け部分のホコリがタンク内に入り込み、カビも発生しやすいので水が汚れがち。それで、水流の跡が便器内に付いてしまったのです。

たまたま100均で丁度いい粒度のサンドペーパー(紙やすり)を見つけたので買っておきました。

で、試したら、あっけないほどきれいに落ちました。

Sandpaper
サンドペーパー6枚セット

あまり目が粗いと傷つけるので、#1500~1000程度を汚れ具合によって使うのですが、この100均のは#1500、#1000、#600が2枚ずつセットになっていました。(ホームセンターで単品を買えば1枚100円以下で買えます。)サンドペーパーの目の粗さは数字が小さいほど粗いので、#1500(1500番)は目の細かいものになります。

#1500を5cm四方くらいにちぎって軽くこする感じで使います。安いものは布ではなくてクラフト紙に研磨剤が吹き付けてあるので、簡単にちぎれます。むしろハサミで切るとハサミを傷めるのでご注意を。

汚れが落ちるかどうか効果が分からない洗剤を買ってくるなら、100均でサンドペーパーとゴム手袋を買った方が安上がりですね。

 

web拍手 by FC2

(拍手は記事を読んで下さった方とのコミュニケーションツールとして設置しています。面白かった、役に立った、等々、「(・∀・)イイネ」と思われたらクリックしてください。)

 

 


関連記事

2012/05/08

『洗濯上手こつのコツ』-シャツを鍋で洗ってみた

GWも終わり、すっかり初夏の気候になりました。衣替えの季節ですね。

ブログ主は冬物をクリーニングに出し、夏物との入替を始めました。ついでに、くたびれた夏物を処分したり、再度洗濯をしたりしています。

シャツやTシャツは基本的に『白』というブログ主は、黄ばんだりくたびれて、もう着ないと思うシャツ類は小さく切って掃除や靴磨き用にするのですが、まだ着られるシャツは、季節の前にもう一度洗濯します。

今回、たまたま図書館で見つけた下の本を参考に、一部のシャツを『煮洗い』してみました。

 

 

『煮洗い』については後述することにして、まずは、洗濯の水温のお話。

もう、10年以上前の話ですが、仕事でドイツに滞在していたとき、ドイツ人から「日本の洗濯機ってお湯で洗えないんだって!?」と聞かれました。少し前に、日本の洗濯機がテレビで取り上げたらしいのですが、信じられないという顔つき。

確かに、滞在していたウィークリーマンションみたいな宿にある洗濯機は水温調節ができ、かなり高温まで設定できました。(確か、90℃くらいまで設定できた記憶があります。)後から分かったのですが、ドイツ人は日常の食事でも、惜しげもなく布のテーブルクロスをその都度広げるし、当然、こまめに洗濯をします。こういうものを洗うのに高温を使うようでした。多分シーツなんかも高温で洗うのでしょうね。

上記の本では、水温と洗浄力のグラフがあるのですが、25℃の洗浄力を指数100とすると、5℃では70、40℃では110弱くらいまで変化しています。ちなみに、東京の水道水の水温は真冬で5℃近く、真夏で20℃強のようで、そのままでは充分汚れが落ちないことが分かります。

ブログ主の洗濯機はごく普通の全自動洗濯機で、それ自体は水温の調節ができないのですが、洗濯機を置いている脱衣所の洗面台を替えるついでに、工事をしてくれた業者さんに頼んで洗濯機用の蛇口までお湯を引いて貰いました。

Sentaku01 左の画像のように、単純な蛇口です。

給水器は浴室と台所共通で、基本的に40℃程度に設定してあるので、お湯の給水栓だけをひねれば約40℃のお湯で洗濯できることになります。

これにより、実感として、白いものが特にサッパリときれいに洗えるようになりました。
  

『洗濯上手こつのコツ』という本は前述のように図書館で借りて、必要なページをコピーしておいただけなのでうろ覚えですが、本の中で献辞を捧げている堀志津さんという方は、長年『婦人之友社』で洗濯の方法を研究されていた方のようで、この本はそれをベースにしているようです。

ブログタイトルの「シャツを鍋で洗ってみた」はこの本で紹介されていた漂白方法です。下は洗濯の様子。

Sentaku02

下は、揚げ物用の菜箸を突っ込んでみたところで、温度計部分。どうやら、本の通りに弱火で煮ると、70~80℃くらいの温度になるようです。

Sentaku03

詳細は本に譲りますが、本の通りに袖口などを予洗いをしてから煮洗いをしたところ、皮脂汚れの黒ずみもかなり落ちました。

よく、衣類に付いている洗濯マークには「30℃まで」の表示がありますが、これはこれ以上の高温だと素材を痛める恐れがあるからで、綿シャツのような丈夫な素材なら結構な高温で洗っても大丈夫みたいです。

この本は、洗濯の方法だけでなく、洗剤類(の成分)についても詳しく説明されています。例えば、洗濯糊も成分が異なるものが色々あるそうです。ふと思いだして、高校の家庭科の教科書を引っ張り出してみたら、あまり詳しくはないけれど、ちゃんと成分について言及されていました。(家庭科はバカにしていい加減に聞いてたのを反省...

本によると、綿シャツにつける糊はCVC(カルボキシメチルセルローズ)という成分のものが適するそうで、これはパリッとする効果以外に、汚れを染みこみにくくする特徴があるそうで、洗濯で汚れが落ちやすく、白さを保つのにいいようです。

それで、自宅の液体洗濯糊を見てみると、酢酸ビニル(PVAC)と書いてあり、これは洗濯後に糊が残りやすく、使いすぎると風合いが悪くなるとか。スプレー糊が焦げ付きやすいのも成分が違うからなのですね。

洗剤は、「驚きの白さ」とか「白さと香りの」云々という謳い文句で安易に選んでしまいがちですが、効果の根拠をきちんと知って選ぶべきだと思った次第です。そういう意味で、『目から鱗』の本でした。

>

ところで、以前『アイロングローブとアイロンマット』でご紹介した100円ショップのアイロンマットですが、思わぬ利点を見つけました。(画像のみ再掲)

Iron_pad

元々は、ハンドクラフトでちょっとアイロンを掛けたいときに使おうと買ってみたのですが、アイロン台を使ってシャツにアイロンを掛けるときにも使ってみました。ブログ主のアイロン台は極々普通の幅と奥行きのものです。

アイロンマットは幅(画像では高さ)が女性ものシャツなどの後ろ身頃とほぼ同じなので、シャツの中にすっぽりと収まります。予めこの状態でシャツを伸ばしておくと、アイロン台の上でアイロンマットを滑らせるようにしてシャツを移動させればいいので、効率よくアイロンが掛けられることに気がつきました。

『洗濯上手こつのコツ』目次

  • ふだんの洗濯 (基本的な知識や、染み抜き、糊付け、アイロンのコツなど)
  • 自分でじょうずに洗いたい
     以下は、取り扱っている衣類
     ワイシャツ、ブラウス、スカーフ、セーター、ジャンパー、
     レインコート・トレンチコート、学生服・体育着、帽子、傘、革製品、
     赤ちゃんの衣類、ぬいぐるみ、レースのカーテン、毛布、浴衣、和服
  • おしゃれ着・外出着を大事に着る
     着用後の手入れなど
  • 知っておきたい洗濯の化学

 

 


2012/05/06

プチ工作:バネ口の眼鏡ケースを作ってみた

GWも後半になって、ようやく初夏のような天気になりましたね。

こうなると、外出にサングラスが欠かせません。尤も、ブログ主はドライアイなので、まぶしいと目が疲れるから、夏以外でも外出にはサングラスをよく掛けます。

首から提げられるような紐を付けているので、ケースにしまうことはあまりないのですが、一応ケースは持ち歩くので、サングラスを入れていないときは薄くつぶれる袋のほうが嵩張らなくていいなぁとバネ口(ぐち)の眼鏡ケースを作ってみました。いつものように、テレビを観ながら、ちくちくと手縫いです。

バネ口というのは口の左右を押すとパカッと開く金属製の器具で、片手で開けられるので便利そうと、100円ショップで買ってきました。2個で105円でした。

で、できたのはこんなの(↓)。

Meganeire

 

 

布にはアイロンで接着できる接着芯というものを貼ってあるので、バッグの中での衝撃程度には耐えそうです。(作り方は『ちくちく手作り手縫いこもの (レディブティックシリーズ) 』という本を参照しました。)

 

ところで、ブログ主の愛用しているサングラスは、ず~っとRay-Ban(レイバン)。

別にブランド名は気にしないのですが、Hamilton(ハミルトン)というモデルの形が好きなんですよね。

Rayban_hamilton ハミルトンというのは、下の2つのサングラスです。

今は廃盤になっちゃったので、2つ買っておいてよかった。(確か、Bausch & Lomb(ボシュロム)が作ってたときかな?)

一番上は、更に予備に似たようなもの-多分、Cats(キャッツ)-と思って買っておいたのですが、やっぱ、ハミルトンの方がしっくりくるみたい。
 

実は、このハミルトンという名前、ず~っと、ボストンとかウェリントンとかと同じように、フレームの一般的な名称かと思ってたのですが、最近、調べて、単なるモデル名と知った次第です。

下は、新聞に載っていたレイバンの紹介記事。覚書がてら貼っておきます。写真を見て、今度買うなら、Wayfarer(ウェイファーラー)かな?と思って切り抜いておいたのだけど、改めて検索したら、これは似合いそうもない... Aviator(エイビエィター? 一般的にはアビエーター?)は絶望的に似合わなかったし... 

Rayban01
(画像が大きくて表示しきれないときは、右クリックで表示されるメニューから、別ウィンドウまたは別タブで開いて下さい。)

 

上の記事にもあるけれど、サングラスはデザインも重要ですが、やはり目を保護するもの。レンズは需要です。

目にやさしいサングラスの選び方』という記事にも書かれているように、快晴でなくても、光が乱反射しているので、特にドライアイだと目にしみるような感じで目が痛くなるんです。

サングラスを掛けない方は上の画像のような真っ黒いレンズで暗くならないの?と思われるかも知れませんが、偏光レンズと言って、余分な乱反射をカットしてくれるものなので、まぶしさが抑えられるだけでなく、色が鮮やかに見えるんです。青空なんてきれいですよ。尤も、暗いところでは単に更に暗くなるだけなので外しますが。

偏光レンズについて詳しくは、分かりやすく説明しているサイト→『反射光をブロック!偏光サングラス』を見つけたので、ご興味がおありでしたらどうぞ。


 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ