最新情報

  • 2020/05/27
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01

    Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« プロ野球シーズンは終わったけれど... | トップページ | 小掃除 その二 電球・蛍光灯の交換 »

2010/11/09

小掃除 その一

季節は完全に冬だけど、比較的暖かい日が続いて、こういう時は“小掃除”日和。

ブログ主は、寒さが厳しくなっての大掃除は億劫なので、今頃から小分けに大掃除をしていて、これを“小掃除”と呼んでいます。

■トイレ掃除

まず第一弾は、トイレの掃除。と言っても、トイレのタンク上部の黒ずみ掃除だけ。

(自己流でやったけど、ネットで調べて間違っていないようなので、その方法を書くと、)トイレのタンク上に付いている水受けはホコリが付着して黒ずみができやすくなります。

今まで細かい傷が付いて汚れが入り込んでると思っていたので、ホームセンターなどで売っている陶器用のサンドペーパーみたいなものでこすったけれど落ちず、諦めていましたが、台所で使うクレンザーを少量垂らして歯ブラシで丹念にこすったらきれいになりました。(歯ブラシはホテルから持ち帰った歯ブラシなので、それほど堅めではないはず。)

時間は掛かったけれど、それほど力を入れる必要もなくきれいになりました。

■廊下や階段のワックス掛け

これは素足でやるので、真冬にはやりたくないことの一つ。それに、大掃除の最中にやろうとすると、乾くまで部屋の行き来ができなくなって掃除が滞るので、今の時期に済ませてしまいました。

ブログ主は昔ながらの箒(ほうき)を愛用していて、普段はホコリを掃き降ろしてからちりとりや掃除機で最後に片付けるのだけれど、箒掃きだとホコリが舞うので、今回は掃除用ワイパーにドライシートを付けてホコリ取り。

ドライシートはいつも30枚で100円くらいのやっすいのを使っているけれど、今回、試しに高級(?)タイプを買ってみました。メーカー名とかは書かないけれど、これ(↓)。起毛タイプというのか、ふわふわした感じでホコリの吸着が良さそう。

で、使ってみて思ったのが、まず、パッケージのイラストほど起毛されていない  確かに吸着力は良さそうなのだけれど、安いタイプ(3.3円/枚)と比べて(21.8円/枚)、7倍使えるかというと疑問。安いのを惜しげもなく使った方がいいかも。

ドライシートを外して捨てる時は、壁と床との境や長押(なげし:この場合は、壁の下部、床と接する部分の横木なので、地覆長押〔じふくなげし〕と呼ぶそう)の上に溜まったホコリを拭き取ってから。

フローリングは水拭きをすると、水と共に汚れが染みこんでしまうので、から拭きをするそうです。(去年ホームセンターで貰って来た小冊子に書いてありました。これは、今後の小掃除にも参照するので、役立ちそうな小ネタがあったらお知らせしますね。)

ブログ主は二度拭き不要の洗剤(マイペットとかそんなの)を吹きかけて拭き掃除したあと、ワイパーにドライシートを二枚重ねで付けてワックスを伸ばしました。

ところで、ブログ主が掃除機をあまり使わないのは、単純に出し入れや持ち運びが重くて面倒だからなのですが、ふと思いついて、掃除機を使った場合の電気代を計算してみました。(以前も、同じ頃、『省エネ考』という記事に似たようなこと書いたのですけどね。)

計算方法は、

消費電力(kW)×使用時間(h:1時間単位)×基本料金(円/kWh)

補足すると(というか蛇足かもしれませんが)、

  • 1000W=1kWなので、消費電力300Wなら0.3kW。(ウチの掃除機の消費電力は300~1000Wで、フローリングは“弱”で300Wを採用、ちなみに“カーペット”モードはMAX=1000Wに相当するはず。)
  • 使用時間が分単位なら、積(答え)を60で割ってね

なお、ウチは東京電力なので、基本料金は、

  • 最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWhにつき 17円87銭
  • 120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 1kWhにつき 22円86銭
  • 上記超過(第3段階料金) 1kWhにつき 24円13銭

あくまでも目安なので、第1段階と第2段階の間を取って、20.365円を採用

10分掃除機をかけるとすると、電気代は、

  • *300W: 0.3×10×20.365÷60≒1.12円 (弱)
  • 1000W: 1.0×10×20.365÷60≒3.40円 (強)

あ、想像してたより安い。(ちなみに最新の掃除機は200~1000Wくらいみたいです。)

その他にも興味を持って適当に家電製品の消費電力と電気代を調べてみたけど、それは後ろにメモ程度に書いておく(※)として、まあ、電気製品を使う時に、「これを1回(○○分)使うといくら電気代が掛かる」って目安を知っておくと節電を心がけるようになる...かも。

でも、ブログ主の感想は、電気って意外と安いじゃん  でした。

※ついでに洗濯機の消費電力を調べたら、515Wなので、1時間稼働させたとしても10.5円くらい。テレビは235Wで1時間あたり4.8円。

冷蔵庫は年間消費電力量(=周囲温度30℃測定による1日当りの消費電力量180日分と周囲温度15℃測定による1日当りの消費電力量185日分の合計)という表示なのですが、ウチのは4年前の型で550kWだから、1年間で11,200円くらい。同じメーカーの同容量で最新型のものを調べたら、350kWなので7,127円くらい。近頃の家電はどんどん省エネ設計になっているんですねぇ。

 

さて、小掃除第1弾が終わり、気分転換に、100均で買った造花を飾り付けてみました。

ブログ主は生け花は全くできないので、生花は上手く生けられないのです

それと、あまり技巧的な生け花は好きではないので、茶花っぽく、“野にあるように”飾ってみました。

まあ、これが精一杯です

20101109_hana_2 

« プロ野球シーズンは終わったけれど... | トップページ | 小掃除 その二 電球・蛍光灯の交換 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プロ野球シーズンは終わったけれど... | トップページ | 小掃除 その二 電球・蛍光灯の交換 »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ