最新情報

  • 2020/09/16
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 『國語元年』 | トップページ | 昔の川崎(2) »

2011/01/09

昔の川崎

今日の昼頃、懐かしい人から電話がありました。

それはkoizumi君。

近所を車で通るときに電話を入れてくれたみたいですが、昨日の夜からずっと昔の思い出に浸っていたときだったのでビックリ。

今朝も昔を懐かしむあまり、朝食(というかオサレに言うとブランチ?)にお好み焼きを食べたのでした。(何故、お好み焼きかは後ほど...)

そもそも何で昔のことを思いだしてたかと言うと...

時系列はよく分からなくなっちゃったけど、昨晩、大師線のルートが変わるというのを知って、ネットで調べていました。

正確な情報は、市の建設緑政局(←よく分からない名称ですね  )のサイトにありますが、川崎駅から直接港町の方へ行かず、宮前に迂回してから港町に向かうみたいです。

ルートもそうですが、地下鉄化する予定だそうで、オフィシャルサイトには完成予定が載っていないのでWikipediaを参照すると、「全体の完成予定は2015年春となっているが、予定通りの完成は困難という見通しが出ている」だって...

(´・ω・`)

大師線の乗り場も位置が変わるようで、Wikiによると、

「大師線京急川崎駅は本線の駅南側の川崎DICE南側付近に移設、地下化して作られる。このため本線との連絡線が設けられる。」

とのこと。

ちなみに、DICEというのは以前小美屋デパートがあった場所にある商業ビルです。

多分、昨晩はこの辺りから脳内がタイムスリップしたんだと思うけど、JR川崎駅もその内、北口が最下位(←ああ、「さいかい」で「最下位」が最初に変換されるベイファンの悲しさよ... )じゃなくて再開されるんですよね。(神奈川新聞の2010年1月22日付け記事『商業店舗も展開へ、市がJR川崎駅の北口自由通路構想を公表』)

こちらは、市の報道資料(PDF)が正確な情報ですが、P.5に完成予定図が出ています。

これによると、タワーリバークビル(と言うより、パチンコ松葉があったところの方が伝わるかな)の前、現在ポツンと建っているコーヒー店の辺りに北口通路入り口ができるようですね。

現在は中央に動線が集中しているので、北口は早く復活して貰いたいものです。

こんなことを考えながら、色々検索していたら、川崎市図書館のサイトに『おもいで昭和30年前後の川崎駅前』というギャラリーのページを見つけました。

我々が生まれる前だけど、1954年6月27日の日付の北口辺りの風景は見覚えがあります。そう言えば、駅前に植え込みのあるロータリーがあったっけ。

松葉屋とかローゼンバームのあったビルとか、懐かしいです。

なお、こちらはgooの地図だけど、昭和38年のボタンをクリックすると当時の航空写真を見ることができます。(スクリーンショットを画像として掲載してみました。)

 

Kawasaki_s38

 

下のスケールでズームもできます。

 

この地図で大師小学校を見てみると、こんな感じでした。

 

Daishi_s38

 

講堂があって、その隣(上)に1年4組があった木造校舎も映っています。

地図を左側に移動すると大師公園があり、こちらをフォーカスすると、ちゃんと『ひょうたん池』もあります。(ポインターが指している辺り)

 

Daishi_park_s38

2011/05/13追記 古い地図に関しては、記事『二ヶ領用水竣工400年』でも扱っています。

 

 

 

 


 

« 『國語元年』 | トップページ | 昔の川崎(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『國語元年』 | トップページ | 昔の川崎(2) »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ