最新情報

  • 2019/10/15
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の4件の記事

2011/01/26

まるで花屋みたいヾ(o゚ω゚o)ノ゙

今週も月曜日に打ち合わせのためにオフィスに行き、あとは商品画像なんかを家で撮影したり、webサイトを修正するために、家で作業しています。

オフィスに行く日は駅(私にとって、“駅”と言えば川崎駅)を通ることになるので、帰りに色々と買い物をするのだけれど、百均に行ったら、新しい商品が入荷していて、またまた造花を買ってしまった。

ガーベラの造花がわりと良くできていたので...

花瓶に生けたら、と言うか、放り込んだら、結構、様になりました。

Flower02

高さは80センチくらいあるんですよ。

そう言えば、ガーベラって、本物も造花っぽいですものね。

Flower03

で、近所のホームセンターに行ってみたら、クリスマスの頃に売っていた造花がディスカウントされていたので、またまた何点か購入。

すぐに使わなくても、思いついたときに色々と利用できるし...

と、思って、少しずつ買っていったら、結構増えてしまった。 

片付けるために、一旦ポリ袋や段ボールから取り出したのでパチリ。

Flower01

なんか、お花屋さんみたい...ヽ(゚∀゚)ノ

手前の小花は、元々背が高かったのを、枝に切り離してあります。プレゼントに添えたりするのにもいいかと思って。(こういう感じ→『やっぱり工作が楽しい』)

買うのは、花の好みはもちろんだけど、茎とか葉の色や質感が本物に近いものを選ぶと、ちょっとした設えに使うとき、雰囲気が出ます。

逆に、思いっきり装飾っぽいものとかね。

ホムセンで買ったものは、そんな感じです。

Flower04

これはクリスマスローズ主体のものと、後ろの葉(なんて言うんだろう?よく花材として使われる葉っぱ...)の2種類組み合わせているんだけれど、フロストが付いたような雰囲気で、上手に生けたら素敵そう。

本物の花も時々買うけれど、造花ならではの楽しみ方ができると思います。

度々書いているけれど、ブログ主は生け花とかフラワーアレンジメントとかの心得がまったくないので、生花(せいか)は上手く扱えないのです...

(´・ω・`)

でも、ちょっといいサイトを見つけました。『花キューピットかながわ』のブログ形式のサイトですが、作品の写真やアレンジメントの作り方がたくさん掲載されてます。

このサイトは、たまたま大師の花辰さんのサイトを見ようと思って見つけました。(花辰さんも今はHPはやめて、花キューピットのテンプレを利用してブログをされているみたい。)

ところで、上の画像は、ちょうど後ろから日が差しているのでばれてしまってますが、模造紙(罫線付き)を窓に貼ってバックにしています。

これは、商品画像を撮るために買ってきたのですが、買うときに思わず苦笑してしまいました。

何故かというと、「自分で模造紙でも買ってきます。せいぜい20円くらいですから。」などと社長に言ったのに、店で見たら、2枚で300円位してたから。

どこから20円という金額が出たんだろう? と、思ったのだけど、これって、我々が小学生の時の値段ですよね...

一般的な物価は当時よりずっと上がっているのに、文房具って、価格がめちゃくちゃじゃないですか?

昨日の日経に、『新一年生には長持ち商品』という表題で、文房具の記事が出ていたのですが、それによると、今時の子供は0.3mmのシャープペンシルなんて使うようで、それはさておき、値段が157円というのはビックリ。安いなぁ。

私は筆圧が弱いから、中学生くらいから0.3mmのシャーペンを使ってたけど、当時は500円~1000円くらいしてて、買うのには、“清水の舞台から飛び降りる”くらい気合いが要りました。(大げさか...

同記事では、他にも“像が踏んでも壊れない”でおなじみのサンスターアーム筆入れが人気だとか。

未だにあることにもビックリしたけど、値段が800円程度というのに驚き。

当時もそのくらいしてなかったっけ?

ところで、アーム筆入れと言ったら、このCMですよね。

ついでに、もう一つ懐かしいCMというか商品を見つけたので貼り付けます。

2011/01/22

パオル君の“骨壺”って...?

昨日はサッカーの日本代表がアジアカップでカタールを破り、見事四強入りをしました。

...って、負けるかと思って興味をなくしていたら寝てしまい、勝ち越しゴールは見逃したんだけど...

目が覚めたらウクライナ-ヨルダン戦をやっていて、こちらの試合は白熱して面白かった。

話は脱線するけど、ヨルダンの選手で鉢巻きをしている選手がいましたね。(アディダス製のように見えたけど、記憶違いかも知れません。)

よく、カチューシャ(←死語かも...)を着けている選手は見るけど、鉢巻きなんて着けてもいいんですね。知らなかった。

日本も、侍なんちゃらというなら、カチューシャなんて女々しいものじゃなくて、鉢巻きにすればいいのに...

サッカー繋がりで、今朝の読売朝刊に『パウル君 ついのすみか』というタイトルの記事に目がとまりました。

昨年の夏話題になった予言タコのパオル君(『予言( ・◎・ )タコ~』)の記念像が、住んでいたドイツの水族館に飾られたとのこと。

カラーの画像で見ると、かなりリアルな像のようです。

ただ、気になったのは、「(像の)ボールの内部には金箔を貼った“骨つぼ”が安置され」という部分。

 

20110120_paulタコの骨壺って...!?

と思ったのですが、中には、「昨年10月に死んで火葬されたパウル君の灰が収められている」のだそうです。

ちなみに、ドイツのサイトで詳しい記事を検索したら、Spiegel (シュピーゲル)という雑誌のサイトに見つけました。(リンク先は元記事)

(右の画像:縦に長いので、新しいウィンドウかタブで開くと良いかも)

骨壺云々の該当の部分は、

“Darin befindet sich ein kleines Holzdöschen, eigens aus Indonesien, mit Pauls Asche, das sind ungefähr 15 Gramm”

と報じてあって、これによると、(ボールの内部には)「約15gのパオルの灰を収めたインドネシア製の“木箱”が入っている」ようです。

これが元記事ではないみたいですが...

別に読売の記事に難癖を付けているわけではなくて、なんとなく、ドイツ人なら、“骨壺”という表現は使わない気がしました。でも、“遺灰”が入っているなら日本語では“骨壺”と表現するのが普通ですよね。

ただ、骨のないタコの骨壺というのが、私には文字通り“ツボ”だったわけです...

むしろ、つっこむべきは“ついのすみか”? 「もう死んじゃってるだろうに...」というのは野暮ですね。

だって、
 

( ゚◎゚)<僕はみんなの心の中に生きているよ

 
ですよね。

ついでに言えば、“入っている(=存在する:sich befinden)”というのも、やはり自然な日本語では“安置されている”というわけですね。

 

ところで、この記事に関して調べてたら、面白い記事を見つけました。

20110120_paul20100712 昨年の7月の記事で、見出しは『タコの「パウル」に骨占いはできず=南アフリカ大統領』というもの。

南アの大統領によると、

「アフリカでは動物の骨を占いに使うのが一般的であり、骨のないタコは当てにならない」

だそうです。

2011/01/11

昔の川崎(2)

たなひ君に間違いを指摘されたので、修正&加筆。

前回(2011年1月9日付け)、『昔の川崎』というタイトルで記事を書きましたが、川崎の画像を検索している内に、とても興味深いサイトが見つかりました。

個人の方のブログなので、直接のリンクは控えますが、下記アドレスをブラウザのURL入力欄にコピペして表示してみて下さい。(URL入力欄にペースト(貼り付け)をして[Enter]キーを押す。)

ttp://fcm.blog.so-net.ne.jp/2008-10-31

昭和60年の川崎駅の写真と、下の方にはとても貴重な当時の映像(動画)が公開されています。

この後、サイト主様にこのページにリンクを貼らせて頂けないか、コメント欄でお願いしてみようかと思ってます。その回答によって、このページは編集または削除するかも知れません。ご了承下さい。

追記:その後コメントを投稿しようとしたら、画像認証でエラーになる... 認証用の画像が見にくくて入力した文字が間違っているようなんだけど...

更に追記:サイト主さんも黙認して下さってるようなので、リンクは貼らずにこのままにしておきます。

ところで、同級生の皆さんは京急が高架になる前の風景を覚えてますか?

ブログ主(私)は、どうしても思い出せないんですよね。

それと、トロリーバスも覚えていない...

なんとなく、道路に線路(って言うのかな?軌道かな?)の名残があったような記憶はあるんですけどね。

記憶が確かなのは、バスに車掌がいたこと。

だって、幼稚園のお誕生日カードに「将来なりたいもの:バスの車掌さん」と書いてあるから...(もちろん、先生が代わりに書いてくれたもの。)

って...そんな職業なくなっちゃいましたね。

それと、『昔の川崎』でご紹介したgoo地図の機能を使って、昭和22年と昭和38年の航空写真をスナップショットで撮り、webページの『大師小学校の歴史』に貼り付けて改訂しました。

上の『goo地図』という文字列に再度地図のリンクを貼っておきましたので、昭和の大師でも散策してみて下さい。

このブログを見て、みーちゃんが画像付きでメールをくれました。画像は子供の頃に駅前で撮った写真で、ローゼンバームのビル住友銀行のビル、高架になっていない京急の踏切が映っています。(みーちゃんのOKが出たらパスワード付きのアルバム-our historyあたり-にupします。)

それで思いだしたけど、住友銀行のビルはその後TSUTAYAが入って、現在は既に取り壊されているのね。

Google Mapで見たら、まだ更新されてないようでビルがあったので、思わず保存してしまいました。

Kawasaki_sumitomo

古いビルだけど、歴史的建造物と言うわけでもないのでしかたがないとは思うけど、何となく寂しい気がします。

ついでに思いだしたのだけど、私が長年仕事で過ごした中央区宝町に三平商会という小さな電気店がありました。交差点近くの一等地に木造の町の電気屋さんみたいな建物がポツンとあり、不思議に思っていたのですが、2007年10月16日に火災で焼失したときのニュースで、松下電器が東京進出の足がかりになった店と知り、その理由が分かりました。

松下電器(パナソニック)が大事にしていたのですね。

ところで、川崎駅東口にまたもやモニュメントができるようで...

新聞の記事によると、

川崎市はJR川崎駅東口の駅前広場に、環境に配慮した取り組みを象徴するモニュメントを建てる。バス停などがある同広場は3月末まで再開発の工事中で、モニュメントも並行して完成させる。広場の設備には光触媒などの環境技術を集中的に使ってPRし、街の印象を一新する。

 モニュメントの高さは約13メートル。ステンレス製のパネルに装着した発光ダイオード(LED)電球の色が、気温や風速などによって細かく変化する。14~31日に候補案の中から愛称を市民らに投票で選んでもらう。

とのことで、愛称の候補案というのは、(1)キザシの塔(2)いぶきの塔(3)ブレスキャンドル(4)アースキャンドル(5)きらっとツリー だとか

また、しょうもないものを...('A`)

2011/01/09

昔の川崎

今日の昼頃、懐かしい人から電話がありました。

それはkoizumi君。

近所を車で通るときに電話を入れてくれたみたいですが、昨日の夜からずっと昔の思い出に浸っていたときだったのでビックリ。

今朝も昔を懐かしむあまり、朝食(というかオサレに言うとブランチ?)にお好み焼きを食べたのでした。(何故、お好み焼きかは後ほど...)

そもそも何で昔のことを思いだしてたかと言うと...

時系列はよく分からなくなっちゃったけど、昨晩、大師線のルートが変わるというのを知って、ネットで調べていました。

正確な情報は、市の建設緑政局(←よく分からない名称ですね  )のサイトにありますが、川崎駅から直接港町の方へ行かず、宮前に迂回してから港町に向かうみたいです。

ルートもそうですが、地下鉄化する予定だそうで、オフィシャルサイトには完成予定が載っていないのでWikipediaを参照すると、「全体の完成予定は2015年春となっているが、予定通りの完成は困難という見通しが出ている」だって...

(´・ω・`)

大師線の乗り場も位置が変わるようで、Wikiによると、

「大師線京急川崎駅は本線の駅南側の川崎DICE南側付近に移設、地下化して作られる。このため本線との連絡線が設けられる。」

とのこと。

ちなみに、DICEというのは以前小美屋デパートがあった場所にある商業ビルです。

多分、昨晩はこの辺りから脳内がタイムスリップしたんだと思うけど、JR川崎駅もその内、北口が最下位(←ああ、「さいかい」で「最下位」が最初に変換されるベイファンの悲しさよ... )じゃなくて再開されるんですよね。(神奈川新聞の2010年1月22日付け記事『商業店舗も展開へ、市がJR川崎駅の北口自由通路構想を公表』)

こちらは、市の報道資料(PDF)が正確な情報ですが、P.5に完成予定図が出ています。

これによると、タワーリバークビル(と言うより、パチンコ松葉があったところの方が伝わるかな)の前、現在ポツンと建っているコーヒー店の辺りに北口通路入り口ができるようですね。

現在は中央に動線が集中しているので、北口は早く復活して貰いたいものです。

こんなことを考えながら、色々検索していたら、川崎市図書館のサイトに『おもいで昭和30年前後の川崎駅前』というギャラリーのページを見つけました。

我々が生まれる前だけど、1954年6月27日の日付の北口辺りの風景は見覚えがあります。そう言えば、駅前に植え込みのあるロータリーがあったっけ。

松葉屋とかローゼンバームのあったビルとか、懐かしいです。

なお、こちらはgooの地図だけど、昭和38年のボタンをクリックすると当時の航空写真を見ることができます。(スクリーンショットを画像として掲載してみました。)

 

Kawasaki_s38

 

下のスケールでズームもできます。

 

この地図で大師小学校を見てみると、こんな感じでした。

 

Daishi_s38

 

講堂があって、その隣(上)に1年4組があった木造校舎も映っています。

地図を左側に移動すると大師公園があり、こちらをフォーカスすると、ちゃんと『ひょうたん池』もあります。(ポインターが指している辺り)

 

Daishi_park_s38

2011/05/13追記 古い地図に関しては、記事『二ヶ領用水竣工400年』でも扱っています。

 

 

 

 


 

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ