このサイトに関して




  • 2018/02/18
    ブログを更新しました。


    ■特設コーナー











    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会



    okinawanokoe




    ■ご利用上の注意
    記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。(加計学園問題関連の画像はご自由にお使い下さい。)

    コメントにURLを貼る場合は、「http://」、「https://」を除いて貼り付けて下さい。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。





各種ノウハウ集



管理人ポータル

大師小同窓会関連








  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


2018/02/20

【竹島】ルフトハンザ機内の航路を示す地図に「独島」→「竹島」に訂正

先週の虎ノ門ニュース(2018/02/14、ケント・ギルバート氏、半井小絵氏出演回)で半井(なからい)さんが、知人が機内で見つけたという「独島」表記の地図について報告されていました。(リンクはYouTubeの該当箇所)

下はそのキャプチャです。

 

20180214_toranomon_takeshima

 

ご出演時、既に、外務省に連絡済みということでしたが、それが訂正される運びという記事が産経webニュースに掲載されていました。

 

2018.2.20 05:56更新  産経ニュース

ルフトハンザ航空の旅客機で地図上に「独島」 乗客の指摘で修正

 ルフトハンザドイツ航空旅客機(羽田-ドイツ・ミュンヘン間)の座席に備え付けられた映像・音響(AV)機器の航路を示す地図上で、竹島(島根県隠岐の島町)が韓国呼称である「独島」と記載されていたことが19日、わかった。

 同航空は乗客らの指摘を受けて、1月中旬ごろから機器のソフトウエアの修正を進めており、全機器に順次反映される見通しという。(以下略)

 

地図上で独島と記載された経緯については確認中だそうです。

 

それにしても、半井さん、GJ!

 

「座席に備え付けられた映像・音響(AV)機器」とあるので、ビジネスクラスでしょうか。ブログ主は最近乗っていないのですが、ヨーロッパに旅行するときはなるべくルフトハンザを使うのですが(単純にドイツ語を話したいから)、座席の前方、壁に掛けられたディスプレイに、映画などをやっていないときに表示される地図にこのような表示がなされるのは観たことがありません。多分、成田からだとこの辺りの地図が大写しになることはないからだとは思うのですが。

 

そこで、ふと気になって、オーストリアで買ってきたドイツ語の日本のガイドブックを確認してみました。

当然のことながら、領海表示とともに正しい表記でした。TAKE-INSELNの「INSELN」は島(Insel)の複数形です。

 

20180214_toranomon_takeshima02

 

海外に行ったとき、地図などは確認する必要がありますね。

 

【追記】第一回 東京「竹島の日」記念大集会動画(平成30年2月15日)

 

 

【領土問題】第一回 東京「竹島の日」記念大集会[桜H30/2/20] (2018/02/19 に公開)

2月22日の「竹島の日」を前に、啓発のため、都内で開かれた記念大集会の模様。(平成30年2月15日:憲政記念館会議室)

 

 

 


 

【映画】『ビハインド・ザ・コーヴ』ロンドン国際映画制作者祭で最優秀監督賞受賞

ロンドンで17日行われたロンドン国際映画制作者祭の授賞式で、2015年公開のドキュメンタリー映画「ビハインド・ザ・コーヴ」の八木景子監督が長編ドキュメンタリー部門の最優秀監督賞を受賞しました。

ブログ主は昨年このDVDを購入していて、ようやく今年になって視聴したので、この映画や捕鯨問題についていずれ書こうと思っていたのですが、下記に提示したFNNニュースの動画が消えない前にご紹介しようと、映画の感想等をご紹介する前にこのエントリーを公開しようと思います。

FNNニュースのサイトに掲載されている動画は比較的長くて情報量が多いので、公開されている内に是非ご覧下さい。その他の情報は追々追加しようと思います。

 

 

 

 

捕鯨擁護「ビハインド・ザ・コーヴ」の八木景子氏に最優秀監督賞 英の映画祭・長編ドキュメンタリー部門

2018.2.19 07:35更新 産経ニュース

* * * *

日本の監督、英国で受賞 捕鯨批判の映画に反論

02/19 18:17  FNNニュース

Behind_the_cove03

 

反捕鯨運動の拠点となっているイギリスの映画祭で、日本の捕鯨を文化的側面から描いた映画が、最優秀監督賞を受賞しました。今、政府や政治家は、この捕鯨について、どう考えているのでしょうか。 (関西テレビ)

 

ニュース映像でも映っていますが、映画を観ると、大地町(和歌山県東牟婁郡太地町/ひがしむろぐんたいじちょう)はとても美しいところです。入り組んだ海岸線に起伏のある地形で、海水浴やハイキングなど、滞在型の観光地としても非常に魅力的な場所ですが、一方、待ちの中をうろつく反捕鯨団体の異様さが目に付きます。

 

Behind_the_cove04

 

Behind_the_cove05

 

Behind_the_cove06

 

このように、常に町の人々の動きを監視し、撮影しているのです。

多分、この黒いTシャツの集団は映画『ザ・コーヴ』に出てきたドルフィンプロジェクトという団体だと思いますが、ある意味、この大地町が“反捕鯨活動の聖地”のようなものなのでしょう。長期に滞在している一団とは別に、“巡礼”のようにやってくるメンバーが入江をバックに記念撮影している姿も見られます。

動画にも映っていますが、彼らを支援する日本人の団体も居座り、彼らと行動を共にしたり、醜悪な立て看板を展示して美観を損ねています。

 

Behind_the_cove11

 

Behind_the_cove12

 

日本は言論の自由も保障されており、反捕鯨の主張自体は否定しませんが、これらの活動家は大地町の皆さんの日常の生活を乱すだけでなく、観光の面からも大いなるマイナスではないかと思います。

 

ブログ主は、子供の時には鯨の竜田揚げやステーキを食べた経験があり、父親が酒の肴(さかな)にベーコンとかさらしくじら(クジラの脂身をさらしたもの。酢味噌で食べていた記憶があります。)に舌鼓を打っていたのを見ていたので、牛や豚と同様、食品、食材の一つというイメージです。

 

Behind_the_cove09_tatsutaaage

 

その後、ブログ主の住む辺りではあまり手に入らなくなり、自然と食べなくなりましたが、大人になってから何度か鯨料理屋に行ったし、ノスタルジーではなく、もし、居酒屋とか料理屋に普通にメニューにあれば食べたいと思っています。

 

このニュース動画の中で国会(2018年1月24日)の質疑の場面がでてくるので、議事録を読んでみました。集中質疑の場面で、自民党の二階俊博幹事長が質問し、安倍首相が答弁しています。

 

Behind_the_cove07

 

Behind_the_cove08

 

第196回国会 本会議 第2号 平成30年1月24日

(捕鯨に関する質疑応答部分のみ引用)

○二階俊博君 観光分野での我が国の方向性と具体策について、安倍総理のお考えをお尋ねしたいと思います。

 私たち日本人は、長い歴史の中で鯨とともに歩んでまいりました。捕鯨と、鯨と生きる文化は、次の世代に伝承していかなければならない、これは我が国固有の文化であります。山口県下関市の鯨料理専門店のくじら館のおかみは、鯨を食べる文化を若い人に伝えたい、訪日外国人にも体験してほしいと切々と語っておられます。

 その切実な思いを実現し、多様な食文化を相互に尊重するという観点から、商業捕鯨の再開を実現しなければなりません。

 ことし九月、IWC総会に向け、四十七年ぶりの日本人議長のもと、議論の正常化に向けた努力が行われていますが、ことしのIWC総会は、我が国の悲願でもある商業捕鯨の再開に向けて道筋をつけるというために、国は全力を挙げなければなりません。

 今後の捕鯨政策の進め方について、総理の御決意を承りたいのであります。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 捕鯨政策の進め方についてお尋ねがありました。

 我が国では、古来、鯨を、食料としてのみならず、脂やひげをさまざまな用途に利用し、それぞれの地域で鯨を利用する文化を育んできました。こうした鯨の利用については、他の水産資源と同様に、科学的根拠に基づき持続的に行っていくべきと考えています。

 政府としては、我が国の目指すべき商業捕鯨の姿についての検討を進め、本年九月のIWC総会の機会を含め、商業捕鯨の早期再開のため、あらゆる可能性を追求してまいります。

 

和歌山は二階幹事長の出身地であり、多岐にわたる質問をした内の一つで、たいして長い質問・回答ではありませんが、食料自給率向上の面からも鯨という水産資源の活用は考えてもいいのではないでしょうか。

 

Behind_the_cove10_graph

 

映画『ビハインド・ザ・コーヴ』については別途エントリーとしようと思いますが、活動家とは理論的な議論は無理だし無駄だと思います。

 

 

 

 


 

2018/02/19

【中国】FBI、孔子学院をスパイ容疑で捜査 既に日本も早稲田など13大学に

前回のエントリーで『孔子学院』について言及しましたが、その後調べたら、2月17日付で元産経新聞のジャーナリスト古森義久氏の記事が見つかりました。

追記した部分をこちらに移動して、取り敢えず、見つかった情報をまとめておき、後ほど目を通します。

上記Wikipediaの解説を引用すると、下記のように中国語語学教育機関とのことですが、アメリカではFBIがスパイ容疑で捜査したとのことで、日本にも既に13大学内に孔子学院が作られています。

スパイ機関だとしたら、こうした大学に我々の税金が助成金としてつぎこまれているのですから、看過できません。

 

孔子学院(こうしがくいん)とは、中華人民共和国が海外の大学などの教育機関と提携し、中国語や中国文化の教育及び宣伝、中国との友好関係醸成を目的に設立した公的機関である。教育部が管轄する国家漢語国際推広領導小組弁公室(「漢弁」)が管轄し北京市に本部を設置し、国外の学院はその下部機構となる。孔子の名を冠しているが、あくまでも中国語語学教育機関であって、儒学教育機関ではない。

 

なお、英語のみですが、Wikipediaには「孔子学院」だけでなく、「孔子学院への批判」(Criticism of Confucius Institutes)というタイトルのエントリーもあります。


『FBI、孔子学院をスパイ容疑で捜査』(Japan In-depth 2018/2/17 古森義久)

 

FBI、孔子学院をスパイ容疑で捜査
Japan In-depth 2018/2/17 古森義久

Yahoo newsのURL: https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00010001-jindepth-int

【まとめ】

・FBI長官が議会で孔子学院を捜査対象としていると言明。

・中国共産党思想拡大と米政府情報を違法に入手するスパイ活動容疑。

・ 日本でも孔子学院は早稲田大学など10数校に開設されている。

アメリカの連邦捜査局(FBI)がアメリカ国内で活動する中国政府対外機関の「孔子学院」をスパイ活動やプロパガンダ活動など違法行為にかかわっている疑いで捜査の対象としていることが議会の公式の場で明らかにされた。孔子学院は日本の主要大学でも中国の言語や文化、歴史を広めるという活動を展開している。(以下略)

 

【参考】

The Washington Times / FBI investigating Confucius Institutes

By Bill Gertz - - Wednesday, February 14, 2018

The FBI is investigating scores of Chinese government-funded Confucius Institutes around the country over concerns the institutes are part of covert spying and influence operations.(以下略)

 

 

孔子学院が設置されている大学(Wikipediaより転載)

 

2005年 - 立命館孔子学院 立命館大学と北京大学の提携により日本国内に初めて開設された
2006年 - 桜美林大学孔子学院 同済大学と提携
2006年 - 北陸大学孔子学院 北京語言大学と提携
2006年 - 愛知大学孔子学院 南開大学と提携
2007年 - 立命館孔子学院 東京学堂
2007年 - 立命館アジア太平洋大学孔子学院 浙江大学と提携 [6]
2007年 - 札幌大学孔子学院 広東外語外資大学と提携
2007年 - 大阪産業大学孔子学院 上海外国語大学と提携
2007年 - 岡山商科大学孔子学院 大連外国語大学と提携
2007年 - 神戸東洋医療学院孔子学堂 天津中医薬大学と提携
2007年 - 早稲田大学孔子学院 北京大学と提携し、世界初の「研究型」孔子学院として、4月開設、6月開講[7][8]
2008年 - 立命館孔子学院 大阪学堂 同済大学と提携
2008年 - 工学院大学孔子学院 北京航空航天大学と提携し、工科大学としては日本初の開設[9]
2008年 - 福山大学孔子学院 対外経済貿易大学及び上海師範大学と提携
2009年 - 関西外国語大学孔子学院 北京語言大学と提携し、日本の外国語大学で初めて開設
2012年 - 兵庫医科大学中医薬孔子学院 北京中医薬大学と提携
2016年 - 武蔵野大学孔子学院  天津外国語大学と提携

 

【書籍】 "Spy Schools: How the CIA, FBI, and Foreign Intelligence Secretly Exploit America's Universities" (Author: Daniel Golden  )

「いかにしてCIAおよびFBI、海外の諜報局が密かにアメリカの大学を食いものにしているか」みたいな意味でしょうか。著者はピューリッツァー賞を受賞したことがある著述家であり、キワモノ本ではなさそうです。

 

 

この本をGoogleブックスで検索すると中に「confucius institute」(孔子学院)の言及があるのが分かります。

 

 

 

 


 

«【沖縄】中国による文化的侵略-孔子廟訴訟-【翁長雄志沖縄県知事】

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ