最新情報

  • 2019/07/14
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 消費税と軽減税率 ヨーロッパの実情 | トップページ | プチ工作:バネ口の眼鏡ケースを作ってみた »

2012/04/30

川崎大師寺宝展『浮世絵に見る-多摩川』 布さらし・鮎漁

先日、大師(近辺)で買い物をするのに、“だいっさま”(川崎大師)の境内を通り抜けようとしたら、寺宝展をやっているのに気づきました。(入場無料)

今回は3回目で、サブタイトルに「多摩川の布さらし、自然と鮎漁、そして新田義興(にったよしおき)の古事による神霊矢口の渡し」とあります。

下は、入り口で頂いたパンフレットで、展示物のカラー版図とともに説明が書かれた立派なものです。(以前もこのシリーズの展覧会を見ましたが、同じタイプのもの)

Nunosarashi00

説明によると、東京都川崎の境を流れる多摩川は、古来より他の5つの玉川とともに歌枕(和歌に詠み込まれる名所旧跡)として和歌に詠まれた『六玉川(むたまがわ)〔※1〕』の一つで、『調布(てつくり〔※2〕)の玉川』と呼ばれていたそうです。

この六玉川は、例えば、

「たつくりや さらす垣根の 朝露を つらぬきとめぬ 玉川の里」(てつくりや さらすかきねのあさつゆを つらぬきとめぬたまがわのさと)
(『拾遺愚草』〔※3〕藤原定家)

【意味】手織りの白布を曝したように、垣根にびっしりと付いた朝露。それらが貫き留めていない玉のように散り乱れる、玉川の里よ。

のように歌に詠まれるだけでなく、絵の題材にもなっていたそうで、展覧会では喜多川歌麿、歌川広重、鈴木春信、葛飾北斎をはじめとする江戸期の浮世絵や肉筆画が展示されています。

これらの絵を見ると、水にさらして、臼と杵でつく作業の様子がよく分かります。

また、副題の一つ、新田義興(1331-1358)の古事とは、竹澤右京亮(たけざわうきょうのすけ)、江戸遠海守等の策略に陥り、矢口渡に於いて憤死した新田義興の怨霊が雷雲の中、白栗毛の馬に跨がって現れ、竹澤等に報仇(ほうきゅう)したというものだそうです。

なかなか見応えのある展覧会なので、川崎大師参詣の際には是非ご覧下さい。御護摩受付所地下ホール で5月21日までやっています。

Nunosarashi02jpg
(川崎大師のパンフレットより。御護摩受付所は○印の場所です。)

なお、以前、アド街ック天国で紹介された『宝さらえ』は上の見取り図、★印の場所で買えます。ブログ主が見たときにはいくつか陳列されていました。

なお、川崎市立図書館のwebギャラリーの『浮世絵に描かれた川崎』で今回展示された浮世絵を含む図書館所蔵の浮世絵を見ることができます。(下はインデックスです。)

1.川崎宿と六郷の渡し
2.東海道
3.大師参詣
4.地場産業
5.古事・役者絵
6.多摩川
7.調布多摩川
8.京浜間鉄道

 

 

※注釈

  1. 六玉川(むたまがわ)…全国に6箇所ある玉川を総称して言う。調布(たつくり)の玉川以外に、宮城県塩釜市・多賀城市を流れる野田の玉川、滋賀県草津市を流れる野路の玉川、京都府綴喜(つづき)郡を流れる井手の玉川、大阪府高槻市を流れる三島(千鳥)の玉川、和歌山県高野山奥院付近を流れる高野(たかの)の玉川。
  2. 調布…てつくり、てづくり、たつくり、たづくり 等の表記が見られる。調布市の調布とは、古代、麻が栽培され、多摩川の水にさらして布を織り、調(租税の一つ)としたことによる。
  3. 『拾遺愚草』(しゅういぐそう)…鎌倉時代の私家集で六歌集の一つ。藤原定家自撰。3800余首を収める。

 

【追記】
2012年の多摩川での鮎の遡上を報じる記事

2012_tamagawa_ayu


 

« 消費税と軽減税率 ヨーロッパの実情 | トップページ | プチ工作:バネ口の眼鏡ケースを作ってみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消費税と軽減税率 ヨーロッパの実情 | トップページ | プチ工作:バネ口の眼鏡ケースを作ってみた »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ