このサイトに関して




  • 2017/08/16
    web記事『【TBSビデオ問題】オウムの坂本弁護士一家殺害に加担したTBS』を公開しました。

    2017/08/14
    ブログを更新しました。

    2017/08/12
    ■8月11日(金)のプライムニュースは面白かった。共産党がどんなに危険かがよく分かる。見逃した方はダイジェスト(後半)だけでも見るべし。ブログにもまとめておこうと思う。


    ■特設コーナー







    ■ご利用上の注意
    画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。(加計学園問題関連の画像はご自由にお使い下さい。)
    記事へのリンクはご自由になさって結構です。

    コメントにURLを貼る場合は、「http://」、「https://」を除いて貼り付けて下さい。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。





各種ノウハウ集



管理人ポータル

大師小同窓会関連








  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


2017/08/23

【加計学園問題】愛媛県獣医師会は2013年に獣医系大学の県内誘致要望書を提出していた

公開日: 2017/08/23 11:10  最終更新: 2017/08/23 13:03

前回の記事『愛媛県で獣医師連盟会費の支払い拒否続出』に追記して書こうと思ったのですが、新たなエントリーとしました。

当初は産経のみの報道でしたが、その後、日本テレビ(前回記事に愛媛県連インタビュー動画リンクあり)、中日新聞、北海道新聞等、左翼系(反政府系)メディアも続々と報じています。

 

 

これはある意味当然のことで、なぜなら、愛媛県獣医師会では2013年(平成25年)5月8日に愛媛県知事宛に獣医師養成系大学誘致の要望書まで提出していたのです。(※当時は国家戦略特区ではなく構造改革特区の時代。)

 

要 望 書

(前略)

 本会におきましては、従前より、開業分野の獣医師は獣医系大学の開業獣医師と比較して格段に高度獣医療の恩恵を受けがたいのが実情であり、一方、公務員系獣医師の職場においては、退職者の空席を埋める獣医師確保が近年困難を極めるなど、獣医系大学が偏在する影響は、本県においても獣医師職域の随所に出てきております。

 四国初となる獣医系大学が新設できれば、優秀な獣医師の四国地域への提供が格段に円滑になることが期待できるほか、獣医療レベルを大きく高めることにも繋がるものと考えており、これら効果は四国全域に及ぶことは間違いないものと、本会の多くの会員から熱い期待が寄せられているところです。

 さらに、今治市への誘致となれば、県下の高度獣医療の充実強化や本会の大幅な会員の増加が期待できるなど、本県の獣医界並びに本会の発展に大きく寄与できるものと確信しております。

 つきましては、現在、愛媛県が構造改革特区提案によりご尽力されておられる獣医系大学の県内誘致に、なお一層のご尽力を賜りますよう、ここに要望します。

平成25年5月8日
愛媛県知事 中村時広様 

公益社団法人愛媛県獣医師会
会長 寺町光博

 

要望書のオリジナルは、今治市の『「構造改革特別区域」について』という特設サイトの「第24次(2013年度)」にある「添付資料③(PDF 1.2MB)」に納められています。

 

読みやすいように下に該当ページのみをjpg化したものを掲示します。

Kake53_imabari_20130508_jyuishikai

 

一旦ここまで記事を公開します。

以下、追記です。

 

公務員獣医師の定員割れ県と獣医大学所在地の関係

下図は「公務員獣医師が定員割れしている都道府県と獣医師養成系大学の所在地」を図示したものです。(2017/07/08 読売新聞『基礎からわかる獣医師』特集記事より)

 

Kake53_yomiuri_20170708

 

色のついた都道府県が定員割れしている都道府県、小さな○で大学の所在地を表しています。また、四角の枠内の下段に表示されているパーセントは卒業生が地域(大学の所在地と思われる)に就職した割合です。)

 

参考に横に貼った『公務員獣医 定員割れ7割』(2017/05/30 読売新聞)の全文はこちらです。

 

よく、民進党の議員などが地元への定着が少ない例に出される北里大(青森県)は9.2%とかなり低いのですが、他の大学所在地とその周辺の県を見ると、特に西日本、と言うか、東北と北海道を除いては、大学所在地周辺では公務員獣医師の定員が満たされているのが分かります。

これを見たら、公務員獣医師が定員割れをしていて獣医系大学の空白地である四国が大学誘致に活路を見いだそうとするのは理解できます。

 

「共同獣医学部」というのは国立獣医学系の2大学間で実施されていて、各構成大学では共通の教育カリキュラムを編成し、「共同教育課程」として遠隔講義システムで共通の授業を国立8大学が実施している(読売)そうで、卒業者には両大学の連名で学位が授与されるとのことです。( 旺文社教育情報センター『岡山理科大が52年ぶりの「獣医学部」新設目指す!』〔PDF〕より/(平成29年2月

 

上記の旺文社がまとめた資料(P.8)にも書いてありますが、

都市部の獣医学系大学は設置地域(地元)から多くの入学者を受け入れ、地元地域へ多くの獣医師を輩出し、地方の獣医学系大学は地元以外からも多くの学生を受け入れ、地元以外に多くの獣医師を供給している傾向がみられる。

というのは、様々な記事で見かける説明なので確かでしょう。

しかし、以下はブログ主の想像も含まれていますが、

 

  1. 元々、獣医学部を目指す学生は、大学の所在地よりは難易度を優先する。(※後述)
  2. 周囲に産業動物が少ない環境の都市部の学生は元々産業獣医師以外の職業への指向があるのではないか?
  3. 都市部にはペットフードや創薬業界といった企業も多く、選択肢が多い。
  4. 確かに、獣医系大学の定員は東日本に偏在が見られる(西:18%、東:82%)が、東日本の大学は東京と神奈川に集中しており、東北、北陸以北は獣医系大学の空白地が多い。

 

等の観点からも分析する必要があるのではないでしょうか。

 

※愛媛県公務員獣医師の大学選択の要因

Kake53_imabari_analysis200911_02

 

上の表は、平成21年(2009年)11月に今治市によって集計された四国4県の公務員獣医師へのアンケートです。

 

なお、このアンケートは実施時期がやや古く、今では意識も変わっているかも知れませんが、意外と(?)、獣医学部誘致の熱意は低いように思われます。(その理由の一つは、香川県の公務員獣医師が他県と比べ、突出して“非好意的”な回答をしているからで、そもそも、アンケートの回収率も低いのです。香川と言えば、民進党玉木議員のお膝元ですが...何か関係があるのでしょうか?)

 

次回に続きます。

 

 

 


 

2017/08/22

【テレビの偏向報道】放送法遵守を求める視聴者の会意見広告

今朝の読売朝刊に下のような意見広告が出されていました。1面(1ページサイズ)を使ってのものです。

 

803748ac61690848d1a11a6178500f06_59

 

 

これは、タイトルにもあるように、『放送法遵守を求める視聴者の会』が出した意見広告で、同会は、文字通り、

 

国民主権に基づく民主主義のもと、政治について国民が正しく判断できるよう、公平公正な報道を放送局に対して求め、国民の「知る権利」を守る活動を行う任意団体

 

です。(Q&Aより)

呼びかけ人として、 鍵山 秀三郎 (イエローハット創業者 )、渡辺利夫 (拓殖大学学事顧問)、 ケント・ギルバード (カリフォルニア州弁護士 タレント )、上念 司( 経済評論家 )、小川 榮太郎 (文藝評論家)の各氏が名を連ねており、政治的立場がどうあれ公正な報道姿勢が守られていない限り、その是正を求めていくのを目的として設立されました。

 

放送法については、ブログ記事、『今こそ思い出そう、テレビ朝日の「椿事件」と放送法第4条』をご覧下さい。

現在、NHKを始め、ほとんどのテレビ局が公共の電波を使って政治的に偏った放送、つまり、放送法違反をしている状態です。

 

以下、『放送法遵守を求める視聴者の会』の意見広告(上記画像ともう一種類)についてのコメントをサイトより引用させていただきます。

 

平成29年8月22日 産経新聞、読売新聞に意見広告を掲載しました

いつも「視聴者の会」を応援していただいてありがとうございます。 新しく事務局長に就任しました、経済評論家の上念司です。 今後とも変わらぬご支援をよろしくお願いいたいたします。

さて、これまで当会は呼びかけ人を中心とした任意団体として、これまでテレビ局に対して放送法を遵守するよう働きかけて参りました。しかし、今回残念ながら歴史上最悪に属すると思われるの偏向報道(加計学園を巡る一連の報道)がなされてしまいました。このような活動に従事しながらテレビの偏向報道を止められなかったことに忸怩たる思いです。

これまでの呼びかけ、情報開示は偏向報道を正すという目的を達成するためには不十分であった言わざるを得ません。このことについて大変遺憾に思います。

そこで、当会はこれまでのような呼びかけ人を中心とした任意団体から一歩進んで、体制を整備し、最終的には一般社団法人を目指して活動することにしたいと考えております。その目的は、法人格を有することにより、放送局やスポンサー企業の株主になり、株主総会等で経営者に直接偏向報道の問題点とリスクについて訴えていくということです。こうすることでしか現行制度において実効性のある提言をすることは不可能ではないでしょうか?

もちろん、当初は私もここまでやる必要はないと思っていました。しかし、今回の加計学園を巡る一連の偏向報道は余りに酷く、今後の抑止の観点から考えたとき、やはりこの「武器」を持つ以外実効性のあるプランは存在しないという判断に至りました。放送法が「倫理規定」だと言い張り、それを破ることに何の罪悪感も感じない人々の目を覚ますためには、「毒をもって毒を制す」という考え方も必要であるということです。

会員および当会をご支援していただいている皆様におかれましては、このような事情をご理解の上引き続きご支援を賜れば幸いです。

平成29年8月6日

放送法遵守を求める視聴者の会

事務局長 上念 司

 

 

 


 

2017/08/21

【加計学園問題】愛媛県で獣医師連盟会費の支払い拒否続出【産経webニュース】

前回更新: 2017/08/22 7:00 / 最終更新: 2017/08/22 23:44

本日(2017/08/21付)で、『愛媛県で獣医師連盟会費の支払い拒否続出 獣医学部新設への対応に不満か、「半数離脱の見通し」』という記事が産経新聞のサイトに掲載されました。

 

【以下、冒頭部分引用】

 学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設が計画されている愛媛県で、日本獣医師会の政治団体「日本獣医師連盟」の傘下である「愛媛県獣医師連盟」(愛媛県連)への会費支払いを拒否する獣医師が相次いでいることが20日、分かった。多くは公務員獣医師という。恒常的な人手不足など現場の待遇改善が実現されない状況で、日本獣医師連盟が学部新設阻止に動いたことへの強い不満が背景にあるようだ。

 

記事にあるように、「日本獣医師連盟」とは日本獣医師会の政治活動団体で、少し前までは「日本獣医師政治連盟」と分かりやすい名前でした。獣医師会の(政界工作などの)実働部隊と言えます。

 

会長は日本獣医師会の顧問である北村直人元自民党衆議院議員で、獣医師会の顧問でもあり、石破茂衆議院議員との関係も深く、議員への政治献金、政界(特に国家戦略特区)の情報収集、文科省との接触において、必ず名前が出てくる人物です。

加戸前愛媛県知事が知事時代、N大総長とともに愛媛県を訪れて特区申請の取り下げをするように求めたということは、加戸氏が読売新聞や櫻LIVE(櫻井よしこ氏のネット番組)でも語っています。

 

産経記事では、「日本獣医師連盟」の各県・下部組織である「愛媛県獣医師連盟」(愛媛県連)への今年度の会費納入を拒否する獣医師が増えたということを報じています。

記事によると、例年、愛媛県獣医師会所属の約350人のうち、約250人が愛媛県連の会員として毎年会費を支払っているそうで、詳しいシステムは不明ですが、獣医師会に所属していても連盟への加入は任意のようで、7割くらいは連盟にも加入していたことになります。

しかし、今年度は納入率が低下し、県連傘下の10支部の内今治市などの複数支部で約5割程度に落ち込み、ほかの支部でも同様の傾向だとのことです。

 

この記事を受けて民進党玉木議員、怒濤のツィート3連発!

上記産経記事の結びには、

 

日本獣医師連盟をめぐっては、前身の日本獣医師政治連盟が、加計問題を追及している民進党の玉木雄一郎幹事長代理に政治献金していたことが明らかになっている。

 

と書かれていますが、 早速民進党玉木議員がTwitterで反応しています。

 

今朝の産経新聞を見てびっくりした。あまりに酷い。私が獣医学部を阻止するために献金を受け取り国会で追及を行なっているかのような記事。全く事実に反する記事で強く抗議したい。しかも私に一切の取材なし。彼らはネットのフェイクニュースを見て記事を書いてるのか。社内教育はどうなっているのか。

 

産経が書いていないことまで、勝手に自白してるw 

 

Kake52_tamaki_tweet_20170821

玉木議員への獣医師会(獣医師連盟)からの献金は事実であり、2012年(平成24年)と2014年(平成26年)に献金を受けていることは収支報告書で明らかです。(下はこの件に関するブログ記事)

 

 

特に、2012年は、既に民主党政権が終わり自民党政権の時代ですが、2010年(平成22年)の鳩山内閣下で『今治市の提案を「速やかに検討」に格上げ』と決定された直後から、民主党内に獣医師議員連盟が作られたり、民主党議員への献金が開始された流れの中であり、獣医師会の意図は明白です。

産経の記事では、別にこの献金が不適切な処理をされたなどとは書かれておらず、玉木議員が執拗に加計学園問題を追求していることもご周知の事実で、どこがフェイクニュースなのでしょうか。

勝手に行間を読んで勝手に焦っているとしか思えません。

 

人間、やましいことがあると多弁になるものです。多分、玉木議員は嘘をつけない方なのでしょうね。

 

あらためて玉木議員のTwitterを見たら、更に連投していますね。coldsweats01

 

ここまでで一旦記事を公開します。

 

【追記】何が情報源でFACT(事実)はどこまでか疑問が残る

再び産経の記事に戻りますが、文面から、「愛媛県獣医師連盟」に取材したと想像されます。

「多くは公務員獣医師という」と部分は、愛媛県連が把握しているはずなので、これも県連からの情報でしょう。

しかし、「恒常的な人手不足など現場の待遇改善が実現されない状況で、日本獣医師連盟が学部新設阻止に動いたことへの強い不満が背景にあるようだ。」は県連の分析なのか、産経の推測なのか不明です。

せめて愛媛県の公務員獣医師に絞ってアンケートを採るなり、インタビューを取るなり、裏付けとなるFACTが欲しいところです。

 

【追記】8/22(火) 日テレNEWS24でも報道

その後、同様の報道がNNNでもありました。

こちらは愛媛県獣医師連盟の責任者へのインタビューがあり、産経の報道内容は愛媛県連からの情報と言うことが明らかになりました。

 

野党に金?一部獣医、獣医師会団体加入拒否

8/22(火) 21:45配信

 愛媛県内の獣医師の7割余りは日本獣医師会の政治団体「日本獣医師連盟」傘下の「県獣医師連盟」に加入している。しかし、加計学園による愛媛県今治市への獣医学部設置について「日本獣医師連盟」が反対していることから、公務員獣医師を中心に、昨年度に比べ1割余りが今年度の会費支払いを拒否しているという。

 政治団体・愛媛県獣医師連盟 戒能豪会計責任者「政権野党になる民進党の国会議員の方にそのお金が渡っていたというようなことが、地方におる会員にもわかってしまった。自分たちが期待している獣医学部新設に反対することに自分たちの会費がどんどん使われているということに、反発する声が強いということ」

 これに対し日本獣医師連盟は「現時点ではコメントは差し控えたい」としている。

 

Kake53_nnn01

Kake53_nnn02

Kake53_nnn03

Kake53_nnn04

Kake53_nnn05

Kake53_nnn06

Kake53_nnn07

Kake53_nnn08

Kake53_nnn09

 

 

 


 

«【ドールハウス工作】 No.354 ミニチュアパパイヤの作り方

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

我が町!大師の情報

  • 現在外部サイトの内容を当ブログ内に移転作業中です。
    外部サイトの『大師の歩き方』はこちらから。
    2014/10/25 10月後半から11月にかけて、川崎駅周辺では「いいじゃん川崎」(10/18、19)、ハロウィンパレード、市民祭りなど、気軽に参加できるイベントが目白押しです。

    大師の歴史・町名の由来

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ