最新情報

  • 2019/12/02
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 有料情報、無料情報 | トップページ | 【若宮八幡宮例祭】連合渡御 今年が最後か »

2010/08/17

カーラのゲーム

録画しておいた『池上彰の戦争を考えるSP』(8月15日19:00~@テレビ東京)を視聴。

私は普段あまり池上ものを見ないけれども、生徒役に分かりやすく講義するという、(多分)いつもの形式の番組。

時系列に沿って説明する番組というのは(意外と)珍しいし、貴重な映像をたくさん紹介してくれたので、『分かりやすさ』という点からはそこそこよくできていた思う。もう少し年表を細かくして、『戦争を回避する機会』や、何度かあった『戦争を終結する機会』に焦点を当ててメリハリがあればよかったけど。

貴重な映像と言えば、校庭で『軍事教練』?みたいなことをしていた小学生なんて、戦火に遭わないで生き延びていれば、戦時中は楽しい思い出として残ったのではないかと思うくらい、屈託ない笑顔だった。

しかし、時間が足りないのであれば、あの“旧満州紀行番組”はどうにかならなかったのだろうか?アナウンサーが、始めから「日本人は悪い」という先入観を持ってルポしていて、あのコーナーだけ浮いてたし。

日本が統治していた時代の建物を見ても、侵略の象徴のような感想しか述べていなかったけれど、東京駅のような外観の瀋陽駅周辺の建物の色を合わせて景観を損なわないように努力している意味を考えないのだろうか、と...

インタビューを受けた現地の人が「(日本人が建てた駅を使うことに関しては)まだ使えるんだからいいんじゃない?」と軽く答えていたのには笑ってしまった。

でも、列車のボックスシートを見て、「始めから向き合ってる!」とか驚いてたので、そのレベルのアナだとは気付いたけど。(東京近郊なら、東海道線とか横須賀線とか乗ったことはないのだろうか?)

あんなコーナーを挟まれて、なんとも池上氏が気の毒でした。

『侵略者としての日本』を描く番組はお腹いっぱいなので、そろそろきちんと『無能な指導者達』に焦点を当てた番組を見てみたいのだけれど、ご遺族などの関係で難しいのかな?

無駄な時間と言えば、ユーゴスラビア内戦のコーナーも、番組趣旨からすると、ほとんど関係ない気がしたけれど、意外とよくできていて感心。

こちらも深く掘り下げているわけではないけれど、池上氏の説明に無駄がなく、概略を掴むという点では分かりやすかったし、紛争中の映像だけでなく、サラエボの地形を映す映像やボスニアヘルツェゴビナの通称『スナイパー通り』も、高い位置からの映像で見られたのはよかった。

この番組で見た映像で、『カーラのゲーム』(ゴードン・スティーブンズ著/創元ノヴェルス)の冒頭、主人公のカーラが橋を渡って配給を受け取りに行く光景がよりリアリティをもったから。

この本は私がユーゴ紛争に興味を持ったきっかけの一つになったのだけれど、歴史的背景をそれほど知らなくても、カーラという女性の成長劇として読めばカタルシスを感じて爽快感もあるし、ハードボイルド“風味”もあって、完全なハードボイルドは苦手な人でも楽しめる娯楽作だと思う。

お薦めの一冊です。

 

« 有料情報、無料情報 | トップページ | 【若宮八幡宮例祭】連合渡御 今年が最後か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有料情報、無料情報 | トップページ | 【若宮八幡宮例祭】連合渡御 今年が最後か »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ