最新情報

  • 2019/07/14
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 2011年 夏越の大祓(なごしのおおばらい) | トップページ | OECD Pisa デジタル読解力結果 »

2011/06/21

勝利の女神?

先週でプロ野球の交流戦も終了。最終戦はワンサイドゲームだったけど、その前の試合(土曜日/2011/06/18 横浜ベイスターズvs福岡ソフトバンクホークス)は5回終了時点で1-4、相手投手は杉内選手だったので絶望的な点差だったのをひっくり返しての勝利!

興奮して猫まで乱入!

この猫、どうやら勝利の女神らしく(雄かも知れないけど...)、4年前にも試合中に暴れ回っていました。

20110618_neko

並べてみるとよく似てるでしょ。

白(星)と黒(星)の分量がまたホームチームらしくて... 

 

 

先週から、ドナルド・キーン氏の『明治天皇』を読み始めました。

当たり前だけど誕生(1852年)の頃は幕末。

朝廷を中心とする幕末~明治史というのは新鮮で、ハードカバーの時にボリューム(文庫本でも全4巻)で尻込みしていたけど、文章の読みやすさもあり、一気に読めてしまいそう。

あと、まぁ、些細なことなんだけど、新潮文庫というのgood。カバーの厚さとか(ブログ主の感覚には)絶妙で、手に持って開いた感じがしっくりくるんですよね。文字の大きさも好きだし、

しおりがついているのも(・∀・)イイ!

まあ、文字の大きさとかは、段々年を取ってくると大きい方がありがたいのかも知れないけど、時々、「え、これ、上下巻じゃなくて1冊になるでしょ...」って文庫本あるよね。

でも、新潮文庫に限らず、欧米の無骨なペーパーバックなんかを見るにつけ、日本の活字文化はハード面で優れているなぁと優越感に浸れます。

あれ、わら半紙じゃん m9(^Д^)プギャー て感じ。

 

ここまででやめるつもりだったけど、さっき観た番組に感化されて、更に続けます。

本ではないけれど、日曜日までBSプレミアムで放送されていた『新選組血風録』も割合と楽しみにしていました。(番組HP:http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/shinsengumi/

正直に言うと、リアルタイムで観たのは半分くらいで、取りあえず全12話は録画したので、これから少しずつ観ていないのを観るつもり。(という程度のハマリ方なんですけどね。)

原作を読んだのは多分中学生か高校生の時だから、もうほとんど覚えていないけれど、元々が新撰組サイドストリーといった感じで、架空の人物も出てくるので、新撰組を題材にした“時代小説”というべきかもしれません。

ドラマもそんな作りで、さらにオリジナルキャラクターが登場するので、好みが分かれるかも知れないけど、まぁ、気楽に観られるドラマでした。

上に「さっき観た番組」と書いたけど、それはNHK総合でたまたま観た『ディープピープル-時代を彩る殺陣(たて)』という番組。

それほど時代劇好きというわけではないけれど、番組の中で時々挿入されたドラマの殺陣が、NHKなのに民放の大江戸捜査網とか水戸黄門なんかのシーンで、ご丁寧に、大江戸捜査網はあのBGMまでつけてくれて、一人で、

キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!! 状態でした。

もちろんこの↓テーマ曲ね。

そこでふと思ったのが、「最近は格好いい殺陣のある時代劇がないなあ」ということで、『新選組血風録』はそういう意味では、久しぶりに時代劇らしい時代劇という感じで懐かしかったのかも知れません。エンディングの主題歌が吉田拓郎の『慕情』という曲だそうで、これもなんか昭和っぽさを醸し出してます。

『ディープピープル』を見逃した方は、その内再放送があると思うので、どうぞ。(HP:http://www.nhk.or.jp/deeppeople/log/case0620/index.html

« 2011年 夏越の大祓(なごしのおおばらい) | トップページ | OECD Pisa デジタル読解力結果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年 夏越の大祓(なごしのおおばらい) | トップページ | OECD Pisa デジタル読解力結果 »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ