最新情報

  • 2019/08/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 1941年12月8日の川崎 | トップページ | 『バルチック艦隊の真実』-坂の上の雲の予備知識として- »

2011/12/15

Excelでお絵かき

下の2つの画像はブログ主がパソコンで描いたものなのですが、どんなソフトで描いたと思いますか?

Excelで作成したイラスト「セイヨウヒイラギ」

Excelで作成したイラスト「チョコレート」

答えはタイトルにもあるようにExcelです。

Excelには下の画像で示しているように、オートシェイプという図形が用意されています。

Image01

左のチョコレートは、上の図で示した『額縁』を若干変形させて色を付け、ワードアートで“Meiji”という文字を作って重ねただけです。(何気なく『額縁』を挿入したとき、チョコレートしか閃きませんでした  )しかし、もう少し工夫すれば、右のようなセイヨウヒイラギのイラストも描けてしまいます。

このように、オートシェイプを駆使して、お絵かきをしてみようというのが、今回の話題です。

と言ってもここで解説するのではなく、ネタ元というか解説は、下のサイトです。

『Wordでお絵かき』 URL: http://www.yomiuri.co.jp/otona/study/drawing/

【2014/10/05追記】現在は『Word & Excelでお絵かき』とタイトルを変え、URLも下記の場所に移動しているようですが、読売新聞のサイトに今でもあります。

http://www.yomiuri.co.jp/otona/hobby/drawing/

この記事は『Wordでお絵かき』と、Wordを前提としたサイトを元に書いたので、そのつもりでお読み下さい。また、当時ブログ主が使用していたのはExcel2003なので、現在多くの方が使用しているExcelとはバージョンが異なります。

ここでは、WordやExcelに付属している図形(オートシェイプ)やワードアートを駆使して、様々なイラストを描く方法が紹介されていますが、「こんなイラストも描けちゃうの!?」と思うような複雑な絵が描けることに驚かれると思います。(記事の一覧は一番下が古いので、下から読んでいって下さい。実際に作品を描いていくことで、コツはすぐに掴めると思いますよ。)

ブログ主の“創造力”と“絵心”では、取りあえず上に貼ったイラスト程度が限度でしたが...


【追記】その後、いくつか“描いて”みたら、こんなオリジナルのイラストも描けるようになりました。NPB(プロ野球)マスコット集です。

つば九郎 Excelでスターマン Excelでドアラ トラッキー

 

 


この記事のタイトルが上述の解説サイト『Wordでお絵かき』と違って『Excelでお絵かき』なのは、絵を描くだけならExcelの方がキャンバスとなるシートの面積が広くて作業しやすいこともあり、jpgなんかの画像として保存するにはExcelを使うことをお薦めするからですが、プリントして使うのなら、用紙サイズを固定できるWordがお薦めです。(尤も、画像として保存してから、Wordにその画像を貼り付けてもいいですが。)

今回、このサイトをご紹介したのは、一般的なドローイングソフトを使わずに、あくまでもMicrosoftのOfficeにある機能だけで工夫して描くというのが面白くて、挑戦する意欲をかき立てると思ったからです。

以下、基本的にはExcelでお絵かきする場合を想定した説明になっています。

 

作成したイラストを画像ファイル(pngやjpg)として取り出す方法

【2014/10/05追記】Word2013(Word2010)では、簡単に「図」(画像)として取り出す機能が追加されています。→ブログ記事『【Word2013】Wordでお絵かき:作成した絵を背景透過画像として保存する方法

以下に説明するように、いくつかの方法があります。

■ペイントを使って

作成したイラストを保存するときはWindowsの基本アプリである『ペイント』を使用します。ペイントの扱い方は『無料のフォトフレーム画像とExcelでスクラップブック風フォトギャラリー』で説明しました。

でも、ペイントで一つ残念なのは、画像の背景を透過できないことです。(白くなってしまいます)

■Windows付属のPhoto Editorを使って

Office2003になって、画像の編集ができるアプリとしてPicture Managerが付属したのですが、これは画像の編集はおまけ程度で、画像の一部を透過させるという処理ができません。以前はPhoto Editorというアプリがあって、これを使えば背景を透過させることができました。もし、古いOffice(2000とか)のインストールCDをお持ちの場合は、このCDを使ってPhoto Editorを追加することが可能です。

以下にPhoto Editorの画面イメージを貼り付けておきます。(透過しさせた部分は市松模様で示されています。一部が透過した画像の保存形式は、gifまたはpngにします。)

Image02

以下は、MS公式の『Office XP 付属の Photo Editor を追加セットアップする方法 (Windows XP の場合)』というタイトルのページです。追加インストールする際にご参照下さい。→ http://support.microsoft.com/kb/881009/ja

 

Photo Editorがインストールできない場合、フリーのグラフィックソフトなどを使うことも考えられます。「画像 背景 透過 フリーソフト」などというキーワードで検索すれば色々と見つかるとは思います。

■Excelをwebページとして保存して

しかし、実はExcelだけでも透過した画像を作る方法があるので、以下でご紹介します。

作成したイラストを選択して、メニューから「編集」→「コピー」を選択し、別の場所(適当なセル)をクリックしてメニューから「編集」→「形式を選択して貼り付け」を選びます。

Image04

上のようなダイアログボックスが表示されるので、「図(PNG)」を選択して、PNG画像として貼り付けておきます。

念のため、オリジナルのExcelファイルを通常のブック形式(拡張子.xls)で保存しておきます。

次に、メニューから、「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択し、ファイルの種類を「webページ」にします。(→Tips)

うっかり、ブック形式で保存するのを忘れても大丈夫です。保存されたhtmファイルを開く際に、ファイの上で右クリックして表示されるメニューから、「プログラムから開く」→「Microsoft Office Excel」を選択すれば、再びExcelで開くことができます。(ダブルクリックで開こうとすると、htmファイルだとブラウザが立ち上がってしまうのが面倒なので、ブック形式での保存をお薦めしています。)

ここで例えば、「Book1」というファイル名で保存したとすると、Book1.htmというファイルとBook1.filesというフォルダが作成されます。Book1.filesの中に先ほど貼り付けた画像が「imagennn.png」(nnnは連番)という名前で保存されているので、この中のpngファイルが透過された画像として使用できます。(下図参照)

Image05_2

Buhin_tipsこの時、ブック全体をwebページとして保存すると、全ての画像が取り出せますが、必要な画像だけを取り出したい時は、その画像の周囲のセルをドラッグで囲み、『選択範囲』のラジオボタンをチェックし、名前を付けて[保存]ボタンで保存すると、選択した画像だけがpngとgifファイルに変換されます。

Image18

必要な画像ファイルを取り出して別のフォルダに保存した後は、作成したhtmファイル(例ではBook1.htm)は削除して構いません。Book1.filesフォルダも一緒に削除されます。

 

 

【補足 gif(ジフ)画像とpng(ピーエヌジー)画像の違い】

どちらも透過した画像が扱えます。gifは扱える色が256色と少なく、写真の保存形式には向きませんが、ファイルサイズが小さいことが特徴です。従って、ロゴのような単純な画像や小さな絵文字に適しています。一方pngは画像の劣化も少なく写真画像にも適していますが、ファイルサイズが大きくなるという欠点もあります。

以下、ご参考までにブログ主がExcelで作成したイラストをgifとpngで保存したものを添付します。左がgif(6.03 KB)、右がpng形式(16.22 KB)です。

Excelで作成したイラスト「クリスマスツリー(gif)」 Excelで作成したイラスト「クリスマスツリー(png)」

 

最初の課題『花束』をさっそく作ってみました。

てか、なんかカーネーション間違ってるし...

Image036

葉っぱとか、曲線を使ってフリーハンドで書くのは難しいですね。

で、ちょっとずるをしてしまいました。(サイトの該当箇所をスクリーンショット〔Printscキー〕を撮り、Excelのシートに貼り付けて上からなぞっちゃいました。(*´Д`*)テヘッ

 

練習の成果(? 過程)はこちら↓

関連記事:『オリジナルフォトフレームで写真を飾ろう
下のようなオリジナルフォトフレームを作成する方法を説明しています。

Image068

 

【追記】

Excelで設計図を描く場合は、『プチ工作:LEDランタン(EX-777XP)で遊んでみた( ^ω^)』をお読み下さい。

Balsa_lantern_2

 

 

 


« 1941年12月8日の川崎 | トップページ | 『バルチック艦隊の真実』-坂の上の雲の予備知識として- »

コメント

>yujin様
ご訪問&コメント、ありがとうございます。^^
それと、ツール情報も! 嬉しいです。後で検索して使ってみますね。

私も、Excelで気軽にできること、それと単純な図形のオートシェイプを工夫して描くというのがパズルっぽくて面白く、はまりつつあります。

アルバム(『Excelでお絵かき』)も見て下さったのですね (ノ∀`)アチャー
失敗作もそのまま掲載しているし、オリジナルの作品はお笑い系も多いし、恥ずかしい... 
でも、掲載画像が増えることで達成感を味わえるかな?とアルバムを試してみました。

>やっぱり最終的には絵心とセンスなのかなあ(泣)
そうですよね 
特にカワイイ系のイラストは自分では描けないので難しいです。

最近は、ネットなどでイラストやAA(アスキーアート)を見ても、頭の中でオートシェイプに分解して見るくせがついてしまいました

はじめまして
「エクセルお絵かき」で検索していてたどりつきました。

作品とてもすてきです。(花束の絵はすごい!)
私もエクセル絵にはまりつつありますが、やっぱり最終的には絵心とセンスなのかなあ(泣)
早くこんな絵が描けるようになりたい・・

あと、私はエクセルお絵かきに、「XLマップ」というマクロをベクターで見つけて使っています。
使うツールがまとまっていて、とても使いやすいですよ。ご紹介まで。

作品楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1941年12月8日の川崎 | トップページ | 『バルチック艦隊の真実』-坂の上の雲の予備知識として- »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ